トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 手嶋隆洋
 

手嶋隆洋

 
アバター
研究者氏名手嶋隆洋
 
テシマタカヒロ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 臨床獣医学部門 治療学分野Ⅰ
職名講師
科研費研究者番号80610708

研究キーワード

 
脂肪由来間葉系幹細胞 , 獣医内科学 , 内分泌学 , 下垂体

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 臨床獣医学 / 

論文

 
Ramani V, Teshima T, Tamura K, Chung JS, Kobayashi M, Cruz PD Jr, Ariizumi K
The Journal of investigative dermatology   138(11) 2443-2451   2018年5月   [査読有り]
Matsumoto H, Teshima T, Iizuka Y, Sakusabe A, Takahashi D, Amimoto A, Koyama H
Research in veterinary science   121 53-58   2018年10月   [査読有り]
Ishino H, Takekoshi S, Teshima T, Uchida K, Sakonju I, Hara Y
Veterinary pathology   56(4) 300985819829530-613   2019年2月   [査読有り]
Mochizuki Y, Suzuki R, Yasumura Y, Saito T, Teshima T, Matsumoto H, Koyama H
The Journal of veterinary medical science   81(5) 734-738   2019年5月   [査読有り]
Teshima T, Matsumoto H, Koyama H
PloS one   13(1) e0191539   2018年1月   [査読有り]
Suzuki R, Mochizuki Y, Yoshimatsu H, Niina A, Teshima T, Matsumoto H, Koyama H
JFMS open reports   4(1) 2055116918756219   2018年1月   [査読有り]
Teshima T, Kurita S, Sasaki T, Matsumoto H, Niina A, Abe D, Kanno N, Koyama H
BMC veterinary research   15(1) 62   2019年2月   [査読有り]
Suzuki R, Mochizuki Y, Yoshimatsu H, Niina A, Teshima T, Matsumoto H, Koyama H
JFMS open reports   4(1) 2055116918764589   2018年1月   [査読有り]
Suyama Y, Matsuda K, Teshima T, Matsumoto H, Koyama H
The Journal of veterinary medical science   81(1) 26-29   2019年1月   [査読有り]
Takahiro Teshima, Hirotaka Matsumoto, Masaki Michishita, Akito Matsuoka, Maika Shiba, Tomokazu Nagashima, Hidekazu Koyama
Stem Cells International   2017 1   2017年   [査読有り]
Suzuki R, Mochizuki Y, Yoshimatsu H, Niina A, Teshima T, Matsumoto H, Koyama H
Journal of veterinary internal medicine   33(1) 37-45   2019年1月   [査読有り]
Suzuki R, Mochizuki Y, Yoshimatsu H, Teshima T, Matsumoto H, Koyama H
Journal of feline medicine and surgery   19(12) 1283-1289   2017年12月   [査読有り]
Matsumoto H, Miyata T, Ohkusa T, Teshima T, Koyama H
Research in veterinary science      2017年10月   [査読有り]
Teshima T, Matsumoto H, Okusa T, Uchiyama R, Koyama H
PloS one   11(11) e0166267   2016年   [査読有り]
Cao LY, Chung JS, Teshima T, Feigenbaum L, Cruz PD Jr, Jacobe HT, Chong BF, Ariizumi K
The Journal of investigative dermatology   136(9) 1801-1810   2016年9月   [査読有り]
Teshima T, Matsumoto H, Okusa T, Nakamura Y, Koyama H
PloS one   10(8) e0135516   2015年   [査読有り]
ビーグルにおけるStreptcoccus salivarius K12による口臭抑制効果についての基礎的検討(A basic study on the effect of Streptococcus salivarius K12 on the suppression of oral malodor in beagles)
松本 浩毅, 大草 朋子, 吉松 宏基, 望月 庸平, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
ペット栄養学会誌   19(1) 8-14   2016年4月
ビーグルに対してStreptcoccus salivarius K12(SSK12)を連日給与することにより口臭や口腔内細菌に対する影響を検討した。SSK12の給与群(n=3頭)と無給与の対照群(n=3頭)を用いて口腔ガス臭と呼気臭の官能検査そして気体検知管測定器を用いて口腔内のアンモニア、メチルアミン、メチルメルカプタンおよび硫化水素を測定した。口腔内スワブを嫌気培養し黒色色素産生菌集落の数を求めた。Porphiromonas(P.)gingivalisとP.gulaeの検出は、口腔内ス...
甲状腺機能低下症と医原性クッシング症候群を併発したアトピー性皮膚炎に罹患したゴールデンレトリバーの血清脂肪酸濃度(Serum Fatty Acid Concentration of a Golden Retriever with Canine Atopic Dermatitis Accompanied with Hypothyroidism and latrogenic Adrenal Insufficiency)
松本 浩毅, 吉松 宏基, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
動物臨床医学   25(1) 021-025   2016年3月
甲状腺機能低下症と医原性副腎機能低下症をともなう犬のアトピー性皮膚炎(CAD)と診断されたゴールデンレトリバーの血清脂肪酸濃度を測定した。治療開始前の血中脂肪酸濃度は、24種類中11種類が基準値の範囲を超えていた。加療とともに皮膚の状態は改善傾向を示したが、第180病日には皮膚の状態が再び悪化した。その時点の血清中脂肪酸濃度は、基準値を超えていたのは1種類のみであり、11種類は基準値よりも低値であった。そのため、脂肪酸サプリメントを治療に加えたところ皮膚の状態は劇的に改善した。本症例におけ...
Teshima T, Matsumoto H, Kumagai T, Kurano M, Koyama H
Veterinary journal (London, England : 1997)   200(3) 452-455   2014年6月   [査読有り]
鈴木 亮平, 望月 庸平, 吉松 宏基, 増田 紗織, 瀧口 朝陽, 新谷 剛史, 岩瀬 由馬, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
動物の循環器   48(2) 65-71   2015年12月
Pulmonary hypertension (PH) may affect left ventricular function in dogs with myxomatous mitral valve disease (MMVD). We evaluated the echocardiographic left ventricular function in 30 dogs with PH secondary to MMVD classified into 3 classes based...
