トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 小竹 佐知子
 

小竹 佐知子

 
アバター
研究者氏名小竹 佐知子
 
オダケ サチコ
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 食品科学科
職名教授
学位学術博士(お茶の水女子大学)

研究キーワード

 
食文化 , 拡散現象 , 味・香り , 畜肉食品 , 咀嚼香

研究分野

 
  • 生活科学 / 食生活学 / 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 教授  [応用生命科学部・食品科学科]
 
2007年4月
 - 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 准教授(職位名変更)
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本獣医生命科学大学(名称変更) 助教授 
 
2002年4月
 - 
2006年3月
日本獣医畜産大学 助教授 
 
1993年
 - 
2002年
山梨県立女子短期大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1991年
お茶の水女子大学 人間文化研究科 人間環境学専攻
 
 
 - 
1985年
お茶の水女子大学 家政学部 食物学科
 

受賞

 
1997年
日本家政学会奨励賞
 

Misc

 
〈資料解題〉『アンネの日記』〈研究版〉および〈完全版〉における記載食品の相違
小竹佐知子
生活文化史   66 65-89   2014年9月   [査読有り]
『アンネの日記』1944年7月8日(土)に登場するグリーンピースの記述内容:〈完全版〉・〈研究版〉のオランダ語・英語訳・日本語訳における内容比較(2)
小竹佐知子
食生活研究   34(4) 206-217   2014年   [依頼有り]
『アンネの日記』1944年7月8日(土)に登場するグリーンピースの記述内容:〈完全版〉・〈研究版〉のオランダ語・英語訳・日本語訳における内容比較(1)
小竹佐知子
食生活研究   33(2) 11-18   2013年
小竹佐知子
日本調理科学会   43(3) 217-219   2010年6月   [依頼有り]
小竹佐知子
日本調理科学会   43(2) 140-142   2010年4月   [依頼有り]
『アンネの日記 完全版』および『アンネの日記 研究版』のオランダ語版・アメリカ英語版・日本語版における食品および献立内容の表現
日本獣医畜産大学研究報告   57 100-106   2007年
小竹 佐知子
日本獣医生命科学大学研究報告   55 70-79   2006年12月   [査読有り]
『アンネの日記 完全版』に記載された食品の種類と記載割合を調査した結果,総記載食品数は332品であった。これらの食品を食品群に分けた結果,記載割合の多かったのは穀類,イモ類,野菜類であり,いずれもそれぞれ11.7%を占めていた。イモ類は全てジャガイモであり,他の種類のイモは見られなかった。この3群の食品は,いずれも多量に摂取したい食品であったが,一方,隠れ家生活の期間(1942年〜1944年)のこれら3群の消費者物価指数はいずれも上昇しており,品質劣化や不足の様子を頻繁に書くことが記載割合...
小竹 佐知子
日本獣医畜産大学研究報告   54 34-51   2005年12月   [査読有り]
『アンネの日記 完全版』にみる食物関連事項をその内容から大きく6つのグループ(食糧の所有,食卓の団欒,不公平感,食糧の不足,食糧の腐敗,物価高)に分けた。隠れ家には,隠れ家生活の最後までコンスタントに何らかの食糧が運び込まれていた。しかし,品質劣化は免れず,隠れ家生活の中期以降,アンネは食糧不足・腐敗・物価高をはっきり認識して日記にまで書き起こしていた。また,小さな隠れ家内での3世帯の共同生活には,食糧を分ける際の不公平感を常に感じさせることとなっていた。
小竹 佐知子
日本獣医畜産大学研究報告   53 19-39   2004年12月   [査読有り]
『アンネの日記完全版』に記載された食物関連事項の内容から,隠れ家生活における食糧事情を検討した。日記は4.3日に1回の割合で書かれており,そのうちの64%の日に食物関連事項が認められた。2年1ケ月に及ぶ隠れ家生活での食糧事情は,前期・平穏期,中期・悪化期,後期・困苦期の3期に分けられた。隠れ家生活開始直後の平穏期は,充分な貯蔵食糧の存在と比較的容易な食糧調達により,不自由な中にも新しく始まった"隠れ家"生活での食事を楽しむ余裕があった。悪化期は,品薄,品質劣化が目立つようになり,隠れ家での...
Fumiyuki Kobayashi, Sachiko Odake
Biochemical Engineering Journal   134 88-93   2018年6月   [査読有り]
© 2018 Elsevier B.V. To investigate the relationship between intracellular acidification and inactivation of Saccharomyces pastorianus by a two-stage system with pressurized carbon dioxide microbubbles (two-stage MBCO2), the survivors and intracel...
Fumiyuki Kobayashi, Sachiko Odake
Biotechnology Progress   34 282-286   2018年1月   [査読有り]
© 2017 American Institute of Chemical Engineers The effect of ethanol on the inactivation of Saccharomyces pastorianus by a two-stage system with low-pressure carbon dioxide microbubbles (two-stage MBCO2) was investigated. Zero and >5 log reductio...
Fumiyuki Kobayashi, Sachiko Odake
Food Control   71 365-370   2017年1月   [査読有り]
