トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 塩川舞
 

塩川舞

 
アバター
研究者氏名塩川舞
eメールshiokawanvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科 基礎部門
職名助教
学位博士(理学)(大阪大学)
その他の所属微生物・感染症学研究分野
科研費研究者番号00739162

研究キーワード

 
牛ウイルス性下痢ウイルス , ペスチウイルス , ウイルス

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 基礎部門 助教
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
大阪大学大学院 生命機能研究科 
 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本獣医生命大学 獣医学部 獣医保健看護学科
 

論文

 
Shiokawa M, Omatsu T, Katayama Y, Nishine K, Fujimoto Y, Uchiyama S, Kameyama KI, Nagai M, Mizutani T, Sakoda Y, Fukusho A, Aoki H
Virology   538 97-110   2019年10月   [査読有り]
Hosono S*, Shiokawa M*, Kobayashi T, Fukusho A, Aoki H (*equall contributed author)
Journal of virological methods   273 113706   2019年8月   [査読有り]
Rahpaya SS, Tsuchiaka S, Kishimoto M, Oba M, Katayama Y, Nunomura Y, Kokawa S, Kimura T, Kobayashi A, Kirino Y, Okabayashi T, Nonaka N, Mekata H, Aoki H, Shiokawa M, Umetsu M, Morita T, Hasebe A, Otsu K, Asai T, Yamaguchi T, Makino S, Murata Y, Abi AJ, Omatsu T, Mizutani T
Journal of veterinary science   19(3) 350-357   2018年5月   [査読有り]
Fukuhara T, Tamura T, Ono C, Shiokawa M, Mori H, Uemura K, Yamamoto S, Kurihara T, Okamoto T, Suzuki R, Yoshii K, Kurosu T, Igarashi M, Aoki H, Sakoda Y, Matsuura Y
PLoS pathogens   13(6) e1006475   2017年6月   [査読有り]
Yamamoto S, Fukuhara T, Ono C, Uemura K, Kawachi Y, Shiokawa M, Mori H, Wada M, Shima R, Okamoto T, Hiraga N, Suzuki R, Chayama K, Wakita T, Matsuura Y
PLoS pathogens   12(5) e1005610   2016年5月   [査読有り]
Sato A, Tateishi K, Shinohara M, Naoi Y, Shiokawa M, Aoki H, Ohmori K, Mizutani T, Shirai J, Nagai M
Genome announcements   4(1)    2016年2月   [査読有り]
Nagai M, Omatsu T, Aoki H, Kaku Y, Belsham GJ, Haga K, Naoi Y, Sano K, Umetsu M, Shiokawa M, Tsuchiaka S, Furuya T, Okazaki S, Katayama Y, Oba M, Shirai J, Katayama K, Mizutani T
Virus research   210 205-212   2015年12月   [査読有り]
Nagai M, Omatsu T, Aoki H, Otomaru K, Uto T, Koizumi M, Minami-Fukuda F, Takai H, Murakami T, Masuda T, Yamasato H, Shiokawa M, Tsuchiaka S, Naoi Y, Sano K, Okazaki S, Katayama Y, Oba M, Furuya T, Shirai J, Mizutani T
Archives of virology   160(10) 2491-2501   2015年10月   [査読有り]
Fukuhara T, Wada M, Nakamura S, Ono C, Shiokawa M, Yamamoto S, Motomura T, Okamoto T, Okuzaki D, Yamamoto M, Saito I, Wakita T, Koike K, Matsuura Y
PLoS pathogens   10(12) e1004534   2014年12月   [査読有り]
Shiokawa M, Fukuhara T, Ono C, Yamamoto S, Okamoto T, Watanabe N, Wakita T, Matsuura Y
Journal of virology   88(10) 5578-5594   2014年5月   [査読有り]
Fukuhara T, Kambara H, Shiokawa M, Ono C, Katoh H, Morita E, Okuzaki D, Maehara Y, Koike K, Matsuura Y
