トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 時田昇臣
 

時田昇臣

 
アバター
研究者氏名時田昇臣
 
トキタ ノリオ
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科

研究キーワード

 
動物栄養 , 草地利用 , 生態保全

研究分野

 
  • 資源保全学 / 資源保全学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 畜産学・草地学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 応用動物科学 / 

学歴

 
 
 - 
1985年
九州大学 農学研究科 畜産学
 
 
 - 
1981年
岐阜大学 農学研究科 家禽畜産学
 
 
 - 
1979年
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 畜産学科
 

委員歴

 
 
   
 
野生生物保護学会  理事
 

受賞

 
2018年9月
クイーンズランド大学 教育文化交流賞
 

論文

 
濱部浩一・時田昇臣・石井哲次
日本土木学会誌   73(2) 70-80   2017年   [査読有り]
奈良井(金山)朝子・時田昇臣・船山敦子・麻生慶一
日本食品科学工学会誌   60(3) 148-152   2013年4月   [査読有り]
Relationship between fruit ripening and avian fruit removal in Prunus jamasakura
Wildlife and Human Society   1(1) 21-28   2013年   [査読有り]
Kyoko Sano, Shinsuke Koike, Akiko Takahashi, Norio Tokita, Chinatsu Kozakai and kengo Furubayashi
Ornithological Science   11 121-128   2012年10月   [査読有り]
The effects of digestion by Asiatic black bear (Ursus thibetanus) on seed germination of Japanese bird cherry Prunus grayana (Rosaceae)
Bainah Sari Dewi, Norio Tokita, Masaki Koganezawa and Kengo Furubayashi
Biosphere Conservation   9(2) 19-28   2009年   [査読有り]
2009.
Comparison of a two-stage technique using rumen inocula of sheep and an enzymatic method for predicting digestibility of food resources in sika deer (Cervus nippon) habitats
9(2) 29-37   2009年   [査読有り]
2009.
Masakazu Goto, Asako Watanabe, Shuichi Karita, Norio Tokita, Yasunari Yamamoto, Yoshihito Wakai, Shiro Asano, Yukari Oka and Masami Furuta
41 169-177.   2008年   [査読有り]
2008.
Amino acid profiles of tropical legumes, Cooper (Glycine wightii), Tinaroo (Neonotonia wightii) and Siratro (Macroptilium atropurpureum), at pre-blooming and blooming stages.
19(5) 651-654.   2006年   [査読有り]
2006.
時田昇臣・唐尼仁志・猫沖宗典・山里陽子・下條雅敬・増田泰久
日本畜産学会報   76(3) 303-308   2005年   [査読有り]
2005.
時田昇臣・秋山浩子・河村早苗・今田匡彦・下條雅敬・増田泰久
日本畜産学会報   75(2) 193-197   2004年   [査読有り]
2004.
Nutritional evaluation of forage for sika deer in the eastern part of the Tanzawa Mountains, Japan: a preliminary study using the rumen fluid of sheep.
5(1) 19-26.   2003年   [査読有り]
2003.
関東近県におけるイヌ用市販フードの製品特性
時田昇臣・小林真理子・高野裕美・長谷部亜紀・紺野 耕
ペット栄養学会誌   5(2) 79-84.   2002年   [査読有り]
時田昇臣・成澤徳子・高橋礼子・高橋瑞枝・最上綾香・紺野 耕
日本畜産学会報   73(1) 79-86.   2002年   [査読有り]
2002.
リードカナリーグラスの部位別生育特性及び栄養価
時田昇臣・横山 忠・牧田 昇・羽鳥元治・吉村 格・紺野 耕
日本草地学会誌   47(1) 56-61.   2001年   [査読有り]
2001.
飼育下における丹沢産ニホンジカの体重と採餌量の季節変動
白石利郎・中口良子・羽山伸一・時田昇臣・古林賢恒・山根正伸
日本野生動物医学会誌   1(2) 119-124.   1996年
1996.
後藤正雄・加藤寿次・岡田佳之・時田昇臣
日本獣医師会雑誌   48 250-253.   1995年   [査読有り]
1995.
Composition of chemical and in vitro dry matter digestibility of some tropical grasses and legumes
18-19.   1987年   [査読有り]
1987.
山羊によるサイラトロ及びローズグラスの選択採食
中西良孝・下條雅敬・時田昇臣・五斗一郎
日本草地学会誌   33(1) 44-49.   1987年   [査読有り]
1987.

