トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 藤原 亜紀
 

藤原 亜紀

 
アバター
研究者氏名藤原 亜紀
 
フジワラ アキ
通称等の別名Igarashi Aki
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/40709755.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名講師
学位博士(獣医学)(東京大学)
その他の所属臨床獣医学部門 治療学分野I
J-Global ID201601014930538617

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 腫瘍内科学 放射線腫瘍学 画像診断学 呼吸器病学 分子生物学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 腫瘍内科学 放射線腫瘍学 画像診断学 呼吸器病学 分子生物学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 腫瘍内科学 放射線腫瘍学 画像診断学 呼吸器病学 分子生物学

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 講師 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教 
 
2009年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院 農学生命科学研究科 博士課程 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻
 
2003年4月
 - 
2009年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科
 
 
   
 
女子学院高等学校  
 

委員歴

 
2020年2月
 - 
現在
日本小動物内視鏡推進連絡会推進委員
 
2019年10月
 - 
現在
アジア獣医内科学専門医協会(AiCVIM)専門医(内科)
 
2019年7月
 - 
現在
日本獣医がん学会代議員
 
2018年1月
 - 
現在
日本獣医がん学会内科療法委員
 
2017年
 - 
現在
日本ねこ医学会(JSFM)  実行委員
 

受賞

 
2017年4月
日本獣医生命科学大学, 梅野信吉賞
藤原亜紀 
 

論文

 
 
Maho Nakazawa   Hirotaka Tomiyasu   Kanako Suzuki   Hajime Asada   Aki Fujiwara-Igarashi   Yuko Goto-Koshino   Aki Ohmi   Koichi Ohno   Michio Fujita   Hajime Tsujimoto   
The Journal of veterinary medical science   2021年1月
Nasal lymphoma (NL) is the most common nasal tumor in cats, and radiotherapy, chemotherapy, or a combination of these treatments have been described as the treatment for this disease. However, the previous studies included various machines and pro...
 
Noriyuki Mizutani   Yuko Goto-Koshino   Keigo Kurata   Aki Fujiwara-Igarashi   Masahiro Sakaguchi   Minoru Asada   Koichi Ohno   Hajime Tsujimoto   
Veterinary immunology and immunopathology   225 110054-1100542020年7月   [査読有り]
Soluble interleukin-2 receptor (sIL-2r) is released directly from the surface of lymphocytes expressing interleukin-2 receptor alpha chain (CD25), and its serum concentration has been found to reflect the prognosis of human lymphoproliferative mal...
 
Hiroyuki Tani   Sena Kurita   Ryo Miyamoto   Harumi Sawada   Aki Fujiwara-Igarashi   Masaki Michishita   Daigo Azakami   Daisuke Hasegawa   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Journal of the American Animal Hospital Association   2020年3月   [査読有り]
The objective of this retrospective study was to report treatment outcomes in dogs with histiocytic sarcoma (HS) that were treated with nimustine (ACNU). This study evaluated data from 11 dogs including 5 with macroscopic tumors that were treated ...
 
M Michishita   A Fujiwara-Igarashi   S Suzuki   H Hatakeyama   Y Machida   H Yoshimura   M Yamamoto   D Azakami   K Ochiai   T Ishiwata   M Fujita   
Journal of comparative pathology   171 1-52019年8月   [査読有り]
A 2-year-old neutered female Shiba dog exhibited laboured breathing for 1 month. Computed tomography of the thoracic cavity revealed multiple nodules (2-5 mm diameter) in the lungs. Grossly, the lungs were firm and normal in shape. The nodules wer...
 
Fujiwara-Igarashi A   Yu Y   Hamamoto Y   Hasegawa D   Fujita M   
The Journal of veterinary medical science   81(7) 1012-10162019年7月   [査読有り]

MISC

 
 
藤原亜紀   
ねこのきもち   (192) 90-912021年5月   [招待有り]
 
藤原亜紀   
Joncol   17(1) 10-202021年1月   [招待有り]
 
藤原亜紀   
Veterinary Board   2(8) 68-752020年8月   [招待有り]
 
藤原亜紀   
Veterinary Board   2(8) 26-342020年8月   [招待有り]
 
谷口哲也   藤原亜紀   
CAP   35(4) 58-742020年4月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
藤原亜紀(担当:共著, 範囲:第2章呼吸器 1鼻腔・咽頭鼻部 2喉頭)
緑書房      2021年3月   
 
藤原亜紀(担当:単訳, 範囲:鼻腺癌、鼻リンパ腫、鼻腔異物、鼻咽頭ポリープ、スコティッシュフォールドの骨軟骨異形成症)
株式会社エデュワードプレス      2020年8月   
 
藤原亜紀(担当:共著, 範囲:鼻腺癌、鼻腔異物、リンパ球形質細胞性鼻炎)
株式会社エデュワードプレス      2020年8月   
 
藤原亜紀(担当:共著, 範囲:鼻腔腫瘍、喉頭麻痺、縦隔(洞)気腫)
緑書房      2020年2月   
 
藤原亜紀(担当:共著, 範囲:呼吸器(鼻・喉頭))
インターズー      2019年4月      

講演・口頭発表等

 
 
喉頭疾患の診断
藤原亜紀   
麻布大学附属動物病院内科専科研修医セミナー   2021年3月   
 
肺炎の診断
藤原亜紀   
第17回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2021年2月20日   
 
症例から見る呼吸器疾患の徴候 慢性
藤原亜紀   
第17回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2021年2月20日   
 
まるごと呼吸器疾患:各分野の専門家と総合討論
中村 健介   末松 正弘   塗木 貴臣   藤原 亜紀   
第17回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2021年2月20日   
 
犬の急性および慢性呼吸器疾患と検査データの関連性の調査
中澤優太   藤原亜紀   飯野泰子   伊藤 瞳   塗木貴臣   中村篤史   藤田道郎   
第17回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2021年2月20日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
獣医呼吸器病学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医画像診断学実習 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医臨床腫瘍学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
放射線生物学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
2020年
 - 
現在
日本小動物内視鏡推進連絡会推進委員
2019年
 - 
現在
アジア獣医内科学専門医協会(AiCVIM)専門医(内科)
2018年
 - 
現在
日本獣医がん学会内科療法委員・代議員
2017年
 - 
現在
日本獣医画像診断学会
2017年
 - 
現在
日本ねこ医学会(JSFM)実行委員

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2015年4月 - 2017年