トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 近江 俊徳
 

近江 俊徳

 
アバター
研究者氏名近江 俊徳
 
オウミ トシノリ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門
職名教授
学位農学士(東京農業大学(TUA)), 博士(医学)(自治医科大学(JMU))
その他の所属自治医科大学

研究キーワード

 
獣医遺伝・動物遺伝育種 , 動物生命科学 , 血液型 , 分子遺伝学 , DNA多型

研究分野

 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 
  • 動物生命科学 / 統合動物科学 / 
  • 基礎医学 / 人類遺伝学 / 
  • 社会医学 / 法医学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
(兼担)大学院日本獣医生命科学研究科 獣医保健看護学専攻 主任
 
2012年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部  獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門 教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部  獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部  獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門 助教授
 
1997年1月
 - 
2006年3月
自治医科大学 医学部 法医学・人類遺伝学部門 助手
 
2000年9月
 - 
2002年8月
スイス連邦工科大学(ETH)チューリッヒ校 動物科学研究所 客員研究員
 

論文

 
Endogenous Leu332Gln mutation in p53 disrupts the tetramerization ability in a canine mammary gland tumor cell line.
Ochiai K, Azakami D, Morimatsu M, Hirama H, Kawakami S, Nakagawa T, Michishita M, Egusa AS, Sasaki T, Watanabe M, Omi T.
Oncol Rep   40(1) 488-494   2018年6月   [査読有り]
R132 mutations in canine isocitrate dehydrogenase 1 (IDH1) lead to functional changes.
Kawakami S, Ochiai K, Azakami D, Kato Y, Michishita M, Morimatsu M, Ishiguro-Oonuma T, Onozawa E, Watanabe M, Omi T.
Vet Res Commun.   42(1) 49-56   2018年5月   [査読有り]
Kawakami S, Ochiai K, Kato Y, Michishita M, Hirama H, Obara R, Azakami D, Watanabe M, Omi T.
J Vet Med Sci.   80(1) 85-91   2018年1月   [査読有り]
Ochiai K, Oda H, Shono S, Kato Y, Sugihara S, Nakazawa S, Azakami D, Michishita M, Onozawa E, Bonkobara M, Sako T, Shun-Ai L, Ueki H, Watanabe M, Omi T.
Vet Comp Oncol.   15(4) 1181-1186   2017年12月   [査読有り]
Small head size and delayed body weight growth in wild Japanese monkey fetuses after the Fukushima Daiichi nuclear disaster.
Hayama SI, Tsuchiya M, Ochiai K, Nakiri S, Nakanishi S, Ishii N, Kato T, Tanaka A, Konno F, Kawamoto Y, Omi T.
Sci Rep.   7(1) 3528-doi: 10.1038/s41598-017-03866-   2017年6月   [査読有り]
Canine REIC/Dkk-3 interacts with SGTA and restores androgen receptor signalling in androgen-independent prostate cancer cell lines.
Kato Y, Ochiai K, Kawakami S, Nakao N, Azakami D, Bonkobara M, Michishita M, Morimatsu M, Watanabe M, Omi T.
BMC Vet Res.   13(1) 170.-doi: 10.1038/s41598-017-03866-   2017年6月   [査読有り]
Azakami D, Nakahira R, Kato Y, Michishita M, Kobayashi M, Onozawa E, Bonkobara M, Kobayashi M, Takahashi K, Watanabe M, Ishioka K, Sako T, Ochiai K, Omi T.
Vet Comp Oncol.   15(2) 557-562   2017年6月   [査読有り]
Omi T, Nakazawa S, Udagawa C, Tada N, Ochiai K, Chong YH, Kato Y, Mitsui H, Gin A, Oda H, Azakami D, Tamura K, Sako T, Inagaki T, Sakamoto A, Tsutsui T, Bonkobara M, Tsuchida S, Ikemoto S
PLoS One   11(10) e0165000   2016年10月   [査読有り]
犬および猫における輸血方法指針の提案
荻野直孝, 藤野泰人, 小林輔, 長島友美, 中野優子, 周藤行則, 杉山大樹, 青木卓磨, 呰上大吾, 井手香織, 入江充洋, 遠藤泰之, 近江俊徳, 下田哲也, 中村遊香, 成田正斗, 丸山治彦, 久末正晴, 内田恵子
動物臨床医学   25(2) 069‐073-073   2016年6月
Ochiai K, Morimatsu M, Kato Y, Ishiguro-Oonuma T, Udagawa C, Rungsuriyawiboon O, Azakami D, Michishita M, Ariyoshi Y, Ueki H, Nasu Y, Kumon H, Watanabe M, Omi T.
Oncotarget   7(3) 3283-3296   2016年1月   [査読有り]
