researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 近江 俊徳
 

近江 俊徳

 
アバター
研究者氏名近江 俊徳
 
オウミ トシノリ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門
職名教授
学位農学士(東京農業大学(TUA)), 博士(医学)(自治医科大学(JMU))
その他の所属自治医科大学 医学部
J-Global ID200901086575006604

研究キーワード

 
獣医遺伝・動物遺伝育種 ,動物生命科学 ,血液型 ,DNA多型 ,分子遺伝学 ,animal science ,Human Genetics

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 遺伝学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生命科学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
(兼担)日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科  学科長 
 
2012年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門 教授 
 
2021年8月
 - 
2022年3月
(兼担)日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科 研究科長   
 
2021年4月
 - 
2021年7月
(兼担)日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科 研究科長代行 
 
2014年4月
 - 
2020年3月
(兼担)大学院日本獣医生命科学研究科 獣医保健看護学専攻  主任 
 

論文

 
 
Yumiko Uno   Masami Yaguchi   Tasuku Kobayashi   Eri Onozawa   Kazuhiko Ochiai   Karin Yoshida   Chihiro Nakamura   Chihiro Udagawa   Toshinori Omi   
Frontiers in Veterinary Science   8    2021年9月   [査読有り]
The feline AB blood group system (blood types A, B, and AB) encoding the cytidine monophosphate-N-acetylneuraminic acid hydroxylase (<italic>CMAH</italic>) gene is the most significant in transfusion medicine and hemolysis of the newborn for cats....
 
植村 光希   落合 和彦   道下 正貴   吉川 泰永   前田 まりか   森松 正美   近江 俊徳   田中 良和   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   164回 [IO-11]   2021年9月
 
Tsuyoshi Ito   Takashi Hayakawa   Nami Suzuki–Hashido   Yuzuru Hamada   Yosuke Kurihara   Goro Hanya   Akihisa Kaneko   Takayoshi Natsume   Seitaro Aisu   Takeaki Honda   Syuji Yachimori   Tomoko Anezaki   Toshinori Omi   Shin‐ichi Hayama   Mikiko Tanaka   Hikaru Wakamori   Hiroo Imai   Yoshi Kawamoto   
Journal of Biogeography   48(6) 1420-1431   2021年6月   [査読有り]
Aim: Understanding patterns and processes of geographic genetic variation within and among closely related species is the essence of phylogeography. Japanese macaques, also called snow monkeys, have been extensively studied, particularly in the fi...
 
Kazuhiko Ochiai   Samak Sutijarit   Mitsuki Uemura   Masami Morimatsu   Masaki Michishita   Eri Onozawa   Marika maeda   Takanori Sasaki   Masami Watanabe   Yoshikazu Tanaka   Toshinori Omi   
Veterinary and Comparative Oncology   19(2) 399-403   2021年6月   [査読有り]
Most male dogs are castrated at young ages, making them easy to rear following androgen deprivation. Although the incidence of canine prostate cancer is low, several patients have resistance to androgen therapy and poor clinical prognosis. These o...
 
Shota Kawakami   Masaki Michishita   Motoharu Sakaue   Masami Morimatsu   Mitsuki Uemura   Nobuaki Kashiwagi   Marika Maeda   Yukino Machida   Daigo Azakami   Ai Egusa   Eri Onozawa   Katsumi Ishioka   Masami Watanabe   Yoshikazu Tanaka   Toshinori Omi   Kazuhiko Ochiai   
Oncology Letters   20(6) 1-1   2020年10月   [査読有り]
Isocitrate dehydrogenase 1 (IDH1) mutations are common in gliomas, acute myeloid leukemia, and chondrosarcoma. The mutation 'hotspot' is a single arginine residue, R132. The R132H mutant of IDH1 produces the 2-hydroxyglutarate (2-HG) carcinogen fr...