Suzuki R, Matsumoto H, Teshima T, Koyama H
Journal of veterinary cardiology : the official journal of the European Society of Veterinary Cardiology   15(4) 243-252   2013年12月   [査読有り]
Hepatocellular carcinoma in a young dog.
Teshima T, Matsumoto H, Shigihara K, Sawada H, Michishita M, Takahashi K, Koyama H
The Canadian veterinary journal. La revue veterinaire canadienne   54(9) 845-848   2013年9月   [査読有り]
Suzuki R, Matsumoto H, Teshima T, Koyama H
Journal of veterinary cardiology : the official journal of the European Society of Veterinary Cardiology   15(2) 139-146   2013年6月   [査読有り]
Suzuki R, Matsumoto H, Teshima T, Mochizuki Y, Koyama H
Journal of veterinary internal medicine / American College of Veterinary Internal Medicine   28(2) 386-392   2014年3月   [査読有り]
Suzuki R, Matsumoto H, Teshima T, Koyama H
Journal of veterinary cardiology : the official journal of the European Society of Veterinary Cardiology   15(1) 41-49   2013年3月   [査読有り]
Teshima T, Hata T, Nezu Y, Michishita M, Matsumoto H, Mizutani H, Takahashi K, Koyama H
Journal of feline medicine and surgery   14(2) 147-150   2012年2月   [査読有り]
Suzuki R, Matsumoto H, Teshima T, Mochizuki Y, Koyama H
The Journal of small animal practice   54(5) 234-239   2013年5月   [査読有り]
Teshima T, Matsumoto H, Michishita M, Takahashi K, Koyama H
The Journal of small animal practice   54(5) 265-268   2013年5月   [査読有り]
Taoda T, Hara Y, Masuda H, Teshima T, Nezu Y, Teramoto A, Orima H, Okano S, Tagawa M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(6) 725-731   2011年6月   [査読有り]
Teshima T, Hara Y, Taoda T, Teramoto A, Tagawa M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(1) 33-39   2011年1月   [査読有り]
Suzuki R, Matsumoto H, Teshima T, Koyama H
Journal of veterinary internal medicine / American College of Veterinary Internal Medicine   27(1) 69-75   2013年1月   [査読有り]
Hara Y, Teshima T, Taoda T, Ishino H, Nezu Y, Harada Y, Yogo T, Masuda H, Teramoto A, Tagawa M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   72(4) 397-404   2010年4月   [査読有り]
Ishino H, Hara Y, Teshima T, Tanaka S, Takekoshi S, Nezu Y, Harada Y, Yogo T, Sako T, Koyama H, Teramoto A, Osamura RY, Tagawa M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   72(3) 343-348   2010年3月   [査読有り]
Ishino H, Hara Y, Takekoshi S, Teshima T, Teramoto A, Osamura RY, Tagawa M
Domestic animal endocrinology   41(4) 207-213   2011年11月   [査読有り]
Teshima T, Hara Y, Takekoshi S, Teramoto A, Osamura RY, Tagawa M
Domestic animal endocrinology   36(1) 3-12   2009年1月   [査読有り]
Teshima T, Hara Y, Takekoshi S, Nezu Y, Harada Y, Yogo T, Teramoto A, Osamura RY, Tagawa M
Domestic animal endocrinology   36(1) 32-44   2009年1月   [査読有り]
Teshima T, Hara Y, Shigihara K, Takekoshi S, Nezu Y, Harada Y, Yogo T, Teramoto A, Osamura RY, Tagawa M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   71(1) 93-98   2009年1月   [査読有り]
Teshima T, Hara Y, Masuda H, Taoda T, Nezu Y, Harada Y, Yogo T, Hasegawa D, Orima H, Osamura RY, Tagawa M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   70(7) 693-699   2008年7月   [査読有り]
Teshima T, Hara Y, Taoda T, Koyama H, Takahashi K, Nezu Y, Harada Y, Yogo T, Nishida K, Osamura RY, Teramoto A, Tagawa M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   70(5) 487-491   2008年5月   [査読有り]

Misc

 
鈴木亮平, 湯地勇之輔, 新名彩加, 手嶋隆洋, 松本浩毅, 小山秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌(Web)   50(Supplement 1) 324   2019年6月
湯地勇之輔, 湯地勇之輔, 鈴木亮平, 手嶋隆洋, 松本浩毅, 小山秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌(Web)   50(Supplement 1) 320   2019年6月
田中祥代, 鈴木周二, 神野信夫, 余戸拓也, 原田恭治, 濱本裕二, 森昭博, 手嶋隆洋, 原康
日本獣医麻酔外科学雑誌(Web)   50(Supplement 1) 287   2019年6月
大杉真由, 鈴木亮平, 湯地勇之輔, 藤原亜紀, 手嶋隆洋, 松本浩毅, 藤田道郎, 小山秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌(Web)   50(Supplement 1) 237   2019年6月
巣山由乃, 松田敬一, 佐藤真由美, 手嶋隆洋, 松本浩毅, 小山秀一
家畜診療   66(668) 125‐126-126   2019年2月
Malassezia pachydermatisとStaphylococcus intermediusに対する植物由来ポリフェノールの抗菌活性の調査(Determination of antimicrobial activity of plant-derived polyphenols against Malassezia pachydermatis and Staphylococcus intermedius)
松本 浩毅, 田栗 利紹, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
獣医臨床皮膚科   25(1) 7-11   2019年3月
Malassezia pachydermatisとStaphylococcus intermediusに対する植物ポリフェノールの抗菌活性を調査した。ポリフェノールはエピガロカテキン、エピカテキンガレート、没食子酸エピガロカテキン、カスタラギン、カテキン、テアフラビン、テアルビジン、プロシアニジン、プロデルフィニジン、ミリシトリン、ルチンそしてレスベラトロールを用いた。これらポリフェノールの最小発育阻止濃度(MIC)は寒天平板培地法により求めた。M.pachydermatisとS.inte...
