トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 盆子原 誠
 

盆子原 誠

 
アバター
研究者氏名盆子原 誠
 
ボンコバラ マコト
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位博士(東京大学)
J-Global ID200901077866493775

研究キーワード

 
獣医腫瘍学 ,獣医臨床病理学 ,免疫学 ,分子生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学教授   
 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本獣医生命科学大学准教授   
 
2005年4月
 - 
2011年3月
日本獣医畜産大学講師   
 
2000年10月
 - 
2005年3月
日本獣医畜産大学助手   
 
1998年
 - 
2001年
Research Fellow, University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas   
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東京大学大学院 農学系研究科 獣医学
 
 
 - 
1993年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学科
 

委員歴

 
2020年5月
 - 
現在
Veterinary and Comparative Oncology  Editorial Board
 
2017年
 - 
現在
The Veterinary Journal (London, UK)  Advisory Board
 
2014年
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
2009年
 - 
現在
日本小動物獣医師会  学術顧問
 
2000年
 - 
現在
獣医臨床病理学会  会員
 

受賞

 
2010年4月
日本獣医生命科学大学, 梅野信吉賞
盆子原 誠 
 
2001年
Albert M. Kligman Award(Society for investigative dermatology)
 
2000年
Dermatology Foundation 2000 Research Award
 

論文

 
 
Hiroyuki Tani   Ryo Miyamoto   Tomokazu Nagashima   Masaki Michishita   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Veterinary and comparative oncology      2021年7月   [査読有り]
Canine histiocytic sarcoma (HS) is an aggressive and highly metastatic neoplasm. Mutations in src homology 2 domain-containing phosphatase 2 (SHP2; encoded by PTPN11), which recently have been identified in canine HS tumour cells, could be attract...
 
Hiroyuki Tani   Ryo Miyamoto   Syunya Noguchi   Sena Kurita   Tomokazu Nagashima   Masaki Michishita   Naoko Yayoshi   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
BMC veterinary research   17(1) 147-147   2021年4月   [査読有り]
BACKGROUND: Canine malignant melanoma is highly aggressive and generally chemoresistant. Toceranib is a kinase inhibitor drug that inhibits several tyrosine kinases including the proto-oncogene receptor tyrosine kinase KIT. Although canine maligna...
 
Ryo Miyamoto   Hiroyuki Tani   Tomoyo Ikeda   Hono Saima   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Research in veterinary science      2020年10月   [査読有り]
Canine squamous cell carcinoma (SCC) is difficult to treat if local therapy is not feasible. Recently, survivin inhibitor YM155 was shown to have growth inhibitory activity on high-survivin-expressing canine SCC cell lines HAPPY and SQ4. Here, the...
 
Shingo Maeda   Maho Nakazawa   Mona Uchida   Ryohei Yoshitake   Takayuki Nakagawa   Ryohei Nishimura   Ryo Miyamoto   Makoto Bonkobara   Tomohiro Yonezawa   Yasuyuki Momoi   
Veterinary pathology   57(4) 497-506   2020年7月   [査読有り]
Regulatory T cells (Tregs) can be targeted in cancer immunotherapy. A previous study has shown that the chemokine CCL17 and the receptor CCR4 play a role in Treg recruitment in canine urothelial carcinoma. Here, we describe the association of tumo...
 
Hiroyuki Tani   Sena Kurita   Ryo Miyamoto   Kazuhiko Ochiai   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Veterinary and comparative oncology   18(2) 161-168   2020年6月   [査読有り]
Some canine cases of histiocytic sarcoma (HS) carry an activating mutation in the src homology two domain-containing phosphatase 2 (SHP2) encoded by PTPN11. SHP099 is an allosteric inhibitor of SHP2 that stabilizes SHP2 in a folded, auto-inhibited...

MISC

 
 
小林正典   渡部志歩   田村恭一   盆子原誠   堀達也   河上栄一   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 411   2018年8月   
 
金岡 春央梨   中村 知尋   佐藤 茉水   本田 安里紗   矢口 雅美   川上 翔太   宇埜 友美子   坂本 敦司   呰上 大吾   盆子原 誠   落合 和彦   土田 修一   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回 438-438   2018年8月   
 
小林正典   地主真実子   地主真実子   田村恭一   盆子原誠   堀達也   河上栄一   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 440   2017年8月   
 
近江 俊徳   中澤 翔太   宇田川 智野   多田 尚美   三井 寛子   落合 和彦   加藤 由比子   呰上 大吾   左向 敏紀   筒井 敏彦   盆子原 誠   土田 修一   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回 483-483   2017年8月   
 
近江 俊徳   宇田川 智野   落合 和彦   盆子原 誠   呰上 大吾   左向 敏紀   土田 修一   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158回 403-403   2015年8月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
獣医腫瘍学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医血液病・免疫病学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医臨床病理学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本がん分子標的治療学会
 
   
 
日本獣医臨床病理学会
 
   
 
日本獣医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年 - 2022年
 
肥満細胞腫におけるチロシンキナーゼ阻害剤耐性化機構の解明と克服戦略の構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
盆子原 誠 
研究期間: 2015年 - 2017年
 
犬における血中循環腫瘍細胞検出系の構築と転移予測指標としての有用性の検討
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
盆子原 誠 
研究期間: 2014年 - 2014年
 
小動物の悪性腫瘍における癌遺伝子依存性の解析と分子標的療法の基盤構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
盆子原 誠 田崎 弘之 近江 俊徳 富張 瑞樹 
研究期間: 2012年 - 2014年
 
犬の顆粒細胞腫細胞の黒色腫細胞への形質転換に関わる遺伝子動態
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
盆子原 誠 
研究期間: 2013年 - 2013年