Misc

 
Feeding behaviour of Sumatran Rhinoceros (Dicerohinus sumatrensis) in Sumatran Rhino sanctuary way kambas national park
Athaya Talitha, Awaliah Bainah Sari Dewi, Gunardi Djoko Winarno, Sugeng P. Harianto and Norio Tokita
The 3rd International conference on science, technology and interdisciplinary research 2017   93-97   2017年9月   [査読有り]
Effects of pre-salting on game meat product quality
Ryoichi Sakata, Yumi Miki, Masahiro Waga and Norio Tokita
61st International Congress of Meat Science and Technology   1-3   2015年8月   [査読有り]
野生動物の資源利用~ニホンジカを利用した加工製品の開発
時田昇臣
Zooよこはま   83 16-17   2013年3月   [査読有り]
エゾライチョウの住処と栄養環境
時田昇臣
アニテック   16-20   2012年1月   [査読有り]
Nutritional characteristics of Japanese black bear (Ursus thibetanus japonics)
Norio Tokita
17th Indonesian Scientific Meeting and Indonesian-Japan Friendship Forum 2008   P1 4   2008年8月   [査読有り]
保存中のヤーコン塊根内フラクトオリゴ糖量の変化
金山(奈良井)朝子・時田昇臣・麻生慶一
日本獣医生命科学大学研究報告   55 104-111.   2006年
2006.
Effect of steam treatment on digestibility in vitro and degradability in situ of tropical grasses.
Tokita, N. and T. Konno
Proceedings of the 6th AAAP Animal Science Congress   223   1992年
1992.
Eating and ruminating activities of sheep fed reed canarygrass sprinkled with pyroligneous acid.
Tokita, N., M. Hatori and T. Konno
Proceedings of the 7th AAAP Animal Science Congress   47-48.   1994年
1994.
Effect of pyroligneous acid on eating and ruminating activities of sheep fed reed canarygrass.
Tokita, N., M. Hatori, A. Amano and T. Konno
Proceedings of the Society of Nutrition Physiology   142   1994年
1994.
Effects of complex enzyme agents added to feed on feed digestion and egg production in laying hen.
Tokita, N., M. Sorita, M. Takasawa, K. Hatayama, A. Yamashiro and K. Konno
Proceedings of the 8th World Conference on Animal Production   904-905.   1998年
1998.
Effects of type and amount of fodder on intake and digestibility in captive deer, Cervus nippon.
Tokita, N., H. Ikeue, H. Ichikawa, A. Otawa, W. Kadooka, Y. Yamazaki and T. Tokita
Proceedings of the 9th World Conference on Animal Production   133   2003年
2003.
Relationship between tree-bark peeling by bears and composition of water soluble sugars in conifers.
N. Tokita
Abstracts of 16th International Conference on Bear Research and Management   136-137.   2005年
2005.
Characteristics of peel color and amounts of soluble carbohydrates with maturity of Yamazakura and Mizuki fruits.
Tokita, N., Sano, K., Sakurai, R., Koike, S., Tokita, T. and Furubayashi, K.
Abstracts of 17th International Conference on Bear Research and Management   137(PG01)   2006年
暖地型マメ科草の生育に伴う消化率及び化学成分組成の変動
時田昇臣
日本畜産学会関東支部会報   38    1987年
暖地型マメ科牧草の羊第一胃内分解性
時田昇臣・秋山浩子・河村早苗・今田匡彦・高木茂男・布川和浩・沼田美穂子・紺野 耕
日本畜産学会関東支部会報   40    1989年
1989.
高温加熱処理が暖地型イネ科牧草の乾物消化率と羊第一胃内分解性に及ぼす影響
時田昇臣・脇山英樹・紺野 耕
日本畜産学会関東支部会報   41    1990年
野生動物の生態と生息地環境
時田昇臣
日本獣医生命科学大学研究報告   (57) 47-53
英国スコットランドにおける野生シカ管理の現状(その1)
時田光明・時田昇臣
獣医畜産新報JVM   63(10) 864-868   2010年
英国スコットランドにおける野生シカ管理の現状(その2)
時田光明・時田昇臣
獣医畜産新報JVM   63(11) 954-958   2010年
ドイツ西南部における野生シカ管理の現状(その1)
時田昇臣・時田光明
獣医畜産新報JVM   63(12) 1032-1036   2010年
ドイツ西南部における野生シカ管理の現状(その2)
時田昇臣・時田光明
獣医畜産新報JVM   64(1) 71-75   2011年
英国およびドイツにおけるタワー・シューティング
時田昇臣・時田光明
獣医畜産新報JVM   64(2) 161-165   2011年
英国およびドイツにおける野生シカの狩猟と食肉利用
時田昇臣・時田光明
獣医畜産新報JVM   64(3) 250-254   2011年

