トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 塩川 舞
 

塩川 舞

 
アバター
研究者氏名塩川 舞
 
シオカワ マイ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科 基礎部門
職名
学位博士(理学)(大阪大学)
その他の所属微生物・感染症学研究分野
科研費研究者番号00739162
J-Global ID201601000159744837

研究キーワード

 
感染症 ,細胞培養 ,牛ウイルス性下痢ウイルス ,ペスチウイルス ,ウイルス

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 講師 
 
2014年4月
 - 
2020年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 助教 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
大阪大学大学院 生命機能研究科 
 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科
 

論文

 
 
Mai Shiokawa   Ryotaro Miura   Aki Okubo   Yujiro Hagita   Itaru Yoshimura   Hiroshi Aoki   
Scientific reports   11(1) 16207-16207   2021年8月   [査読有り]
Bovine-derived cultured cells, including Madin-Darby bovine kidney cells, are used worldwide; however, lipofection tend to result in low transfection efficiency, which has impeded the progress of veterinary research. We performed experiments to co...
 
Miwako Kasahara-Kamiie   Mitsuo Kagawa   Mai Shiokawa   Fujiko Sunaga   Yuka Fukase   Naoyuki Aihara   Takanori Shiga   Junichi Kamiie   Hiroshi Aoki   Makoto Nagai   
Transboundary and emerging diseases      2021年5月   [査読有り]
Atypical porcine pestivirus (APPV), which has been confirmed to be associated with congenital tremor (CT) in pigs, is a newly discovered porcine virus that has been found in the Americas, Europe and Asia; however, no report of APPV in Japan has be...
 
Mai Shiokawa   Tsutomu Omatsu   Yukie Katayama   Kaoru Nishine   Yuri Fujimoto   Shiori Uchiyama   Ken-Ichiro Kameyama   Makoto Nagai   Tetsuya Mizutani   Yoshihiro Sakoda   Akio Fukusho   Hiroshi Aoki   
Virology   538 97-110   2019年12月   [査読有り]
Our previous study reported that persistently infected (PI) cattle of bovine viral diarrhea virus (BVDV) have co-infected with BVDV/END- and /END+ that promote and inhibit host's type-I interferon (IFN) production, respectively. However, the relat...
 
八尋 大河   塩川 舞   青木 博史   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 393-393   2019年8月
 
Hosono S   Shiokawa M   Kobayashi T   Fukusho A   Aoki H   l   contribut   
Journal of virological methods   273 113706   2019年8月   [査読有り]

MISC

 
 
塩川舞   大松勉   片山幸枝   水谷哲也   迫田義博   福所秋雄   青木博史   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 362-362   2018年8月   
 
小佐々隆志   鳥居志保   長坂孝雄   山下麻依子   落合絢子   関口秀人   齋藤明人   塩川舞   青木博史   岡松正敏   迫田義博   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 398-398   2017年8月   
 
小佐々 隆志   鳥居 志保   長坂 孝雄   山下 麻依子   落合 絢子   関口 秀人   齋藤 明人   塩川 舞   青木 博史   岡松 正敏   迫田 義博   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回 398-398   2017年8月   
 
赤上正貴   青木博史   塩川舞   早山陽子   長井誠   大内義尚   
獣医疫学雑誌   21(1) 27(JA),28(EN)   2017年7月   
 
Takasuke Fukuhara   Tomokazu Tamura   Chikako Ono   Mai Shiokawa   Hiroyuki Mori   Kentaro Uemura   Satomi Yamamoto   Takeshi Kurihara   Toru Okamoto   Ryosuke Suzuki   Kentaro Yoshii   Takeshi Kurosu   Manabu Igarashi   Hiroshi Aoki   Yoshihiro Sakoda   Yoshiharu Matsuura   
PLoS Pathogens   13(6)    2017年   [査読有り]
Amphipathic α-helices of exchangeable apolipoproteins have shown to play crucial roles in the formation of infectious hepatitis C virus (HCV) particles through the interaction with viral particles. Among the Flaviviridae members, pestivirus and fl...

講演・口頭発表等

 
 
リポフェクション効率の高い牛由来培養細胞の作出とウイルス感染症研究への応用
塩川舞   三浦亮太朗   大久保阿輝   萩田祐二朗   青木博史   
第164回日本獣医学会学術集会   2021年9月   
 
END(-) of bovine viral diarrhea virus supports the propagation of END(+) virus in the situation where host’s innate immune response is induced.
Mai Shiokawa   Tsutomu Omatsu   Yukie Katayama   Tetsuya Mizutani   Yoshihiro Sakoda   Akio Fukusho   Hiroshi Aoki   
日本ウイルス学会学術集会   2018年10月   
 
牛ウイルス性下痢ウイルスのEND-は宿主の自然免疫誘導下でEND+の増殖を支持する
塩川舞   大松勉   片山幸枝   水谷哲也   迫田義博   福所秋雄   青木博史   
日本獣医学会学術集会   2018年9月   
 
茨城県内の繁殖豚飼養農場における牛ウイルス性下痢ウイルスの血清疫学的調査
赤上 正貴   青木 博史   塩川 舞   早山 陽子   長井 誠   大内 義尚   
日本獣医学会学術集会   2017年   
 
国内の牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD-MD)ワクチン接種牛におけるHoBi-likeウイルス(牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)3型)に対する交差反応性
小佐々 隆志   鳥居 志保   長坂 孝雄   山下 麻依子   落合 絢子   関口 秀人   齋藤 明人   塩川 舞   青木 博史   岡松 正敏   迫田 義博   
日本獣医学会学術集会   2017年   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
動物微生物学実習 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科)
 
   
 
動物免疫学 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科)
 
   
 
動物微生物学 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科)
 
   
 
動物衛生検査学実習 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科)

所属学協会

 
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
日本ウイルス学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ペスチウイルスの宿主域拡大戦略の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
研究期間: 2021年 - 2024年
 
研究期間: 2020年7月 - 2021年3月
 
研究期間: 2019年7月 - 2020年4月
 
牛ウイルス性下痢ウイルスが持つ免疫誘導能力の応用に向けた基盤研究
日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B): 
塩川舞 
研究期間: 2016年 - 2018年