© 2016 Elsevier Ltd The effects of intracellular acidification and damage of cellular membrane on the inactivation of Saccharomyces pastorianus by a two-stage method of low-pressure carbon dioxide microbubbles (two-stage MBCO2) were investigated. ...
F. Kobayashi, S. Odake, T. Miura, R. Akuzawa
LWT - Food Science and Technology   71 221-226   2016年9月   [査読有り]
© 2016 Elsevier Ltd The inactivation efficiency of a two-stage system with low-pressure CO2microbubbles (two-stage MBCO2) on Escherichia coli in physiological saline (PS) and commercial sterilized bovine milk (CBM), and aerobic bacteria in unpaste...
Fumiyuki Kobayashi, Sachiko Odake, Ken Kobayashi, Hiroshi Sakurai
Journal of Food Engineering   171 52-56   2016年2月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ltd. The effect of pressure in the mixing vessel on the inactivation of enzymes and hiochi bacteria and on the change in free amino acid content in unpasteurized sake (UPS) using a two-stage system of low-pressure carbon dioxide mi...
Fumiyuki Kobayshi, Sachiko Odake
Beer: Production, Consumption and Health Effects   257-274   2016年1月   [査読有り]
© 2016 Nova Science Publishers, Inc. Inactivation of Saccharomyces pastorianus cells, beer yeast, by two-stage system with microbubbled carbon dioxide at low pressure (MBCO2) was investigated by the observation with scanning and transmission elect...
Fumiyuki Kobayashi, Sachiko Odake
Food and Bioprocess Technology   8 1690-1698   2015年8月   [査読有り]
© 2015, Springer Science+Business Media New York. Yeast in unfiltered beer (UFB) was inactivated by a two-stage system that was additionally pressurised at an ambient temperature after carbon dioxide microbubbles (MB-CO2) were mixed with UFB at a ...
Fumiyuki Kobayashi, Hiromi Ikeura, Sachiko Odake, Hiroshi Sakurai
Journal of Agricultural and Food Chemistry   62 11722-11729   2014年12月   [査読有り]
© 2014 American Chemical Society. To determine optimal temperature of a two-stage system of low pressure carbon dioxide microbubbles (MB-CO2) for inactivating enzymes in unpasteurized sake (UPS), the effect of two-stage MB-CO2 containing a heating...
F. Kobayashi, H. Ikeura, S. Odake, Y. Hayata
LWT - Food Science and Technology   56 543-547   2014年5月   [査読有り]
To improve the inactivation efficiency of low pressure CO2microbubbles (MB-CO2), we developed the MB-CO2equipment from batch system to two-stage MB-CO2system which was additionally pressurized at ambient temperature after MB-CO2was mixed with a so...
Fumiyuki Kobayashi, Masaki Sugiura, Hiromi Ikeura, Michio Sato, Sachiko Odake, Masahiko Tamaki
Food Control   46 35-40   2014年1月   [査読有り]
To clarify how Saccharomyces pastorianus cells were affected by a two-stage system that was heating and pressurizing after microbubbled carbon dioxide (MB-CO2) was mixed with the S.pastorianus suspension at low temperature and pressure (two-stage ...
Fumiyuki Kobayashi, Masaki Sugiura, Hiromi Ikeura, Kanami Sato, Sachiko Odake, Yasuyoshi Hayata
Scientia Horticulturae   164 596-601   2013年12月   [査読有り]