書籍等出版物

 
畜産コンサルタント
時田昇臣 (担当:分担執筆, 範囲:ジビエの現状と課題(1) ニホンジカおよびイノシシの個体数と農林業被害)
中央畜産会   2018年6月   
増補版 野生動物管理
羽山・三浦・梶・鈴木 編 (担当:分担執筆, 範囲:第20章 食性ならびに栄養分析法)
文永堂出版   2016年7月   
飼料分析入門
時田昇臣・時田光明 (担当:共著)
栄和印刷   2015年3月   
人間動物関係論
松木洋一 (担当:分担執筆, 範囲:第5節 犬と猫の食事と健康)
養賢堂   2012年11月   
野生動物管理 -理論と技術-
鈴木ほか (担当:分担執筆, 範囲:第18章 食性ならびに栄養分析法)
文永堂   2012年5月   
猫の行動学~行動特性と問題行動~
時田昇臣 (担当:共訳, 範囲:第10章 猫のグルーミング行動)
インターズー   2009年10月   
2008年度博物館実習記念図録
時田昇臣 (担当:共著, 範囲:「湘南富士」「花の部屋」「島田章三」)
京都造形芸術大学   2009年3月   
犬が教える子育ての本 
尾崎敬承・武富和夫・時田昇臣 (担当:共著)
誠文堂新光社   1998年   
1998.
イラストでみる犬学
林 良博 監修 (担当:分担執筆, 範囲:犬の栄養)
講談社サイエンティフィク   2000年   
2000.
イラストでみる犬学(大韓民国版)
図書出版 マヤ   2001年   
2001.
イラストでみる猫学
林 良博 監修 (担当:分担執筆, 範囲:猫の栄養)
講談社サイエンティフィク   2003年   
2003.

