トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 小林史幸
 

小林史幸

 
アバター
研究者氏名小林史幸
 
コバヤシ フミユキ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/50460001.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部食品科学科食品工学教室
職名准教授
学位博士(生物生産学)(広島県立大学)
ORCID ID0000-0001-6256-5486

研究キーワード

 
加圧二酸化炭素 , 殺菌 , 食品 , マイクロ・ナノバブル , 酒類 , 酵素 , 二酸化炭素 , 殺菌機構 , 細菌 , マイクロバブル , 酵素失活

研究分野

 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部食品科学科 講師
 
2010年4月
 - 
2015年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部食品科学科 助教
 
2007年4月
 - 
2010年3月
明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員
 

学歴

 
 
 - 
2007年3月
広島県立大学大学院 生物生産システム研究科 生物生産システム専攻
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
現在
日本マイクロ・ナノバブル学会  評議員
 

論文

 
Kobayashi Fumiyuki, Odake Sachiko
LWT-FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY   108 338-343   2019年7月   [査読有り]
Masahiko Tamaki, Fumiyuki Kobayashi, Keisuke Suehiro, Shuichi Ohsato, Michio Sato
JOURNAL OF INTEGRATIVE AGRICULTURE   17(9) 2024-2030   2018年9月   [査読有り]
Tamaki M, Kobayashi F, Ikeura H, Sato M
The plant pathology journal   34(4) 335-340   2018年8月   [査読有り]
Kobayashi Fumiyuki, Odake Sachiko
BIOCHEMICAL ENGINEERING JOURNAL   134 88-93   2018年6月   [査読有り]
H. Ikeura, H. Takahashi, F. Kobayashi, M. Sato, M. Tamaki
Journal of Horticultural Science and Biotechnology   1-8   2017年10月   [査読有り]
© 2017 The Journal of Horticultural Science & Biotechnology Trust The use of microbubbles (MB) can improve the oxygen supply to plants grown under the deep flow technique of hydroponic culture. In a previous study, we compared the growth of koma...
Hiromi Ikeura, Hideaki Takahashi, Fumiyuki Kobayashi, Michio Sato, Masahiko Tamaki
Journal of Plant Nutrition   40 115-127   2017年1月   [査読有り]
© 2016 Taylor & Francis Group, LLC.To provide the necessary oxygen for plant growth, the effectiveness of different generating methods of microbubbles (MB), a gas-water circulation type or a pressurization type (pressurization treatment), was inve...
F. Kobayashi, S. Odake, T. Miura, R. Akuzawa
LWT - Food Science and Technology   71 221-226   2016年9月   [査読有り]
© 2016 Elsevier LtdThe inactivation efficiency of a two-stage system with low-pressure CO2 microbubbles (two-stage MBCO2) on Escherichia coli in physiological saline (PS) and commercial sterilized bovine milk (CBM), and aerobic bacteria in unpaste...
Fumiyuki Kobayashi, Sachiko Odake, Ken Kobayashi, Hiroshi Sakurai
Journal of Food Engineering   171 52-56   2016年2月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ltd. The effect of pressure in the mixing vessel on the inactivation of enzymes and hiochi bacteria and on the change in free amino acid content in unpasteurized sake (UPS) using a two-stage system of low-pressure carbon dioxide mi...
Fumiyuki Kobayashi, Sachiko Odake
Food Control   71 365-370   2017年1月   [査読有り]
© 2016 Elsevier Ltd.The effects of intracellular acidification and damage of cellular membrane on the inactivation of Saccharomyces pastorianus by a two-stage method of low-pressure carbon dioxide microbubbles (two-stage MBCO2) were investigated. ...