To establish the use of low-pressure carbon dioxide microbubbles (MB-CO2), developed as a food sterilizing method, as a practical technique for inactivating plant pathogens in hydroponic nutrient solution, Fusarium oxysporum f. sp. melonis and Pec...
Fumiyuki Kobayashi, Hiromi Ikeura, Sashiko Odake, Yasuyoshi Hayata
Innovative Food Science and Emerging Technologies   18 108-114   2013年4月   [査読有り]
Enzymes and Lactobacillus fructivorans in unpasteurized sake were inactivated by a two-stage method with low-pressure carbon dioxide microbubbles (two-stage MB-CO2), and the quality of the treated sake was evaluated by the measurement of volatile ...
Fumiyuki Kobayashi, Hiromi Ikeura, Sashiko Odake, Yasuyoshi Hayata
Journal of Food Engineering   114 215-220   2013年1月   [査読有り]
Inactivation kinetics of polyphenol oxidase (PPO) by a two-stage method which was additionally pressurized at ambient temperature after carbon dioxide microbubbles (MB-CO2) was mixed with a solution at low temperature and pressure (two-stage MB-CO...
F. Kobayashi, H. Ikeura, S. Odake, S. Tanimoto, Y. Hayata
LWT - Food Science and Technology   48 330-333   2012年10月   [査読有り]
The inactivation of Lactobacillus fructivorans suspended in various buffer solutions by low-pressure CO2microbubbles (MB-CO2) was investigated. The number of surviving L. fructivorans cells suspended in 0.1 mol/L acetic acid/0.1 mol/L sodium aceta...
Fumiyuki Kobayashi, Daisuke Sugawara, Tetsuya Takatomi, Hiromi Ikeura, Sachiko Odake, Shota Tanimoto, Yasuyoshi Hayata
International Journal of Food Science and Technology   47 1151-1157   2012年6月   [査読有り]
The ability of carbon dioxide microbubbles (MB-CO 2) to inactivate Lactobacillus fructivorans suspended in physiological saline and unpasteurised sake at ambient temperature and a pressure lower than 2.0MPa was investigated. The number of L. fruct...
小林史幸, 小竹佐知子, 早田保義
月刊ファインケミカル   40(9) 54-62   2011年8月   [依頼有り]
小竹佐知子, 大久保恵子
日本家政学会誌   66(9) 470-487   2015年9月   [査読有り]
小竹佐知子, 大久保恵子
日本家政学会誌   65(6) 309-322   2014年6月   [査読有り]
頼家時祭における親族からの供物食品贈答と参加状況の変遷
小竹佐知子, 大久保恵子
日本獣医生命科学大学研究報告   63 27-39   2014年   [査読有り]
小竹 佐知子, 大久保 恵子
日本家政学会誌 = Journal of home economics of Japan   64(10) 663-673   2013年   [査読有り]
頼春水『春水日記』および妻梅し『梅し日記』にみる儒家祭日の記述 −夫婦間での比較−
小竹佐知子, 大久保恵子
お茶の水女子大学ジェンダー研究   15 113-133   2012年   [査読有り]
小竹佐知子, 大久保恵子
日本家政学会誌   62(12) 795-804   2011年12月   [査読有り]
小竹佐知子, 大久保恵子
日本家政学会誌   62(11) 727-734   2011年11月   [査読有り]
小竹佐知子, 大久保恵子
日本家政学会誌   62(10) 665-676   2011年10月   [査読有り]
小竹佐知子, 大久保恵子
日本家政学会誌   62(8) 507-519   2011年8月   [査読有り]
頼家家祭供物献立の初期にみられる特徴−頼春水の家祭導入期の試みについて−
小竹佐知子, 大久保恵子
生活文化史   57 61-68   2010年9月   [査読有り]
江戸時代後期の儒学者頼春水が残した『春水日記』における食物関連記述
小竹佐知子,宮本有香
日本獣医生命科学大学研究報告   58 100-131   2009年
小竹佐知子, 大久保恵子
日本家政学会誌   60(4) 381-399   2009年4月   [査読有り]
「梅し御供」の翻刻と解説
小竹佐知子, 大久保恵子
お茶の水女子大学ジェンダー研究   12 151-159   2009年3月
頼家重複献立の翻刻と解説
小竹佐知子, 大久保恵子
お茶の水女子大学人間文化創成科学論叢   11(9) 1-20   2009年3月
小竹佐知子, 大久保恵子
日本家政学会誌   60(2) 139-152   2009年2月   [査読有り]
小竹佐知子, 大久保恵子
日本家政学会誌   60(1) 45-56   2009年1月   [査読有り]
