トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 柿沼 美紀
 

柿沼 美紀

 
アバター
研究者氏名柿沼 美紀
 
カキヌマ ミキ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名教授
学位文学博士(白百合女子大学), 教育学修士(筑波大学), 国際学修士(筑波大学), 音楽学士(ノースウェスタン大学(米国))
J-Global ID200901058297156582

プロフィール

免許 資格
公認心理師                     
臨床発達心理士
自閉症スペクトラム支援士Expert
中学校教諭一級 普通免許状(英語)              
高等学校教諭一級・二級 普通免許状(英語)

研究キーワード

 
比較発達心理学 ,発達心理学 ,comparative developmental psychology ,developmental psychology

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育心理学 / 

経歴

 
2000年4月
   
 
日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)  教授 
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1995年3月
白百合女子大学 文学研究科博士課程 
 
 
 - 
1995年
白百合女子大学  
 
1982年4月
 - 
1985年3月
筑波大学大学院 修士課程教育研究科 教科教育(英語教育) 教育学修士 
 
1982年3月
 - 
1983年3月
日本女子大学 文学部大学院研究生 
 
1980年4月
 - 
1982年3月
筑波大学大学院 修士課程地域研究研究科(アメリカ研究) 国際学修士 
 

委員歴

 
2013年1月
 - 
現在
動物介在教育・療法学会  理事長
 

論文

 
 
Miki Kakinuma   Momoko Takahashi   Nose Izuru   Jin Jing   Jin Yu   Liu Buyun   Aya Uechi   Morihisa Takarabe   
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 408-408   2016年7月   
 
Miki Kakinuma   Hitoshi Hatakeyama   Asami Tscuchida   Izuru Nose   
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 261-261   2016年7月   [査読有り]
 
David S. Crystal   Miki Kakinuma   Matthew DeBell   Hiroshi Azuma   Takahiro Miyashita   
International Journal of Behavioral Development   32(6) 496-508   2008年   [査読有り]
Japanese and U.S. sixth, eighth, and tenth graders (N = 2141) responded to questionnaires asking whom they depended on in six contexts of need. These contexts were: morning awakening, physical illness, emotional upset, help with homework, causing ...
 
森永良子   黛雅子   柿沼美紀   紺野道子   中石康江   五十嵐一枝   
白百合女子大学発達臨床センター紀要   (9) 3-31   2006年   

MISC

 
 
柿沼 美紀   野瀬 出   牛 渓童   西田 奈央   
日本教育心理学会総会発表論文集   61(0) 277-277   2019年   
<p></p>
 
野瀬 出   柿沼 美紀   
日本心理学会大会発表論文集   82(0) 1AM-101-1AM-101   2018年   
 
野瀬 出   林 幹也   柿沼 美紀   政本 香   土田 あさみ   
日本心理学会大会発表論文集   81(0) 1C-012-1C-012   2017年   
 
柿沼 美紀   
日本自閉症スペクトラム学会第15回研究大会      2016年8月   [招待有り]
 
柿沼美紀   
子どもの心とからだ   24(4) 443-446   2016年   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
柿沼美紀, 上村佳世子(担当:共著, 範囲:日本発達心理学会)
FRONTIERS IN DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY RESEARCH : Japanese Perspectives   2016年7月      
 
森永, 良子, 東, 洋, 柿沼, 美紀, 紺野 道子, 黛, 雅子, 中石, 康江, 五十嵐, 一枝
文教資料協会   2011年6月   (ISBN:9784938649296)

講演・口頭発表等

 
 
Development of 9 captive chimpanzees-a longitudinal study reveals individual differences in cognitive, social and motor development.
Kakinuma, M   Hatakeyama, H   Tscuchida, A   Nose, I   
31st International Congress of Psychology (ICP2016)   2016年7月24日   

所属学協会

 
 
   
 
日本動物心理学会
 
   
 
日本動物介在教育・療法学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
社会的認知能力としての痛みの理解と表出の発達
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
柿沼 美紀 五十嵐 一枝 紺野 道子 財部 盛久 百田 豊 野瀬 出 上村 佳世子 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
イヌはなぜ人のベストパートナーになれたか-特化された社会的認知能力の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
柿沼 美紀 土田 修一 大谷 伸代 的場 美芳子 野瀬 出 畠山 仁 渡辺 忠温 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
アイトラッカーを用いた自閉症スペクトラム障害の注視行動の分析と注視行動形成支援
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
財部 盛久 高橋 桃子 上地 亜矢子 野瀬 出 柿沼 美紀 五十嵐 一枝 上村 佳世子 紺野 道子 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
イヌによる動物介在教育がもたらす諸効果に関する基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
野瀬 出 柿沼 美紀 政本 香 土田 あさみ 入交 眞巳 林 幹也 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
母子の語り場面の発話と構造ー日本と中国の定型発達児と高機能自閉症児の理論的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
柿沼 美紀 五十嵐 一枝 上村 佳世子 紺野 道子 野瀬 出 財部 盛久 
研究期間: 2011年 - 2013年