鈴木紗弥佳, 弥吉直子, 鈴木周二, 神野信夫, 余戸拓也, 原田恭治, 森昭博, 手嶋隆洋, 原康
日本獣医麻酔外科学雑誌   49(Supplement 2) 236-236   2018年12月
松本 浩毅, 田栗 利紹, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
獣医臨床皮膚科   25(1) 7-11   2019年
<p>Malassezia pachydermatisStaphylococcus intermediusに対する植物ポリフェノールの抗菌活性を調査した。ポリフェノールはエピガロカテキン,エピカテキンガレート,没食子酸エピガロカテキン,カスタラギン,カテキン,テアフラビン,テアルビジン,プロシアニジン,プロデルフィニジン,ミリシトリン,ルチンそしてレスベラトロールを用いた。これらポリフェノールの最小発育阻止濃度(MIC)は寒天平板培地法により求めた。M....
手嶋隆洋
日本獣医生命科学大学研究報告(Web)   (67) 9‐10 (WEB ONLY)   2018年12月
手嶋 隆洋
日本獣医生命科学大学研究報告   (67) 9-10   2018年12月
【循環器疾患の合併症】 循環器疾患に合併する肝障害
手嶋 隆洋
Veterinary Circulation   7(3) 46-54   2018年8月
手嶋隆洋
Veterinary Circulation   7(3) 46‐54   2018年8月
【猫の臨床検査の精度を上げるII】 腹部超音波検査のコツとピットフォール
手嶋 隆洋
J-VET   31(3) 8-23   2018年3月
β遮断薬投与により動的左室流出路閉塞が改善しない閉塞性肥大型心筋症の猫における心筋運動解析
齊藤 尭大, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 康村 裕堯, 吉松 宏基, 新名 彩加, 高橋 翼, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   49(Suppl.1) 302-302   2018年6月
手嶋 隆洋
Veterinary circulation : 小動物循環器科専門誌   7(3) 46-54   2018年8月
肺高血圧症モデル犬におけるスペックルトラッキング法による右心室機能の評価
湯地 勇之輔, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   49(Suppl.1) 308-308   2018年6月
重度リンパ球プラズマ細胞性大腸炎に生薬サプリメントであるSan-senの内服が著効したPembroke Welsh Corgiの1例(Successful oral treatment of severe lymphoplasmacytic colitis with the herbal supplement San-sen in a Pembroke Welsh Corgi dog)
松本 浩毅, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
比較統合医療学会誌   25(1) 27-32   2017年7月
水様性の血便を主訴とし、大腸内視鏡検査により大腸粘膜の浮腫、不整、そして糜爛を認め、大腸粘膜の組織検査により重度リンパ球プラズマ細胞性大腸炎(LPC)と診断を下したPembroke Welsh Corgiに対して消化器の養生を目的とした生薬を主成分とした動物専用のサプリメントであるSan-senを1回2錠1日2回の内服を開始したところ、内服開始後7日には血便を認めなくなった。その後時にSan-senの服用量を最大2倍まで増量することで小康状態を維持し、第358病日の内視鏡検査では大腸粘膜に...
松本 浩毅, 橋本 善行, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
ペット栄養学会誌   21(1) 32-38   2018年4月
犬の退行性骨関節症(DJD)に対して消炎機能を重視した機序で管理する目的でグルコサミンHCIとコラーゲンペプチドに加えN-アセチルシステイン、バイオフラバノールそしてビタミンCを主成分とした動物用サプリメントであるProMortion(PM)によるラットアジュバンド関節炎モデルの関節の炎症状態を評価した。アジュバンド関節炎はLewisラットの右後肢の足蹠皮内にMycobacterium tuberculosisの加熱死菌0.5mgを含むアジュバンドを単回注射し誘発させた。関節炎ラットはそれ...
β遮断薬投与により動的左室流出路閉塞が改善しない閉塞性肥大型心筋症の猫における心筋運動解析
齊藤 尭大, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 康村 裕堯, 吉松 宏基, 新名 彩加, 高橋 翼, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   49(Suppl.1) 302-302   2018年6月
肺高血圧症モデル犬におけるスペックルトラッキング法による右心室機能の評価
湯地 勇之輔, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   49(Suppl.1) 308-308   2018年6月
松本 浩毅, 橋本 善行, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
ペット栄養学会誌   21(1) 32-38   2018年
犬の退行性骨関節症(DJD)に対して消炎機能を重視した機序で管理する目的でグルコサミンHClとコラーゲンペプチドに加えN-アセチルシステイン、バイオフラバノールそしてビタミンCを主成分とした動物用サプリメントであるProMortion (PM)によるラットアジュバンド関節炎モデルの関節の炎症状態を評価した。アジュバンド関節炎はLewisラットの右後肢の足蹠皮内に Mycobacterium tuberculosis の加熱死菌0.5mgを含むアジュバン...
肥大型心筋症の猫における、スペックルトラッキング法による3層心筋機能評価
永穂 克弥, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 大越 萌々子, 康村 裕尭, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   48(Suppl.1) 340-340   2017年6月
【一目でわかる症候シリーズ Vol.15 黄疸】 胆嚢粘液嚢腫
手嶋 隆洋
SA Medicine   19(3) 40-43   2017年6月
松本 浩毅, 橋本 善行, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
ペット栄養学会誌   21(1) 32-38   2018年4月
犬の退行性骨関節症(DJD)に対して消炎機能を重視した機序で管理する目的でグルコサミンHCIとコラーゲンペプチドに加えN-アセチルシステイン、バイオフラバノールそしてビタミンCを主成分とした動物用サプリメントであるProMortion(PM)によるラットアジュバンド関節炎モデルの関節の炎症状態を評価した。アジュバンド関節炎はLewisラットの右後肢の足蹠皮内にMycobacterium tuberculosisの加熱死菌0.5mgを含むアジュバンドを単回注射し誘発させた。関節炎ラットはそれ...
