トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 栃木 裕貴
 

栃木 裕貴

 
アバター
研究者氏名栃木 裕貴
 
トチギ ユウキ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医生理学教室
職名准教授
学位獣医学博士(酪農学園大学)
J-Global ID200901000480854690

研究キーワード

 
神経科学 ,疾患モデル ,遺伝性疾患 ,獣医生理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経形態学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 

経歴

 
2021年7月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 准教授 
 
2016年4月
 - 
2021年6月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 講師 
 
2010年12月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 助教 
 
2009年7月
 - 
2010年11月
国立研究開発法人産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 産総研特別研究員 
 
2006年4月
 - 
2009年6月
ルイジアナ州立大学 医学部遺伝学研究部門 ポスドク研究員 
 

学歴

 
 
 - 
2006年
酪農学園大学 獣医学研究科 獣医学専攻
 
 
 - 
2000年
酪農学園大学 酪農学部 獣医学科
 

論文

 
 
Toshihiro Tokiwa   Shyun Chou   Yuki Tochigi   Kentaro Katayama   Donald W. Duszynski   
International Journal for Parasitology: Parasites and Wildlife   15 199-207   2021年8月   [査読有り]
 
Ayaka Domon   Kentaro Katayama   Takashi Yamada   Yuki Tochigi   Hiroetsu Suzuki   
Biology   10(7)    2021年7月   [査読有り]
The kidneys participate in the regulation of systemic glucose metabolism via gluconeogenesis, insulin degradation, and the tubular reabsorption of glucose. The present study characterized rats from a strain of a novel type 2 diabetes model with en...
 
Ayaka Domon   Kentaro Katayama   Touko Sato   Yuki Tochigi   Hiroyuki Tazaki   Hiroetsu Suzuki   
PLOS ONE   16(5) e0251135-e0251135   2021年5月   [査読有り]
<sec id="sec001">
<title>Background</title>
Sodium-glucose cotransporter 2 (SGLT2) inhibitors are widely used to reduce hyperglycemia. The present study investigated the effects of a SGLT2 inhibitor, empagliflozin, on hyperglycemia in a novel rat ...
 
Md Abdullah Al Mahmud   Maki Noguchi   Ayaka Domon   Yuki Tochigi   Kentaro Katayama   Hiroetsu Suzuki   
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society   69(4) 257-270   2021年4月   [査読有り]
A well-known putative tumor suppressor WW domain-containing oxidoreductase (Wwox) is highly expressed in hormonally regulated tissues and is considered important for the normal development and function of reproductive organs. In this study, we inv...
 
Michele Iacomino   Simona Baldassari   Yuki Tochigi   Katarzyna Kośla   Francesca Buffelli   Annalaura Torella   Mariasavina Severino   Dario Paladini   Luana Mandarà   Antonella Riva   Marcello Scala   Ganna Balagura   Andrea Accogli   Vincenzo Nigro   Carlo Minetti   Ezio Fulcheri   Federico Zara   Andrzej K. Bednarek   Pasquale Striano   Hiroetsu Suzuki   Vincenzo Salpietro   
Frontiers in Neuroscience   14    2020年6月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
 
WOREE症候群モデルラットの中枢神経系における病理発生メカニズムの解明
栃木裕貴   
第68回日本実験動物学会総会   2021年5月18日   
 
腎実質の増加を呈する新規糖モデルラットにおける糖尿病発症機序に関する研究 :sglt2阻害剤投与と腎臓摘出術の影響
土門綾華   片山健太郎   栃木裕貴   鈴木浩悦   
第34回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会   2020年2月1日   
 
骨軟骨形成不全症(OCD)ラット脊髄にみられる髄鞘低形成
浦上 ちえり   平田 千夏   栃木 裕貴   片山 健太郎   鈴木 浩悦   
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
 
微小管結合蛋白質Astrinの精巣内分布と細胞内局在
大山 量平   Mahmud   Md. Abdullah-Al   山田 峻史   栃木 裕貴   片山 健太郎   鈴木 浩悦   
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
 
Delayed spermatogenesis and increased apoptotic spermatocytes in Wwox deficient rats
Mahmud Md. Abdullah-Al   土門 綾華   栃木 裕貴   片山 健太郎   鈴木 浩悦   
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
獣医生理学実習 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医遺伝子工学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医遺伝・動物育種学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医生理学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本獣医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
Wwoxの欠損に起因したWOREE症候群の病態発生メカニズムを探索する
日本獣医生命科学大学: 2019年度日本獣医生命科学大学研究者研究支援経費
研究期間: 2019年7月 - 2020年3月
 
WOREE症候群モデルラットの中枢神経系における病理発生メカニズムの解明
株式会社ケー・エー・シー: 創立40周年記念研究助成
栃木 裕貴 
研究期間: 2018年4月
 
腫瘍抑制因子Wwoxの中枢神経系構築過程における機能の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業若手研究(B)
栃木 裕貴 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
Astrinの欠損に起因したセルトリ細胞分裂障害の発生機構
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金(若手研究者奨励金)
栃木 裕貴 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
 
脳組織障害を伴うてんかんモデルラットの確立
日本獣医生命科学大学: 若手研究者研究支援経費
栃木 裕貴 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月