動脈管開存の関与が推定された軽度RSウイルス感染症を伴う乳児突然死の二剖検例
稲垣健志,大野博,近江俊徳,坂本敦司
自治医科大学紀要   (39) 23-28   2016年   [査読有り]
和牛におけるケモカインレセプター CXCR1遺伝子多型の分布
畠山 仁、近江俊徳、吉村 格、土田修一
日本比較臨床医学会誌   22(2) 38-44   2015年12月   [査読有り]
Kato Y, Ochiai K, Michishita M, Azakami D, Nakahira R, Morimatsu M, Ishiguro-Oonuma T, Yoshikawa Y, Kobayashi M, Bonkobara M, Kobayashi M, Takahashi K, Watanabe M, Omi T.
Vet J   206(2) 143-148   2015年11月   [査読有り]
Ochiai K, Ishiguro-Oonuma T, Yoshikawa Y, Udagawa C, Kato Y, Watanabe M, Bonkobara M, Morimatsu M, Omi T.
Biomed Res   36(2) 155-158   2015年4月   [査読有り]
Udagawa C, Tada N, Asano J, Ishioka K, Ochiai K, Bonkobara M, Tsuchida S, Omi T.
BMC Res Notes   11(7) 904   2014年12月   [査読有り]
Ochiai K, Hayama S, Nakiri S, Nakanishi S, Ishii N, Uno T, Kato T, Konno F, Kawamoto Y, Tsuchida S, Omi T.
Sci Rep.   4 5793.   2014年7月   [査読有り]
Sugiyama S,  Chong YH, Shito M, Kasuga M,Kawakami T, Udagawa C,Aoki H,  Bonkobara M,  Tsuchida S, Sakamoto A, Okuda H, Nagai A, Omi T
Legal Med (Tokyo)   15(6) 303-309   2013年11月   [査読有り]
Ochiai K, Watanabe M, Azakami D, Michishita M, Yoshikawa Y, Udagawa C, Metheenukul P, Chahomchuen T, Aoki H, Kumon H, Morimatsu M, Omi T.
Vet J.   197(3) 769-775   2013年9月   [査読有り]
Hayama S, Nakiri S, Nakanishi S, Ishii N, Uno T, Kato T, Konno F, Kawamoto Y, Tsuchida S, Ochiai K, Omi T.
PLoS One   3(8) e68530.   2013年6月   [査読有り]
Mochizuki M, Anahara R, Mano T, Nakayama Y, Kobori M, Omi T, Matsuoka S, Ueda F
Bull Environ Contam Toxicol   89(3) 577-579   2012年9月   [査読有り]
Yoshikawa Y, Morimatsu M, Ochiai K, Okuda K, Taoda T, Chikazawa S, Shimamura A, Omi T, Bonkobara M, Orino K, Watanabe K.
BMC Res Notes   5 173   2012年4月   [査読有り]
Omi T, Koda Y, Soejima, Munkhtulga L, Iwamoto S
Leg Med (Tokyo)   13(1) 44-46   2011年11月   [査読有り]
Udagawa C, Chong YH, Shito M, Kawakami T, Tada N, Ochiai K, Ishioka K, Tsuchida S, Omi T
J Pet Anim Nutr   14(2) 68-75   2011年10月   [査読有り]
Ochiai K, Yoshikawa Y, Yoshimatsu K, Oonuma T, Tomioka Y, Takeda E, Arikawa J, Mominoki K, Omi T, Hashizume K, Morimatsu M.
FEBS J   585(12) 1771-1777   2011年6月   [査読有り]
Tsuchida S,Yamada Y, Fukui E, Kawada T, Omi T, Tsuchida A, Sako T, Hatakeyama H, Kotani K
J Vet Med Sci.   72(12) 1609-1614   2010年12月   [査読有り]
Xg allele frequencies in Japanese males.
Omi T, Tsuchida S, Ikemoto S
J Comp Clin Med   19 14-16   2010年12月   [査読有り]
Munkhtulga L, Nagashima S, Nakayama K, Utsumi N, Yanagisawa Y, Gotoh T, Omi T, Kumada M, Zolzaya K, Lkhagvasuren T, Kagawa Y, Fujiwara H, Hosoya Y, Hyodo M, Horie H, Kojima M, Ishibashi S, Iwamoto S.
Obesity   18(5) 1006-1014   2010年5月   [査読有り]
Identification and characterization of a single nucleotide substitution in the Canis familiaris Rh antigen-like protein (Rh30) gene.
Chong YH, Akiyama S, Yamada K, Omi T
J Comp Clin Med   17(1) 13-17   2009年12月   [査読有り]
Breed differences in phenotype frequency of dog erythrocyte antigen 1.1.
Chong YH, Ymorita M, Omi T
J Comp Clin Med   17(1) 19-22   2009年12月   [査読有り]
A phylogenetic study of the origin of a miniature pig Ohmini by near-complete mitochondoria sequence
Omi T , Fukui E, Chong CH, Sugiyama S, Senba H, Okuaki M, Otsuka H, Yamamoto T, Aoki H, Iwamoto S, Sakamoto A, Nagai A, Yoshimura I, Tsuchida S.
J Comp Clin Med   16(1) 5-8   2008年12月   [査読有り]