下垂体ACTH産生腺腫に対してAutopsy imagingを試みたポニー種の1例
松本 真実, 水谷 尚, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 吉村 格, 高橋 公正, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   48(Suppl.1) 356-356   2017年6月
僧帽弁閉鎖不全症に続発した肺高血圧症を有する症例における前方一回心拍出量低下要因の探求
鈴木 亮平, 望月 庸平, 吉松 宏基, 高橋 翼, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   48(Suppl.1) 334-334   2017年6月
β遮断薬投与により動的左室流出路閉塞が改善する閉塞性肥大型心筋症罹患猫の心臓形態的特徴
康村 裕堯, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   48(Suppl.1) 339-339   2017年6月
手嶋 隆洋
J-vet : jounral for veterinary practitioner   31(3) 8-23   2018年3月
【猫の臨床検査の精度を上げるII】 腹部超音波検査のコツとピットフォール
手嶋 隆洋
J-VET   31(3) 8-23   2018年3月
下垂体ACTH産生腺腫を標的とした新規治療薬 カルベノキソロンの臨床応用への展開
手嶋 隆洋
日本獣医生命科学大学研究報告   (65) 55-55   2016年12月
健常犬に対するShibe-ria給与による臨床状態と血液性状の調査(Investigation of clinical status and hematological characteristics of healthy dogs receiving Shibe-ria)
松本 浩毅, 瓜生 風馬, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
比較統合医療学会誌   24(2) 11-17   2016年10月
臨床的に健常な雄ビーグル10頭にInonotus Obliquus(カバノアナタケ)(IO)とPanax notoginseng(Burk)F.H.CHEN(サンシチニンジン)(PN)を含むShibe-riaを8週間給与した。給与方法は通常用量(n=5)と高用量(n=5)に大別し、毎朝混餌して与えた。食欲や排便状態などの一般状態は毎日確認した。実験開始から2週間毎に体温、心拍数そして呼吸数、CBCそして血液化学検査を行った。末梢血リンパ球表面発現分子の検出は実験開始直前とその8週後に行った...
Portulaca oleracea L.を加えた加減法による五味消毒飲が健常犬の血清中脂肪酸濃度に与える影響(Effect of a modified Gomi-Shodoku-In formulated with an additional ingredient Portulaca oleracea L. on serum fatty acid levels in healthy dogs)
松本 浩毅, 内田 祐輔, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
ペット栄養学会誌   20(1) 39-46   2017年4月
臨床的に健常なビーグルに対するPortulaca oleracea L.(POL)を加えた加減法による五味消毒飲(MGSI)の連日給与が血清中脂肪酸濃度に与える影響を調査した。MGSIの給与量は、推奨量群(n=5)に対しては1錠270mg錠あたりにPOLを60%以上含む錠剤を日量4錠、そして高用量群(n=5)はその2.5倍量である10錠とした。給与方法は、両群ともに1日2回に等分しフードに混ぜて連日8週間与えた。MGSIの給与前(Pre)と給与後8週(8W)の血清中脂肪酸濃度は、内部標準法...
僧帽弁閉鎖不全症の犬における、前方一回心拍出量による病態評価
鈴木 亮平, 望月 庸平, 吉松 宏基, 高橋 翼, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   47(Suppl.2) 228-228   2016年11月
手嶋 隆洋
SA medicine : Journal of small animal medicine   23(3) 40-43   2017年
松本 浩毅, 内田 祐輔, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
ペット栄養学会誌   20(1) 39-46   2017年
<p>臨床的に健常なビーグルに対するPortulaca oleracea L.(POL)を加えた加減法による五味消毒飲(MGSI)の連日給与が血清中脂肪酸濃度に与える影響を調査した。MGSIの給与量は、推奨量群(n=5)に対しては1錠270mg錠あたりにPOLを60%以上含む錠剤を日量4錠、そして高用量群(n=5)はその2.5倍量である10錠とした。給与方法は、両群ともに1日2回に等分しフードに混ぜて連日8週間与えた。MGSIの給与前(Pre)と給与後8週(8W)の血清中脂肪...
松本 浩毅, 吉松 宏基, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
動物臨床医学   25(1) 21-25   2016年
<p>甲状腺機能低下症と医原性副腎機能低下症をともなう犬アトピー性皮膚炎(CAD)と診断されたゴールデンレトリバーの血清脂肪酸濃度を測定した。治療開始前の血中脂肪酸濃度は,24種類中11種類が基準値の範囲を超えていた。加療とともに皮膚の状態は改善傾向を示したが,第180病日には皮膚の状態が再び悪化した。その時点の血清中脂肪酸濃度は,基準値を超えていたのは1種類のみであり,11種類は基準値よりも低値であった。そのため,脂肪酸サプリメントを治療に加えたところ皮膚の状態は劇的に改善した。本症例に...
腹部エコーを読む 症例から学ぶ腹部超音波検査所見(第17回)(Case 17) 低タンパク血症と腹水貯留を主訴に来院した犬の1例
手嶋 隆洋
CLINIC NOTE   11(10) 63-69   2015年10月
症例から学ぶ鑑別診断(第30回) 多飲多尿を呈した症例
手嶋 隆洋
SA Medicine   18(3) 54-59   2016年6月
副腎皮質機能亢進症の鑑別診断におけるCorticotropin releasing hormone負荷試験の有用性に関する検討
田島 瑛, 梅田 直樹, 加藤 akane, 佐藤 朝香, 早川 典之, 手嶋 隆洋, 石野 寛和, 神野 信夫, 余戸 拓也, 原田 恭治, 原 康
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159回 458-458   2016年8月
犬のクッシング病治療における経蝶形骨下垂体切除術適応基準に関する検討
佐藤 朝香, 手嶋 隆洋, 長谷川 大輔, 石野 寛和, 神野 信夫, 余戸 拓也, 原田 恭治, 原 康
日本獣医麻酔外科学雑誌   47(Suppl.1) 273-273   2016年6月
健常犬におけるInonotus ObliquusとPanax notoginsengの給与による臨床状態と血液性状の調査
田邊 愛梨, 瓜生 風馬, 宮城 安里, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
比較統合医療学会誌   24(1) 47-47   2016年6月
サラブレッド種における運動負荷前後の血漿ANP濃度の変化
松本 真実, 西堀 健, 望月 庸平, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 星野 省三, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   46(Suppl.1) 277-277   2015年6月
僧帽弁閉鎖不全症罹患犬における重症度と左房駆出容積指数の関係
里見 修二, 望月 庸平, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   46(Suppl.1) 284-284   2015年6月
手嶋 隆洋
日本獣医生命科学大学研究報告   (60) 16-22   2011年12月
【一目でわかる症候シリーズVol.2 腹部膨満】 門脈圧亢進症
手嶋 隆洋
SA Medicine   17(2) 60-63   2015年4月
2D Speckle-Tracking Echocardiography法による心室内同期性評価が肥大型心筋症の早期鑑別に有用であった1症例
