トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 森田 達志
 

森田 達志

 
アバター
研究者氏名森田 達志
 
モリタ タツシ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医寄生虫学研究室
職名准教授
学位博士(獣医学)(日本獣医生命科学大学)
J-Global ID200901097927084750

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 寄生虫学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 准教授 
 
2007年4月
 - 
2018年9月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 講師 
 
1995年4月
 - 
2007年3月
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部獣医学科 助手 
 
1995年
   
 
- Research Associate, Faculty of Veterinary and   
 
 
   
 
Animal Science, NVAU.   
 

学歴

 
 
 - 
1995年
日本獣医生命科学大学 獣医学研究科 獣医学
 
 
 - 
1991年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本寄生虫学会  評議員
 
2017年6月
 - 
2020年6月
農林水産省獣医事審議会  専門委員
 

論文

 
 
Natsuko Sugiura   Aki Tanaka   Kazuhiko Ochiai   Toshiaki Yamamoto   Tatsushi Morita   Takuya Kato   Yoshi Kawamoto   Toshinori Omi   Shin-Ichi Hayama   
The Journal of veterinary medical science   2020年7月   [査読有り]
Although kinship (parent-offspring or siblings) contact has been suggested as a driving factor for sarcoptic mange epizootic in raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides), no effect has been reported. In contrast, habitat fragmentation caused by urba...
 
Sayed Samim Rahpaya   Shinobu Tsuchiaka   Mai Kishimoto   Mami Oba   Yukie Katayama   Yuka Nunomura   Saki Kokawa   Takashi Kimura   Atsushi Kobayashi   Yumi Kirino   Tamaki Okabayashi   Nariaki Nonaka   Hirohisa Mekata   Hiroshi Aoki   Mai Shiokawa   Moeko Umetsu   Tatsushi Morita   Ayako Hasebe   Keiko Otsu   Tetsuo Asai   Tomohiro Yamaguchi   Shinji Makino   Yoshiteru Murata   Ahmad Jan Abi   Tsutomu Omatsu   Tetsuya Mizutani   
Journal of veterinary science   19(3) 350-3572018年5月   [査読有り]
Bovine abortion, diarrhea, and respiratory disease complexes, caused by infectious agents, result in high and significant economic losses for the cattle industry. These pathogens are likely transmitted by various vectors and reservoirs including i...
 
Tatsushi Morita   Yutaka Momota   Akihiro Mori   Hitomi Oda   Kazunori Ike   Toshinori Sako   
Journal of Veterinary Medical Science   80(4) 672-6752018年4月   [査読有り]
A 12-year-old female Shih-Tzu with hyperadrenocorticism and hypothyroidism developed concurrent refractory generalized demodicosis that did not respond to doramectin treatment. Although amitraz treatment was effective, the dog developed severe dia...
 
Morita T   Ohmi A   Kiwaki A   Ike K   Nagata K   
Journal of medical entomology   55(2) 323-3282018年2月   [査読有り]
 
SUGIURA Natsuko   DOI Kandai   KATO Takuya   MORITA Tatsushi   HAYAMA Shin-ichi   
The Journal of Veterinary Medical Science   80(3) 544-5482018年   [査読有り]
<p>To examine outbreaks of mange in raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides) with respect to population density, we analyzed camera trap videos, and isolated mites from raccoon dog carcasses. In a camera trapping survey, we categorized the s...

MISC

 
 
森田達志   
GO-VET   3(1) 112-1182019年12月   [招待有り]
 
森田 達志   
GO-VET   2(4) 96-1022019年9月   [招待有り]
 
森田 達志   
GO-VET   2(3) 86-912019年6月   [招待有り]
 
森田 達志   
GO-VET   2(2) 56-602019年3月   [招待有り]
 
森田 達志   
GO-VET   2(1) 92-972018年12月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
総監修, 石田卓夫(担当:分担執筆, 範囲:第5章 寄生虫感染症 18. 肺毛細線虫症および犬肺虫症)
緑書房      2020年7月   
 
社)日本動物保健看護系大学協会カリキュラム委員会, 森田達志(担当:分担執筆, 範囲:第2章(寄生虫)4(衛生動物))
インターズー      2020年1月   (ISBN:9784866710877)   
 
森田 達志(担当:分担執筆, 範囲:第22章外部寄生虫)
学窓社      2019年9月      
 
森田達志(担当:分担執筆, 範囲:各論第8章外部寄生性節足動物)
講談社サイエンティフィク      2019年4月   (ISBN:9784061537446)   
 
森田 達志(担当:分担執筆, 範囲:第4章犬の外部寄生虫感染症1〜4,第9章すべて)
緑書房      2019年4月      

講演・口頭発表等

 
 
多中心性リンパ腫がみられた奄美大島のケナガネズミDiplothrix legataの一剖検例
岸本拓也   伊藤優冴   吉村久志   山本昌美   伊藤圭子   青木博史   常盤俊大   森田達志   播谷亮   神谷新司   
第163回日本獣医学会学術集会   2020年9月14日   
 
ヒゼンダニ類Ursicoptes procyoni 感染によるシセンレッサーパンダの皮膚症状とその治療
森田 達志   伊藤 ななお   堤 若菜   桜井 普子   伊從 慶太   池 和憲   
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月14日   
 
東京都に生息する外来鳥類ガビチョウ(Garrulax canorus)の外部寄生虫相
菊池康樹   土井寛大   牛根奈々   古河花織   佐々木晴子   加藤卓也   野村 亮   森田達志   羽山伸一   
第23回 日本野生動物医学会大会   2017年9月2日   
 
戦(いくさ)の前に敵を知る・イキモノとしての疥癬虫と毛包虫
Tatsushi MORITA   
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2016年11月18日   
 
あなたは理解していますか「エキノコックス」
Tatsushi MORITA   
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2016年11月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
獣医寄生虫病学I (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
 
   
 
獣医寄生虫病学II (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
 
   
 
畜産(寄生虫部分) (瑞穂農芸高校 畜産科学科)
 
   
 
医動物学(衛生動物部分) (明治薬科大学 薬学部)
 
   
 
熱帯病・寄生虫学(衛生動物部分) (杏林大学 医学部)

所属学協会

 
 
   
 
世界獣医寄生虫学会(World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology)
 
   
 
日本獣医寄生虫学会
 
   
 
アメリカ衛生動物学会(The Entomological Society of America)
 
   
 
日本ダニ学会
 
   
 
日本衛生動物学会