トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 神野 信夫
 

神野 信夫

 
アバター
研究者氏名神野 信夫
 
 
URL
J-Global ID201601015440744185

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本獣医麻酔外科学会  東京地区委員
 
2015年4月
 - 
現在
日本獣医麻酔外科学会  麻酔・疼痛管理委員会
 
2019年4月
 - 
2020年3月
一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会 東京地区講習会  実行委員会 実行委員長
 
2018年4月
 - 
2019年3月
日本獣医麻酔外科学会  地区講習会実行委員
 
2016年11月
 - 
2017年11月
東京都獣医師会  関獣連東京大会・学会運営実行委員会
 

論文

 
 
Shigenori Kouno   Masakazu Shimada   Asaka Sato   Nobuo Kanno   Shuji Suzuki   Yasuji Harada   Daisuke Hasegawa   Yasushi Hara   
Journal of feline medicine and surgery   1098612X209243142020年6月   [査読有り]
OBJECTIVES: This study was performed to evaluate retrospectively the clinical signs, complications and postoperative outcomes of feline intracranial meningioma (IM) with concurrent cingulate, transtentorial and foramen magnum herniations. METHODS:...
 
Masakazu Shimada   Nichika Mizokami   Tom Ichinohe   Nobuo Kanno   Shuji Suzuki   Takuya Yogo   Yasuji Harada   Yasushi Hara   
The Journal of veterinary medical science   2020年5月   [査読有り]
The object of this study is to evaluate the long-term outcome of hind limb weight-bearing function and progression of stifle osteoarthritis (OA) after tibial plateau leveling osteotomy (TPLO). Groups were classified by the degree of cranial crucia...
 
Yukari Nagahiro   Sawako Murakami   Keiji Kamijo   Masakazu Shimada   Nobuo Kanno   Shuji Suzuki   Yasuji Harada   Yasushi Hara   
Veterinary and comparative orthopaedics and traumatology : V.C.O.T   2020年5月   [査読有り]
OBJECTIVE:  The aim of this study was to describe a new surgical method of segmental femoral ostectomy for the reconstruction of the femoropatellar joint (FPJ) in dogs with medial patellar luxation (MPL) grade IV. STUDY DESIGN:  The medical record...
 
Sawako Murakami   Yukari Nagahiro   Masakazu Shimada   Nobuo Kanno   Shuji Suzuki   Takuya Yogo   Yasuji Harada   Yasushi Hara   
Veterinary and comparative orthopaedics and traumatology : V.C.O.T   2020年5月   [査読有り]
OBJECTIVES:  Dogs with patella alta reportedly have a shorter extensor mechanism than normal dogs. The present study aimed to measure the length of the extensor mechanism and to assess the effect of limb position on the quadriceps muscle length (Q...
 
Masakazu Shimada   Tetsuya Takagi   Nobuo Kanno   Satoshi Yamakawa   Hiromichi Fujie   Tom Ichinohe   Shuji Suzuki   Yasuji Harada   Yasushi Hara   
Veterinary and comparative orthopaedics and traumatology : V.C.O.T   2020年4月   [査読有り]
OBJECTIVE:  The aim of the study was to determine the changes in biomechanical characteristics following tibial plateau levelling osteotomy (TPLO) using simulated manual tests. STUDY DESIGN:  Twenty-one stifles from healthy Beagle dogs that had un...

MISC

 
 
田中祥代   鈴木周二   神野信夫   余戸拓也   原田恭治   濱本裕二   森昭博   手嶋隆洋   原康   
日本獣医麻酔外科学雑誌(Web)   50(Supplement 1) 287-2872019年6月   
 
高野 重徳   箱崎 貴治   安田 英巳   鈴木 周二   神野 信夫   余戸 拓也   原田 恭治   原 康   
日本獣医麻酔外科学雑誌   50(Suppl.1) 286-2862019年6月   
 
磯野 新   原田 恭治   鈴木 周二   神野 信夫   余戸 拓也   原 康   
日本獣医麻酔外科学雑誌   50(Suppl.1) 286-2862019年6月   
 
田上 宣文   村上 慶祐   一戸 登夢   島田 昌和   村上 佐和子   神野 信夫   鈴木 周二   余戸 拓也   原田 恭治   原 康   
日本獣医麻酔外科学雑誌   50(Suppl.1) 287-2872019年6月   
 
田中 祥代   鈴木 周二   神野 信夫   余戸 拓也   原田 恭治   濱本 裕二   森 昭博   手嶋 隆洋   原 康   
日本獣医麻酔外科学雑誌   50(Suppl.1) 287-2872019年6月   

書籍等出版物

 
 
辻本, 元, 小山, 秀一, 大草, 潔, 中村, 篤史
Eduward press      2020年8月   (ISBN:9784866711218)
 
原 康(担当:共訳, 範囲:Ⅳ部 非外傷への適用:臨床症例 Ⅳ-A 矯正骨切り術 19 前十字靭帯断裂に対する脛骨高平部水平化骨切り術 20 股関節形成不全に対する二点骨盤骨切り術 21 膝蓋骨脱臼に対する大腿骨遠位骨切り術)
EDUWARD Press      2020年6月   
 
神野 信夫(担当:単著, 範囲:骨折の固定に用いる機器3 パワーツールの使用)
interzoo      2019年3月      
 
神野 信夫(担当:共著, 範囲:麻酔管理)
ファームプレス      2016年4月      
 
神野 信夫(担当:共著, 範囲:遺伝性・家族性・品種特異性疾患)
緑書房      2016年      

講演・口頭発表等

 
 
どうやって痛みと戦うか?
神野信夫   
日本獣医麻酔外科学会 東京地区講習会   2020年2月16日   
 
観血的血圧測定と非観血的血圧測定の 計測差に関する検討
神野信夫   
第99回 日本獣医麻酔外科学会   2020年1月12日   
 
周術期疼痛管理
神野信夫   
長野県 小動物外科勉強会   2019年11月24日   
 
周術期のモニタリング
神野信夫   
埼玉県獣医師会   2019年9月1日   
 
膝蓋骨内包脱臼に対して外側遠位方向へ脛骨粗面転位を行った柴犬2症例
神野 信夫   
2019年6月14日