齊藤 尭大, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 吉松 宏基, 大草 朋子, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   46(Suppl.1) 293-293   2015年6月
腹部エコーを読む 症例から学ぶ腹部超音波検査所見(第3回)(Case 3) 食欲低下と嘔吐を主訴に来院した犬の1例
手嶋 隆洋
CLINIC NOTE   9(6) 49-55   2013年6月
鈴木 亮平, 望月 庸平, 吉松 宏基, 奥中 麗衣, 片桐 憲和, 濱野 万由, 上野 聡子, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
動物の循環器   48(1) 1-8   2015年6月
本研究における慢性圧負荷モデル犬では,2D-STE法で評価した心筋運動のうち,長軸方向の心筋機能が最も早期に影響を受けた。今後,長軸方向心筋機能は圧負荷病態の早期検出に有用となるかもしれない。この長軸方向心筋機能の臨床的有用性や予後評価への有用性に関してはさらなる検討が必要である。
手嶋隆洋
MVM   25(3) 87-100   2016年4月
松本浩毅, 大草 朋子, 吉松 宏基, 望月 庸平, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
ペット栄養学会誌   19(1) 8-14   2016年
ビーグルに対して Streptcoccus salivarius K12(SSK12)を連日給与することにより口臭や口腔内細菌に対する影響を検討した。SSK12の給与群(n=3頭)と無給与の対照群(n=3頭)を用いて口腔ガス臭と呼気臭の官能検査そして気体検知管測定器を用いて口腔内のアンモニア、メチルアミン、メチルメルカプタンおよび硫化水素を測定した。口腔内スワブを嫌気培養し黒色色素産生菌集落の数を求めた。Porphiromonas (P.)gingivalis と P. gulae ...
慢性歯肉口内炎猫19頭に対する組換え型ネコインターフェロン-ωの有用性
松本 浩毅, 原 宗一郎, 吉松 宏基, 手嶋 隆洋, 飯塚 義之, 作佐部 有人, 網本 昭輝, 小山 秀一
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   33回(3) 127-130   2012年11月
【診断シリーズVol.4-疾患からみた検査の考え方-内分泌・代謝性疾患<前編>下垂体・副腎疾患】 ホルモン測定 副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、抗利尿ホルモン(ACTH、TSH、ADH)
手嶋 隆洋
SA Medicine   14(4) 33-39   2012年8月
【利尿薬の選択と適応】 (Chapter4)日本獣医生命科学大学の処方「主にフロセミドとスピロノラクトンを使います」
手嶋 隆洋
Veterinary Circulation   1(3) 28-38   2012年11月
【高血圧-眼科・神経科との連携プレーで早期診療を-】 (Chapter 6)内分泌性高血圧
手嶋 隆洋
Veterinary Circulation   4(3) 46-53   2015年8月
突然僧帽弁閉鎖不全症を発症したサラブレッド種乗用馬の一例
松本 真実, 望月 庸平, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 臼井 昭, 上田 毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   46(Suppl.2) 256-256   2015年12月
【診断シリーズVol.4-疾患からみた検査の考え方-内分泌・代謝性疾患<前編>下垂体・副腎疾患】 ホルモン測定 コルチゾール、アルドステロン
手嶋 隆洋
SA Medicine   14(4) 39-43   2012年8月
心エコー検査におけるLearning Curveを用いた測定習熟度評価
望月 庸平, 里見 修二, 齊藤 尭大, 堂領 萌子, 上野 雄史, 内山 莉音, 長谷川 玲奈, 永穂 克弥, 生井 崇大, 康村 裕堯, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   45(Suppl.2) 216-216   2014年12月
【診断シリーズVol.4-疾患からみた検査の考え方-内分泌・代謝性疾患<前編>下垂体・副腎疾患】 画像診断(X線検査、超音波検査、CT・MRI)
手嶋 隆洋
SA Medicine   14(4) 50-58   2012年8月
Dyssynchronyモデル犬に対する心室三点ペーシングによる心臓再同期療法の急性効果
望月 庸平, 鈴木 亮平, 小鯖 史帆, 須藤 菫, 早乙女 憲司, 亘 司郎, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, Panthee Nirmal, 岡田 純一, 小野 稔, 杉浦 清了, 久田 利明, 小山 秀一
日本獣医生命科学大学研究報告   (63) 126-126   2014年12月
肥大型心筋症の猫に対する、2D Speckle-Tracking Echocardiography法による心筋機能評価
鈴木 亮平, 新谷 剛史, 望月 庸平, 増田 紗織, 岩瀬 由馬, 瀧口 朝陽, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医生命科学大学研究報告   (63) 125-126   2014年12月
【まるごと一冊高齢動物の疾患】 高齢犬・高齢猫の内分泌
手嶋 隆洋
MVM   25(3) 87-100   2016年4月
症例から学ぶ鑑別診断(第11回) 多飲・多尿を呈した症例
手嶋 隆洋, 松本 浩毅
SA Medicine   14(3) 4-13   2012年6月
手嶋隆洋
Vet Circ   4(3) 46-53   2015年8月
関節炎モデルラットに対するローズヒップ給与の有用性に関する検討
橋本 善行, 吉松 宏基, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本伝統獣医学会誌   23(1) 62-62   2015年6月
心沙棘を主成分とするサプリメントの給与による健常犬の一般状態と血液性状に関する検討
永穂 克弥, 吉松 宏基, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本伝統獣医学会誌   23(1) 63-63   2015年6月
遺伝子組換え型イヌインターフェロン-ガンマ(rCaIFN-γ)が麻酔中の健常犬NK細胞傷害活性に及ぼす影響についての検討
大草 朋子, 吉田 歩, 宮田 拓馬, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   45(Suppl.1) 235-235   2014年6月
肺高血圧症による心室中隔の非同期的運動を2D Speckle Tracking法により定量化した犬の2例
須藤 菫, 望月 庸平, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   45(Suppl.1) 246-246   2014年6月
犬の左脚ブロックモデル作製前後における心エコーを用いた同期性指標の変化
亘 司郎, 望月 庸平, 小鯖 史帆, 須藤 菫, 早乙女 憲司, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   45(Suppl.1) 249-249   2014年6月
僧帽弁閉鎖不全症罹患犬における血清中脂肪酸濃度とLA/AoおよびFSの関係についての検討
吉松 宏基, 南本 真成, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   45(Suppl.1) 251-251   2014年6月
肥大型心筋症の猫に対する、2D Speckle-Tracking Echocardiography法による心筋機能評価
鈴木 亮平, 新谷 剛史, 望月 庸平, 増田 紗織, 岩瀬 由馬, 瀧口 朝陽, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   44(Suppl.2) 247-247   2013年12月
慢性僧帽弁逆流モデル犬における加算平均心電図法で算出した心室遅延電位による評価
岩瀬 由馬, 鈴木 亮平, 山口 美知雄, 片桐 憲和, 望月 庸平, 増田 紗織, 瀧口 朝陽, 新谷 剛史, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   44(Suppl.1) 250-250   2013年6月
