トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 畠山 仁
 

畠山 仁

 
アバター
研究者氏名畠山 仁
 
ハタケヤマ ヒトシ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 比較細胞生物学研究室
職名助教
J-Global ID200901097779808655

研究キーワード

 
メダカ ,Medaka

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 実験病理学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 

学歴

 
 
 - 
2002年
東京学芸大学 教育学研究科 理科教育
 
 
 - 
1999年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 畜産食品工学科
 

論文

 
 
Norihiko Sasaki   Fujiya Gomi   Hisashi Yoshimura   Masami Yamamoto   Yoko Matsuda   Masaki Michishita   Hitoshi Hatakeyama   Yoichi Kawano   Masashi Toyoda   Murray Korc   Toshiyuki Ishiwata   
Cancers   12(10) 2020年10月   [査読有り]
Fibroblast growth factor receptor 4 (FGFR4), one of four tyrosine kinase receptors for FGFs, is involved in diverse cellular processes. Activation of FGF19/FGFR4 signaling is closely associated with cancer development and progression. In this stud...
 
Hitoshi Hatakeyama   Yutaka Nakamura   Takahiro Konaka   Shin Nishida   Wannapimol Kriangwanich   Kazuyoshi Uematsu   Shuichi Tsuchida   
Scientific reports   10(1) 8576-85762020年5月   [査読有り]
The Japanese murrelet (Synthliboramphus wumizusume) is an endangered small seabird species in Japan. Molecular sexing using PCR targeting of the gene encoding chromodomain helicase DNA-binding protein 1(CHD1) has been used for sex identification. ...
 
Ritsu Shibata   Yukino Machida   Hitoshi Hatakeyama   Hisashi Yoshimura   Masami Yamamoto   Kazuhiko Ochiai   Kazuyoshi Uematsu   Masaki Michishita   
The Journal of veterinary medical science   82(2) 193-1962020年2月   [査読有り]
A 26-year and 6-month-old male sika deer that was kept at the Showa Park, Tokyo, Japan, collapsed and died of severe disease wasting and severe tabefaction. Grossly, numerous masses, 0.3-1.0 cm diameter, were dispersed throughout the liver. The mu...
 
柿沼美紀   畠山仁   土田あさみ   野瀬出   鎌田実希   小谷幸穂   
日本獣医生命科学大学研究報告(Web)   (67) 11‐17 (WEB ONLY)2018年12月   
 
Masaki Michishita   Mariko Takagi   Takuya E Kishimoto   Rei Nakahira   Takeshi Nogami   Hisashi Yoshimura   Hitoshi Hatakeyama   Daigo Azakami   Kazuhiko Ochiai   Kimimasa Takahashi   
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   29(3) 325-3302017年5月   [査読有り]
A 35-mo-old spayed female mixed-breed cat with continuous vomiting, emaciation, and abdominal distention for 2 wk was presented to a private veterinary clinic for evaluation. At 71 d after the initial visit, the cat died with anemia, jaundice, and...

MISC

 
 
M Michishita   A Fujiwara-Igarashi   S Suzuki   H Hatakeyama   Y Machida   H Yoshimura   M Yamamoto   D Azakami   K Ochiai   T Ishiwata   M Fujita   
Journal of comparative pathology   171 1-52019年8月   
A 2-year-old neutered female Shiba dog exhibited laboured breathing for 1 month. Computed tomography of the thoracic cavity revealed multiple nodules (2-5 mm diameter) in the lungs. Grossly, the lungs were firm and normal in shape. The nodules wer...
 
柿沼美紀   畠山仁   土田あさみ   野瀬出   
動物心理学研究   62(2) 2002013年1月   
 
柿沼美紀   畠山仁   土田あさみ   濱野佐代子   安藤由香   
動物心理学研究   58(2) 2012008年12月   

講演・口頭発表等

 
 
In situ hybridizationによる養殖ブリ類の腎腫大症原因微生物の検出と簡易診断手法について
和田新平   倉田修   畠山仁   山下亜純   安池元重   中村洋路   佐野元彦   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年8月30日   
 
養殖ブリ類の腎腫大症に関する研究―IV In situ hybridizationによる類円形異物の検出と簡易診断手法について
和田新平   倉田修   畠山仁   山下亜純   安池元重   中村洋路   佐野元彦   
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2013年3月9日   
 
養殖ブリ類の腎腫大症に関する研究―I 人為感染試験供試魚にみられた病理組織所見の経時的変化
和田新平   倉田修   畠山仁   山下亜純   
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2012年9月15日   
 
メダカ(Oryzias latipes)は青年期にテロメア長を急激に回復させる
畠山仁   山崎啓美   仲村賢一   泉山(下村   七生貴   鈴木浩悦   土田修一   松浦正明   石川直   田久保海誉   
基礎老化研究   2012年7月5日   
 
多摩動物公園の人工哺育チンパンジー個体の集団飼育開始後の発達
柿沼美紀   畠山仁   土田あさみ   野瀬出   
日本動物心理学会大会プログラム   2012年4月18日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
メダカのテロメア・テロメレース動態-テロメア伸縮変動の可能性-
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
畠山 仁 
研究期間: 2013年 - 2014年
 
チンパンジーの母子相互作用と社会性の発達-動物園飼育下における事例研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
柿沼 美紀 上村 佳世子 畠山 仁 土田 あさみ 浜野 佐代子 
研究期間: 2005年 - 2007年