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
東京農業大学 農学部 畜産学科
 
 
 - 
1989年
東京農業大学  
 

委員歴

 
2021年2月
 - 
現在
特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会  理事
 
2020年9月
 - 
現在
一般社団法人 日本動物保健看護系大学協会 代表理事(会長)
 
2019年12月
 - 
現在
学校法人日本医科大学  評議員
 
2019年11月
 - 
現在
一般財団法人 動物看護師統一認定機構  理事
 
2011年12月
 - 
現在
一般社団法人 日本 DNA多型学会  評議員
 

受賞

 
2014年5月
日本獣医臨床病理医学会, 優秀発表賞
近江 俊徳 
 
2013年4月
日本獣医生命科学大学, 紫雲賞(教育関連)
近江 俊徳 
 
2009年12月
日本比較臨床医学会 学会賞
 
2001年12月
日本 DNA多型学会, 優秀研究賞(第3回)共同
近江 俊徳 
 
1999年12月
日本DNA多型学会 優秀研究賞(第1回)
 

MISC

 
 
植村 光希   落合 和彦   森松 正美   柏木 伸旭   宇埜 友美子   道下 正貴   呰上 大吾   小野沢 栄里   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 479-479   2019年8月   
 
伊藤毅   早川卓志   橋戸南美   田中美希子   濱田穣   栗原洋介   半谷吾郎   兼子明久   夏目尊好   愛洲星太郎   本田剛章   谷地森秀二   姉崎智子   新宅勇太   新宅勇太   近江俊徳   羽山伸一   今井啓雄   若森参   川本芳   
日本進化学会大会プログラム・講演要旨集(Web)   21st    2019年
 
落合 和彦   平間 日奈子   森松 正美   川上 翔太   道下 正貴   中川 貴之   呰上 大吾   稲垣 健志   坂本 敦司   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回 431-431   2018年8月   
 
金岡 春央梨   中村 知尋   佐藤 茉水   本田 安里紗   矢口 雅美   川上 翔太   宇埜 友美子   坂本 敦司   呰上 大吾   盆子原 誠   落合 和彦   土田 修一   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回 438-438   2018年8月   
 
Inagaki Takeshi   Ohno Hiroshi   Shimada Yuki   Ooka Shiori   Oyamada Takashi   Omi Toshinori   Sakamoto Atsushi   
日本法医学雑誌   72(1) 121-122   2018年5月   

書籍等出版物

 
 
近江俊徳(担当:その他)
緑書房   2018年8月20日   (ISBN:4895313476)   
 
 
医歯薬出版(株)   1999年      
 
池本 卯典, 近江 俊徳, 梶井 英治, 土田 修一, 岩本 貞彦, 小山田 隆, 後藤 公彦(担当:共著)
専修大学出版局   1996年   (ISBN:4881250868)   

講演・口頭発表等

 
 
植村 光希   落合 和彦   道下 正貴   吉川 泰永   前田 まりか   森松 正美   近江 俊徳   田中 良和   
第164回日本獣医学会学術集会   2021年9月9日   
 
近江 俊徳   宇埜 友美子   中村 知尋   落合 和彦   青木 博史   宇田川 智野   浅野 潤三   土田 修一   
第164回日本獣医学会学術集会   2021年9月9日   
 
近江俊徳   
第17回日本獣医内科アカデミー学術大会 p.438   2021年2月19日   
 
柏木 伸旭   落合 和彦   植村 光希   前田 まりか   道下 正貴   森松 正美   近江 俊徳   田中 良和   
第163回日本獣医学会学術集会   2020年9月   
 
近江 俊徳   
獣医輸血研究会 第2回学術集会   2019年12月4日   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
人類遺伝学 (自治医科大学)
 
   
 
自然科学概論 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
生化学 (マロニエ医療福祉専門学校)
 
   
 
動物品種論 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
分子遺伝学特論 (日本獣医生命科学大学大学院)

所属学協会

 
 
   
 
American Association for the Advancement of Science; AAAS(アメリカ科学振興協会)
 
   
 
日本法科学技術学会
 
   
 
動物介教育・療法学会
 
   
 
日本畜産学会
 
   
 
日本獣医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
輸血副作用を惹起する血液型物質の分子基盤構築と疾患感受性関連解析への展開
日本獣医生命科学大学: 日本学術振興会:学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
近江俊徳 
研究期間: 2016年4月
 
輸血副作用を惹起する血液型抗原エピトープ群の構造解明と遺伝子検査法の開発
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
近江俊徳 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
小動物の悪性腫瘍における癌遺伝子依存性の解析と分子標的療法の基盤構築
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究 B )
盆子原 誠 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
東日本大震災に伴う野生動物の環境変化に関する研究
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金
近江俊徳 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
研究期間: 2011年3月 - 2012年4月