トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 堀 達也
 

堀 達也

 
アバター
研究者氏名堀 達也
 
ホリ タツヤ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医臨床繁殖学研究室
職名教授
学位博士(獣医学)

研究キーワード

 
, Cryotop法 , 凍結胚 , 加齢に伴う影響 , 高齢犬 , 子宮潅流法 , 凍結精液 , 造精機能 , 内視鏡 , 凍結保存 , 臨床繁殖 , OEP , ラウリル硫酸ナトリウム , 投げ込み法 , 精子 , , 卵管摘出法 , 卵管潅流法 , 産科 , ガラス化法

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 臨床獣医学 / 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 応用獣医学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 教授
 
1995年4月
 - 
2006年3月
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 助手
 
2006年4月
 - 
2009年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 講師
 
2009年4月
 - 
2015年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 准教授
 

受賞

 
2017年9月
日本獣医学会 最優秀論文賞
 
1992年3月
(株)日本獣医師会褒賞
 
2007年3月
日本獣医学会獣医繁殖学分科会 日本獣医繁殖学・優秀発表賞
 

論文

 
Kobayashi M, Hori T, Kawakami E
The Journal of veterinary medical science   80(8) 1233-1235   2018年8月   [査読有り]
Kobayashi M, Saito A, Tanaka Y, Michishita M, Kobayashi M, Irimajiri M, Kaneda T, Ochiai K, Bonkobara M, Takahashi K, Hori T, Kawakami E
The Journal of veterinary medical science   79(4) 719-725   2017年4月   [査読有り]
Tajima H, Yoshizawa M, Sasaki S, Yamamoto F, Narushima E, Tsutsui T, Funahashi T, Kusuda S, Doi O, Tateyama Y, Kobayashi M, Hori T, Kawakami E
The Journal of veterinary medical science   79(1) 92-99   2017年1月   [査読有り]
Hori T, Ushijima H, Kimura T, Kobayashi M, Kawakami E, Tsutsui T
The Journal of veterinary medical science   78(7) 1137-1143   2016年8月   [査読有り]
Tajima H, Yoshizawa M, Sasaki S, Yamamoto F, Narushima E, Ogawa Y, Orima H, Tsutsui T, Toyonaga M, Kobayashi M, Kawakami E, Hori T
The Journal of veterinary medical science   78(6) 1067-1073   2016年7月   [査読有り]
Kawakami E, Kobayashi M, Hori T, Kaneda T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   77(12) 1711-1714   2016年1月   [査読有り]
Hori T, Atago T, Kobayashi M, Kawakami E
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   77(5) 625-630   2015年5月   [査読有り]
Kobayashi M, Wada M, Hori T, Kawakami E
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   76(5) 741-743   2014年5月   [査読有り]
Hori T, Yoshikuni R, Kobayashi M, Kawakami E
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   76(2) 259-263   2014年3月   [査読有り]
Eiichi Kawakami, Masanori Kobayashi, Akiko Ikeda, Tatsuya Hori
Asian Journal of Animal and Veterinary Advances   9 362-366   2014年1月
Superoxide dismutase (SOD) has a key role in protecting1 cells from Reactive Oxygen Species (ROS). Cancer cells produce more ROS involved in proliferation and survival of cancer cells. We, therefore, investigated the percentage of castrated dogs w...
Miho Wada, Makoto Yokosuka, Tomoaki Nakada, Masanori Kobayashi, Tatsuya Hori, Eiichi Kawakami
Journal of Animal and Veterinary Advances   13 1139-1142   2014年1月
© Medwell Journals, 2014. The purpose of this study is to reveal the effect of estrogen-inducing SOD activity on the endometrium of domestic rabbits. Researchers measured Superoxide Dismutase (SOD) activity to investigate the reason of occurrence ...
M. Kobayashi, T. Hori, E. Kawakami
Reproduction in Domestic Animals   49(5) E44-47   2014年1月   [査読有り]
© 2014 Blackwell Verlag GmbH. Human chorionic gonadotropin (hCG) is a glycoprotein used in the treatment of spermatogenic dysfunction. However, previous studies performed in dogs show that repeated administration of large doses of hCG produces ant...
Terada M, Horii Y, Sato F, Taniguchi K, Hori T, Kawakami E, Tsutsui T, Akimoto T, Shinoda M, Saito TR
Reproductive medicine and biology   13(1) 53-58   2014年   [査読有り]
Kobayashi M, Hori T, Kawakami E
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   75(9) 1249-1252   2013年   [査読有り]
T. Tsutsui, T. Hori, F. Takahashi, Pw Concannon
Reproduction in Domestic Animals   47 43-46   2012年12月   [査読有り]
Contents: As a step towards elucidation of the timing and mechanism of the determination of the number of ovulated ova in dogs, we excised one ovary 2, 5 and 8 days after the beginning of vulval bleeding and examined whether the lost ovulation fun...
T. Hori, T. Tsutsui, Y. Amano, P. W. Concannon
Reproduction in Domestic Animals   47 47-51   2012年12月   [査読有り]
Contents: This study investigated the duration of the interval between the onset of vulval bleeding at pro-oestrus and ovulation estimated from the plasma progesterone concentration in a large number of beagle bitches. The influence and associatio...
Kawakami E, Yagi T, Kobayashi M, Hori T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   74(2) 201-204   2012年2月   [査読有り]
Hori T, Matsuda Y, Kobayashi M, Kawakami E, Tsutsui T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(12) 1685-1688   2011年12月   [査読有り]
Toyonaga M, Morita M, Hori T, Tsutsui T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(6) 827-829   2011年6月   [査読有り]
Tsutsui T, Mizutani T, Matsubara Y, Toyonaga M, Oba H, Hori T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(2) 259-262   2011年2月   [査読有り]

