トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 田村 恭一
 

田村 恭一

 
アバター
研究者氏名田村 恭一
 
タムラ キヨウイチ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/00722282.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名講師
J-Global ID201601011516016294

研究キーワード

 
免疫逃避 ,がん免疫 ,獣医臨床病理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 獣医臨床病理学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 獣医臨床病理学

経歴

 
2014年4月
   
 
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教 
 

論文

 
 
Hiroyuki Tani   Ryo Miyamoto   Tomokazu Nagashima   Masaki Michishita   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Veterinary and comparative oncology      2021年7月
Canine histiocytic sarcoma (HS) is an aggressive and highly metastatic neoplasm. Mutations in src homology 2 domain-containing phosphatase 2 (SHP2; encoded by PTPN11), which recently have been identified in canine HS tumour cells, could be attract...
 
Hiroyuki Tani   Ryo Miyamoto   Syunya Noguchi   Sena Kurita   Tomokazu Nagashima   Masaki Michishita   Naoko Yayoshi   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
BMC veterinary research   17(1) 147-147   2021年4月
BACKGROUND: Canine malignant melanoma is highly aggressive and generally chemoresistant. Toceranib is a kinase inhibitor drug that inhibits several tyrosine kinases including the proto-oncogene receptor tyrosine kinase KIT. Although canine maligna...
 
Ryo Miyamoto   Hiroyuki Tani   Tomoyo Ikeda   Hono Saima   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Research in veterinary science   135 412-415   2021年3月
Canine squamous cell carcinoma (SCC) is difficult to treat if local therapy is not feasible. Recently, survivin inhibitor YM155 was shown to have growth inhibitory activity on high-survivin-expressing canine SCC cell lines HAPPY and SQ4. Here, the...
 
Hiroyuki Tani   Sena Kurita   Ryo Miyamoto   Kazuhiko Ochiai   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Veterinary and comparative oncology   18(2) 161-168   2020年6月   [査読有り]
Some canine cases of histiocytic sarcoma (HS) carry an activating mutation in the src homology two domain-containing phosphatase 2 (SHP2) encoded by PTPN11. SHP099 is an allosteric inhibitor of SHP2 that stabilizes SHP2 in a folded, auto-inhibited...
 
Syunya Noguchi   Yoshiaki Kubo   Mami Araki   Miki Koh   Yuji Hamamoto   Kyoichi Tamura   Hirotada Otsuka   Akiko Yasuda   Daigo Azakami   Masaki Michishita   Satoshi Soeta   
Veterinary pathology   57(3) 432-436   2020年5月   [査読有り]
A 10-year-old female Papillon dog that had previously developed a mammary tumor was admitted for treatment of a hypoglycemic attack. Blood examination showed severe hypoglycemia and decreased blood insulin concentration. Computed tomography indica...

MISC

 
 
小林正典   渡部志歩   田村恭一   盆子原誠   堀達也   河上栄一   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 411   2018年8月   
 
小林正典   地主真実子   地主真実子   田村恭一   盆子原誠   堀達也   河上栄一   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 440   2017年8月   
 
田村 恭一   新井 宏禎   上野 恵美   斉藤 千絵   八木原 紘子   礒谷 真弓   小野 憲一郎   鷲巣 月美   盆子原 誠   
The journal of veterinary medical science   69(9) 925-930   2007年9月   
イヌの異なる3種類の株化腫瘍細胞を用いて樹状細胞(DC)を介した免疫誘導の差を検討した.扁平上皮癌株化細胞SCC2/88,組織球性肉腫株化細胞CHS-5およびB細胞性白血病株化細胞GL-1より可溶化物を作成し,keyhole limpet hemocyanin (KLH)存在下でそれぞれDCにパルスした.これらのDC (SCC-KLH-DC,CHS-KLH-DCおよびGL-KLH-DC)を用いてイヌのワクチネーションを行った.それぞれの腫瘍株細胞に対する免疫反応は遅延型過敏(DTH)皮膚試...
 
M. Isotani   H. Yagihara   K. Tamura   M. Bonkobara   K. Ono   T. Washizu   
JOURNAL OF VETERINARY INTERNAL MEDICINE   21(3) 620-620   2007年5月   
 
H. Yagihara   K. Tamura   Y. Saito   R. Sato   Y. Nishimura   M. Isotani   Y. Uematsu   T. Yamaguchi   M. Bonkobara   T. Washizu   
JOURNAL OF VETERINARY INTERNAL MEDICINE   21(3) 574-574   2007年5月   

講演・口頭発表等

 
 
細胞診と病理組織診断の照らし合わせ
田村恭一   
第17回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2021年2月19日   
 
CBCと血液塗抹
田村恭一   
第16回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2020年2月21日   
 
細胞診アクティブラーニング・基本編
田村恭一   
第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2019年2月17日   
 
DC-HILを標的とした新規免疫チェックポイント阻害療法の可能性
田村恭一   
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
 
骨髄検査の方法と解釈
田村恭一   
第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2018年2月18日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
犬の個別化がん特異的免疫療法の実用化に向けた研究開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
塚田 晃三 藤田 道郎 山本 一郎 田村 恭一 宮前 二朗 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
担がん犬における骨髄由来抑制細胞を標的とした新規治療候補薬の探索
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
田村恭一 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
肥満細胞腫におけるチロシンキナーゼ阻害剤耐性化機構の解明と克服戦略の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
盆子原 誠 道下 正貴 佐々木 崇 呰上 大吾 田村 恭一 有泉 清志 安田 暁子 鴫原 果映 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
新規共抑制分子DC-HILを標的とした犬悪性黒色腫に対する新たな免疫療法の確立
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
田村 恭一 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
自然発生癌宿主における樹状細胞ワクチン低反応性メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
田村恭一 
研究期間: 2008年 - 2010年