トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 藤平 篤志
 

藤平 篤志

 
アバター
研究者氏名藤平 篤志
 
トウヘイ アツシ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科
職名教授
学位獣医学博士(岐阜大学)
J-Global ID200901080555132915

研究キーワード

 
神経内分泌学 ,生殖内分泌 ,実験動物学 ,Neuroendocrinology ,Reproductive endocrinology ,Laboratory Animal Science

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 実験動物学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 教授 
 
2013年4月
 - 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 准教授 
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 講師 
 
2007年
 - 
2012年3月
獨協医科大学 医学部 准教授   
 
2006年
 - 
2007年
獨協医科大学 医学部 講師   
 

学歴

 
 
 - 
1998年
岐阜大学 連合獣医学研究科 獣医学
 
 
 - 
1998年
岐阜大学  
 
 
 - 
1994年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 
 
 
 - 
1994年
日本獣医生命科学大学  
 

委員歴

 
2021年3月
 - 
現在
日本実験動物学会  動物実験に関わる外部検証専門員
 
2012年4月
 - 
現在
日本実験動物学会学会誌 Experimental Animals  編集委員
 
2012年4月
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
2021年9月
 - 
2023年9月
日本実験動物医学会  前島賞選考委員
 
2014年5月
 - 
2020年5月
日本実験動物学会  評議員
 

受賞

 
2003年
日本繁殖生物学会・学術賞
 

論文

 
 
Shu-ichi Kojima   Atsushi Tohei   Masashi Ikeda   
British journal of pharmacology   162(5) 1179-85   2011年3月
BACKGROUND AND PURPOSE: Melatonin is involved in the regulation of colonic motility, and sensation, but little is known about the influence of melatonin on 5-hydroxytryptamine (5-HT) release from colonic mucosa. A tachykinin NK₂ receptor-selective...
 
Atsushi Tohei   Motoaki Umezu   Takao Kanai   Keiichiro Yamaguchi   Akinori Kosaku   Hiroe Kon   Motoo Shinoda   
Experimental animals   59(1) 95-8   2010年
The rdw rat is a hereditary hypothyroid strain isolated from Wistar-Imamichi rats. In the present study, adrenocorticotropic hormone (ACTH) and corticosterone responses to restraint stress (120 min) were examined in rdw adult male rats. ACTH respo...
 
Atsushi Tohei   Masashi Ikeda   Ryoji Hokao   Motoo Shinoda   
Experimental animals   58(5) 489-95   2009年10月
The effects of intracerebroventricular (i.c.v.) administration of pituitary adenylate cyclase activating polypeptide38 (PACAP38) on prolactin (PRL) secretion and the activity of tyrosine hydroxylase (TH) were examined in adult male and lactating r...
 
Hiromi Amao   Rena Iwamoto   Yumi Komukai   Yuu Dobashi   Kimimasa Takahashi   Atsushi Tohei   Kazumasa Nakama   Kiyoko Toyama-Honda   
Experimental animals   58(2) 151-8   2009年4月
The present study investigated whether pre-stimulation with intraperitoneal (i.p.) needling protects against development of diabetes in alloxan-treated transgenic (Tg) mice overexpressing the human Cu/Zn superoxide dismutase gene or non-Tg litterm...
 
Hataitip Trisomboon   Atsushi Tohei   Suchinda Malaivijitnond   Gen Watanabe   Kazuyoshi Taya   
The Journal of reproduction and development   54(5) 375-80   2008年10月
To investigate the androgenic effect of Kaempferia parviflora (KP), a Thai herbal plant, adult male rats were randomized into control and KP-treatment groups. Rats were treated orally with water in the control group and with 1,000 mg/kg/day of KP ...

MISC

 
 
本間孔生   村上雄大   藤平篤志   
日本実験動物技術者協会総会講演要旨集   52nd 115   2018年9月   
 
細川由貴   内田梓   平石惇人   藤平篤志   
日本実験動物技術者協会総会講演要旨集   52nd 111   2018年9月   
 
田代瑞穂   細川由貴   藤平篤志   
日本実験動物技術者協会総会講演要旨集   52nd 115   2018年9月   
 
田代瑞穂   細川由貴   天尾弘実   藤平篤志   
日本実験動物学会総会講演要旨集   65th 176   2018年4月   
 
谷平晃   山本あんな   藤平篤志   飯田里菜   山本将寛   山本将寛   天尾弘実   
日本実験動物技術者協会総会講演要旨集   51st 122   2017年9月   

書籍等出版物

 
 
日本実験動物協会(担当:共著, 範囲:Ⅲ解剖と生理 p14-28)
アドスリー,丸善出版 (発売)   2021年4月   (ISBN:9784910513010)
 
日本実験動物協会(担当:共著, 範囲:Ⅲ解剖と生理 p24-58)
アドスリー,丸善出版 (発売)   2021年4月   (ISBN:9784910513027)

所属学協会

 
 
   
 
日本実験動物医学会
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
日本実験動物学会
 
   
 
日本繁殖生物学会
 
   
 
日本薬理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2021年3月 - 2022年3月
 
研究期間: 2020年3月 - 2021年3月
 
研究期間: 2019年3月 - 2020年3月
 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
 
実験動物の飼育管理についての研究の助成金
日本実験動物協会: 
藤平 篤志 
研究期間: 2018年3月 - 2019年3月