「頼家時祭献立」と「その他の饗応献立」の翻刻と解説
小竹佐知子, 大久保恵子
お茶の水女子大学人間文化創成科学論叢   10(10) 1-15   2008年3月
大久保 恵子, 小竹 佐知子
人間文化論叢   9 "2-1"-"2-10"   2006年
A reprint of menus for the anniversaries of the deaths of the fifth and sixth generations of the Rai family is presented as follows: Shunsui as the fifth generation ; Sanyo, the son of Shunsui ; Keijo, the son-in-law of Shunsui ; Ryozen, the wife ...
「頼家忌祭献立」の翻刻と解説−その三 四代−
小竹佐知子, 大久保恵子
お茶の水女子大学人間文化論叢   7(9) 1-12   2005年3月
小竹佐知子
日本調理科学会誌   46(5) 315-323   2013年10月   [依頼有り]
小竹佐知子
季刊香料   (254) 21-30   2012年6月   [依頼有り]
小竹佐知子
Foods & Food Ingred J Jpn   216(4) 323-327   2011年11月   [依頼有り]
Sayaka Ishihara, Makoto Nakauma, Takahiro Funami, Sachiko Odake, Katsuyoshi Nishinari
Food Hydrocolloids   25 1016-1024   2011年7月   [査読有り]
Swallowing profiles of food polysaccharide gels were investigated in relation to bolus rheology. Polysaccharide gel from either gellan gum or a mixture of gellan gum and psyllium seed gum was used as a model food. Acoustic analysis and sensory eva...
Sayaka Ishihara, Makoto Nakauma, Takahiro Funami, Sachiko Odake, Katsuyoshi Nishinari
Food Hydrocolloids   25 1210-1218   2011年7月   [査読有り]
Model bolus from polysaccharide gels was investigated by the stress-relaxation tests and particulate size analyses. Using two gelling agents, gellan gum and a composite of gellan/psyllium seed gums, gels with different physical properties (i.e., e...
小竹佐知子
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 2 医学 食品科学編   2009 129-136   2011年3月
小竹佐知子, 三浦孝之, 阿久澤良造
ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 2 医学 食品科学編   2008 191-198   2010年3月
小竹佐知子
化学と生物   47(9) 624-629   2009年9月   [依頼有り]
小竹佐知子, 三浦孝之, 阿久澤良造
関東畜産学会報   59(2) 65-70   2009年3月   [査読有り]
Tomoko Shimamura, Taichi Nishimura, Atsushi Iwasaki, Sachiko Odake, Ryozo Akuzawa
Food Science and Technology Research   15 191-194   2009年3月   [査読有り]
In the present study, degradation of a bitter peptide derived from ß-casein by lactic acid bacterial peptidase was examined. Nine species of lactococci (L. lactis ssp. lactis 303, L. lactis ssp. ¡actis 527, L. lactis ssp. lactis IAM 1198, L. lacti...
小竹佐知子
ジャパンフードサイエンス   48(2) 45-48   2009年2月   [依頼有り]
小竹佐知子
日本調理科学会誌   41(2) 84-92   2008年4月   [依頼有り]
小竹佐知子, 阿久澤良造
ミルクサイエンス   57(3) 131-133   2009年1月
小竹佐知子
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   56(56) 22-27   2007年12月
フランスで確立された真空調理技術はさまざまな食材に応用されているが,畜肉製品の場合,真空下62-68℃の温度帯で加湿することにより,歩留まりが高く,軟らかい製品が得られる。調製にあたっての問題点の一つとして,調味コントロールの難しさがあげられている。従って本研究では,食材への調味料拡散流入量把握のために拡散係数の算出を試みた。試料には真空調理でよく用いられる鶏モモ肉を用い,食塩水溶液に浸潰して真空加熱した。また同条件で普通加熱も行い,真空加熱との比較検討も行った。水分音量,食塩濃度ともに,...
小竹佐知子, 三浦孝之, 阿久澤良造
ミルクサイエンス   56(2) 70   2007年8月   [査読有り]
Takeyuki Ozawa, Takeyuki Ozawa, Jiro Nishitani, Sachiko Odake, Nicolas Lopez-Villalobos, Hugh T. Blair
Animal Science Journal   76 305-312   2005年8月   [査読有り]
Three surveys and a sensory evaluation of goat meat were conducted in Japan to examine the current needs and future possibilities of goat meat consumption. The experimental results of the present study lead us to conclude the following: (i) improv...
