トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 樺山実幸
 

樺山実幸

 
アバター
研究者氏名樺山実幸
 
カバヤマ ミユキ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/70415115.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名助教
学位博士(医学)(東京大学)

研究キーワード

 
脳高次機能障害 , 脳高次機能 , モノアミン , 情動障害 , 情動行動 , ユビキチンリガーゼ

研究分野

 
  • 脳神経科学 / 神経科学一般 / 
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学 / 
  • 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
理化学研究所 脳科学総合研究センター 発生神経生物(御子柴克彦)研究チーム 客員研究員
 
2013年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教
 
2013年4月
 - 
現在
理化学研究所 脳科学総合研究センター 神経遺伝(山川和弘)研究チーム 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 行動発達障害研究チーム スタッフ研究員
 
2005年4月
 - 
2011年3月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 行動発達障害研究チーム 研究員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 特別研究員DC1
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院 医学系研究科 脳神経医学専攻 博士課程
 
1995年4月
 - 
2001年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科
 

論文

 
Hiroyuki Kabayama, Naoko Tokushige, Makoto Takeuchi, Miyuki Kabayama, Mitsunori Fukuda, Katsuhiko Mikoshiba
Molecular and Cellular Neuroscience   80 89-99   2017年2月   [査読有り]
Miyuki Kabayama, Kazuto Sakoori, Kazuyuki Yamada, Veraveje G Ornthanalai, Maya Ota, Naoko Morimura, Kei-ichi Katayama, Niall P Murphy, Jun Aruga
The Journal of Neuroscience   33(32) 12940-12953   2013年6月   [査読有り]
Miyuki Ogawa (Kabayama), Kiyoko Mizugishi, Akira Ishiguro, Yoshio Koyabu, Yuzuru Imai, Ryosuke Takahashi, Katsuhiko Mikoshiba, Jun Aruga
Genes to Cells   13(4) 397-409   2008年8月   [査読有り]
Brigitte Chhin, Minoru Hatayama, Dominique Bozon, Miyuki Ogawa (Kabayama), Patric Schön, Takahide Tohmonda, François Sassolas, Jun Aruga, Anna-Gaëlle Valard, Su-Chiung Chen, Patrice Bouvagnet
Human Mutation   28(6) 563-570   2007年   [査読有り]
Takashi Inoue, Maya Ota, Miyuki Ogawa (Kabayama), Katsuhiko Mikoshiba, Jun Aruga
The Journal of Neuroscience   27(20) 5461-5473   2007年   [査読有り]
Nagasao J, Yoshioka K, Amasaki H, Tsujio M, Ogawa (Kabayama) M, Taniguchi K, Mutoh K.
Anatomia Histologia Embryologi   34(1) 42-47   2005年   [査読有り]
Kiyomi Mizugishi, Minoru Hatayama, Takahide Tohmonda, Miyuki Ogawa (Kabayama), Takashi Inoue, Katsuhiko Mikoshiba, Jun Aruga
Biochemical and Biophysical Research Communications   320(1) 233-240   2004年   [査読有り]
Jun Aruga, Hiroo Ogura, Fumihiro Shutoh, Miyuki Ogawa (Kabayama), Barbara Franke, Soichi Nagao, Katsuhiko Mikoshiba
European Journal of Neuroscience   20(8) 2159-2167   2004年   [査読有り]
Amasaki H, Arai R, Ogawa (Kabayama) M, Takemura N, Yamagami T, Nagasao J, Mutoh K, Ichihara N, Asari M.
The Journal of Veterinary medical science   65(4) 541-543   2003年   [査読有り]
Amasaki H, Ogawa (Kabayama) M, Nagasao J, Mutoh K, Ichihara N, Asari M, Shiota K.
Annals of Anatomy   185(6) 517-523   2003年   [査読有り]
Takanosu M, Amasaki H, Iwama Y, Ogawa (Kabayama) M, Hibi S, Suzuki K.
Anatomia Histologia Embryologia   31(1) 9-14   2002年   [査読有り]
Hajime Amasaki, Miyuki Ogawa(Kabayama), Jun Nagasao, Ken-ichiro Mutoh, Nobutsune Ichihara, Masao Asari
The Journal of Veterinary medical science   64(12) 1103-1106   2002年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Labio21(No.58):情動、社会性行動発現の新たな分子制御メカニズム--マウスの行動学的解析からのアプローチ
樺山実幸 (担当:共著, 範囲:特集:実験動物を用いた行動学的解析)
日本実験動物協会 発行   2014年10月   
研究報告トピック62号:ユビキチンリガーゼRinesによる、モノアミンオキシダーゼ(MAO-A)蛋白質分解制御を介した情動行動制御機構:情動や社会性に関する行動を制御する因子をマウスで発見
樺山実幸 (担当:共著)
日本獣医生命科学大学 発行   2013年10月   
情動行動を制御する因子「RINES」
樺山実幸
科学新聞   2013年9月   
RINESがモノアミンオキシダーゼの分解を促して正常な情動行動を制御
樺山実幸
日経バイオテク   2013年8月   
イヌとネコの臨床解剖学
小川実幸 (担当:共訳, 範囲:第3章、第5章)
ファームプレス社   2004年11月   