キャバリアキングチャールズスパニエルにおける、2D Speckle-Tracking Echocardiography法による左室心筋運動の特徴
増田 紗織, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 瀧口 朝陽, 新谷 剛史, 岩瀬 由馬, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   44(Suppl.1) 259-259   2013年6月
犬の肥大型心筋症を疑診した3症例に対する、2D Speckle-Tracking Echocardiography法による病態鑑別の有用性
鈴木 亮平, 望月 庸平, 増田 紗織, 瀧口 朝陽, 新谷 剛史, 岩瀬 由馬, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   44(Suppl.1) 260-260   2013年6月
正常ビーグル犬における超音波検査指標を用いた心室内同期性の検討
望月 庸平, 鈴木 亮平, 里見 純一, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   44(Suppl.1) 260-260   2013年6月
動的左室流出路閉塞を伴う左室肥大の症例に対して、カルベジロールが有効であった犬の1例
鈴木 亮平, 松本 浩毅, 望月 庸平, 吉松 宏樹, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   43(Suppl.2) 212-212   2012年12月
犬副腎皮質機能抑制モデルにおいてCRHがACTH産生細胞増殖能に及ぼす影響の検討
石野 寛和, 手嶋 隆洋, 佐藤 朝香, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   154回 304-304   2012年8月
副腎疾患 内科的管理
手嶋 隆洋
獣医麻酔外科学雑誌   43(Suppl.1) 35-36   2012年6月
下垂体巨大腺腫を伴うクッシング病罹患犬に対する外科的治療
石野 寛和, 手嶋 隆洋, 佐藤 朝香, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 原 康, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   43(Suppl.1) 225-225   2012年6月
僧帽弁閉鎖不全症の犬における左室形態の重症度に応じた相違
鈴木 亮平, 本間 啓太, 浜野 万由, 望月 庸平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   43(Suppl.1) 248-248   2012年6月
手嶋 隆洋
日本獣医生命科学大学研究報告   (60) 16-22   2011年12月
手嶋 隆洋
Veterinary circulation : 小動物循環器科専門誌   4(3) 46-53   2015年8月
手嶋 隆洋
Clinic note : journal of clinical daily treatment for small animals   11(10) 63-69   2015年10月
Dyssynchronyモデル犬に対する心室三点ペーシングによる心臓再同期療法の急性効果
望月 庸平, 鈴木 亮平, 小鯖 史帆, 須藤 菫, 早乙女 憲司, 亘 司郎, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, Panthee Nirmal, 岡田 純一, 小野 稔, 杉浦 清了, 久田 利明, 小山 秀一
日本獣医生命科学大学研究報告   (63) 126-126   2014年12月
肥大型心筋症の猫に対する、2D Speckle-Tracking Echocardiography法による心筋機能評価
鈴木 亮平, 新谷 剛史, 望月 庸平, 増田 紗織, 岩瀬 由馬, 瀧口 朝陽, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医生命科学大学研究報告   (63) 125-126   2014年12月
手嶋 隆洋
Clinic note : journal of clinical daily treatment for small animals   9(6) 49-55   2013年6月
クッシング病罹患犬における下垂体腫瘍サイズおよび血漿ACTH濃度に関する検討
石野 寛和, 手嶋 隆洋, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   42(Suppl.1) 214-214   2011年6月
下垂体切除後8年間生存したクッシング病罹患犬の1例
石野 寛和, 原 康, 手嶋 隆洋, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 小山 秀一, 左向 敏紀, 中川 清, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   41(Suppl.1) 259-259   2010年7月
下垂体切除後の中枢性尿崩症様症状消失過程における犬腎臓Vasopressin V2 receptorおよびAquaporin発現の検討
石野 寛和, 増田 弘行, 手嶋 隆洋, 垰田 高広, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 寺本 明, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   149回 287-287   2010年3月
下垂体切除後の中枢性尿崩症様症状消失過程における犬腎臓Vasopressin V2 receptor発現の検討
石野 寛和, 増田 弘行, 手嶋 隆洋, 垰田 高広, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 寺本 明, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   40(Suppl.2) 214-214   2009年12月
下垂体巨大腺腫を伴ったクッシング病罹患犬の1例
石野 寛和, 原 康, 手嶋 隆洋, 遠藤 綾子, 渡辺 尚洋, 野村 治, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 左向 敏紀, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   40(Suppl.1) 165-165   2009年6月
Cushing病罹患犬に対する経蝶形骨下垂体切除術の有用性と術後合併症に関する検討
手嶋 隆洋, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   39(Suppl.2) 202-202   2008年12月
犬のACTH産生性下垂体腺腫における遺伝子発現量の変化について
手嶋 隆洋, 原 康, 竹腰 進, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 寺本 明, 長村 義之, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   146回 258-258   2008年9月
手嶋 隆洋, 原 康, 増田 弘行, 垰田 高広, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 長谷川 大輔, 織間 博光, 長村 義之, 多川 政弘
The Journal of Veterinary Medical Science   70(7) 693-699   2008年7月
下垂体切除後にインスリン療法の必要が無くなった糖尿病併発クッシング病罹患犬の一例
手嶋 隆洋, 原 康, 垰田 高広, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 小山 秀一, 田中 茂喜, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   39(Suppl.1) 182-182   2008年6月
手嶋 隆洋, 原 康, 垰田 高広, 小山 秀一, 高橋 公正, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 西田 幸司, 長村 義之, 寺本 明, 多川 政弘
The Journal of Veterinary Medical Science   70(5) 487-491   2008年5月

講演・口頭発表等

 
