トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 道下 正貴
 

道下 正貴

 
アバター
研究者氏名道下 正貴
 
ミチシタ マサキ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/50434147.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名准教授
学位博士(獣医学)(東京大学)
J-Global ID201501014744797435

研究キーワード

 
,癌幹細胞 ,乳腺腫瘍 ,乳癌 ,,遺伝子発現解析 ,乳癌幹細胞 ,分子標的治療 ,分子標的薬 ,筋上皮細胞 ,消化管 ,迷走神経反射 ,α7nAChR ,術後イレウス ,マクロファージ ,セロトニン ,迷走神経 ,5-HT3aR ,炎症 ,免疫 ,腸炎 ,消化管運動 ,ニコチン受容体

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 准教授 
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 講師 
 
2007年4月
 - 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教 
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助手 
 
2004年4月
 - 
2006年3月
国立がんセンター研究所  リサーチレジデント 
 

委員歴

 
2019年9月
 - 
現在
日本獣医病理学専門家協会 評議員
 
2017年10月
 - 
現在
日本獣医学会評議員
 
2017年4月
 - 
現在
JCVP腫瘍診断基準策定委員会 委員
 

受賞

 
2014年4月
日本獣医生命科学大学, 梅野信吉賞
道下正貴 
 

論文

 
 
Masaki Michishita   Ritsu Shibata   Yukino Machida   Manami Matsumoto   Kazuhiko Ochiai   Daigo Azakami   
Journal of Comparative Pathology   188 21-25   2021年10月
 
Hisashi Yoshimura   Maiko Moriya   Ayaka Yoshida   Masami Yamamoto   Yukino Machida   Kazuhiko Ochiai   Masaki Michishita   Takayuki Nakagawa   Yoko Matsuda   Kimimasa Takahashi   Shinji Kamiya   Toshiyuki Ishiwata   
Veterinary pathology   58(5) 994-1003   2021年9月
Nestin, a class VI intermediate filament protein, is known to be expressed in various types of human neoplasms, including breast cancer, and is associated with their progression. However, its expression and role in canine mammary tumors remain unk...
 
Naoki Hanari   Tomokazu Nagashima   Yukino Machida   Yoshiaki Kubo   Yuji Hamamoto   Junichi Kamiie   Kazuhiko Ochiai   Daigo Azakami   Masaki Michishita   
Journal of comparative pathology   187 7-10   2021年8月
A 12-year-old castrated male Jack Russell Terrier presented with intermittent vomiting. Abdominal ultrasonographic examination detected a thickened stomach wall with a mass measuring approximately 1.5 cm in diameter. Computed tomography revealed a...
 
Hiroyuki Tani   Ryo Miyamoto   Tomokazu Nagashima   Masaki Michishita   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Veterinary and comparative oncology      2021年7月
Canine histiocytic sarcoma (HS) is an aggressive and highly metastatic neoplasm. Mutations in src homology 2 domain-containing phosphatase 2 (SHP2; encoded by PTPN11), which recently have been identified in canine HS tumour cells, could be attract...
 
Kazuhiko Ochiai   Samak Sutijarit   Mitsuki Uemura   Masami Morimatsu   Masaki Michishita   Eri Onozawa   Marika Maeda   Takanori Sasaki   Masami Watanabe   Yoshikazu Tanaka   Toshinori Omi   
Veterinary and comparative oncology   19(2) 399-403   2021年6月
Most male dogs are castrated at young ages, making them easy to rear following androgen deprivation. Although the incidence of canine prostate cancer is low, several patients have resistance to androgen therapy and poor clinical prognosis. These o...

MISC

 
 
野中 基弘   福士 昴   保科 博   近内 将記   町田 雪乃   塚田 晃三   道下 正貴   
日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association   73(11) 665-668   2020年11月
 
高木 香奈   呰上 大吾   町田 雪乃   落合 和彦   道下 正貴   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 347-347   2019年8月   
 
高添 夏希   町田 雪乃   野上 英   原田 知享   落合 和彦   呰上 大吾   道下 正貴   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 348-348   2019年8月   
 
植村 光希   落合 和彦   森松 正美   柏木 伸旭   宇埜 友美子   道下 正貴   呰上 大吾   小野沢 栄里   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 479-479   2019年8月   
 
石渡 俊行   志智 優樹   佐々木 紀彦   道下 正貴   長谷川 文雄   松田 陽子   新井 冨生   五味 不二也   相田 順子   田久保 海誉   豊田 雅士   吉村 久志   高橋 公正   
膵臓   34(3) A253-A254   2019年6月   

書籍等出版物

 
 
道下正貴(担当:分担執筆, 範囲:がん(膀胱がん))
チクサン出版社   2011年7月      

講演・口頭発表等

 
 
飼育下チーターの精巣の病理組織学的検索
川田理紗子、堀 達也、町田雪乃、宇根有美、道下正貴   
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月11日   
 
国内飼育下における出血を伴い突然死したペリカンの病理学的検索
内田光俊、野々上範之、田丸正枝、中野雅功、田中平、道下正貴   
第25回日本野生動物医学会大会   2019年8月31日   
 
チーターの精巣
道下正貴   
第5回日本獣医病理学専門家協会学術集会   2018年3月30日   
 
犬悪性黒色腫株化細胞におけるがん幹細胞の同定および特性解析
道下正貴   宮澤有果   香取優希   中平嶺   佐伯亘平   中川貴之   高橋公正   
第4回日本獣医病理学専門家協会(JCVP)学術集会   2017年3月31日   
 
犬の皮膚結節
道下正貴   
第4回日本獣医病理学専門家協会(JCVP)学術集会   2017年3月31日   

所属学協会

 
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
日本獣医病理学専門家協会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
オルガノイド培養を用いた犬に特有な乳癌発症機構の解明と癌幹細胞標的療法の基盤構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
道下 正貴 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月