Kumada M, Lkhagvasuren M, Utsumi N, Omi T, Gotoh T, Kamesaki T, Okuda H, Kajii E, Iwamoto S.
Community Genet   11(3) 150-159   2008年11月   [査読有り]
Munkhtulga L, Nakayama K, Utsumi N, Yanagisawa Y, Gotoh T, Omi T, Kumada M, Erdenebulgan B, Zolzaya K, Lkhagvasuren T, Iwamoto S
Hum Genet   120(6) 879-888   2007年   [査読有り]
Omi T, Kumada M, Kamesaki T, Okuda H, Munkhtulga L, Yanagisawa Y, Utsumi N, Gotoh T, Hata A, Soma M, Umemura S, Ogihara T, Takahashi N, Tabara Y, Shimada K, Mano H, Kajii E, Miki T, Iwamoto S.
Eur J Hum Genet   14(12) 1295-1305   2006年12月   [査読有り]
カラム法における直接抗グロブリン試験と赤血球結合IgG
菅野直子 他
自治医科大学臨床検査技師年報   (28) 63-67   2006年   [査読有り]
Identification and characterization of novel peroxisome proliferator-activated receptor-gamma (PPAR-gamma) transcriptional variants in pig and human.
Omi T, Brenig B, Spilar Kramer S, Iwamoto S, Stranzinger G, Neuenschwander S.
J Anim Breed Genet.   Suppl.(1) 45-53   2005年4月   [査読有り]
Suganuma H, Kumada M, Omi T, Gotoh T, Lkhagvasuren M, Okuda H, Kamesaki T, Kajii E, Iwamoto S.
FEBS J   272(11) 2696-2704   2004年6月   [査読有り]
Iwamoto S, Kamesaki T, Kumada M, Omi T, Okuda H, Hasegawa T, Sakurai S, Kajii E.
Leg Med (Tokyo)   5(4) 246-250   2003年12月   [査読有り]
Omi T, Vögeli P, Hagger C, Schelling C, Spilar S, Kajii E, Stranzinger G, Neuenschwander S.
Anim Genet   34(3) 176-182   2003年6月   [査読有り]
Kamesaki T, Kumada M, Omi T, Okuda H, Iwamoto S, Takahashi J, Kimura K, Hirayama F, Kamata H, Obara K, Taniguchi M, Tani Y, Kajii E
Vox Sang   84(2) 141   2003年2月   [査読有り]
Isolation, characterization, and family study of DTI, a novel partial D phenotype affecting the fourth external loop of D polypeptides
Omi T, Takahashi J, Seno T, Tanaka M, Hirayama F, Matsuo M, Ueda N, Obara K, Okuda H, Iwamoto S, Tani Y, Kajii E.
Transfusion.   42(4) 481-489   2002年4月   [査読有り]
Kamesaki T, Iwamoto S, Kumada M, Omi T, Okuda H, Tanaka M, Takahashi J, Obara K, Seno T, Tani Y, Kajii E.
Vox Sang   81(4) 254-258   2001年11月   [査読有り]
Iwamoto S, Kamesaki T, Oyamada T, Okuda H, Kumada M, Omi T, Takahashi J, Tani Y, Omine M, Kajii E.
Am J Hematol   68(2) 106-114   2001年10月   [査読有り]
Omi T, Fukui E, Omi T, Kajii E.
Anim Genet   31(6) 413-414   2000年12月   [査読有り]
Iwamoto S, Suganuma H, Kamesaki T, Omi T, Okuda H, Kajii E.
J Biol Chem   275(35) 27324-27331   2000年9月   [査読有り]
Okuda H, Suganuma H, Kamesaki T, Kumada M, Tsudo N, Omi T, Iwamoto S, Kajii E.
Biochem Biophys Res Commun   274(3) 670-683   2000年8月   [査読有り]
Kato-Yamazaki M, Okuda H, Kawano M, Omi T, Iwamoto T, Ishimori T, Hasekura H, Kajii E
Transfusion.   40(5) 617-618   2000年5月   [査読有り]
Omi T, Okuda H, Iwamoto S, Kajii E, Takahashi J, Tanaka M, Tani Y, Fraser RH, Seno T.
Transfusion   40(2) 256-258   2000年2月   [査読有り]
Okuda H, Fujiwara H, Omi T, Iwamoto S, Kawano M, Ishida T, Nomura S, Fukuhara S, Nagai A, Ohya I, Kajii E.
J Hum Genet   45(3) 142-153   2000年   [査読有り]
Identification of a low-frequency allele at the HUMVWFA31 locus in a paternity test.
Omi T, Nagai A, Oyamada T, Iwamoto S, Ohya I, Kajii E
Res Pract Forens Med   43(4) 157-160   2000年   [査読有り]
ミニブタから単離された新しいSLA-DRB アレル
近江俊徳 他
日比臨血会誌   8(2) 15-18   2000年   [査読有り]
Okuda H, Suganuma H, Tsudo N, Omi T, Iwamoto S, Kajii E.
