トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 岡田 幸之助
 

岡田 幸之助

 
アバター
研究者氏名岡田 幸之助
 
オカダ コウノスケ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科
職名准教授
学位博士(農学)(神戸大学大学院)

研究キーワード

 
生殖生物学 , 発生工学

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 応用動物科学 / 

経歴

 
2006年7月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科
 
2004年7月
 - 
2006年6月
Institute of Animal Production (CZECH REPUBLIC) ポスドク研究員
 

学歴

 
 
 - 
現在
神戸大学大学院 自然科学研究科(博士後期課程) 生命機能科学専攻
 
 
 - 
現在
日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学) 獣医畜産学部(現 応用生命科学部) 畜産学科(現 動物科学科)
 

論文

 
Assisted reproductive technologies in Microtus genus
岡田 幸之助,影山 敦子(総説)
Reproductive Medicine and Biology      2019年1月   [査読有り][招待有り]
Vitrification for bovine embryos with low quality grade
TAJIMA et al.(共著)
Animal Science Journal   89 1194-1200   2018年   [査読有り]
家畜改良増殖法に則ったガラス化凍害保護物質のストロー内1段階希釈法
山崎承美ら(共著)
日本胚移植学雑誌   40(1) 1-7   2018年   [査読有り]
最小容量ガラス化法の野外での処理条件の検討と移植試験
多治見弘史ら(共著)
日本畜産学会報   89(3) 323-328   2018年   [査読有り]
ハタネズミ属における精子凍結保存および人工授精:希少-野生小型げっ歯類のモデルと して
岡田 幸之助,影山 敦子(総説)
日本胚移植雑誌   39(3) 189-194   2017年   [査読有り][招待有り]
影山 敦子ら(責任著者)
Theriogenology   86 899-905   2016年   [査読有り]
影山 敦子ら(責任著者)
The Journal of Veterinary Medical Science   78 1283-1291   2016年   [査読有り]
吉田達行ら(共著)
Animal Science Journal   83 529-534   2012年   [査読有り]
吉田達行ら(共著)
Animal Science Journal   83 207-212   2012年   [査読有り]
VACKOVA et al.(共著)
Journal of Reproduction and Development   57 594-603   2011年   [査読有り]
Genome reprogramming during the first cell cycle in in vitro produced porcine embryos.
BARNETOVA I., OKADA K(共著)
Czech Journal of Animal Science   55 49-57   2010年   [査読有り]
岡田 幸之助ら(原著)
Zygote   16 49-56   2008年   [査読有り]
Loss of Rec8 from chromosome arm and centromere region is required for homologous chromosome separation and sister chromatid separation, respectively,in mammalian meiosis.
李ら(共著)
Cell Cycle   5 1448-1455   2006年   [査読有り]
FULKA et al.(共著)
Histochemistry and Cell Biology   25 1-5   2006年   [査読有り]
岡田 幸之助ら(原著)
Journal of Reproduction and Development   52 91-98   2006年   [査読有り]
Effect of protein supplement source on porcine oocyte maturation and subsequent embryonic development after parthenogenetic activation.
KRYLOV et al.(共著)
Folia Biologica (Praha)   51 29-33   2005年   [査読有り]
二価陽イオンと精子抽出物によるブタ体外成熟卵母細胞の活性化に関する研究
岡田 幸之助
神戸大学大学院      2004年   [査読有り]
岡田 幸之助ら(原著)
Journal of Mammalian Ova Research   21 134-140   2004年   [査読有り]
Involvement of cytoplasmic free calcium in boar sperm: head-to-head agglutination induced by a cell-permeable cyclic adenosine mono-phosphate analog.
原山洋ら(共著)
Journal of Andrology   24 91-99   2003年   [査読有り]
岡田 幸之助ら(原著)
Zygote   11 159-165   2003年   [査読有り]
SrCl2ならびにブタ精子由来水溶性因子によるブタ体外成熟卵母細胞の活性化.
岡田 幸之助ら(原著)
日本胚移植学雑誌   22 40-50   2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
イヌを科学する
岡田 幸之助 (担当:分担執筆, 範囲:イヌの繁殖)
養賢堂   2017年   
Animal Frontier Sciences
岡田 幸之助ら (担当:分担執筆, 範囲:Artificial activation of mouse and pig mature oocytes by divalent cations.)
Hokuto Shobo (Kyoto)   2003年   
Reproductive Biotechnology and Relating Physiology
三宅 正史ら (担当:共著, 範囲:Early development of porcine parthenogenetic diploids in-vitro.)
Hokuto Shobo (Kyoto)   2001年   