Sachiko Odake, Tomoko Shimamura, Ryozo Akuzawa, Akio Shimono, Saskia M. Van Ruth
Developments in Food Science   43 29-32   2006年12月   [査読有り]
Volatile compounds of highly marbled and cooked Wagyu (Japanese Black cattle) meat were analysed during mastication using proton transfer reaction mass spectrometry (PTR-MS) by collecting breath from the oral and nasal cavities. Twelve compounds w...
Sachiko Odake, Saskia M. Van Ruth, Ryozo Akuzawa
Food Science and Technology Research   12 256-260   2006年11月   [査読有り]
To gain insight into the process of retronasal olfaction, flavor release from skimmed milk and full fat milk (containing 3.75% fat) was investigated using a model mouth system with a screw plunger. Large differences were determined in the quantity...
小竹佐知子, 阿久澤良造, 三浦孝之
食生活科学・文化及び環境に関する研究助成(CD-ROM)   2006 19-28   2006年
Saskia M. Van Ruth, Lonneke Dings, Eugenio Aprea, Sachiko Odake
Food Science and Technology Research   11 63-70   2005年2月   [査読有り]
The volatile compounds of kidney beans and soybeans were analysed by gas chromatography mass spectrometry (GC-MS) and proton transfer reaction mass spectrometry (PTR-MS). Fingerprint PTR-MS spectra of the kidney beans and soybeans showed similarit...
「頼家忌祭献立」の翻刻と解説−その二 三代およびその弟達−
大久保恵子,小竹佐知子
お茶の水女子大学人間文化年報   27(2) 7-21   2004年3月
「頼家忌祭献立」の翻刻と解説−その一 初代・二代
小竹佐知子, 大久保恵子
お茶の水女子大学人間文化年報   26(2) 1-15   2003年3月
「頼家家祭年中行事控」の翻刻と解説
小竹佐知子
山梨県立女子短期大学   35 53-56   2002年3月
頼家献立資料の分類と解説
小竹佐知子
山梨県立女子短期大学   35 41-52   2002年3月
頼山陽の母が書き残した『梅し日記』における食物関連記述(第3報)-文政年間および天保3年までー
小竹佐知子
山梨県立女子短期大学   34 153-203   2001年3月
頼山陽の母が書き残した『梅し日記』における食物関連記述(第2報)-享和および文化年間ー
小竹佐知子
山梨県立女子短期大学   33 155-185   2000年3月
頼山陽の母が書き残した『梅し日記』における食物関連記述(第1報)-天明および寛政年間ー
小竹佐知子
山梨県立女子短期大学   31 136-150   1998年3月
ODAKE S, ROOZEN J P, BURGER J J
Biosci. Biotechnol. Biochem   64(12) 2523-2529   2000年1月   [査読有り]
The release of volatile compounds from a cream style dressing, which consisted of a thickening agent dispersed in the water phase of an oil in water (o/w) type of emulsion, was studied by the purge-and-trap (PT), dynamic head space mastication (DH...
S. Odake, J. P. Roozen, J. P. Roozen, J. J. Burger
Nahrung - Food   42 385-391   1998年12月   [査読有り]
Aroma release from a cream style dressing, consisting of a thickening agent dispersed in the water phase of an oil in water (o/w) emulsion, has been studied by a purge-and-trap (PT) and a dynamic headspace mastication (DHM) model using two represe...
Sachiko Odake
Biomolecular Engineering   17 151-156   2001年5月   [査読有り]
The carbonation perception and sweetness perception were investigated under the presence of low level of carbondioxide less than 1.0 gas volume. Carbonation perception decreased linearly as carbonation level decreased. Sweetness perception showed ...
金子憲太郎, 辻匡子, 菊池節子, 乙黒親男, 小竹佐知子
ジャパンフードサイエンス   38(10) 35-42   1999年10月
金子憲太郎, 辻匡子, 乙黒親男, 小竹佐知子