Biochem Biophys Res Commun   263(2) 378-383   1999年9月   [査読有り]
New alleles of SLA-DQB isolated from miniature pigs.
Omi T, Fukui E, Omi T, Kajii E.
Anim Genet   30(3) 230   1999年6月   [査読有り]
Fujiwara H, Okuda H, Omi T, Iwamoto S, Tanaka Y, Takahashi J, Tani Y, Minakami H, Araki S, Sato I, Kajii E.
Hum Genet   104(4) 301-306   1999年4月   [査読有り]
Iwamoto S, Omi T, Yamasaki M, Okuda H, Kawano M, Kajii E.
Biochem Biophys Res Commun.   243(1) 233-240   1998年2月   [査読有り]
Iwamoto S, Yamasaki M, Kawano M, Okuda H, Omi T, Takahashi J, Tani Y, Omine M, Kajii E.
Int J Hematol   68(3) 257-268   1998年10月   [査読有り]
Omi T, Iwamoto S, Kajii E.
Int J Hematol   66(2) 153-158   1997年8月   [査読有り]
Omi T, Takahashi J, Tsudo N, Okuda H, Iwamoto S, Tanaka M, Seno T, Tani Y, Kajii E.
Biochem Biophys Res Commun   254(3) 786-794   1997年1月   [査読有り]
Identification of a novel and a spliced form Duffy mRNA which is the predominant transcript in erythroid
Iwamoto S, Li J, Omi T, Ikemoto S, Kajii E.
Blood   87(1) 378-385   1996年   [査読有り]
Intricate combinatorial patterns of exon splicing generate multiple Rh-related isoforms in human erythroid cells.
Kajii E, Umenishi F, Omi T, Ikemoto S.
Hum Genet   95(6) 657-665   1995年6月   [査読有り]
Genomic organization of the glycoprotein D gene: Duffy blood group Fya/Fyb alloantigen system is associated with a polymorphism at the 44-amino acid residue.  
Iwamoto S, Omi T, Kajii E, Ikemoto S.
Blood   85(3) 622-626   1995年2月   [査読有り]
Omi T, Kajii E, Ikemoto S.
Tohoku J Exp Med   174(4) 369-377   1994年12月   [査読有り]
Omi T, Kajii E, Iwamoto S, Tsuchida S, Ikemoto S.
Electrophoresis   15(8/9) 1091-1094   1994年8月   [査読有り]
Usui R, Hirota J, Omi T, Iwamoto S, Ikemoto S.
J Vet Med Sci   56(3) 593-595   1994年6月   [査読有り]
Point mutation in the band 4.2 gene associated with autosomal recessively inherited erythrocyte band 4.2 deficiency.
Iwamoto S, Kajii E, Omi T, Kamesaki T, Akifuji Y, Ikemoto S.
Eur J Haematol   50(5) 286-291   1993年5月   [査読有り]
クサギレクチンによるイヌの血液型分類法
近江俊徳 他
日比臨血会誌   2(2) 66-75   1993年5月   [査読有り]
乳腺腫瘍によってc型からC型に転換した赤血球抗原
臼井玲子 他
日比臨血会誌   2(2) 76-81   1993年5月   [査読有り]
A detecting the lectin activity of Clerodendron trichotoumum against cannie red blood cells.
Omi T et.al.
Jpn. J. Comp. Clin. Hematology   2(2) 40-47   1993年   [査読有り]
Characterization of a 28kD polypeptide detected by two dimensional electrophoresis of human platelets
Iwamoto S, Kajii E, Omi T, Tsuchida S, Ikemoto S.
Hum Hered   42 276-279   1992年   [査読有り]
近江俊徳 他
日本輸血学会誌   38(5) 601-606   1992年   [査読有り]
Method for detecting the lectin activity of Momordica charantia transferred from micro two-dimensional electrophoretic gel on to nitrocellulose.
Omi T, Kamesaki T, Kajii E, Ikemoto S.
J Chromatogr.   570(2) 399-405   1991年10月   [査読有り]
A new genetic polymorphism in human platlet polypeptides detected by two-dimensional electrophoresis.
Kajii E, Iwamoto S, Omi T, Ikemoto S.
Ann Hum Genet.   58(4) 507-508   1991年   [査読有り]
赤血球前駆細胞の分化に伴う赤血球抗原の挙動
梶井英治 他
医学のあゆみ   159(7) 457-458   1991年   [査読有り]
New method of detecting the lectin activity of Momordica charantia.
Kamesaki T, Omi T, Kajii E, Ikemoto S.
Vox Sang   58(4) 507-508   1990年   [査読有り]
原種オーミニ豚の血液蛋白からみた遺伝子構成.
近江俊徳 他
ABRI   18 19-21   1990年   [査読有り]

