トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 中田 友明
 

中田 友明

 
アバター
研究者氏名中田 友明
 
 
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名講師
学位博士(理学)(早稲田大学)
J-Global ID201601015220820794

論文

 
 
中田友明   
月刊細胞   51(2) 96‐100   2019年2月   
 
S. Kikuyama   R. Okada   I. Hasunuma   Tomoaki Nakada   
General and Comparative Endocrinology      2019年1月   [査読有り]
© 2019 Elsevier Inc. In this review article, information about the development of the hypothalamo–hypophyseal axis, endocrine control of metamorphosis, and hormonal and pheromonal involvements in reproductive behavior in some amphibian species is ...
 
Roman M. Casco-Robles   Akihiko Watanabe   Ko Eto   Kazuhito Takeshima   Shuichi Obata   Tsutomu Kinoshita   Takashi Ariizumi   Kei Nakatani   Tomoaki Nakada   Panagiotis A. Tsonis   Martin M. Casco-Robles   Keisuke Sakurai   Kensuke Yahata   Fumiaki Maruo   Fubito Toyama   Chikafumi Chiba   
Scientific Reports   8(1)    2018年12月   [査読有り]
The newt, a group of urodele amphibians, has outstanding ability to repeatedly regenerate various body parts, even in the terrestrial life-stage. In this animal, when the limb is amputated, a cell mass named the blastema appears on the stump and e...
 
Tomoaki Nakada   Shu Kikuta   Harushi Mori   Yuya Shimizu   Hironobu Nishijima   Kenji Kondo   Tatsuya Yamasoba   
ORL   80(1) 41-50   2018年5月   [査読有り]
Objectives: On computed tomography (CT), sinonasal schwannoma displays as a soft-tissue mass without any distinctive features. Our aim was to define the radiological criteria for distinguishing schwannoma from other sinonasal benign tumours. Metho...
 
Tomoaki Nakada   Fumiyo Toyoda   Kouhei Matsuda   Takashi Nakakura   Itaru Hasunuma   Kazutoshi Yamamoto   Satomi Onoue   Makoto Yokosuka   Sakae Kikuyama   
SCIENTIFIC REPORTS   7 41334   2017年1月   [査読有り]
The male red-bellied newt (Cynops pyrrhogaster) approaches the female's cloaca prior to performing any courtship behaviour, as if he is using some released substance to gauge whether she is sexually receptive. Therefore, we investigated whether su...

受賞

 
2014年
日本味と匂学会, 優秀ポスター賞,プロラクチンとエストロジェンによる雌イモリ嗅感覚上皮の組織学的変化
中田 友明 
 
2006年3月
日本動物学会 関東支部, ストポスター賞,奈良産イモリ特異的ソデフリンバリアントの単離、遺伝子クローニングおよび生理活性
中田 友明 
 

研究キーワード

 
非モデル生物 ,嗅覚 ,鋤鼻器 ,性行動 ,イモリ ,両生類 ,ソデフリン ,フェロモン

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 
  • ライフサイエンス / 形態、構造 / 

MISC

 
 
中田 友明   
PETOKOTO      2017年4月   [招待有り]
 
神田 真司   中田 友明   小林 勇喜   
比較内分泌学   42(158) 54-55   2016年   
 
豊田ふみよ   中田友明   松田恒平   中倉敬   蓮沼至   山本和俊   菊山榮   
日本比較内分泌学会大会及びシンポジウムプログラム・講演要旨   41st 67   2016年   
 
 
中田 友明   豊田 ふみよ   蓮沼 至   中倉 敬   菊山 榮   
比較内分泌学   41(154) 38-40   2015年   

書籍等出版物

 
 
中田 友明, 菊山 榮(担当:共著, 範囲:有尾類の生殖行動と性フェロモン)
有尾社   2020年10月   
 
中田 友明, 横須賀誠(担当:共著, 範囲:実験動物学)
緑書房   2020年3月   
 
霍野晋吉, 中田友明(担当:共著)
緑書房   2017年      
 
中田 友明(担当:共著, 範囲:若手シンポジウム『感じる・動かす・覚える・整える』—モデル動物を用いた脳機能へのアプローチ—開催後記)
林工房   2016年      
 
中田 友明(担当:共著, 範囲:雌イモリ鋤鼻細胞のソデフリンに対する応答性:ホルモンによる調節と細胞内情報伝達機構)
林工房   2015年      

講演・口頭発表等

 
 
イモリ性フェロモン遺伝子の地域多様性
中田 友明   
第89回日本動物学会大会   2018年9月13日   
 
ソデフリンとアイモリン:異性を惹きあうイモリの性フェロモン
中田 友明   
日本味と匂学会第51回大会   2017年9月26日   
 
アイモリン:アカハライモリ雌で見つかった雄誘引フェロモン
中田 友明   
第3回 ユニークな少数派実験動物をを扱う若手が最先端アプローチを勉強する会   2017年8月25日   
 
アイモリン:アカハライモリ雌で見つかった雄誘引フェロモン
中田 友明   
第3回次世代両生類研究会   2017年8月24日   
 
同属イモリ間における性フェロモンの変異と反応性の検討
中田友明   富永篤   豊田ふみよ   持田浩治   菊山榮   
日本動物学会第88回大会   2017年8月   

所属学協会

 
 
   
 
日本実験動物学会
 
   
 
日本比較内分泌学会
 
   
 
日本味と匂学会
 
   
 
日本動物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
イモリ性フェロモンをモデルとした配偶者選択機構の解明
文部科学省科学研究費補助金: 基盤研究(C)
中田 友明 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
 
複数アプローチで挑むイモリ集団間の交雑帯を介した遺伝子浸透の要因と影響の総合解析
文部科学省科学研究費補助金: 基盤研究(C)-分担
富永 篤 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
地下からの声:モグラは、人間に何を語るか?
自然科学研究機構: 分野融合型共同研究事業-分担
篠原 明男 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
 
アカハライモリをモデルとした、雌性フェロモンによる雄の性行動発現調節機構の解明
公益財団法人サントリー生命科学財団: SUNBOR GRANT
中田 友明 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月