フードリサーチ   (153) 12-21   1999年9月
小竹佐知子, 乙黒親男
日本海水学会誌   67(4) 212-218   2013年8月   [依頼有り]
樋川芳仁, 乙黒親男, 長谷川正一郎, 米山浩人, 三科正樹, 小竹佐知子
山梨県工業技術センター研究報告   (16) 63-68   2002年8月
小竹佐知子
三島海雲記念財団研究報告書   (37) 1-4   2000年12月
乙黒親男, 金子憲太郎, 小竹佐知子, 八代浩二, 日原政彦
日本食品保蔵科学会誌   23(4) 199-205   1997年7月   [査読有り]
乙黒親男, 小竹佐知子
New Food Ind   39(4) 69-82   1997年4月
赤池 実希, 神宮司 広美, 小竹 佐知子, 乙黒 親男
山梨県立女子短期大学紀要   29 107-117   1996年3月
Ume fruit brined with 0-0.9% calcium hydroxide on a fruit weight basis was either non-exposed or sun-exposed, and subsequently colored with new coccine, acid red, red cabbage color or perilla color. A comparison was made between the sun-exposed a...
小竹佐知子, 乙黒親男, 金子憲太郎
日本家政学会誌   47(1) 13-20   1996年1月   [査読有り]
乙黒親男, 金子憲太郎, 小竹佐知子, 八代浩二, 佐野正明, 有泉直子
山梨県工業技術センター研究報告   (10(1995)) 80-83   1996年
小竹 佐知子, 乙黒 親男, 金子 憲太郎
日本家政学会誌 = Journal of home economics of Japan   46(12) 1141-1150   1995年12月   [査読有り]
生ウメおよび水酸化カルシウムを添加して漬け込んだ塩蔵梅を,従来の走査型電子顕微鏡と低真空走査型電子顕微鏡を用いて観察した.低真空走査型電子顕微鏡観察時には,あわせてエネルギー分散型X線分光器による元素分析も行った.高カルシウム区(原料生ウメに対して0.6%水酸化カルシウム添加)の細胞壁の構造は,生ウメのものとほとんど変わらなかった,一方,低カルシウム区(水酸化カルシウム濃度0.15%)の細胞壁は波状になり,細胞自体が萎縮していた.これらの結果は,従来の走査型電子顕微鏡と低真空走査型電子顕微...
乙黒 親男, 小竹 佐知子, 金子 憲太郎, 天野 義文
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   42(9) 692-699   1995年9月   [査読有り]
小ウメ果実および小梅漬けから細胞壁多糖類を分画し,それらの化学組成と硬度の関係について検討した.両者の各細胞壁多糖類画分の主成分はペクチン質(PS)画分がガラクツロン酸(AGA),ヘミセルロースI(HC-I)画分が中性糖と蛋白質,ヘミセルロースII(HC-II)画分が中性糖と灰分,セルロース(CL)画分が中性糖であった.一方,塩蔵中の小梅漬けの硬度と多糖類組成はCa添加の有無により明らかな差異を生じた.すなわち,軟化した対照区はHC-IとCL画分が減少し,PS画分が増加したのに対し,硬度が...
小竹佐知子, 乙黒親男, 金子憲太郎
日本家政学会誌   46(7) 641-648   1995年7月   [査読有り]
金子 憲太郎, 乙黒 親男, 小竹 佐知子, 辻 匡子, 前田 安彦
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   42(6) 456-461   1995年6月
塩漬けウメの硬度に及ぼす800℃灰化卵殻の効力を炭酸カルシウム,水酸化カルシウム,酸化カルシウム,乳酸カルシウムのそれと比較した.硬度保持剤無添加ウメは軟化したが,添加ウメは硬度を保持していた.しかし,炭酸カルシウム添加ウメは収量が100%以下で,AISが顕著に多く,NaClが少なく,酸が顕著に多かった.新鮮ウメと硬度保持剤無添加ウメはCaが顕著に少なかった.炭酸カルシウム添加ウメのCaはやや少なかったが,他の硬度保持剤添加ウメのCaはほぼ等量だった.塩漬けにより,HSPが減少し,WSPと...
乙黒 親男, 小竹 佐知子, 辻 匡子, 金子 憲太郎
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   42(5) 353-361   1995年5月
灰化卵殻添加ウメ漬けのCa,ペクチン,硬度と卵殻の灰化温度の関係及びペクチン組成と組織構造の関係を検討した.700-800℃で灰化した卵殻は温度の上昇に伴いCaが増加した.X線解析の結果,乾燥卵殻(DES),500℃灰化卵殻(AES-500), AES-600はCaがCaCO3,同様にAES-700と-750はCaCO3とCaO, AES-800と-900はCaOに由来すると考えられた.DESまたはAESを添加したウメ漬けは硬度が保持された.しか...
乙黒 親男, 小竹 佐知子, 金子 憲太郎, 天野 義文
日本食品低温保蔵学会誌 = Journal of the Japanese Society for Cold Preservation of Food   21(1) 25-29   1995年2月
乙黒親男, 金子憲太郎, 小竹佐知子, 日原政彦
山梨県工業技術センター研究報告   (9(1994)) 71-75   1995年
乙黒親男, 小竹佐知子, 樋川芳仁
山梨県工業技術センター研究報告   (8(1993)) 36-41   1994年10月
乙黒親男, 金子憲太郎, 小竹佐知子, 辻匡子, 前田安彦
日本食品工業学会誌   40(12) 863-866   1993年12月   [査読有り]
乙黒親男, 金子憲太郎, 小竹佐知子, 辻匡子, 前田安彦
日本食品工業学会誌   40(10) 720-726   1993年10月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
北山釆奈, 小林史幸, 小竹佐知子
日本官能評価学会誌   2017年4月15日   
宇野良子, 小林史幸, 篠原和子, 小竹佐知子
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2017年   
安永元樹, 市野澤亮介, 高垣仁志, 小林史幸, 小竹佐知子
日本食品科学工学会大会講演集   2016年8月25日   
北山采奈, 小林史幸, 小竹佐知子
日本官能評価学会誌   2016年4月15日   