講演・口頭発表等

 
情動、社会性行動の新たな分子制御メカニズム [マウスの行動学的解析からのアプローチ] [招待有り]
樺山実幸
第87回 実験動物コンファレンス   2014年4月26日   
Rines E3 ubiquitin ligase regulates MAO-A levels and emotional responses.
Miyuki Kabayama, Kazuto Sakoori, Kazuyuki Yamada, Veraveje G Ornthanalai, Maya Ota, Naoko Morimura, Kei-ichi Katayama, Niall P Murphy, Jun Aruga
Neuroscience 2013, the Society for Neuroscience 43th Annual Meeting, San Diego, CA   2013年11月12日   
Abstract:program547.06 poster:PP3
情動および社会性行動の新たな分子制御メカニズム [招待有り]
樺山実幸
第28回日本獣医生命科学大学学術交流会   2013年11月9日   
Rines E3 ubiquitin ligase regulates MAO-A levels and emotional responses.: ユビキチンリガーゼRinesによるモノアミンオキシダーゼ(MAO-A)分解を介した情動行動制御機構
樺山実幸、佐郡和人、山田一之、小田川摩耶、守村直子、片山圭一、NP Murphy、有賀純
第156回 日本獣医学会学術集会   2013年9月21日   
Abstract: p35 口答発表:A-54
Rines E3 ubiquitin ligase regulates emotional behaviors by altering the monoamine dynamics in prefrontal cortex: ユビキチンリガーゼRinesによる前頭前野のモノアミン動態調節を介した情動行動制御機構
樺山実幸
第36回日本神経科学大会 第56回日本神経化学会 第23回日本神経回路学会大会   2013年6月22日   
Abstract: p155 口答発表(英語):O3-8-2-3
情動行動発現の分子メカニズム [招待有り]
樺山実幸
予防動物医学研究会, 2013 年度 総会・シンポジウム   2013年6月16日   
ユビキチンリガーゼRinesによる、モノアミンオキシダーゼ(MAO-A)蛋白質分解制御を介した情動行動制御機構
樺山実幸、佐郡和人、山田一之、小田川摩耶、守村直子、片山圭一、NP Murphy、有賀純
第36回 日本分子生物学会   2013年12月4日   
Abstract: 2P-1073:poster
A role of Rines, a neuronal membrane-bound ubiquitin ligase in higher brain function.
Miyuki Kabayama, Kazuyuki Yamada, Veraveje G Ornthanalai,Niall P Murphy, Kei-ichi Katayama, Jun Aruga
Neuroscience 2010, the Society for Neuroscience 40th Annual Meeting, San Diego, CA   2010年11月   
A role of Rines in higher brain function.
樺山実幸、山田一之、VG Ornthanalai、Niall P Murphy、太田摩耶、片山圭一、有賀純
RIKEN BSI Retreat 2010   2010年9月   
A role of Rines, a neuronal membrane-bound ubiquitin ligase in higher brain function.膜結合型ユビキチンリガーゼRinesの高次脳機能における役割
樺山実幸、山田一之、VG Ornthanalai、Niall P Murphy、片山圭一、有賀純
第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本 神経回路学会大会   2010年9月   
Behavioral and neurochemical analyses of the mice lacking Rines, a neuronal membrane-bound ubiquitin ligase 膜結合型ユビキチンリガーゼRinesノックアウトマウスの行動および神経化学的解析
樺山実幸、山田一之、VG Ornthanalai、Niall P Murphy、片山圭一、有賀純
第32回 日本分子生物学会   2009年12月   
Rines, a neuronal membrane-bound ubiquitin ligase is required for higher brain functions. 脳に発現する膜結合型ユビキチンリガーゼRinesの高次脳機能への関与
小川(樺山)実幸、山田一之、片山圭一、有賀純
第31回 日本神経科学大会   2008年7月   
Behavioral analysis of knockout mice of Rines, a neuronal membrane-bound ubiquitin ligase
小川(樺山)実幸、山田一之、片山圭一、有賀純
RIKEN BSI Retreat 2007   2007年11月   
新規RING finger蛋白質Rinesによるプロテアソ−ム系でのZic2分解機構
小川(樺山)実幸、井上貴史、石黒亮、今居譲、高橋良輔、御子柴克彦、有賀純
第28回 日本分子生物学会   2005年12月   
Rines, a novel RING finger protein mediates proteasomal degradation of Zic2
小川(樺山)実幸、井上貴史、石黒亮、今居譲、高橋良輔、御子柴克彦、有賀純
RIKEN BSI Retreat 2005   2005年10月   
神経発生制御因子Zicのシグナル制御機構の解明
小川(樺山)実幸、有賀純、水岸貴代美、御子柴克彦
2003年脳神経医学フォーラム   2003年6月   
マウス口蓋ヒダ形成配列に関連するPAL31のmRNAの発現分布
尼崎肇、小川(樺山)実幸、日比佐知子、岩間良子、鈴木浩悦、鈴木勝士
第130回日本獣医学会   2000年10月   
マウス口蓋ヒダ形成配列に関連する細胞周期関連因子の発現分布
日比佐知子、小川(樺山)実幸、岩間良子、尼崎肇、鷹栖雅峰、鈴木浩悦、鈴木勝士、孫偉優、塩田邦郎
第129回日本獣医学会   2000年4月   
マウス口蓋ヒダ形成位置とプラコード形成・細胞増殖・アポトーシス・細胞周期関連因子の発現分布の関係
小川(樺山)実幸、岩間良子、日比佐知子、尼崎肇、鈴木浩悦、鈴木勝士、孫偉優、塩田邦郎
第58回日本動物学会関東地方部会   2000年4月   
マウス口蓋ヒダ形成過程におけるテネイシンとNCAMの発現分布
尼崎肇、鷹栖雅峰、小川(樺山)実幸、岩間良子、日比佐知子、鈴木浩悦、鈴木勝士
第128回日本獣医学会   1999年7月   
マウス口蓋ヒダ形成過程における上皮プラコード領域での上皮細胞の増殖と移動
小川(樺山)実幸、尼崎肇、鷹栖雅峰、岩間良子、日比佐知子、鈴木浩悦、鈴木勝士
第2回日本組織工学会   1999年6月   
マウス口蓋ヒダ形成過程における上皮プラコード領域での上皮細胞の増殖と移動
岩間良子、小川(樺山)実幸、日比佐知子、尼崎肇、鷹栖雅峰、福島正則、鈴木浩悦、鈴木勝士
第127回日本獣医学会   1999年4月   
マウス口蓋ヒダ形成初期に見られる上皮プラコードの形成とアポトーシス細胞
尼崎肇、鷹栖雅峰、福島正則、小川(樺山)実幸、岩間良子、日比佐知子、鈴木浩悦、 鈴木勝士
第126回日本獣医学会   1998年4月   