犬のクッシング病治療における経蝶形骨下垂体切除術適応基準に関する検討
佐藤 朝香, 手嶋 隆洋, 長谷川 大輔, 石野 寛和, 神野 信夫, 余戸 拓也, 原田 恭治, 原 康
日本獣医麻酔外科学雑誌   2016年6月   
松本 真実, 望月 庸平, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 臼井 昭, 上田 毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   2015年12月5日   
里見 修二, 望月 庸平, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   2015年6月10日   
松本 真実, 西堀 健, 望月 庸平, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 星野 省三, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   2015年6月10日   
橋本 善行, 吉松 宏基, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本伝統獣医学会誌   2015年6月10日   
齊藤 尭大, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 吉松 宏基, 大草 朋子, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本獣医麻酔外科学雑誌   2015年6月10日   
永穂 克弥, 吉松 宏基, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
日本伝統獣医学会誌   2015年6月10日   
鈴木 亮平, 望月 庸平, 吉松 宏基, 奥中 麗衣, 片桐 憲和, 濱野 万由, 上野 聡子, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
動物の循環器   2015年6月   
本研究における慢性圧負荷モデル犬では,2D-STE法で評価した心筋運動のうち,長軸方向の心筋機能が最も早期に影響を受けた。今後,長軸方向心筋機能は圧負荷病態の早期検出に有用となるかもしれない。この長軸方向心筋機能の臨床的有用性や予後評価への有用性に関してはさらなる検討が必要である。
心エコー検査におけるLearning Curveを用いた測定習熟度評価
望月 庸平, 里見 修二, 齊藤 尭大, 堂領 萌子, 上野 雄史, 内山 莉音, 長谷川 玲奈, 永穂 克弥, 生井 崇大, 康村 裕堯, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2014年12月   
犬の左脚ブロックモデル作製前後における心エコーを用いた同期性指標の変化
亘 司郎, 望月 庸平, 小鯖 史帆, 須藤 菫, 早乙女 憲司, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2014年6月   
僧帽弁閉鎖不全症罹患犬における血清中脂肪酸濃度とLA/AoおよびFSの関係についての検討
吉松 宏基, 南本 真成, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2014年6月   
肺高血圧症による心室中隔の非同期的運動を2D Speckle Tracking法により定量化した犬の2例
須藤 菫, 望月 庸平, 鈴木 亮平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2014年6月   
遺伝子組換え型イヌインターフェロン-ガンマ(rCaIFN-γ)が麻酔中の健常犬NK細胞傷害活性に及ぼす影響についての検討
大草 朋子, 吉田 歩, 宮田 拓馬, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2014年6月   
肥大型心筋症の猫に対する、2D Speckle-Tracking Echocardiography法による心筋機能評価
鈴木 亮平, 新谷 剛史, 望月 庸平, 増田 紗織, 岩瀬 由馬, 瀧口 朝陽, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2013年12月   
正常ビーグル犬における超音波検査指標を用いた心室内同期性の検討
望月 庸平, 鈴木 亮平, 里見 純一, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2013年6月   
犬の肥大型心筋症を疑診した3症例に対する、2D Speckle-Tracking Echocardiography法による病態鑑別の有用性
鈴木 亮平, 望月 庸平, 増田 紗織, 瀧口 朝陽, 新谷 剛史, 岩瀬 由馬, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2013年6月   
キャバリアキングチャールズスパニエルにおける、2D Speckle-Tracking Echocardiography法による左室心筋運動の特徴
増田 紗織, 鈴木 亮平, 望月 庸平, 瀧口 朝陽, 新谷 剛史, 岩瀬 由馬, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2013年6月   
慢性僧帽弁逆流モデル犬における加算平均心電図法で算出した心室遅延電位による評価
岩瀬 由馬, 鈴木 亮平, 山口 美知雄, 片桐 憲和, 望月 庸平, 増田 紗織, 瀧口 朝陽, 新谷 剛史, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2013年6月   
動的左室流出路閉塞を伴う左室肥大の症例に対して、カルベジロールが有効であった犬の1例
鈴木 亮平, 松本 浩毅, 望月 庸平, 吉松 宏樹, 手嶋 隆洋, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2012年12月   
慢性歯肉口内炎猫19頭に対する組換え型ネコインターフェロン-ωの有用性
松本 浩毅, 原 宗一郎, 吉松 宏基, 手嶋 隆洋, 飯塚 義之, 作佐部 有人, 網本 昭輝, 小山 秀一
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2012年11月   
犬副腎皮質機能抑制モデルにおいてCRHがACTH産生細胞増殖能に及ぼす影響の検討
石野 寛和, 手嶋 隆洋, 佐藤 朝香, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
副腎疾患 内科的管理
手嶋 隆洋
獣医麻酔外科学雑誌   2012年6月   
僧帽弁閉鎖不全症の犬における左室形態の重症度に応じた相違
鈴木 亮平, 本間 啓太, 浜野 万由, 望月 庸平, 手嶋 隆洋, 松本 浩毅, 小山 秀一
獣医麻酔外科学雑誌   2012年6月   
下垂体巨大腺腫を伴うクッシング病罹患犬に対する外科的治療
石野 寛和, 手嶋 隆洋, 佐藤 朝香, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 原 康, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2012年6月   
クッシング病罹患犬における下垂体腫瘍サイズおよび血漿ACTH濃度に関する検討
石野 寛和, 手嶋 隆洋, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2011年6月   
下垂体切除後8年間生存したクッシング病罹患犬の1例
石野 寛和, 原 康, 手嶋 隆洋, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 小山 秀一, 左向 敏紀, 中川 清, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2010年7月   
下垂体切除後の中枢性尿崩症様症状消失過程における犬腎臓Vasopressin V2 receptorおよびAquaporin発現の検討
石野 寛和, 増田 弘行, 手嶋 隆洋, 垰田 高広, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 寺本 明, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年3月   
下垂体切除後の中枢性尿崩症様症状消失過程における犬腎臓Vasopressin V2 receptor発現の検討
