トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 木村 彰利
 

木村 彰利

 
アバター
研究者氏名木村 彰利
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 食品科学科

研究キーワード

 
卸売市場 , 農産物流通

研究分野

 
  • 人文・社会 / 食料農業経済 / 食品経済学

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 准教授
 
1999年11月
 - 
2016年3月
(一社)農協流通研究所 調査研究部等 主幹研究員等
 
1993年4月
 - 
1995年3月
(社)食品需給研究センター 調査研究部 研究員
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1998年3月
大阪府立大学大学院 農学研究科 
 
1991年4月
 - 
1993年3月
宇都宮大学大学院 農学研究科 
 
1986年4月
 - 
1990年3月
信州大学 農学部 
 

論文

 
木村 彰利
農業市場研究 = Agricultural marketing journal of Japan   26(2) 33-39   2017年9月   [査読有り]
木村彰利
フードシステム研究   23(3) 265-270   2016年12月   [査読有り]
木村 彰利
農業市場研究   19(1) 24-30   2010年6月   [査読有り]
This paper presents a case study of farmers' markets in Higashi-Katsushika, Chiba Prefecture, a horticultural region in a suburban area of a large city. The study identifies, on the basis of survey findings, the role played by farmers' m...

MISC

 
阿部 英樹, 木村 彰利
生物生産学研究   38(2) 111-120   2000年1月
黒瀬町のため池台帳の分析を通じて、ため池潅漑地帯における伝統的水利組織の実態や特質を明確にしようとした。水利施設としての池の存在状況に加えて、池を利用・管理する水利集団についても考察した。黒瀬町の池総数は447であった。水田10ha当たりの池数は約5カ所に達し、農家1戸は平均3~4カ所の池と関係を持っていた。ただし大部分は小規模な池で、池1力所当たりの平均的規模は貯水量3,330m3、受益面積6.94ha、受益戸数13.7戸にすぎない。ため池の存在状況には地域差が認められるが、どの地区にお...
木村 彰利
農政経済研究   (21) 29-41   1998年12月
藤田 武弘, 木村 彰利
農政経済研究   (20) 83-96   1997年3月

書籍等出版物

 
木村彰利
筑波書房   2019年6月   
木村彰利
2015年2月   
木村彰利
2010年6月   
木村彰利 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 食品流通政策の変化とそのフードシステムへの影響(pp.62-79))
2004年10月   
木村彰利 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 食品トレーサビリティ導入への対応(pp.45-65))
2004年3月   

講演・口頭発表等

 
木村彰利
関東東海北陸農業試験研究推進会議果樹部会   2017年7月14日   
木村彰利
2017年度日本農業市場学会大会   2017年7月2日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 経済学 (日本獣医生命科学大学)
  • 食品企業の戦略と倫理 (日本獣医生命科学大学)
  • 食品市場論 (日本獣医生命科学大学)
  • 食品経済論 (日本獣医生命科学大学)
  • フードシステム論 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本フードシステム学会 , 日本農業市場学会 , 日本農業経済学会