里田あかね, 小林史幸, 小竹佐知子
日本官能評価学会誌   2016年4月15日   
岡本雄介, 小林史幸, 小竹佐知子, 三浦孝之, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
山口優, 小竹佐知子, 鳥居徹
日本機械学会マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2015年10月21日   
小林史幸, 小竹佐知子, 小林健, 桜井博志
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2015年7月27日   
小林史幸, 池浦博美, 小竹佐知子, 桜井博志
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2015年3月5日   
鳥居徹, 小竹佐知子
飯島藤十郎記念食品科学振興財団年報   2014年8月   
小竹佐知子, 小林史幸
日本海水学会誌   2014年6月1日   
小竹佐知子, 佐々木友理恵, 沢代朱里, 小林史幸
日本家政学会大会研究発表要旨集   2014年5月1日   
小林史幸, 杉浦匡紀, 池浦博美, 小竹佐知子, 玉置雅彦
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2013年7月16日   
太田拓, 平間宏忠, 佐々木友理恵, 小林史幸, 小竹佐知子, 鳥居徹
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2013年7月16日   
小竹佐知子, 小林史幸, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2013年3月28日   
小竹佐知子, 小林史幸
香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集   2012年10月27日   
小林史幸, 池浦博美, 小竹佐知子, 谷本昌太, 早田保義
日本食品科学工学会大会講演集   2012年8月29日   
小林史幸, 池浦博美, 小竹佐知子, 早田保義
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2012年7月26日   
佐々木友理恵, 小林史幸, 小竹佐知子
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2012年7月26日   
小竹佐知子, 小林史幸
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2012年7月26日   
小竹佐知子, 小林史幸
日本家政学会大会研究発表要旨集   2012年5月1日   
小林史幸, 石田健治, 池浦博美, 小竹佐知子, 早田保義
園芸学研究 別冊   2012年3月28日   
小竹佐知子, 小林史幸
日本畜産学会大会講演要旨   2012年3月28日   
小竹佐知子
日本香辛料研究会講演要旨集   2012年   
小林史幸, 池浦博美, 小竹佐知子, 早田保義
日本食品科学工学会大会講演集   2011年9月9日   
小竹佐知子, 小林史幸, 三枝英人, 中村毅
日本畜産学会大会講演要旨   2011年8月26日   
小竹佐知子, 小林史幸, 三枝英人, 中村毅
日本畜産学会大会講演要旨   2011年8月26日   
小林史幸, POKHUM Chonlada, 池浦博美, 小竹佐知子, 早田保義
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2011年7月20日   
小竹佐知子, 小林史幸
日本家政学会大会研究発表要旨集   2011年5月20日   
小竹佐知子, 小林史幸
日本調理科学会大会研究発表要旨集   2011年   
小林史幸, 石田健治, 池浦博美, 小竹佐知子, 早田保義
園芸学研究 別冊   2010年9月19日   
船見孝博, 石原清香, 中馬誠, 小竹佐知子, 西成勝好
日本食品科学工学会大会講演集   2010年9月1日   
小竹佐知子
日本食品科学工学会大会講演集   2010年9月1日   
小林史幸, 新宮良治, 櫻井大輝, 池浦博美, 小竹佐知子, 早田保義
日本食品科学工学会大会講演集   2010年9月1日   
小竹佐知子, 小林史幸, 松村康生
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2010年7月21日   
小竹佐知子
日本家政学会大会研究発表要旨集   2010年5月20日   
小竹佐知子, 小林史幸
日本調理科学会大会研究発表要旨集   2010年   
小竹佐知子, 阿久澤良造
関東畜産学会大会講演要旨集   2009年11月6日   
小竹佐知子, 田中絢子, 時友裕紀子, 三浦孝之, 撫年浩, 木村信煕, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2009年9月28日   
小竹佐知子, 松村康生
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2009年7月21日   
小竹佐知子
日本家政学会大会研究発表要旨集   2009年5月20日   
大久保恵子, 小竹佐知子
日本家政学会大会研究発表要旨集   2009年5月20日   
田中絢子, 小竹佐知子, 時友裕紀子, 三浦孝之, 撫年浩, 木村信煕, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2009年3月27日   
小竹佐知子, 雨宮恵子, 松本晴美, 福沢昭文
関東畜産学会大会講演要旨集   2008年11月6日   
小竹佐知子, 阿久澤良造
ミルクサイエンス   2008年8月20日   
小竹佐知子
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2008年7月17日   
田中絢子, 小竹佐知子, 時友裕紀子, 三浦孝之, 阿久澤良造
日本家政学会大会研究発表要旨集   2008年5月30日   
小竹佐知子, 三浦孝之, 阿久澤良造
日本家政学会大会研究発表要旨集   2008年5月30日   
小竹佐知子, 三浦孝之, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2008年3月27日   
三浦孝之, 泉友絵, 島崎敬一, 小竹佐知子, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2008年3月27日   