Misc

 
堀達也
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   37th(1) 78‐81   2016年11月
小林正典, 渡部志歩, 田村恭一, 盆子原誠, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 411   2018年8月
遠藤舞, 栗田大資, 米澤彩, 西角知也, 堀達也
動物園水族館雑誌   59(2) 59   2017年11月
堀達也
Clinic Note   13(11) 23‐26   2017年11月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   19th(Vol.1) 362‐365   2017年9月
小林正典, 地主真実子, 地主真実子, 田村恭一, 盆子原誠, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 440   2017年8月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   18th(Vol.1) 406‐411   2016年9月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   18th(Vol.2) 167‐171   2016年9月
小林正典, 豊田藍, 河野里映, 地主真実子, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159th 431   2016年8月
堀達也
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   36th(1) 86-90   2015年11月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   17th(Vol.2) 120‐126   2015年9月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   17th(Vol.2) 127‐130   2015年9月
田島日出男, 田島日出男, 吉澤円, 佐々木真一, 山本藤生, 成島悦雄, 佐高友里恵, 小林正典, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158th 380   2015年8月
小林正典, 手島友子, 原田佳保, 佐藤一音, 飯島智大, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158th 384   2015年8月
堀達也
CAP (Companion Anim Pract)   (306) 12-17   2014年12月
堀達也
CAP (Companion Anim Pract)   (306) 8-11   2014年12月
堀達也, 小川由華, 成島悦雄, 田島日出男, 佐々木真一, 山本藤生, 織間博光, 筒井敏彦
獣医畜産新報   67(1) 17-21   2014年1月
堀達也
AS   25(12) 4-18   2013年12月
堀 達也
MPアグロジャーナル   (15) 2-7   2013年10月
堀達也
日本獣医学会学術集会講演要旨集   149th 155   2010年
堀達也
SA Med   11(6) 47-50   2009年12月
堀達也
SA Med   11(6) 51-53   2009年12月
堀達也, 河上栄一, 筒井敏彦
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (57) 12-16   2008年12月
堀 達也
日本獣医生命科学大学研究報告   56 100-102   2007年12月
堀達也
SA Med   9(2) 34-43   2007年4月
平野 太一, 益子原 誠, 河上 栄一, 宮田 知宏, 佐久間 真求, 筒井 敏彦
日本獣医生命科学大学研究報告   55    2006年12月
堀 達也
日本獣医畜産大学研究報告   54 92-94   2005年12月
堀達也
CAP (Companion Anim Pract)   (178) 6-9   2004年4月

書籍等出版物

 
犬と猫の治療ガイド2015
辻本 元 他3名(編) 堀 達也 他(著)
インターズー   2015年   
伴侶動物治療指針 Vol.6
石田卓夫(監修) 堀 達也 他33名(著) (担当:分担執筆, 範囲:子宮蓄膿症における治療法の選択 (pp.121-129))
緑書房   2015年   
動物園動物管理学
村田浩一・楠田哲士(監訳) 堀 達也 他20名(訳) (担当:共訳, 範囲:雄の繁殖:評価、治療、生殖補助および生殖コントロール(pp.509-529))
文永堂出版   2014年   
動物臨床繁殖学
小笠 晃 他2名(監修) 堀 達也 他10名(著) (担当:分担執筆, 範囲:生殖器の発生と分化、雌性生殖器、卵子、雌犬・雌猫の繁殖障害(pp.1-2, 23-35, 301-308))
朝倉書店   2014年   
犬と猫の治療ガイド2012
辻本 元 他3名(編) 堀 達也 他(著)
インターズー   2012年   

講演・口頭発表等

 
田中亜由子, 塩野雅孝, 横須賀誠, 林貴子, 堀達也, 村尾育子, 清水敏光, 筒井敏彦, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1990年9月   
横須賀誠, 田中亜由子, 塩野雅孝, 林貴子, 堀達也, 村尾育子, 筒井敏彦, 河上栄一, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1990年9月   
堀達也, 林貴子, 大久保隆行, つる野晋吉, 佐藤千尋, 筒井敏彦, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1991年8月   
林貴子, 堀達也, 大久保隆行, つる野晋吉, 佐藤千尋, 筒井敏彦, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1991年8月   
堀達也, 大久保隆行, 筒井敏彦, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1993年8月   
清水幹子, 織間博光, 藤田道郎, 筒井敏彦, 河上栄一, 堀達也, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1994年8月   
河上栄一, 筒井敏彦, 清水幹子, 織間博光, 藤田道郎, 堀達也, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1994年8月   
堀達也, 大久保隆行, 清水敏光, 田中章弘, 水谷渉, 山根一真, 筒井敏彦
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1995年9月   
佐々木順子, 楢本昌邦, 小野邦桜, 根本子子, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1996年8月   

所属学協会

 
日本獣医学会 , 日本繁殖生物学会

競争的資金等の研究課題

 
遺伝的価値の高い犬の生殖子の有効利用を目的とした体外授精および顕微授精技術の 確立
文部科学省:科学研究費補助金(基板研究(C)): 
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 堀 達也
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 堀 達也
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 堀 達也
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 堀 達也
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 堀 達也