講演・口頭発表等

 
トウキョウX豚(純粋種)の産仔生産性向上に関する研究:初回発情排卵卵子数および透明帯特性の調査
岡田 幸之助ら
日本繁殖生物学会第111回大会   2018年9月   
Effects of different hormonal treatments on the dynamics of protein disulfide isomerase (PDI) during porcine oocyte maturation.
岡田 幸之助ら
4th World Congress of Reproductive Biology   2017年9月   
ブタ体外成熟時のfetuin添加が精子侵入率に及ぼす影響:トウキョウX増産に向けた良質な体外胚生産に関する研究.
丹羽 菜々子,岡田 幸之助ら
日本畜産学会第122回大会   2017年3月   
異なるPMSG濃度が人工授精後のホンドハタネズミ産仔数に及ぼす影響
三島 尭子,岡田 幸之助ら
日本畜産学会第121回大会   2016年3月   
ホンドハタネズミにおける新規過剰排卵法および最適麻酔薬を用いた体外受精・顕微授精由来胚からの産仔作出
影山 敦子,岡田 幸之助ら
日本畜産学会第121回大会   2016年3月   
異なるホルモン処理がブタ卵母細胞成熟時のPDI局在に及ぼす影響.
小沢 聡恵,岡田 幸之助ら
日本畜産学会第121回大会   2016年3月   
Produc'on of Offspring from Frozen-­‐thawed Spermatozoa of Microtus montebelli, Japanese field vole, using Ar'ficial Insemina'on
影山 敦子,岡田 幸之助ら
Society for the Study of Reproduction   2013年7月   

担当経験のある科目

 
  • 細胞発生生物学 (日本大学)
  • 卒業論文 (日本獣医生命科学大学)
  • 専門英語コースI & II (日本獣医生命科学大学)
  • フレッシュ-ゼミ(分担) (日本獣医生命科学大学)
  • 動物資源科学概論(分担) (日本獣医生命科学大学)
  • 基礎分析化学実習(分担) (日本獣医生命科学大学)
  • 家畜人工授精,家畜体内受精卵移植,家畜体外受精卵移植に関する講習会(分担) (日本獣医生命科学大学)
  • 産業動物品種論 (日本獣医生命科学大学)
  • 畜産資源論(分担) (日本獣医生命科学大学)
  • 乳肉用家畜論(分担) (日本獣医生命科学大学)
  • 動物繁殖学実習(分担) (日本獣医生命科学大学)
  • 動物発生工学 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物生殖機能学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本養豚学会 , 日本畜産学会 , 日本繁殖生物学会

競争的資金等の研究課題

 
体外胚生産技術を活用した純粋種豚(トウキョウX)の生産性向上に関する研究
伊藤記念財団: 平成30年度研究助成等事業
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 岡田 幸之助
ブタにおける体外培養系(卵成熟,受精卵作出,受精卵の培養)技術の改良と新法開発
その他の研究制度
研究期間: 2006年   
ハタネズミにおける生殖補助技術の確立
その他の研究制度
研究期間: 2007年   

社会貢献活動

 
2008子供ゆめ基金ガイド
【報告書執筆】  独立行政法人国立青少年教育振興機構  2008年9月
平成19年度 子どもゆめ基金:科学体験活動A
【企画, 運営参加・支援】  独立行政法人国立青少年教育振興機構  一つの生命の始まりを観る!〜精子と卵子の出会い〜  2007年12月25日 - 2007年12月27日