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
東京農業大学 農学部 畜産学科
 

委員歴

 
2011年12月
 - 
現在
日本 DNA多型学会  評議員
 
2014年11月
 - 
現在
動物看護師認定統一機構  監事
 
2009年12月
 - 
現在
日本比較臨床医学会  理事
 
2015年11月
 - 
現在
動物介在教育・療法学会  監事
 

受賞

 
2014年5月
日本獣医臨床病理医学会 優秀発表賞
 
2013年4月
日本獣医生命科学大学 紫雲賞(教育関連)
 
2009年12月
日本比較臨床医学会 学会賞
 
2001年12月
日本 DNA多方型学会 優秀研究賞(第3回)共同
 
1999年12月
日本DNA多型学会 優秀研究賞(第1回)
 

書籍等出版物

 
近江俊徳
緑書房   2018年8月   ISBN:4895313476
翻訳:臨床獣医遺伝学入門 第2版.分担部分:集団の中での単一遺伝子(鈴木勝士監修)
学窓社   2008年   
池本 卯典, 近江 俊徳, 梶井 英治, 土田 修一, 岩本 貞彦, 小山田 隆, 後藤 公彦 (担当:共著)
専修大学出版局   1996年   ISBN:4881250868
最新電気泳動実験法(共著)
医歯薬出版(株)   1999年   