講演・口頭発表等

 
野生ニホンジカの生息地植生とルーメンVFA
時田昇臣・嶋 藍子・佐藤颯人
第24回野生生物と社会学会大会   2018年11月   
シカ肉の遊離アミノ酸含量とその経時的変化
小高雄介・中原和基・時田昇臣
関東畜産学会 第73回大会   2018年11月   
めん羊によるリードカナリーグラス茎葉部の採食特性
時田昇臣・池上 瞳・市川ひとみ・大多和章子・門岡 航・山崎世使子
2018年度日本草地学会熊本大会   2018年3月   
野生鳥獣のジビエ活用:イノシシ及びニホンジカの機能性アミノ酸
川上真理奈・大橋りか・時田昇臣
関東畜産学会 第72回大会   2017年11月   
野生イノシシ体脂肪の脂肪酸組成
時田昇臣・染谷祐也
日本畜産学会第121回大会   2016年3月   
コナラ堅果と寄生昆虫の栄養特性ならびにクマによる採食性
時田昇臣
獣医生命科学会学術集会   2014年11月   
コナラ堅果と寄生昆虫の栄養特性ならびにクマによる採食性
時田昇臣
野生生物と社会学会2014年度大会   2014年10月   
タイ海外研修における大学生の健康管理に関するアンケート結果と2年間の対応調査
松原孝子・落合和彦・時田昇臣・和田新平
旅行医学会   2014年4月   
シカ・イノシシ肉の加工技術に関する研究: 血絞りの影響
坂田亮一・金子美如・三木 優・時田昇臣
日本畜産学会 第118回大会   2014年3月   
野生シカ肉の食肉利用の可能性: 加工法と製品特性について
松村理香・森 博史・金子美如・時田昇臣・押田敏雄・坂田亮一
家畜衛生学会2013年度大会   2013年11月   
樹液添加がニホンジカのルーメン内消化に及ぼす影響
時田昇臣・福島翔太・三股 廉
野生生物と社会学会2013年度大会   2013年11月   
食糧資源としての野生動物(シカ)肉の利用
坂田亮一・牛山 聡・時田昇臣・押田敏雄
FOOMA JAPAN 2013 国際食品工業展   2013年6月   
スイギュウによる暖地型イネ科牧草の消化性能
時田昇臣・白坂明規・W.Thiangtum・川本康博
2013年度日本草地学会山形大会   2013年3月   
ZOO to WILDセミナー「神奈川県のニホンジカを考える」
時田昇臣
横浜市金沢動物園   2012年12月   
スギ及びヒノキ樹液がニホンジカのルーメンプロトゾアに及ぼす影響
福島翔太・三股 廉・時田昇臣
第18回野生生物保護学会宇都宮大会   2012年11月   
ニホンジカによる樹皮採食の要因解明
時田昇臣・大野翔平・清水岳広
第18回野生生物保護学会宇都宮大会   2012年11月   
リンゴ果実の成熟にともなう酸度と糖含量の変化
時田昇臣・奈良井朝子
第17回野生生物保護学会北海道大会   2011年10月   
リンゴ園果樹被害の発生要因の解明 1.リンゴ果実の糖成分
時田昇臣・羽山伸一・梅田健太郎・松村昭治
第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会   2010年9月   
低温減圧貯蔵によるヤーコン塊根中フラクトオリゴ糖の保持
奈良井(金山)朝子・中村いづみ・三浦ひとみ・船山敦子・時田昇臣・麻生慶一
日本食品科学工学会第57回大会   2010年9月   
ブナ帯下層植生にみられる野生植物の栄養成分
時田昇臣
2010年度日本草地学会三重大会   2010年3月   
めん羊におけるリードカナリーグラスの採食性
時田昇臣・市川ひとみ・池上 瞳・門岡 航・山崎世使子・大多和章子・吉村 格
2009年度日本草地学会藤沢大会   2009年3月   
飼料成分が鶏ヒナ臓器のalanineとaspartate aminotransferases活性におよぼす影響
日本畜産学会大会   1980年   
飼料成分が鶏ヒナ肝臓のalanineとaspartate aminotransferases活性におよぼす影響について
日本畜産学会大会   1981年   
飼料成分が鶏ヒナ腎臓のalanineとaspartate aminotransferases活性におよぼす影響について
日本畜産学会大会   1981年   
鶏ヒナ肝臓および腎臓のalanineとaspartate aminotransferases活性におよぼすホルモンの影響 –InsulinとCortisone-
日本畜産学会大会   1981年   
絶食処理がニワトリの糖新生におよぼす影響について
日本畜産学会大会   1982年   
ペプシン・セルラーゼ法による暖地型イネ科牧草乾物消化率推定におけるセルラーゼ濃度の検討
日本畜産学会大会   1983年   
オノズカセルラーゼFAによる暖地型牧草乾物消化率の推定について
日本畜産学会大会   1984年   
セルラーゼによる暖地型イネ科牧草の乾物消化率に及ぼす粗蛋白質の影響
西日本畜産会報   1984年   
暖地型マメ科牧草の生育にともなうアミノ酸組成の変動
日本畜産学会大会   1989年   
加熱処理が暖地型イネ科牧草茎部及び葉部の羊第一胃内分解性に及ぼす影響
