トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 羽山 伸一
 

羽山 伸一

 
アバター
研究者氏名羽山 伸一
 
ハヤマ シンイチ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 野生動物学研究室
職名教授
学位博士(獣医学)(日本獣医生命科学大学)
J-Global ID200901047720639640

研究キーワード

 
野生動物管理学 ,野生動物医学 ,保全生物学 ,Wildlife Management ,Wild Animal Medicine ,Conservation Biology

研究分野

 
  • 環境・農学 / ランドスケープ科学 / 
  • 環境・農学 / 環境農学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

学歴

 
1983年4月
 - 
1985年3月
帯広畜産大学 畜産学研究科 獣医学専攻
 
1979年4月
 - 
1983年3月
帯広畜産大学 畜産学部 獣医学科
 

委員歴

 
2019年
 - 
現在
日本野生動物医学会  顧問
 
2017年
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 

論文

 
 
Nana Ushine   Takaaki Sakai   Shin-ichi Hayama   
Journal of the Yamashina Institute for Ornithology   53(2) 73-78   2021年12月   [査読有り]
 
Kandai Doi   Takuya Kato   Iori Tabata   Shin-Ichi Hayama   
Insects   12(12)    2021年12月   [査読有り]
BACKGROUND: Tick distributions have changed rapidly with changes in human activity, land-use patterns, climate, and wildlife distributions over the last few decades. METHODS: To estimate potential distributions of ticks, we conducted a tick survey...
 
Yoshikazu Seki   Shin Ichi Hayama   
Animals   11(12)    2021年12月   [査読有り]
The Japanese serow (Capricornis crispus) and sika deer (Cervus nippon) in Japan are usually allopatric. However, a recent expansion in the distribution range of sika deer, combined with an increase in abundance, has resulted in an overlap of the d...
 
Shin-Ichi Hayama   Yuki Kawabata   Aoi Ochi   Setsuko Nakanishi   Yoshi Kawamoto   Hideharu Yamazaki   
The Journal of veterinary medical science   83(9) 1389-1394   2021年9月   [査読有り]
The Shimokita Peninsula in Aomori Prefecture, Japan, which is inhabited by Japanese monkeys (Macaca fuscata), is the northernmost habitat for wild primates in the world. This study was the first to determine the conception dates of specific indivi...
 
Yuko Kihara   Yohsuke Makino   Makoto Nakajima   Shigeki Tsuneya   Aki Tanaka   Rutsuko Yamaguchi   Suguru Torimitsu   Shin-Ichi Hayama   Hirotaro Iwase   
Forensic science international   327 110983-110983   2021年8月   [査読有り]
BACKGROUND: In forensic medicine, the diatom test is used to diagnose drowning. Drowning and postmortem immersion can be distinguished by calculating the ratio of diatom concentration in the lungs and drowning water (L/W ratio). However, this clai...

MISC

 
 
羽山伸一   
霊長類研究   37(1)    2021年
 
羽山伸一   
Web論座 朝日新聞社      2020年7月
 
森口 紗千子   加藤 卓也   羽山 伸一   
獣医疫学雑誌   24(1) 36-39   2020年7月   
 
羽山 伸一   
UP   49(3) 30-35   2020年3月   
 
羽山 伸一   
勇魚   (71) 52-55   2019年12月   

書籍等出版物

 
 
服部, 薫, 米澤, 隆弘, 甲能, 直樹, 内山, 幸子, 三谷, 曜子, 小林, 万里, 鈴木, 一平, 水口, 大輔, 後藤, 陽子, 清田, 雅史, 羽山, 伸一, 山村, 織生
東京大学出版会   2020年7月   (ISBN:9784130602396)
 
羽山 伸一(担当:単著)
東京大学出版会   2019年11月   (ISBN:9784130622264)   
 
羽山 伸一
ファームプレス   2018年   (ISBN:9784863820913)   
 
辻 大和, 中川 尚史
東京大学出版会   2017年5月15日   (ISBN:4130602330)   
 
村田浩一, 坪田敏男
文永堂出版   2017年5月1日   (ISBN:4830032642)   

所属学協会

 
 
   
 
野生生物保護学会
 
   
 
日本野生動物医学会
 
   
 
日本霊長類学会
 
   
 
日本哺乳類学会
 
   
 
日本獣医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
原発災害被ばく後10年間における野生ニホンザルの健康影響評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
羽山 伸一 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
 
災害時における動物管理に関わる支援システムの実装
国立研究開発法人科学技術振興機構: 社会技術研究開発
羽山 伸一 
研究期間: 2017年9月 - 2021年3月
 
原発災害後における野生ニホンザルの健康影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
羽山 伸一 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
災害動物医療体制の確立による人と動物が共存できる地域の創造
国立研究開発法人科学技術振興機構: 社会技術研究開発
羽山 伸一 
研究期間: 2014年9月 - 2018年3月