講演・口頭発表等

 
比較臨床:小動物血液型研究の最前線 [招待有り]
近江 俊徳
第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会 抄録集 p.142   2019年2月16日   
イヌ乳腺腫瘍細胞株で生じたp53遺伝子変異の検出と機能解析
落合 和彦、平間 日奈子、川上 翔太、宇埜 友美子、道下 正貴、呰上 大吾、近江 俊徳
第1回ニチジュウシンポジウム2018   2018年12月7日   
IDH1イヌホモログの新規変異が機能におよぼす影響の検討
川上翔太、落合和彦、宇埜友美子、道下正貴、呰上大吾、近江俊徳
第1回ニチジュウシンポジウム2018   2018年12月7日   
ネコAB式血液型を担う CMAH遺伝子変異の同定とその応用
近江俊徳、宇田川智野、中澤 翔太、宇埜友美子、川上翔太、金岡春央梨、佐藤茉水、本田安里紗、銀 梓、中村知尋、小林輔、浅野潤三、呰上大吾、落合和彦、多田尚美、筒井敏彦、盆子原誠、土田修一
第1回ニチジュウシンポジウム2018   2018年12月7日   
交差適合試験不適合B型ドナーネコの血清学的・遺伝学的解析
近江俊徳、宇埜友美子、川上翔太、土田修一、 浅野潤三、落合和彦、呰上大吾、稲垣健志、 坂本敦司,小林 輔
DNA多型学会第27回学術集会 抄録集 p103   2018年12月6日   
イヌCMP-Neu5Ac水酸化酵素遺伝子翻訳領域の1次構造決定と非同義置換SNPsの同定
宇埜友美子、川上翔太、落合和彦、近江俊徳
DNA多型学会第27回学術集会 抄録集 p137   2018年12月6日   
ネコAB式血液型を担うCMAH遺伝子のジェノタイピング:c.364C>T変異型ホモ接合体を有するAB型ネコの同定
金岡春央梨、中村知尋、佐藤茉水、本田安里紗、矢口雅美、川上翔太、宇埜友美子、坂本敦司、呰上大吾、盆子原誠、落合和彦、土田修一、近江俊徳
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月12日   
イヌIDH1の新規変異が機能に及ぼす影響の検討
川上翔太、落合和彦、道下正貴、森松正美、近江俊徳
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
イヌ乳腺腫瘍細胞株で生じたp53遺伝子変異の検出と機能解析
落合和彦、平間日奈子、森松正美、川上翔太、道下正貴、中川貴之、 呰上大吾、稲垣健志、坂本敦司、近江俊徳
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
遺伝子解析を用いた野生中型食肉目における疥癬の診断方法の検討
杉浦 奈都子, 加藤 卓也, 羽山 伸一 , 近江 俊徳
第24回日本野生動物医学会   2018年9月1日   
R132 MUTATIONS IN CANINE ISOCITRATE DEHYDROGENASE 1 (IDH1) LEAD TO FUNCTIONAL CHANGES.
Kawakami S, Ochiai K, Kato Y, Azakami D, Michishita M, Omi T
XVIIIth ISACP Congress, Toko, Japan   2018年8月7日   
ENDOGENOUS LEU332GLN MUTATION IN P53 DISRUPTS THE TETRAMERIZATION ABILITY IN THE CANINE MAMMARY GLAND TUMOR CELL LINE.
Ochiai K, Azakami D, Hirama H, Kawakami S, Uno Y, T Omi T
XVIIIth ISACP Congress, Toko, Japan   2018年8月7日   
A Case Report of Infant Pulmonary Lympho-proliferative Disease (PLP) without AIDS, in which Additional Respiratory Syncytial Virus (RSV) Infection was Suspected to Bring a Cause of Sudden Death.
Inagaki T, Ohno H, Shimada Y, Oyamada T, Kishichi M, Omi T
The 24th Congress of the International Academy of Legal Medicine (IALM) , Fukuoka, Japan,   2018年6月7日   
イヌ乳腺腫瘍細胞株で生じたp53遺伝子変異の検出と機能解析
平間日奈子,落合和彦,川上翔太,近江俊徳
第48回日本比較臨床医学会学術大会   2017年12月10日   
ネコAB式血液型を担うCMAH遺伝子の構造と変異
近江俊徳, 中澤翔太, 宇田川智野, 多田尚美, 三井寛子, 落合和彦, 筒井 敏彦, 土田 修一
日本DNA多型学会第26回学術集会   2017年11月30日   
びまん性脳幹損傷の診断に苦慮した1例
坂本敦司, 稲垣健志, 大野博, 大岡汐里, 島田佑季, 小山田隆, 近江俊徳
第86回日本法医学会学術関東地方集会   2017年10月28日   
CMAH遺伝子解析による猫 AB式血液型の分子基盤