日本畜産学会大会   1992年   
暖地型マメ科牧草の羊第一胃内分解性
日本草地学会大会   1992年   
リードカナリーグラスサイレージの発酵品質と消化性
日本畜産学会大会   1994年   
リードカナリーグラスのサイレージ品質に及ぼす活性水添加の効果
日本草地学会大会   1996年   
リードカナリーグラスのサイレージ利用:2.茎葉比率の違いによるサイレージ品質と活性水及び蟻酸添加の効果
日本草地学会大会   1997年   
リードカナリーグラスのサイレージ利用:蟻酸及び活性水を添加した場合の採食及び反芻特性
日本草地学会大会   1998年   
犬用市販フードの現状および栄養特性
ペット栄養学会大会   1999年   
リードカナリーグラスのサイレージ利用:実用レベルの規模でもギ酸活性水の添加は有効か
日本草地学会大会   2000年   
丹沢山地における野生ニホンジカの環境収容力
第12回丹沢フォーラム   2000年   
シカの樹皮剥皮
第12回丹沢フォーラム   2000年   
屋外飼育におけるダチョウの行動と飼料消化
日本畜産学会大会   2001年   
飼育下のカマイルカにおける給餌量と体重の季節変動
野生動物医学会大会   2001年   
ニホンジカが採食する樹皮と他の採食植物との栄養価の比較
野生生物保護学会大会   2001年   
丹沢山地低山帯の落葉広葉樹林におけるニホンジカの餌植物としての落葉の価値
野生生物保護学会大会   2001年   
ニホンジカの樹皮採食とミネラル組成との関係
野生生物保護学会大会   2001年   
冷暖温帯林域におけるニホンジカの採食植物の栄養価の比較
野生生物保護学会大会   2001年   
飼料資源としてのヤーコンの利用性 (1) 茎葉部の成分組成からみた飼料適性
日本草地学会大会   2002年   
飼料の種類及び給与水準の違いがニホンジカ(Cerves nippon)の採食量及び消化率に及ぼす影響
日本野生動物医学会大会   2003年   
出穂初期のリードカナリーグラスに対するめん羊の選択性
日本畜産学会大会   2003年   
ヤーコン茎葉部の飼料適性
日本獣医畜産大学学術交流会   2003年   
ニホンジカの飼料摂取量および消化率に関する研究
日本獣医畜産大学学術交流会   2003年   
めん羊におけるリードカナリーグラスの採食特性
日本獣医畜産大学学術交流会   2003年   
ニホンジカの食性からみた栄養学的環境収容力(シカとの共存、栄養学の視点から)
野生生物保護学会大会シンポジウム   2004年   
ニホンジカの選択性
野生生物保護学会大会   2004年   
ニホンジカの栄養水準
野生生物保護学会大会   2004年   
ニホンジカのタケ葉部
野生生物保護学会大会   2004年   
丹沢山地山麓帯上部の河畔林におけるムササビの食性
野生生物保護学会大会   2005年   
冷温帯のミズナラ林・カラマツ人工林・スギ人工林を行動圏とするムササビの食性の季節性
野生生物保護学会大会   2005年   
針葉樹の樹液を構成する糖成分
野生生物保護学会大会   2005年   
落葉広葉樹林を構成する植物の栄養価値とツキノワグマの栄養
野生生物保護学会大会   2005年   
飼育下のニホンジカを用いた給餌試験による採食植物の選択性
日本生態学会大会   2006年   
暖地型マメ科牧草の開花前後におけるアミン酸構成の比較
日本畜産学会大会   2006年   
ヤーコンの塊根収量に及ぼす栽植密度と施肥の効果
日本草地学会大会   2006年   
ニホンジカ採食植物の消化率測定方法の比較
野生生物保護学会大会   2006年   
ツキノワグマが採食する食物の栄養価値
野生生物保護学会大会   2007年   
コナラ堅果およびゾウムシ幼虫の栄養成分 =ポスター賞受賞=
野生生物保護学会大会   2007年   
ツキノワグマの栄養摂取量と消化率
野生生物保護学会大会   2007年   
平地におけるヤーコンの栽培と塊根収量に及ぼす施肥の効果
日本草地学会大会   2008年   
ツキノワグマ生息地におけるコナラ堅果のデンプン構成
野生生物保護学会大会   2008年   

担当経験のある科目

 
  • 博物館実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 博物館情報メディア論 (日本獣医生命科学大学)
  • 草地学 (日本獣医生命科学大学、麻布大学)
  • 飼養学 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物栄養学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本畜産学会 , 日本草地学会 , 野生生物保護学会

競争的資金等の研究課題

 
牧草及び飼料作物の栽培と利用に関する研究
反芻動物の飼料消化に関する研究
野生動物の栄養と生息地保全に関する研究