トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 加藤 卓也
 

加藤 卓也

 
アバター
研究者氏名加藤 卓也
 
カトウ タクヤ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 野生動物学研究室
職名講師
学位博士(獣医学)(日本獣医生命科学大学大学院)
J-Global ID201501001433175568

研究キーワード

 
タヌキ ,保全医学 ,特定外来生物 ,野生動物 ,マダニ ,感染症 ,アライグマ ,繁殖生態 ,個体群動態 ,外来種

研究分野

 
  • 環境・農学 / 生物資源保全学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 野生動物学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 野生動物学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 野生動物学

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
麻布大学 獣医学部 獣医学科 非常勤講師 
 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 講師 
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教 
 
2011年4月
 - 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 ポストドクター 
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2011年3月
日本獣医生命科学大学大学院 獣医生命科学研究科 獣医学専攻
 
2001年4月
 - 
2007年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本野生動物医学会  幹事
 
2015年4月
 - 
現在
特定非営利活動法人 野生動物救護獣医師協会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
東京都外来鳥獣(アライグマ・ハクビシン)防除対策検討委員会  委員
 
2015年4月
 - 
現在
獣医疫学会  幹事
 
2013年4月
 - 
現在
日本野生動物医学会 学術・教育委員会  委員
 

論文

 
 
Kandai Doi   Minori Kono   Takuya Kato   Shin-Ichi Hayama   
Ticks and tick-borne diseases   12(3) 101687-101687   2021年5月
The raccoon (Procyon lotor) and masked palm civet (Paguma larvata) are introduced species in Japan and have become abundant in human-inhabited environments. We surveyed tick infestations and tick ingestion by introduced raccoons and masked palm ci...
 
Sachiko Moriguchi   Rin Hosoda   Nana Ushine   Takuya Kato   Shin-Ichi Hayama   
Preventive veterinary medicine   187 105234-105234   2021年2月
Since the re-emergence of a highly pathogenic avian influenza (HPAI) in 2004, outbreaks of the viral subtypes HPAI, H5N1, H5N8, and H5N6 in wild birds, poultry, and zoo birds have occurred in Japan. In 2008, a nation-wide avian influenza (AI) surv...
 
Natsuko Sugiura   Aki Tanaka   Kazuhiko Ochiai   Toshiaki Yamamoto   Tatsushi Morita   Takuya Kato   Yoshi Kawamoto   Toshinori Omi   Shin-Ichi Hayama   
The Journal of veterinary medical science   82(9) 1306-1311   2020年9月   [査読有り]
Although kinship (parent-offspring or siblings) contact has been suggested as a driving factor for sarcoptic mange epizootic in raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides), no effect has been reported. In contrast, habitat fragmentation caused by urba...
 
Natsuko Sugiura   Kazuhiko Ochiai   Toshiaki Yamamoto   Takuya Kato   Yoshi Kawamoto   Toshinori Omi   Shin-Ichi Hayama   
The Journal of veterinary medical science   82(4) 479-482   2020年4月   [査読有り]
We analyzed the genotypes of three pregnant females and their litters to investigate the phenomenon of multiple paternity in wild raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides) using 17 microsatellite markers. If a female has mated with only one male dur...
 
Kandai Doi   Katsunori Nishida   Takuya Kato   Shin-Ichi Hayama   
International journal for parasitology. Parasites and wildlife   11 302-307   2020年4月   [査読有り]
The effects of introduced mammal species on the ecology of parasites are often under investigated. The sika deeer, Cervus nippon, is host species of many hard ticks. We collected 8348 ticks on an island where sika deer were introduced. The most re...

MISC

 
 
羽山 伸一   石井 奈穂美   名切 幸枝   加藤 卓也   近江 俊徳   中西 せつ子   
霊長類研究所年報   44 103-104   2014年12月   
 
加藤卓也   
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (63) 98   2014年12月   
 
羽山 伸一   加藤 卓也   
獣医畜産新報   67(11) 825-830   2014年11月   
わが国の野生動物における狂犬病モニタリングを効率的に実施するために、検査の優先度が高い事例を定義し、さらに生息分布の拡大傾向、人間や家畜との接触機会、国外での狂犬病流行への関与について定性的な評価を行い、狂犬病モニタリング調査の優先度を判断した。その結果、第一優先種は、アライグマ、タヌキ、アカギツネ、フイリマングースであり、これらの種を対象に地域の実情に応じて、標本入手から調査報告までの検査体制の枠組みを関係部署が協力し確立する必要がある。(著者抄録)
 
川道美枝子   川道武男   山本憲一   八尋由佳   間恭子   金田正人   加藤卓也   
畜産の研究   67(6) 633-641   2013年6月   
 
加藤卓也   
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (61) 10-15   2012年12月   

書籍等出版物

 
 
津田, 良夫, 安居院, 宣昭, 谷川, 力, 夏秋, 優, 林, 利彦, 平林, 公男, 山内, 健生(担当:分担執筆, 範囲:第5章 不快:5-22 ハクビシン, 5-23 アライグマ)
朝倉書店   2020年5月   (ISBN:9784254640489)
 
羽山 伸一, 三浦 慎悟, 梶 光一, 鈴木 正嗣(担当:分担執筆, 範囲:第9章 外来動物管理の考え方)
文永堂出版   2016年6月   (ISBN:9784830032615)   
 
關 義和, 江成 広斗, 小寺 祐二, 辻 大和(担当:分担執筆, 範囲:第3章 痕跡を読み取る技術―動物ごとの痕跡と生態の特徴 15. アライグマ)
京都大学出版会   2015年3月   (ISBN:9784876983179)   
 
松木洋一(担当:分担執筆, 範囲:<コラム>外来動物問題 アライグマによる生態系影響とその対策)
養賢堂   2012年11月   (ISBN:9784842505077)   

講演・口頭発表等

 
 
Difference in the factors of effect on reproductive rate of feral raccoon (Procyon lotor) between high- (2008-2010) and low- (2015-2017) density terms in Kanagawa Prefecture, Japan
Kato T   Doi K   Tanaka A   Moriguchi S   Hayama S   
GeoVet 2019   2019年10月10日   
 
外来種アライグマにおける卵巣の組織学的評価に基づくSecond estrus 発現の検討
友野雅未   ○加藤卓也   土井寛大   吉村久志   山本昌美   羽山伸一   
日本哺乳類学会2019年度大会   2019年9月17日   
 
東京都八王子市における蚊の種構成および鳥マラリア原虫保有状況
佐々木晴子   津田良夫   佐藤雪太   加藤卓也   羽山伸一   
第25回日本野生動物医学会大会   2019年8月31日   
 
渡りは免疫機能をどのように抑制するのか
牛根奈々   白石純一   佐藤達夫   加藤卓也   羽山伸一   
日本鳥学会2018年度大会   2018年9月14日   
 
アライグマの繁殖力と対策の影響
加藤卓也   宇野太基   手塚透吾   
第161回日本獣医学会学術集会 野生動物学分科会企画シンポジウム「アライグマ対策の10年と今後」   2018年9月12日   

所属学協会

 
 
   
 
獣医疫学会
 
   
 
日本哺乳類学会
 
   
 
日本野生動物医学会
 
   
 
日本獣医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
都市近郊における獣類の捕獲対策の検証と感染症リスク評価
群馬県農政部: 平成30年度 特定鳥獣被害対策調査・分析等業務
加藤 卓也 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
 
外来動物(アライグマ)の早期被害防止対策技術の開発
群馬県農政部: 平成29年度 特定鳥獣被害対策調査・分析等業務
加藤 卓也 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月