近江俊徳, 中澤翔太, 宇田川智野, 多田尚美, 三井寛子, 落合和彦, 加藤由比子, 呰上大吾, 左向敏紀, 筒井敏彦, 盆子原誠, 土田修一
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
IDH1イヌホモログの変異が機能におよぼす影響の検討
川上翔太,落合和彦,尾原涼,道下正貴,近江俊徳
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
がん抑制遺伝子REIC/Dkk-3ネコホモログの構造と乳腺腫瘍に対するアポトーシス誘導能の解析
落合和彦, 杉原思穂, 小田民美, 川上翔太, 平間日奈子, 呰上大吾, 近江俊徳
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
Sudden infant death in which patent ductus arterioles was suspected to involve: three autopsy case reports
Takeshi INAGAKI, Toshinori OMI, Atsuchi SAKAMOTO
10 th International Symposium Advances in Legal Medicine   2017年9月12日   
福島第一原子力発電所事故後の福島県福島市のニホンザル(Macaca fuscata)における甲状腺の組織形態学的変化について
鈴木 諒平, 吉村 久志, 山本 昌美, 加藤 卓也, 名切 幸枝, 石井 奈穂美, 落合 和彦, 近江 俊徳, 羽山 伸一, 中西 せつ子, 今野 文治, 川本 芳
第33回日本霊長類学会大会   2017年7月16日   
福島第一原発災害後の福島市の野生ニホンザルにおける末梢血球数および骨髄造血組織の減少について
山本 有紗, 吉村 久志, 山本 昌美, 加藤 卓也, 名切 幸枝, 石井 奈穂美, 落合 和彦, 近江 俊徳, 羽山 伸一, 中西 せつ子, 今野 文治, 川本 芳
第33回日本霊長類学会大会   2017年7月16日   
福島第一原発災害後の福島市に生息する野生ニホンザル(Macaca fuscata)胎仔と幼獣の成長遅滞について
土屋 萌, 落合 和彦, 鈴木 浩悦, 神谷 新司, 加藤 卓也, 名切 幸枝, 石井 奈穂美, 近江 俊徳, 羽山 伸一, 中西 せつ子, 今野 文治, 川本 芳
第33回日本霊長類学会大会   2017年7月16日   
イヌIDH1ホモログのクローニングと機能解析
川上翔太, 落合和彦, 道下正貴, 近江俊徳
日本獣医臨床病理学会2017年大会   2017年6月25日   
副腎褐色細胞腫( intraadrenal paraganglioma)の合併を認めた急死の1剖検例
坂本敦司, 稲垣健志, 大野博, 大岡汐里, 美島千紘, 島田佑季, 小山田隆, 大野 博, 近江俊徳
第101次日本法医学会学術全国集会   2017年6月8日   
SGTA機能制御を起点とした前立腺がん新規治療戦略の創出.
加藤由比子,落合和彦,近江俊徳
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   
血管壁構造の特異的変化に基づく上行大動脈破裂の一剖検例
坂本敦司,小山田隆,稲垣健志,大岡汐里,大野博,美島千紘,島田佑季,近江俊徳
第85回日本法医学会学術関東地方集会   2016年10月29日   
東北地方のニホンザル(Macaca fuscata)におけるボルナ病ウイルス抗体保有状況.
立本完吾, 川村卓史,石井奈穂美,名切幸枝,羽山伸一,中西せつ子,近江俊徳,浅川満彦,萩原克郎.
第22回日本野生動物医学会宮崎大会.   2016年9月18日   
非常に稀なネコAB型の検出とその遺伝子構造の特徴.
近江俊徳 , 中澤翔太, 多田尚美, 三井寛子, 加藤由比子, 落合和彦, 銀 梓, 松原孝子, 呰上大吾, 妻井雅美, 浅野潤三, 土田修一, 筒井敏彦
日本動物看護学会第25回大会   2016年7月2日   
動脈管開存の関与が推定された乳児突然死剖検例
稲垣健志、大野博、瓦井佑季、美島千紘、大岡汐里、小山田隆、近江俊徳、坂本敦司
第100次日本法医学会学術全国集会   2016年6月16日   
前立腺がんのホルモン療法抵抗性誘導因子SGTAに対するREIC/Dkk-3作用機序の解析.
落合和彦,加藤由比子,中澤翔太,近江俊徳.
第46回日本比較臨床医学会学術集会.   2016年3月13日   
味覚受容体遺伝子からみたコアラの食性.
土田修一,近江俊徳,尼崎肇,水野哲男,畠山仁.
第46回日本比較臨床医学会学術集会.   2016年3月13日   
B型ネコに見出されたCMAH変異遺伝子のディプロタイプ分布.
中澤翔太,宇田川智野,多田尚美,加藤由比子,呰上大吾,左向敏紀,小山秀一,盆子原 誠,落合和彦, 土田修一,近江俊徳. 
第46回日本比較臨床医学会学術集会.   2016年3月13日   
SGTAとREIC/DKk-3の相互作用がイヌ前立腺がん細胞におけるARシグナル伝達に与える影響の検討
加藤由比子,中澤翔太,落合和彦,近江俊徳.
第46回日本比較臨床医学会学術集会.   2016年3月13日   