担当経験のある科目

 
  • 動物生体機構学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 遺伝子工学 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医生命科学研究科獣医学専攻博士課程「特別講義」 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医組織発生学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医発生学 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医組織学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本解剖学会 , 日本獣医学会 , 日本分子生物学会 , Society for Neuroscience , 日本神経科学会

競争的資金等の研究課題

 
脳内モノアミンオキシダーゼ調節因子の機能異常による情動、社会性障害発症機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費 若手B 課題番号26870625 配分額3,900千円
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 樺山実幸
新規脳内モノアミン調節因子の機能異常による情動障害発症機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費 若手B 課題番号24700342 配分額4,420千円
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 樺山実幸
新規脳内モノアミン調節因子の機能異常による情緒障害発症機構の解明 
理化学研究所 戦略的研究展開事業 : 理事長ファンド 課題番号AP23-1-0004 配分額5,000千円
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 樺山実幸
神経発生制御因子Zicの蛋白質間相互作用による機能調節機構の解明
日本学術振興会学術振興会: 特別研究員(DC1)奨励費 課題番号02J08651 配分額2,700千円
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 樺山実幸

社会貢献活動

 
「モデル動物を用いた神経疾患発症機構の解明(ヒトの疾患の治療を目指して)」
【講師】  日本獣医生命科学大学  第55回 遊学講座、講演  2014年1月24日