田中絢子, 小竹佐知子, 時友裕紀子, 三浦孝之, 撫年浩, 木村信熈, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2008年3月27日   
小竹佐知子, 三浦孝之, 阿久澤良造
日本農芸化学会大会講演要旨集   2008年3月5日   
田中絢子, 小竹佐知子, 時友裕紀子, 小澤壯行, 三浦孝之, BLAIR H. T.
関東畜産学会大会講演要旨集   2007年11月6日   
小竹佐知子, 雨宮恵子, 松本晴美, 福沢昭文
関東畜産学会大会講演要旨集   2007年11月6日   
小竹佐知子, 佐藤正彦, 三枝英人, 中村毅, 三浦孝之, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2007年9月26日   
小竹佐知子, 三枝英人, 中村毅, 三浦孝之, 阿久澤良造
日本食品科学工学会大会講演集   2007年9月6日   
小竹佐知子, 弘中綾子, 阿久澤良造
日本家政学会大会研究発表要旨集   2007年5月10日   
小竹佐知子, 石田尚子, 三浦孝之, 阿久澤良造
日本家政学会大会研究発表要旨集   2007年5月10日   
三浦孝之, 小野香菜子, 勝野容子, 小竹佐知子, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2007年3月27日   
小竹佐知子, 神山かおる, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2007年3月27日   
小竹佐知子, 阿久澤良造
日本農芸化学会大会講演要旨集   2007年3月5日   
小竹佐知子
日本調理科学会大会研究発表要旨集   2007年   
小竹佐知子, 時友裕紀子, 阿久澤良造
日本家政学会大会研究発表要旨集   2006年5月15日   
阿久沢良造, 太田崇, 藤田瞳, 瀧口美香, 小竹佐知子, 大嶋秀克, 細野明義
日本畜産学会大会講演要旨   2006年3月20日   
小竹佐知子, 山口久登, 阿久沢津良造
日本畜産学会大会講演要旨   2006年3月20日   
小竹佐知子, 時友裕紀子, 阿久澤良造
日本農芸化学会大会講演要旨集   2006年3月5日   
小竹佐知子, 石本久仁生, 藤森嶺, 島村智子, 阿久沢良造
香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集   2005年11月1日   
石本久仁生, 藤森嶺, 佐無田靖, 小竹佐知子
香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集   2005年11月1日   
小竹佐知子, 島村智子, 阿久沢良造
日本畜産学会大会講演要旨   2005年8月25日   
島村智子, 岩崎篤, 西村太一, 小竹佐知子, 阿久沢良造
日本畜産学会大会講演要旨   2005年8月25日   
小竹佐知子, 時友裕紀子, 島村智子, 阿久沢良造
日本食品科学工学会大会講演集   2005年8月20日   
小竹佐知子
日本家政学会大会研究発表要旨集   2005年5月27日   
大久保恵子, 小竹佐知子
日本家政学会大会研究発表要旨集   2005年5月27日   
小竹佐知子, 島村智子, 阿久沢良造, 下野彰夫
日本畜産学会大会講演要旨   2005年3月20日   
島村智子, 飛田憲吾, 和気梓, 梅田和弥, 初谷梢, 小竹佐知子, 阿久沢良造
日本畜産学会大会講演要旨   2005年3月20日   
小竹佐知子, 島村智子, 阿久沢良造, 野町亜弓
日本農芸化学会大会講演要旨集   2005年3月5日   
小竹佐知子, ROOZEN J P, 島村智子, 阿久沢良造
日本農芸化学会大会講演要旨集   2004年3月5日   
小竹佐知子, 島村智子, 阿久沢良造
日本畜産学会大会講演要旨   2003年9月15日   
金子憲太郎, 小竹佐知子, 菊池節子, 角野猛, 辻匡子
日本生物工学会大会講演要旨集   2001年9月26日   
金子 憲太郎, 小竹 佐知子, 菊池 節子, 角野 猛, 辻 匡子
日本生物工学会大会講演要旨集   2001年   
小竹佐知子, 乙黒親男
日本食品科学工学会大会講演集   2000年3月28日   
小竹佐知子
日本調理科学会大会研究発表要旨集   1999年9月13日   
小竹佐知子, 乙黒親男, 金子憲太郎
日本食品科学工学会大会講演集   1999年9月6日   
小竹佐知子, 萩原紀子, 横山麻希
日本家政学会大会研究発表要旨集   1999年5月28日   
小竹佐知子
日本調理科学会大会研究発表要旨集   1998年9月   
小竹佐知子, 乙黒親男, 金子憲太郎
日本食品科学工学会大会講演集   1998年   
小竹佐知子, 乙黒親男, 金子憲太郎
日本家政学会大会研究発表要旨集   1998年   
小竹佐知子, ROOZEN J P
日本家政学会大会研究発表要旨集   1997年   
金子憲太郎, 乙黒親男, 小竹佐知子, 辻匡子
日本食品科学工学会大会講演集   1996年   
金子憲太郎, 辻匡子, 乙黒親男, 小竹佐知子
日本食品科学工学会大会講演集   1995年   
小竹佐知子, 畑江敬子, 島田淳子
日本家政学会大会研究発表要旨集   1995年   
小竹佐知子, 乙黒親男
日本食品科学工学会大会講演集   1995年   
乙黒親男, 金子憲太郎, 小竹佐知子, 日原政彦
日本食品科学工学会大会講演集   1995年   
乙黒親男, 金子憲太郎, 日原政彦, 小竹佐知子, 前田安彦
日本食品工業学会大会講演集   1994年   
金子憲太郎, 乙黒親男, 小竹佐知子, 辻匡子, 前田安彦
日本食品工業学会大会講演集   1994年   
小竹佐知子, 金子憲太郎, 乙黒親男, 辻匡子, 前田安彦
日本食品工業学会大会講演集   1994年   
小竹佐知子, 畑江敬子, 島田淳子
日本家政学会大会研究発表要旨集   1994年   
乙黒親男, 小竹佐知子
日本食品工業学会大会講演集   1993年   

担当経験のある科目

 
  • 食品工学 (日本獣医生命科学大学)
  • 食品物性論 (日本獣医生命科学大学)
  • 食文化論 (日本獣医生命科学大学)
  • 調理科学実験 (お茶の水女子大学)

所属学協会

 
日本家政学会 , 日本調理科学会 , 日本官能評価学会 , 日本食品科学工学会 , 日本生活文化史学会 , 日本農芸化学会 , 日本畜産学会

競争的資金等の研究課題

 
食品の味・香りに関する研究

特許

 
特許5062590 : 咀嚼模擬装置
小竹 佐知子