担当経験のある科目

 
  • 人類遺伝学 (自治医科大学)
  • 法医学・医事法学 (自治医科大学)
  • 分子遺伝学特論 (日本獣医生命科学大学大学院)
  • 動物遺伝学 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物品種論 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物生化学 (日本獣医生命科学大学)
  • 自然科学概論 (日本獣医生命科学大学)
  • 犬学・猫学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
American Association for the Advancement of Science; AAAS(アメリカ科学振興協会) , International Society of Animal Genetics (国際動物遺伝学会) , 日本血液学会 , 日本輸血・細胞治療学会 , 日本分子生物学会 , 日本人類遺伝学会 , 日本動物遺伝育種学会 , 日本法医学会 , 日本法科学技術学会 , 日本獣医学会 , 日本畜産学会 , 動物介教育・療法学会 , 日本動物看護学会 , 日本比較臨床医学会

競争的資金等の研究課題

 
輸血副作用を惹起する血液型物質の分子基盤構築と疾患感受性関連解析への展開
日本獣医生命科学大学: 日本学術振興会:学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
研究期間: 2016年4月       代表者: 近江俊徳
輸血副作用を惹起する血液型抗原エピトープ群の構造解明と遺伝子検査法の開発
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 近江俊徳
東日本大震災に伴う野生動物の環境変化に関する研究
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 近江俊徳
小動物の悪性腫瘍における癌遺伝子依存性の解析と分子標的療法の基盤構築
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究 B )
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 盆子原 誠
網羅的動物ゲノム解析による新しい法科学技術の開発
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 近江俊徳
家庭動物を対象としたマルチローカスSTR解析による身元証明(個体識別)技術に関する研究
日本愛玩動物協会: 研究助成
研究期間: 2011年3月 - 2012年4月    代表者: 近江俊徳
エネルギー代謝調節に関与するイヌUCP2とUCP3遺伝子の分子遺伝学的解析
日本ペット栄養学会: 研究奨励金
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 近江俊徳
生態保全に向けたニホンザルの遺伝学的背景の解明
財団法人 住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 近江俊徳
内因性突然死関連遺伝子の同定へ向けた遺伝疫学ならびに分子遺伝学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究 B)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 岩本 禎彦
自己免疫性溶血性貧血における自己抗体産生メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究 C)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 亀崎 豊実
遺伝子改変動物を用いたABO血液型物質に対する抗体産生機序の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 (奨励研究C)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 岩本 禎彦
Rh蛋白複合体の生物学的機能に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 (奨励研究A)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 近江俊徳
Rh抗原の発現に関与する分子群のクローニングとその変異解析
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究C)
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 岩本禎彦
各種生物におけるRH類似遺伝子群の分子進化とRh分子機能の解析
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究C)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 奥田 浩
RH遺伝子における一塩基多型とマイクロサテライト多型の分子遺伝学的解析とその応用
日本学術振興会: 科学研究補助金 (基盤研究C)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 奥田 浩
Rh血液型抗原エピトープ群の分子遺伝学的解析とRh遺伝子診断システムの確立
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究B)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 梶井英治
Rhシステム血液型遺伝子の全構造決定と遺伝子型タイピング法の確立
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究B)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 梶井英治
自己免疫性溶血性貧血における自己抗原の特定とエピトープ解析
文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究C)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 梶井英治