石野 寛和, 増田 弘行, 手嶋 隆洋, 垰田 高広, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 寺本 明, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2009年12月   
下垂体巨大腺腫を伴ったクッシング病罹患犬の1例
石野 寛和, 原 康, 手嶋 隆洋, 遠藤 綾子, 渡辺 尚洋, 野村 治, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 左向 敏紀, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2009年6月   
Cushing病罹患犬に対する経蝶形骨下垂体切除術の有用性と術後合併症に関する検討
手嶋 隆洋, 原 康, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2008年12月   
犬のACTH産生性下垂体腺腫における遺伝子発現量の変化について
手嶋 隆洋, 原 康, 竹腰 進, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 寺本 明, 長村 義之, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2008年9月   
T1強調画像にみられる犬の下垂体後葉の高信号とAVPの関係(Relationship between Arginine Vasopressin and High Signal Intensity in the Pituitary Posterior Lobe on T1-Weighted MR Images in Dogs)
手嶋 隆洋, 原 康, 増田 弘行, 垰田 高広, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 長谷川 大輔, 織間 博光, 長村 義之, 多川 政弘
The Journal of Veterinary Medical Science   2008年7月   
下垂体切除後にインスリン療法の必要が無くなった糖尿病併発クッシング病罹患犬の一例
手嶋 隆洋, 原 康, 垰田 高広, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 小山 秀一, 田中 茂喜, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2008年6月   
血栓症を併発したCushing病の犬の一例(短報)(Cushing's Disease Complicated with Thrombosis in a Dog)
手嶋 隆洋, 原 康, 垰田 高広, 小山 秀一, 高橋 公正, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 西田 幸司, 長村 義之, 寺本 明, 多川 政弘
The Journal of Veterinary Medical Science   2008年5月   
下垂体切除術を適用したCushing病罹患症例犬における血液検査所見の経時的変化と術後中枢性尿崩症に関する検討
手嶋 隆洋, 原 康, 垰田 高広, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 増田 弘行, 寺本 明, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2008年3月   
血栓塞栓症を併発したCushing病の犬の一例
手嶋 隆洋, 原 康, 垰田 高広, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 小山 秀一, 高橋 公正, 西田 幸司, 長村 義之, 寺本 明, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2007年11月   
トリロスタンによる副腎皮質機能抑制が犬の下垂体-副腎軸に及ぼす影響について
手嶋 隆洋, 原 康, 根津 欣典, 余戸 拓也, 原田 恭治, 長村 義之, 寺本 明, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2007年8月   
犬のCushing病の画像診断における下垂体後葉変位の有用性に関する検討
田代 卓也, 原 康, 手嶋 隆洋, 垰田 高広, 根津 欣典, 余戸 拓也, 原田 恭治, 長谷川 大輔, 織間 博光, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2007年6月   
下垂体切除術を適用した犬のCushing病罹患症例における術後の中枢性尿崩症に関する検討
手嶋 隆洋, 原 康, 垰田 高広, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 増田 弘行, 寺本 明, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2007年6月   
下垂体切除術を適用した犬のCushing病罹患症例における内分泌学的・血液学的所見の経時的変化
藤井 亮, 原 康, 手嶋 隆洋, 垰田 高広, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 小山 秀一, 寺本 明, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2007年6月   
下垂体切除後に高カリウム血症が認められたCushing病の犬の1症例
手嶋 隆洋, 原 康, 垰田 高広, 小山 秀一, 左向 敏紀, 根津 欣典, 余戸 拓也, 原田 恭治, 田中 茂喜, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2006年6月   
T1強調MR画像における犬の下垂体後葉の信号値と血漿AVP濃度との関連
佐田 絵里, 増田 弘行, 原 康, 垰田 高広, 手嶋 隆洋, 田村 浩司, 宮崎 智子, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 織間 博光, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2005年8月   
副腎皮質機能抑制モデル犬における下垂体CorticotrophのACTH産生機能について
垰田 高広, 原 康, 手嶋 隆洋, 根津 欣典, 原田 恭治, 余戸 拓也, 竹腰 進, 長村 義之, 寺本 明, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2005年8月   
血栓塞栓症を併発した下垂体依存性副腎皮質機能亢進症の犬の1例
手嶋 隆洋, 垰田 高広, 原 康, 佐山 豪, 根津 欣典, 原田 泰治, 余戸 拓也, 西田 幸司, 左向 敏紀, 小山 秀一, 寺本 明, 多川 政弘
獣医麻酔外科学雑誌   2005年6月   
イヌの副腎皮質機能抑制モデルにおける下垂体corticotrophの形態的変化について
垰田 高広, 原 康, 竹内 弘紀, 手嶋 隆洋, 根津 欣典, 竹腰 進, 長村 義之, 山王 なほ子, 寺本 明, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2004年8月   
犬の下垂体依存性副腎皮質機能亢進症の下垂体MRI-T1WIにおける後葉変位について
手嶋 隆洋, 原 康, 垰田 高広, 竹内 弘紀, 増田 弘行, 根津 欣典, 小守 忍, 長谷川 大輔, 織間 博光, 多川 政弘
日本獣医循環器学会抄録   2004年6月   
下垂体依存性副腎皮質機能亢進症症例における下垂体脳比(PBR)と臨床所見の関連
垰田 高広, 原 康, 手嶋 隆洋, 竹内 弘紀, 根津 欣典, 左向 敏紀, 山王 なほ子, 寺本 明, 織間 博光, 多川 政弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2004年3月   

競争的資金等の研究課題

 
犬脂肪由来間葉系幹細胞が分泌するエクソソームの免疫調節機能に関する解析
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 手嶋隆洋
犬脂肪由来幹細胞が肝星細胞を中心とした肝細胞癌の腫瘍微小環境に与える効果の解析
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 手嶋隆洋
11β―HSD阻害剤による犬下垂体ACTH産生腺腫を標的とした治療に関する研究
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 手嶋隆洋
獣医内科学全般/犬下垂体ACTH産生腺腫の病態解明