researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 濱本 裕仁
 

濱本 裕仁

 
アバター
研究者氏名濱本 裕仁
 
ユウジ ハマモト
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署
職名
J-Global ID201901013300975844

研究キーワード

 
MRI ,てんかん

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

論文

 
 
Yu Y   Hasegawa D   Hamamoto Y   Mizoguchi S   Fujimori T   Kubo Y   Islam MS   Yamato O   
JFMS Open Rep   8(1) 20551169221074964   2022年2月   [査読有り]
 
Rikako Asada   Satoshi Mizuno   Yoshihiko Yu   Yuji Hamamoto   Tetsuya Anazawa   Daisuke Ito   Masato Kitagawa   Daisuke Hasegawa   
Brain Sciences      2021年11月   [査読有り]
 
Rikako Asada   Yuji Hamamoto   Yoshihiko Yu   Satoshi Mizuno   James K Chambers   Kazuyuki Uchida   Daisuke Hasegawa   
The Journal of veterinary medical science   83(10) 1513-1520   2021年10月
Anterior temporal lobectomy (ATL) is a surgical procedure for drug-resistant mesial temporal lobe epilepsy that is commonly performed in human medicine. The purpose of this study was to determine whether ATL-like surgery, i.e., removal of the amyg...
 
Eri Onozawa   Daigo Azakami   Seri Seki   Yuji Hamamoto   Katsumi Ishioka   
Animals   11(8)    2021年8月
Dogs and cats under general anesthesia may develop hypothermia. When performing a magnetic resonance imaging (MRI) examination, it is not possible to place a magnetic material in the MRI room, and MRI equipment requires a low room temperature. Thi...
 
Daisuke Hasegawa   Rikako Asada   Satoshi Mizuno   Yoshihiko Yu   Yuji Hamamoto   Shinichi Kanazono   
Frontiers in veterinary science   8 745063-745063   2021年
A 2-month-old, intact male domestic shorthair cat with dullness, bilateral central blindness, and recurrent epileptic seizures was presented to a local clinic. Seizures were the generalized myoclonic and tonic-clonic type. Phenobarbital was initia...

MISC

 
 
濱本 裕仁   
Medical Science Digest   46(2) 122-123   2020年2月   [招待有り]
てんかんは、すべての哺乳動物に起こりうる慢性機能性脳疾患であり、人医療のみならず獣医療においててんかん発作を持つ動物は数多く存在する。犬猫のてんかんは、MRIで異常が認められない特発性てんかんと脳炎や腫瘍によって引き起こされる構造的てんかんに分けられている。人医療のてんかん治療では内科的治療から外科的治療まで幅広い選択肢が存在するが、獣医療では構造的てんかんに対する根本的な治療介入を除き、てんかん発作の治療には抗てんかん薬を用いた内科治療以外の臨床的な選択肢がほとんどない。しかしながら、人...
 
長谷川大輔   濱本裕仁   湯祥彦   
伴侶動物治療指針   11    2020年
 
浅田李佳子   濱本裕仁   湯祥彦   CHAMBERS James   内田和幸   長谷川大輔   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   163rd    2020年
 
濱本 裕仁   
CLINIC NOTE   15(11) 53-59   2019年11月   
 
吉田 佳倫   鈴木 亮平   久保 喜昭   濱本 裕仁   関 瀬利   小野沢 栄里   戸苅 貴実   呰上 大吾   
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   40回(2) 209-210   2019年11月   
雑種猫、雌(避妊済)、10歳が原因不明の口腔内断続的出血と黒色便を主訴に来院した。血液検査上では重度の再生性貧血と低アルブミン血症が認められ、病歴および血液塗抹所見から慢性的な出血が示唆された。来院時の身体検査では、口腔内に腫瘍や歯牙疾患は観察されず、出血の原因は不明であった。血液凝固検査では異常を認めなかった。重度貧血に対し輸血を実施中、口腔内出血が認められ再度観察したところ、口蓋動脈直上粘膜から出血していた。出血部位の口蓋粘膜に微小な穿孔が認められ、穿孔部位を焼灼後、出血は認めなかった...

講演・口頭発表等

 
 
吉田 佳倫   鈴木 亮平   久保 喜昭   濱本 裕仁   関 瀬利   小野沢 栄里   戸苅 貴実   呰上 大吾   
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2019年11月   動物臨床医学会   
雑種猫、雌(避妊済)、10歳が原因不明の口腔内断続的出血と黒色便を主訴に来院した。血液検査上では重度の再生性貧血と低アルブミン血症が認められ、病歴および血液塗抹所見から慢性的な出血が示唆された。来院時の身体検査では、口腔内に腫瘍や歯牙疾患は観察されず、出血の原因は不明であった。血液凝固検査では異常を認めなかった。重度貧血に対し輸血を実施中、口腔内出血が認められ再度観察したところ、口蓋動脈直上粘膜から出血していた。出血部位の口蓋粘膜に微小な穿孔が認められ、穿孔部位を焼灼後、出血は認めなかった...
 
Asada R   Hamamoto Y   Yu Y   Hasegawa D   
AMAMS 2019   2019年10月23日   
 
Yu Y   Hasegawa D   Buckley RM   Fujiwara-Igarashi A   Hamamoto Y   Asada R   Mizoguchi S   Kuwabara T   Fujita M   Lyons LA   
ESVN-ECVN Symposium 2019   2019年9月13日   
 
Hasegawa D   Asada R   Yu Y   Hamamoto Y   Mizoguchi S   Kuwabara T   
ESVN-ECVN Symposium 2019   2019年9月13日   
 
長谷川大輔   齋藤弥代子   北川勝人   内田和幸   金園晨一   濱本裕仁   湯祥彦   浅田李佳子   平嶋洵也   伊藤大介   チェンバーズ ジェームズ   
獣医神経病学会   2019年6月29日   

所属学協会

 
 
   
 
獣医神経病学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
安静時機能的MRIを用いたてんかん猫の脳機能欠落域の検出および標準脳の作成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
濱本 裕仁 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月