Journal of virology   86(15) 7918-7933   2012年8月   [査読有り]
Kambara H, Fukuhara T, Shiokawa M, Ono C, Ohara Y, Kamitani W, Matsuura Y
Journal of virology   86(3) 1382-1393   2012年2月   [査読有り]
Fukuhara T, Tani H, Shiokawa M, Goto Y, Abe T, Taketomi A, Shirabe K, Maehara Y, Matsuura Y
Microbes and infection / Institut Pasteur   13(4) 405-412   2011年4月   [査読有り]
Kaname Y, Tani H, Kataoka C, Shiokawa M, Taguwa S, Abe T, Moriishi K, Kinoshita T, Matsuura Y
Journal of virology   84(7) 3210-3219   2010年4月   [査読有り]
Tani H, Shiokawa M, Kaname Y, Kambara H, Mori Y, Abe T, Moriishi K, Matsuura Y
Journal of virology   84(6) 2798-2807   2010年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
牛ウイルス性下痢ウイルスのEND-は宿主の自然免疫誘導下でEND+の増殖を支持する
塩川舞、大松勉、片山幸枝、水谷哲也、迫田義博、福所秋雄、青木博史
日本獣医学会学術集会   2018年9月   
END(-) of bovine viral diarrhea virus supports the propagation of END(+) virus in the situation where host’s innate immune response is induced.
Mai Shiokawa, Tsutomu Omatsu, Yukie Katayama, Tetsuya Mizutani, Yoshihiro Sakoda, Akio Fukusho, Hiroshi Aoki.
日本ウイルス学会学術集会   2018年10月   
茨城県内の繁殖豚飼養農場における牛ウイルス性下痢ウイルスの血清疫学的調査
赤上 正貴, 青木 博史, 塩川 舞, 早山 陽子, 長井 誠, 大内 義尚
日本獣医学会学術集会   2017年   
国内の牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD-MD)ワクチン接種牛におけるHoBi-likeウイルス(牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)3型)に対する交差反応性
小佐々 隆志, 鳥居 志保, 長坂 孝雄, 山下 麻依子, 落合 絢子, 関口 秀人, 齋藤 明人, 塩川 舞, 青木 博史, 岡松 正敏, 迫田 義博
日本獣医学会学術集会   2017年   
自然免疫制御能の異なる牛ウイルス性下痢ウイルスの培養細胞における感染動態の検討
塩川舞、内山汐里、長井誠、片山幸枝、水谷哲也、迫田義博、福所秋雄、青木博史
日本獣医学会学術集会   2016年9月   
農場周辺で採集した衛生害虫および野生動物糞便からの家畜伝染性疾病遺伝子検出と分子疫学
青木 博史, 梅津 萌子, 大津 桂子, 齋藤 恭子, 浅井 礼子, 塩川 舞, 大松 勉, 水谷 哲也, 浅井 鉄夫
獣医疫学会   2016年   
リバースジェネティクス法を用いて合成した豚サーコウイルス2型による細胞剥離現象
細野 修平, 関根 りさ子, 塩川 舞, 福所 秋雄, 青木 博史
2016年   
生物型分類が困難であった牛ウイルス性下痢ウイルス野外株の干渉能と自然免疫応答
高橋 望, 西根 薫, 塩川 舞, 迫田 義博, 福所 秋雄, 青木 博史
日本獣医学会学術集会   2016年   
茨城県内の繁殖豚飼養農場における牛ウイルス性下痢ウイルスの血清疫学的調査
赤上 正貴, 青木 博史, 塩川 舞, 山下 薫, 都筑 智子, 早山 陽子, 長井 誠, 大内 義尚
2016年   
牛ウイルス性下痢ウイルスの免疫制御能の異なる準種を用いたウイルス動態の検討
塩川舞、内山汐里、安部優里、藤本悠理、田村友和、迫田義博、青木博史
トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会   2015年   
牛ウイルス性下痢ウイルス準種のcDNAクローンの構築と自然免疫制御能の解析
塩川舞、加藤あやの、藤本悠理、安部優里、田村友和、西根薫、峯淳貴、青木博史、福所秋雄、喜田宏、迫田義博
日本獣医学会学術集会   2014年9月   
Characterization of HCV propagation in miR-122 Knockout Cells.
Chikako Ono, Takasuke Fukuhara, Mai Shiokawa, Satomi Yamamoto, Masami Wada, Toru Okamoto, Daisuke Okuzaki, Yoshiharu Matsuura.
33nd Annual Meeting American Society for Virology   2014年   
Exchangeable apolipoproteins participate in the particle formation of hepatitis C virus.
Takasuke Fukuhara, Masami Wada, Shota Nakamura, Chikako Ono, Satomi Yamamoto, Mai Shiokawa, Toru Okamoto,Yoshiharu Matsuura
