トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 百田 豊
 

百田 豊

 
アバター
研究者氏名百田 豊
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科
職名准教授

研究キーワード

 
皮膚病の治療法の開発 , MMD療法 , アズール系耐性のマラセチア皮膚炎の新規治療

Misc

 
MMD療法(概説)犬の慢性増殖性皮膚炎の治療法
百田 豊
   2011年11月
MMD療法(治療成績)犬の慢性増殖性皮膚炎の治療法
百田 豊
   2011年11月
MMD療法(治療法の解説)No1
百田 豊
   2011年11月
MMD療法(治療法の解説)No2
百田 豊
   2011年11月
MMD療法(治療法の解説)No3
百田 豊
   2011年11月
SAC Academy 4 皮膚検査
百田 豊
エスエーシー   186 8-18   2017年4月
犬と猫の皮膚バリア機能研究と動物看護への応用
百田 豊
日本獣医生命科学大学研究報告   (67) 1-8   2018年12月

講演・口頭発表等

 
社会的認知能力としての痛みの表出 ―関係性の中で捉えられる痛み―(round table)
百田 豊 (柿沼 美紀、高橋 桃子、財部 盛久、宮島 佑)
日本発達心理学会 第30回大会   2019年3月17日   
繰り返し・オープン試験をもちいた シャンプーの保湿剤効果の評価法の確立
野間厚志、宮田 淳嗣、百田豊
第15回 日本獣医内科学アカデミー学術大会   2019年2月16日   
犬の自己免疫性皮膚疾患をアップデート ― 天疱瘡を中心に ―
百田 豊
第39回 動物臨床医学会   2018年11月17日   
トイ・プードルにおける被毛の引張強度の傾向
宮田淳嗣、百田 豊
日本動物看護学会第27回大会(於 大宮国際動物専門学校)   2018年10月27日   
ブレンド型授業における受講生のeラーニング指向性のアンケート結果
山口冴子、松原孝子、小野沢栄里、 小田民美、森昭博、百田豊
日本動物看護学会第27回大会(於 大宮国際動物専門学校)   2018年10月27日   

論文

 
Morita T, Momota Y, Mori A, Oda H, Ike K, Sako T
The Journal of veterinary medical science   80(4) 672-675   2018年4月   [査読有り]
Momota Y, Shimada K, Minorikawa N, Gin A, Matsubara T, Nakamura Y, Katayama M, Sako T
Veterinary dermatology      2017年9月   [査読有り]
Momota Y, Shimada K, Kadoya C, Gin A, Kobayashi J, Nakamura Y, Matsubara T, Sako T
Veterinary dermatology   28(4) 337-e73   2017年8月   [査読有り]
Momota Y, Yasuda J, Ikezawa M, Sasaki J, Katayama M, Tani K, Miyabe M, Onozawa E, Azakami D, Ishioka K, Sako T
The Journal of veterinary medical science   78(12) 1883-1885   2017年1月   [査読有り]
Momota Y, Yasuda J, Arai N, Yamamoto M, Yoshimura H, Ikezawa M, Suzuki S, Takahashi K, Sako T
JFMS open reports   3(1) 2055116917691175   2017年1月   [査読有り]

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
岐阜大学 大学院 連合獣医学研究科博士課程(獣医学)
 
1995年4月
 - 
2001年3月
東京農工大学 農学部 獣医学科
 
1991年4月
 - 
1995年3月
大阪大学 経済学部 経営学科
 

受賞

 
2018年
日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学 梅野信吉賞
 
2010年
農林水産大臣 感謝状 平成22年文部科学省・宮崎県口蹄疫、防疫対策本部への獣医系大学教員派遣要請に対する協力
 

競争的資金等の研究課題

 
社会的認知能力としての痛みの理解と表出の発達 研究課題
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 柿沼 美紀
ラミニン-5の活性部位由来の合成ペプチドを用いた角膜創傷治癒薬の開発
文部科学省: 科学研究補助金 若手研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 百田 豊