トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 倉田 修
 

倉田 修

 
アバター
研究者氏名倉田 修
 
クラタ オサム
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位博士(水産学)
J-Global ID200901072207237875

研究キーワード

 
抗原提示細胞 ,リンパ組織 ,魚病学 ,魚類免疫学 ,サイトカイン ,炎症 ,免疫病理

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 水圏生命科学 / 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京水産大学 水産学研究科 資源育成学専攻
 
 
 - 
1996年
東京水産大学  
 
 
 - 
1990年
東京水産大学 水産学部 水産養殖学科
 
 
 - 
1990年
東京水産大学  
 

受賞

 
2018年
日本魚病学会, 日本魚病学会研究奨励賞,魚類の炎症反応調節・制御機構に関する研究
倉田 修 
 

論文

 
 
Osamu Kurata   Suyu Miyashita   Shusei Toda   Shinpei Wada   Takamitsu Sakai   
Fish Pathology   55(4) 151-1612021年1月   [査読有り]
 
Yozo Takada   Kosei Taguchi   Kyuma Suzuki   Akihiko Ashizawa   Koichi Kaji   Shun Watanabe   Shinpei Wada   Osamu Kurata   
Fish Pathology   55(2) 31-372020年6月   [査読有り]
 
Yih Nin Lee   Shinpei Wada   Osamu Kurata   
Journal of Fish Diseases   43(3) 399-4012020年3月   [査読有り]
 
Osamu Kurata   Shinpei Wada   Tomomasa Matsuyama   Takamitsu Sakai   Tomokazu Takano   
Fish and Shellfish Immunology   38(2) 361-3662014年6月   [査読有り]
The objective of this study was to locate the functional region responsible for the chemotaxis-inducing activity of flounder interleukin 8 (IL-8), which lacks the glutamic acid-leucine-arginine (ELR) motif essential for the induction of neutrophil...
 
Tomoki Ozaki   Hitoshi Hatakeyama   Shinpei Wada   Osamu Kurata   
FISH PATHOLOGY   46(1) 11-182011年3月   [査読有り]
We developed a long-term culture system for Japanese flounder Paralichthys olivaceus leukocytes supported by JFF07-1 feeder cells established from Japanese flounder fin tissue. Kidney leukocytes were seeded onto a monolayer of the feeder cells in ...

MISC

 
 
Nana Ushine   Osamu Kurata   Yoshikazu Tanaka   Tatsuo Sato   Yoshihiro Kurahashi   Shin-Ichi Hayama   
The Journal of veterinary medical science   2020年9月   
In order to elucidate the relationship between migration period and immunity related to susceptibility, we conducted research on Black-headed gulls (Chroicocephalus ridibundus). We captured 260 gulls and collected their peripheral blood. Their leu...
 
Hanako Fukano   Mitsunori Yoshida   Akane Shimizu   Hajime Iwao   Yukie Katayama   Tsutomu Omatsu   Tetsuya Mizutani   Osamu Kurata   Shinpei Wada   Yoshihiko Hoshino   
Genome announcements   6(21) 2018年5月   
Mycobacterium montefiorense is a member of the Mycobacterium simiae complex, the largest group of nontuberculous mycobacteria. Here, we report the genome sequence of M. montefiorense isolate BS, isolated from diseased Japanese black salamander (Hy...
 
Lau LM   Hatai K   Fukano H   Kurata O   
Journal of aquatic animal health   2018年4月   [査読有り]
© American Fisheries Society 2018. In September 2014, a freshwater oomycete was first isolated from Asian Seabass Lates calcarifer fry that were reared in freshwater at a fish hatchery in Sabah, Malaysia. A fungal strain was isolated from infected...
 
倉田 修   
魚病研究 = Fish pathology   52(4) 168-1712017年12月   
 
Hanako Fukano   Shinpei Wada   Osamu Kurata   Kinya Katayama   Nagatoshi Fujiwara   Yoshihiko Hoshino   
INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMATIC AND EVOLUTIONARY MICROBIOLOGY   67(8) 2811-28172017年8月   [査読有り]
A previously undescribed rapidly growing, non-pigmented mycobacterium was identified based on biochemical and nucleic acid analyses, as well as growth characteristics. Seven isolates were cultured from samples collected from five thread-sail filef...

書籍等出版物

 
 
倉田 修(担当:分担執筆, 範囲:5.7.1疾病の種類 B.真菌病)
生物研究者      2016年3月   (ISBN:9784915342738)   
 
日本水産学会監修 水産学シリーズ 「水産動物の生体防御」      1995年      
 
   1995年      

講演・口頭発表等

 
 
異なる飼育水温で生産されたアユの細菌性冷水病に対する抵抗性について
中島隼人   鈴木究真   倉田修   田口仰星   佐野元彦   加藤豪司   
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
 
Molecular characterization and expression of marbled rockfish Sebastiscus marmoratus CD4 and CD8.BETA. genes.
NIN Lee Yih   KURATA Osamu   WADA Shinpei   
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
 
コンピューター断層撮影(CT)装置を使ったアユ胸腺体積の測定と成長に伴うアユ胸腺サイズの推移について
高田優三   田口仰星   和田新平   倉田 修   鈴木究真   芦沢晃彦   
平成31年度日本魚病学会春季大会   2018年3月2日   
 
Edwardsiella tarda-infected cell degeneration in Japanese flounder neutrophils
倉田 修   和田新平   
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
 
Inflammatory response with multi-nuclear giant cells in ayu, Plecoglossus altivelis, reared at low water temperature
田口仰星   倉田 修   和田新平   加地弘一   
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   

所属学協会

 
 
   
 
日本免疫学会
 
   
 
ヨーロッパ魚病学会(European Association of Fish Pathologists)
 
   
 
国際比較免疫学会(International Society of Developmental and Comparative Immunology)
 
   
 
日本魚病学会
 
   
 
日本水産学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ヒラメエドワジエラ症の肝炎発生における肝門脈上流リンパ組織の関与
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
倉田 修 坂井 貴光 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
天然水産資源の減少への感染症の影響評価
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
良永知義 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
感染防御を司る魚類の造血機能
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
倉田 修 中易 千早 岡内 正典 尾崎 照遵 
研究期間: 2012年 - 2014年
 
免疫応答を導く魚類ケモカインの初期制御機構
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
倉田 修 森友 忠昭 松山 知正 坂井 貴光 高野 倫一 
研究期間: 2010年 - 2012年
 
抗体・プロテインチップを用いたヒラメの健康管理技術の開発
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
中易千早 
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月

産業財産権

 
 
坂本 崇   岡本 信明   藤 加菜子   長谷川 理   河合 純   倉田 修   
 
岡本 信明   坂本 崇   小林 加菜子   長谷川 理   河合 純   倉田 修   
 
岡本 信明   坂本 崇   小林 加菜子   長谷川 理   河合 純   倉田 修