Misc

 
小林史幸
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (63) 146-147   2014年12月
小林 史幸
日本獣医生命科学大学研究報告   (62) 64-67   2013年12月
小林 史幸, 小竹 佐知子, 早田 保義
ファインケミカル   40(9) 54-62   2011年9月
宇野良子, 小林史幸, 篠原和子, 小竹佐知子
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   31st(0) ROMBUNNO.2P2‐OS‐18a‐2-2P2OS18a2   2017年
<p>本研究は、米菓の食感認知を、オノマトペに着目した認知言語学的分析により解明する。特に、実際に米菓を食べる場合と想い浮かべるだけの場合(記憶)とで食感表現がずれる可能性とその原因を探る。実験では、実際に米菓を食べるときより、食べる経験を思い浮かべるときの方が同じ米菓がより硬く表現される観察を得た。ここから、食体験と食文化の記憶における拮抗を言葉から解明する手法を提案する。</p>
早田保義, 小林史幸
浦上財団研究報告書   16 150-159   2009年3月
小林史幸
三島海雲記念財団年次報告書   2017 40   2017年11月
マイクロバブル化した加圧二酸化炭素による食品の非加熱殺菌・酵素失活について
小林史幸
食品機械装置   50 72-79   2013年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Chapter 7, Application of a two-stage system with pressurized carbon dioxide microbubbles for inactivating enzymes and microorganisms in unpasteurized sake and unfiltered beer
小林史幸
Elsevier Inc., UK   2019年   ISBN:978-0-12-815701-5
In “Alcoholic Beverages, Volume 7: The Science of Beverages”, edited by Alexandru Mihai Grumezescu and Alina Maria Holban
Chapter 6, Inactivation of beer yeast by microbubbled carbon dioxide at low pressure and quality evaluation of the treated beer
小林史幸
Nova Science Publishers Inc., NY   2016年   ISBN:978-1-63485-704-8
n “Beer: Production, Consumption and Health Effects”, edited by William H. Salazar
マイクロバブル(ファインバブル・ウルトラファインバブル)のメカニズム・特性制御と実際応用のポイント
小林史幸 (担当:共著, 範囲:第5節第2項食品の殺菌・消毒応用 第6節第1項マイクロバブルが味・香りに及ぼす影響とその評価)
株式会社情報機構   2015年3月   
微細気泡の最新技術Vol.2
小林史幸 (担当:共著, 範囲:第2編第3章第3節二酸化炭素マイクロバブルによるビール酵母の活動抑制)
株式会社エヌ・ティー・エス   2014年8月   
食品分野における非加熱殺菌技術
小林史幸 (担当:共著, 範囲:第3講マイクロバブル化した加圧二酸化炭素を用いた非加熱殺菌技術)
株式会社エヌ・ティー・エス   2013年11月   ISBN:978-4-86469-083-6

講演・口頭発表等

 
小竹 佐知子, 佐々木 友理恵, 沢代 朱里, 小林 史幸
一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集   2014年   
目的 食品のおいしさに影響する香気放散挙動を把握することを目的とし,酢酸イソアミル(バナナ香)放散に及ぼすショ糖濃度の影響について,ヘッドスペース法と官能評価法により検討した.方法 酢酸イソアミル10ppmを添加したショ糖水溶液(0~60%)10mLを20mLバイアルに投入して平衡にし,ヘッドスペースオートサンプラー(TurboMatrix HS-16,パーキンエルマー)を連結したGC-FID(GC-14A,島津製作所)により,カラムDB-WAX(0.25mm&...
小林史幸, 杉浦匡紀, 池浦博美, 小竹佐知子, 玉置雅彦
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2013年7月16日   
太田拓, 平間宏忠, 佐々木友理恵, 小林史幸, 小竹佐知子, 鳥居徹
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2013年7月16日   
小竹佐知子, 小林史幸, 阿久澤良造
日本畜産学会大会講演要旨   2013年3月28日   
池浦博美, 北川将視, 小林史幸, 早田保義
園芸学研究 別冊   2013年3月23日   

所属学協会

 
日本マイクロ・ナノバブル学会 , 日本食品工学会 , 日本農芸化学会 , 日本食品科学工学会

競争的資金等の研究課題

 
低加圧二酸化炭素マイクロバブルで生じる微生物細胞膜の損傷メカニズムの解析
公益財団法人 三島海雲記念財団: 平成28年度学術研究奨励金【自然科学部門】
研究期間: 2016年8月 - 2017年7月    代表者: 小林史幸
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 小林 史幸
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 小林 史幸
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 小林 史幸