トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 新井 敏郎
 

新井 敏郎

 
アバター
研究者氏名新井 敏郎
 
アライ トシロウ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名Professor
学位獣医学修士(日本獣医生命科学大学), 獣医学博士(日本獣医生命科学大学)
科研費研究者番号70184257
J-Global ID200901007038061502

プロフィール

新井敏郎は、現在、日本獣医生命科学大学獣医学部教授で獣医生化学を担当している。1981年に日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)獣医学科を卒業(獣医師免許取得)、1986年に獣医学博士号を取得している。その後、日本獣医生命科学大学獣医学部助手となり、ミシガン大学医学部博士研究員として研修後帰国(1990年)、同大で基礎獣医学部門長、獣医学科長、獣医学部長など務めてきた。動物種間の比較エネルギー代謝や代謝病発症メカニズムなどについて臨床生化学、臨床病理学に関連した160以上の学術論文をこれまで発表している。また、政府系機関や民間団体から研究や教育に関する多くの助成金も受領している。現在、日本獣医臨床病理学会会長、日本獣医学会評議員、日本実験動物学会評議員を始め多くの学術団体の役員を務めている。獣医臨床生化学、臨床病理学分野の研究発展に対する永年の貢献が認められ2014年度ハイナーゾマー賞(Heiner Sommer Prize)を国際獣医臨床病理学会から授与されている。

研究キーワード

 
メタボリックシンドローム ,予防獣医学 ,遺伝子診断 ,energy metabolism ,Preventive veterinary medicine ,Gene diagnosis

研究分野

 
  • その他 / その他 / 病態検査学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

経歴

 
2021年4月
   
 
日本獣医生命科学大学   名誉教授
 
2006年4月
 - 
2021年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 教授 
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本医科大学  評議員 
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科 研究科長 
 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本医科大学  評議員 
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1986年3月
日本獣医畜産大学 大学院博士課程 
 
 
 - 
1986年
日本獣医生命科学大学  
 
1981年4月
 - 
1983年3月
日本獣医畜産大学 大学院修士課程 
 
1977年4月
 - 
1981年3月
日本獣医畜産大学 獣医学部 獣医学科
 
 
 - 
1981年
日本獣医生命科学大学  
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
東京都獣医師会  理事
 
2017年7月
 - 
現在
日本獣医師会  獣医学術部会学術・教育・研究委員会委員
 
2009年10月
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
2004年5月
 - 
現在
日本実験動物学会  評議員
 
2018年8月
 - 
2020年10月
International Society for Animal Clinical Pathology  President
 

受賞

 
2014年6月
International Society for Animal Clinical Pathology, ハイナーゾマー賞
新井 敏郎 
 

論文

 
 
Ryoichi Sugisawa   Emiri Hiramoto   Shigeru Matsuoka   Satomi Iwai   Ryosuke Takai   Tomoko Yamazaki   Nobuko Mori   Yuki Okada   Naoki Takeda   Ken-ichi Yamamura   Toshiro Arai   Satoko Arai   Toru Miyazaki   
SCIENTIFIC REPORTS   6 35251   2016年10月   [査読有り]
Renal failure is one of the most important social problems for its incurability and high costs for patients' health care. Through clarification of the underlying mechanism for the high susceptibility of cats to renal disease, we here demonstrates ...
 
Yoshio Kiku   Yuya Nagasawa   Fuyuko Tanabe   Kazue Sugawara   Atsushi Watanabe   Eiji Hata   Tomomi Ozawa   Kei Ichi Nakajima   Toshiro Arai   Tomohito Hayashi   
Journal of Veterinary Medical Science   78(9) 1505-1510   2016年9月   [査読有り]
© 2016 The Japanese Society of Veterinary Science. Staphylococcus aureus (SA) is a major cause of bovine mastitis, but its pathogenic mechanism remains poorly understood. To evaluate the role of lipoteichoic acid (LTA) in the immune or inflammator...
 
Yusuke Urushihara   Koh Kawasumi   Satoru Endo   Kenichi Tanaka   Yasuko Hirakawa   Gohei Hayashi   Tsutomu Sekine   Yasushi Kino   Yoshikazu Kuwahara   Masatoshi Suzuki   Motoi Fukumoto   Hideaki Yamashiro   Yasuyuki Abe   Tomokazu Fukuda   Hisashi Shinoda   Emiko Isogai   Toshiro Arai   Manabu Fukumoto   
PLOS ONE   11(8) e0159282   2016年8月   [査読有り]
 
Akihiro Mori   Kaori Ueda   Peter Lee   Hitomi Oda   Katsumi Ishioka   Toshiro Arai   Toshinori Sako   
RESEARCH IN VETERINARY SCIENCE   106 131-134   2016年6月   [査読有り]
Acarbose (AC) and Sitagliptin (STGP) are oral hypoglycemic agents currently used either alone or in conjunction with human diabetic (Type 2) patients. AC has been used with diabetic cats, but not STGP thus far. Therefore, the objective of this stu...
 
Hirakawa Y   Kawasumi K   Koide M   Arai T   
Journal of Veterinary Medicine and Life Science   2(1) 15-22   2016年5月   [査読有り]

MISC

 
 
上野弘道、岡田ゆう紀、新井敏郎   
比較統合医療学会誌   27(1) 5-12   2020年3月   
 
川角浩   村井妙   溝呂木喬之   岡田ゆう紀   山本一郎   駿河康平   門倉一成   富田剛   宮田彩香   関野由弘   新井敏郎   
先制動物医療   1(1) 9-14   2018年6月   [査読有り]
 
新井 敏郎   大西保行   岡田ゆう紀   小林元郎   村中志朗   
先制動物医療   1(1) 1-8   2018年6月   [査読有り]
 
新井敏郎   グレゴリー ラインハート   
Clinic Notes   140 4-7   2017年3月   [招待有り]
 
小林元郎   岡田ゆう紀   新井敏郎   
獣医生命科学   2(2) 41-46   2016年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
新井 敏郎(担当:監修)
ファームプレス   2017年4月      
 
新井 敏郎(担当:共著, 範囲:反すう動物の生化学的特性)
朝倉書店   2016年4月      
 
Chih-Pin Liu(担当:共著)
INTECH   2011年12月      
 
予防動物医学研究会編(担当:共著)
チクサン出版社   2011年7月      
 
新井 敏郎(担当:共著, 範囲:酵素活性の測定法、血球及び血球膜の分離)
チクサン出版   2009年2月      

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
獣医生化学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本獣医臨床病理学会
 
   
 
日本糖尿病学会
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
日本生化学会
 
   
 
アメリカ合衆国糖尿病学会(The American Diabetes Association)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
動物疾病制御拠点形成プロジェクト
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
新井 敏郎 
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月
 
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月
 
研究期間: 2008年 - 2012年
 
ゲノム・プロテオーム解析による予防獣医学の展開
文部科学省: 私立大学学術研究高度化推進事業
新井敏郎 
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月
 
研究期間: 2007年 - 2010年