トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 田中 良和
 

田中 良和

 
アバター
研究者氏名田中 良和
 
タナカ ヨシカズ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/50291159.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部獣医学科
職名教授
学位博士(医学)(大阪大学)
科研費研究者番号50291159
J-Global ID201601010063032190

研究キーワード

 
ウイルス ,ユビキチン ,感染症 ,ウイルス複製 ,蛋白質分解 ,ネコ感染症 ,ウイルス複製機構 ,PML ,ネコ ,分子生物学 ,免疫回避機構 ,C型肝炎 ,ウイルス複製制御 ,サイクロフィリン ,ウイルス複製阻害薬 ,ノンコーディングRNA ,POD ,遺伝子制御 ,白血病 ,持続感染 ,ネコ伝染性腹膜炎 ,ncRNA ,インスリン抵抗性 ,プロテアソーム ,インスリンシグナル ,NEDD8 ,肥満 ,PA28 ,品質管理 ,トランスジェニックマウス

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 教授 
 

委員歴

 
2019年9月
 - 
現在
日本獣医学会  評議委員
 
2019年4月
 - 
現在
獣医系大学間獣医学教育支援機構  監事
 
2019年4月
 - 
現在
私立獣医科大学協会  理事
 
2016年7月
 - 
現在
日本家畜衛生学会  常務理事
 

論文

 
 
Marika Maeda   Kazuhiko Ochiai   Masaki Michishita   Masami Morimatsu   Hiroki Sakai   Nayuta Kinoshita   Motoharu Sakaue   Eri Onozawa   Daigo Azakami   Masami Yamamoto   Katsumi Ishioka   Takuya Sadahira   Masami Watanabe   Yoshikazu Tanaka   
Oncology reports   47(4)    2022年4月
Hemangiosarcoma (HSA) is a malignant neoplasm that occurs in humans and canines with a poor prognosis owing to metastatic spread, despite effective treatment. The frequency of spontaneous HSA development is higher in canines than in humans. Theref...
 
Ochiai K   Sutijarit S   Uemura M   Morimatsu M   Michishita M   Onozawa E   Maeda M   Sasaki T   Watanabe M   Tanaka Y   Omi T   
Vet Comp Oncol.   Epub ahead of print. PMID: 33169479.   2020年11月   [査読有り]
 
Shota Kawakami   Masaki Michishita   Motoharu Sakaue   Masami Morimatsu   Mitsuki Uemura   Nobuaki Kashiwagi   Marika Maeda   Yukino Machida   Daigo Azakami   Ai Egusa   Eri Onozawa   Katsumi Ishioka   Masami Watanabe   Yoshikazu Tanaka   Toshinori Omi   Kazuhiko Ochiai   
Oncology Letters   20(6) 1-1   2020年10月   [査読有り]
Isocitrate dehydrogenase 1 (IDH1) mutations are common in gliomas, acute myeloid leukemia, and chondrosarcoma. The mutation 'hotspot' is a single arginine residue, R132. The R132H mutant of IDH1 produces the 2-hydroxyglutarate (2-HG) carcinogen fr...
 
Nana Ushine   Osamu Kurata   Yoshikazu Tanaka   Tatsuo Sato   Yoshihiro Kurahashi   Shin-Ichi Hayama   
The Journal of veterinary medical science   82(11) 1619-1626   2020年9月   [査読有り]
In order to elucidate the relationship between migration period and immunity related to susceptibility, we conducted research on Black-headed gulls (Chroicocephalus ridibundus). We captured 260 gulls and collected their peripheral blood. Their leu...
 
Ryo Miyamoto   Sena Kurita   Hiroyuki Tani   Masato Kobayashi   Soudai Sugiura   Kae Shigihara   Yuka Sato   Yoshikazu Tanaka   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Veterinary Immunology and Immunopathology   201 72-76   2018年7月   [査読有り]
Feline histiocytic sarcoma (HS) is an aggressive and uncommon tumor originating from dendritic cells/macrophages. Here, a feline HS cell line, FHS-1, was established from a case of feline HS and characterized. Immunohistochemically, FHS-1 cells we...

MISC

 
 
佐々木 雄祐   前田 克志   田中 良和   
広島県獣医学会雑誌   (34) 55-58   2019年7月   
猫伝染性腹膜炎は有効な薬物治療やワクチンが存在しない致死的な疾患である.今回,胸腹水または末梢血を用いた定量RT-PCR(RT-qPCR)法あるいは剖検材料を用いた免疫染色にてFIPと診断した猫13頭に対して,既存のプレドニゾロン及びインターフェロンによる治療(Pre)と,シクロスポリン(CsA)による治療を行った.CsA療法を行ったウェットタイプでは貯留液の消失が67%で得られたが,平均生存期間の延長は明らかではなかった.ドライタイプでは1例が完全寛解も得られ222日経過した現在も生存中...
 
田中 良和   大越 美那   岩波 ふゆみ   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回 368-368   2018年8月   
 
佐藤 由佳   田中 良和   川口 寧   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回 377-377   2017年8月   
 
田中 良和   佐藤 由佳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回 392-392   2017年8月   
 
松田 亮   佐々木 崇   田中 良和   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157回 399-399   2014年8月   

書籍等出版物

 
 
田中良和(担当:分担執筆)
チクサン出版社   2011年7月      

講演・口頭発表等

 
 
柏木 伸旭   落合 和彦   植村 光希   前田 まりか   道下 正貴   森松 正美   近江 俊徳   田中 良和   
第163回 日本獣医学会学術集会   2020年9月   
 
田中 良和   林田 真琴   落合 和彦   前田 まりか   廣瀬 紗千   田辺 愛理   野中 柚希   久保田 匠   豊島 麻美子   大矢 真里奈   川越 美琴   薩見 春輝   石川 創   
第163回 日本獣医学会学術集会   2020年9月   

担当経験のある科目(授業)

 
2019年4月
 - 
現在
獣医遺伝子工学(分担) (日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科)
2018年4月
 - 
現在
獣医学概論(分担) (日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科)
2017年4月
 - 
現在
毒性学実習 (日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科)
2017年4月
 - 
現在
獣医倫理学 (日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科)
2017年4月
 - 
現在
大学院特別講義 (日本獣医生命科学大学大学院研究科獣医学専攻)

所属学協会

 
 
   
 
米国ウイルス学会
 
   
 
米国微生物学会
 
   
 
日本家畜衛生学会
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
日本癌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
カルシウム拮抗薬による猫伝染性腹膜炎ウイルス増殖阻害機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
田中 良和 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
ネコモルビリウイルスの病原性に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
古谷 哲也 田中 良和 中尾 洋一 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
サイクロスポリンによるネコ伝染性腹膜炎ウイルスの複製阻害機構の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
田中 良和 
研究期間: 2014年 - 2016年
 
ネコ伝染性腹膜炎ウイルス複製過程におけるサイクロフィリンの機能解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
田中 良和 
研究期間: 2010年 - 2012年
 
RNA干渉作用によるネコ伝染性腹膜炎ウイルス複製制御機構の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
田中 良和 盆子原 誠 
研究期間: 2007年 - 2008年