トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 野瀬 出
 

野瀬 出

 
アバター
研究者氏名野瀬 出
 
ノセ イズル
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 比較発達心理学研究室
職名准教授
J-Global ID200901073281536481

研究キーワード

 
動物 ,感情 ,生理 ,Psychophysiology

研究分野

 
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 

書籍等出版物

 
 
太幡 直也, 太幡 直也, 佐藤 拓, 佐藤 拓, 菊地 史倫, 菊地 史倫(担当:共訳, 範囲:13章 生理学的虚偽検出:機能的磁気共鳴画像法(fMRI))
福村出版   2016年7月   (ISBN:4571250460)   
 
厳島 行雄, 横田 正夫(担当:共著, 範囲:脳機能イメージング)
啓明出版   2014年4月   (ISBN:4874480365)   
 
村井 潤一郎(担当:共著, 範囲:9章嘘と精神生理学)
ナカニシヤ出版   2013年9月   (ISBN:4779507669)   
 
野瀬 出, 日本発達心理学会(担当:共著, 範囲:脳機能をはかる)
丸善   2013年6月   (ISBN:4621085794)   
 
泰羅 雅登, 泰羅 雅登, 中村 克樹, 中村 克樹(担当:共訳, 範囲:9章睡眠と生体リズム)
丸善出版   2013年5月   (ISBN:4621086707)   

論文

 
 
Journal of Nippon Medical School   89    2022年4月   [査読有り]
 
Izuru Nose   Kaori Masamoto   Asami Tsuchida   Mikiya Hayashi   Mami Irimajiri   Miki Kakinuma   
Human-Animal Interaction Bulletin   10(1) 84-99   2022年   [査読有り]
 
野瀬 出   
動物介在教育・療法学雑誌   12(1-2) 23-24   2020年8月
 
柿沼美紀   NIU Xitong   野瀬出   西田奈央   
白百合女子大学発達臨床センター紀要   23(23) 16-21   2020年   
近年馬を用いた介在教育、療法などが日本においても増えている。しかし、他の動物介在教育同様、その効果の客観的評価は容易ではない。動物介在教育に関わる大人は、子どもが喜んでいる、集中しているなど、主観的にはその効果を実感している。しかし、客観的な評価は少なく、馬を用いた授業を教育現場に導入するためのエビデンスに欠けている。本研究では、DAMグッドイナフ人物画知能検査を参考に、馬描画採点システムを開発し、それを元に乗馬体験が子どもの馬認知に及ぼす変化について検討した。具体的には小学3年生の乗馬前...
 
Izuru Nose   Miki Kakinuma   
Applied Animal Behaviour Science   214 72-78   2019年5月   [査読有り]
Dog personality scales are used to assess the behavioral traits of dogs working in various situations. The purpose of this study was to develop a Japanese version of the Dog Personality Scale (JDPS) of Kubinyi et al. (2009), in order to serve the ...

講演・口頭発表等

 
 
「野犬」と言われる犬と人の関係―国内保健所の迷い犬対策から考える―
柿沼美紀   古川勝也   小笠原妃名子   鈴木かりん   野瀬出   
動物介在教育・療法学雑誌(Web)   2019年3月31日   
 
女性の顔の魅力が欺瞞性認知に及ぼす影響
村井潤一郎   野瀬出   滝口雄太   
2018年9月25日   
 
イヌのパーソナリティとデモグラフィック特性との関係
野瀬出   柿沼美紀   
日本心理学会第82回大会   2018年9月25日   
 
Gross motor development changes the mother-child relationship in captive chimpanzees.
Kakinuma, M   Hatakeyama, H   Nose, I   Kotani, Y   Nonaka, M   
第79回日本動物心理学会大会   2018年8月28日   
 
Can eye-tracker be used as a screening device for Autistic Spectrum Disorder?
Kakinuma, M   Takarabe, M   Igarashi, K   Takahashi, M   Nose, I   Uechi, A   Konno, M   Uemura, K   Sakuma, T   Hiratani, M   Jing, J   
Australia Eye-tracking Conference 2018   2018年4月26日   

学歴

 
 
 - 
2001年
日本大学 文学研究科 心理学
 
 
 - 
2001年
日本大学  
 
 
 - 
1995年
日本大学 文理学部(文科系) 心理
 
 
 - 
1995年
日本大学  
 

所属学協会

 
 
   
 
日本発達心理学会
 
   
 
日本教育心理学会
 
   
 
日本動物介在教育・療法学会
 
   
 
日本自閉症スペクトラム学会
 
   
 
日本神経科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
真偽刺激データベース作成の試み
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
村井 潤一郎 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
社会的認知能力としての痛みの理解と表出の発達
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
柿沼 美紀 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
イヌはなぜ人のベストパートナーになれたか-特化された社会的認知能力の検討
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
柿沼 美紀 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2014年 - 2016年
 
話し手の外見的魅力が欺瞞性認知に及ぼす影響-認知および神経基盤からの検討-
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
村井 潤一郎 
研究期間: 2014年 - 2016年

MISC

 
 
柿沼美紀   NIU Xitong   野瀬出   西田奈央   
動物介在教育・療法学雑誌(Web)   12(1-2)    2021年
 
柿沼美紀   野瀬出   畑孝   米川秀彦   田口諒   小林福太郎   矢野英明   
動物介在教育・療法学雑誌(Web)   11(1-2)    2020年
 
野瀬出   柿沼美紀   政本香   林幹也   
動物介在教育・療法学雑誌(Web)   11(1-2)    2020年
 
牛 渓童   上田 祐子   折田 琴美   西田 奈央   野瀬 出   柿沼 美紀   
日本医科大学医学会雑誌   15(3) 147-147   2019年6月
 
野瀬 出   政本 香   土田 あさみ   林 幹也   入交 眞巳   柿沼 美紀   
生理心理学と精神生理学   37(2) 115-115   2019年3月