33rd American Society for Virology, Annual Meeting.   2014年   
Amphipathic α-helices of Exchangeable Apolipoproteins Paticipate in the Particle Formation of Hepatitis C Virus.
Takasuke Fukuhara, Masami Wada, Shota Nakamura, Chikako Ono, Satomi Yamamoto, Mai Shiokawa, Toru Okamoto, Kazuhiko Koike, Yoshiharu Matsuura
21st International symposium on Hepatitis C and related virues.   2014年   
Amphipathic α-helices of Exchangeable Apolipoproteins Paticipate in the Particle Formation of HCV
Takasuke Fukuhara, Masami Wada, Shota Nakamura, Chikako Ono, Satomi Yamamoto, Mai Shiokawa, Toru Okamoto, Kazuhiko Koike, Yoshiharu Matsuura
あわじしま感染症・免疫フォーラム   2014年   
アポリポタンパク質の両親媒αへリックスはJCVの粒子産生に寄与する
和田真実、福原崇介、中村昇太、小野慎子、山本聡美、塩川舞、岡本徹、小池和彦、松浦善治
日本ウイルス学会学術集会   2014年   
C型肝炎ウイルスの感染におけるアポリポタンパク質受容体の役割
山本聡美、福原崇介、小野慎子、和田真実、塩川舞、岡本徹、松浦善治
日本ウイルス学会学術集会   2014年   
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛の血清中の準種構成の変動
西根 薫, 亀山 健一郎, 長井 誠, 塩川 舞, 青木 博史, 福所 秋雄
日本獣医学会学術集会   2014年   
C型肝炎ウイルスに感受性を示す新しい細胞株の性状
塩川舞、福原崇介、小野慎子、山本聡美、岡本徹、松浦善治
日本ウイルス学会学術集会   2013年11月   
INVOLVEMENT OF HUMAN LIVER-SPECIFIC FACTORS IN A COMPLETE PROPAGATION OF HEPATITIS C VIRUS
Mai Shiokawa, Takasuke Fukuhara, Chikako Ono, Toru Okamoto, Yoshiharu Matsuura
32nd Annual Meeting American Society for Virology   2013年7月   
C型肝炎ウイルスの粒子産生に関与するヒト肝臓特異因子の解析と新規感受性細胞株の樹立
塩川舞、福原崇介、小野慎子、山本聡美、岡本徹、松浦善治
日本ウイルス学会学術集会   2012年11月   
miR122 facilitates replication of hepatitis C virus in non-hepatic cells.
Takasuke Fukuhara, Mai Shiokawa, Akinori Ninomiya, Hiroto Kambara, Hiroshi Katoh, Eiji Morita, Wataru Kamitani, Yoshiharu Matsuura.
日本ウイルス学会学術集会   2011年   
miR122 participates in the determination of cell tropism of hepatitis C virus.
Takasuke Fukuhara, Hiroto Kambara, Mai Shiokawa, Yuri Ohara, Chikako Ono, Yoshiharu Matsuura.
日本分子生物学会   2011年   
生物性状の異なる牛ウイルス性下痢ウイルスを用いた自然免疫関連mRNAの解析
青木 博史, 西根 薫, 塩川 舞, 福所 秋雄
日本獣医学会学術集会   2011年   
不死化ヒト肝細胞株(Hc細胞)への患者血清由来HCVの感染
塩川舞、福原崇介、後藤志典、二宮彰紀、谷英樹、阿部隆之、森石恆司、松浦善治
日本ウイルス学会学術集会   2010年11月   
患者血清由来HCVの細胞内導入法
福原崇介、谷英樹、塩川舞、森石恆司、前原喜彦、松浦善治
日本ウイルス学会学術集会   2009年   
日本脳炎ウイルスの感染における脂質セラミドの役割
谷英樹、塩川舞、寒原裕登、要祐喜、森嘉生、森石恆司、松浦善治
日本ウイルス学会学術集会   2009年   

担当経験のある科目

 
  • 動物微生物学実習 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科)
  • 動物免疫学 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科)
  • 動物微生物学 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科)

所属学協会

 
日本獣医学会 , 日本ウイルス学会

競争的資金等の研究課題

 
牛ウイルス性下痢ウイルスの準種END(-)は弱毒生ワクチンになるか?-より効果的に免疫を誘導するための可能性の追求ー
公益財団法人 伊藤記念財団: 令和元年度 研究助成事業
研究期間: 2019年7月 - 2020年4月    代表者: 塩川舞
牛ウイルス性下痢ウイルスが持つ免疫誘導能力の応用に向けた基盤研究
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究B): 
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 塩川舞