トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 小林史幸
 

小林史幸

 
アバター
研究者氏名小林史幸
 
コバヤシ フミユキ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/50460001.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部食品科学科食品工学教室
職名准教授
学位博士(生物生産学)(広島県立大学)
ORCID ID0000-0001-6256-5486

研究キーワード

 
加圧二酸化炭素 , 殺菌 , 食品 , マイクロ・ナノバブル , 酒類 , 酵素 , 二酸化炭素 , 殺菌機構 , 細菌 , マイクロバブル , 酵素失活

研究分野

 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部食品科学科 講師
 
2010年4月
 - 
2015年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部食品科学科 助教
 
2007年4月
 - 
2010年3月
明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員
 

学歴

 
 
 - 
2007年3月
広島県立大学大学院 生物生産システム研究科 生物生産システム専攻
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
現在
日本マイクロ・ナノバブル学会  評議員
 

論文

 
F. Kobayashi, H. Ikeura, M. Tamaki, Y. Hayata
Acta Horticulturae   875 417-424   2010年10月
Cut vegetables have become popular among consumers in the past few decades. Washing with sodium hypochlorite (NaOCl) solution is the most common method used for preventing cut vegetables from spoiling, but some organic compounds react easily with ...
F. Kobayashi, Y. Hayata, H. Ikeura, N. Muto, Y. Osajima
Transactions of the ASABE   53 1217-1222   2010年7月   [査読有り]
The ability of CO 2 microbubbles (MB-CO 2) to inactivate Saccharomyces cerevisiae suspended in a physiological saline solution at a pressure lower than 2.0 MPa was investigated. A 6-log reduction in the S. cerevisiae population was induced by MB-C...
Fumiyuki Kobayashi, Yumiko Narahara, Kunihiko Ohmori, Hiromi Ikeura, Yasuyoshi Hayata, Tomio Itani
Food Science and Technology Research   16 175-178   2010年3月   [査読有り]
To investigate the effect of a deoxygenating agent (deoxy) and a nitrogen-atmosphere package (nitro) on the quality, especially flavor, of Koshihikari stored at 30°C for 12 months, volatile compounds of the cooked stored rice were analyzed by gas ...
Attractant and oviposition stimulant of Crataeva religiosa Forst. to Pieris rapae
Hiromi Ikeura, Fumiyuki Kobayashi, Yasuyoshi Hayata
Asia Journal in Plant Science   9 492-497   2010年   [査読有り]
F. Kobayashi, Y. Hayata, H. Ikeura, M. Tamaki, N. Muto, Y. Osajima
Transactions of the ASABE   52 1621-1626   2009年9月   [査読有り]
The ability of CO 2 microbubbles (MB-CO 2) to inactivate Escherichia coli suspended in a saline solution at a pressure lower than 2.0 MPa was investigated. A 6-log reduction in E. coli population occurred with MB-CO 2 at 40° C and 2.0 MPa after 60...
池浦 博美, 小林 史幸, 早田 保義
明治大学農学部研究報告   58(4) 113-118   2009年3月   [査読有り]
寄主植物キャベツおよび非寄主植物レタス、または両植物の揮発性抽出物に対するモンシロチョウメス成虫の飛来選好性を検討することによって、寄主植物選好性の要因を明らかにした。寄主植物キャベツおよび非寄主植物レタスにおいて、メス成虫はキャベツを一方的に選好し、アブラナ科植物キャベツに対する寄主特異性を示した。また、メス成虫はレタス揮発性抽出物に比ベキャベツ抽出物を極めて高く選好したことから、寄主植物の揮発性成分を感知することによって寄主植物を識別することと、キャベツ揮発性抽出物においてメス成虫誘引...
Fumiyuki Kobayashi, Futoshi Yazama, Hiromi Ikeura, Yasuyoshi Hayata, Norio Muto, Yutaka Osajima
日本水環境学会誌   7 241-250   2009年   [査読有り]
小林 史幸, 池浦 博美, 早田 保義
明治大学農学部研究報告   57(1) 13-17   2007年9月   [査読有り]
SC-CO2処理のE.coliに対する殺菌効果の持続性について調査した。SC-CO2処理により生残菌数を初発菌数10(8)CFU/mlから10(6)及び10(2)CFU/mlまで減少させた試料水中の生残菌数は0日目から徐々に増加し、保存3日目に未処理とほぼ同等となった。そのため、SC-CO2処理とオートクレーブ処理により完全に殺菌した大腸菌懸濁モデル水および蒸留水中に大腸菌を添加して生残菌数を測定したところ、SC-CO2処理およびオートクレーブ処理した10(8)CFU/mlのモデル水の生残...
Fumiyuki Kobayashi, Yasuyoshi Hayata, Norio Muto, Yutaka Osajima
Food Science and Technology Research   13 118-120   2007年5月   [査読有り]
The effect of the pore size of microfilters installed in a supercritical (SC-) CO2 bubbling device on the concentration of CO2 dissolved in the solution was investigated. Dissolved CO2 concentration in the solution treated with a microfilter was a...
Fumiyuki Kobayashi, Yasuyoshi Hayata, Kaori Kohara, Norio Muto, Yutaka Osajima
Food Science and Technology Research   13 20-22   2007年2月   [査読有り]
The effect of the continuous flow of supercritical CO2 microbubbles (the SC-CO2 method) on the inactivation of both Escherichia coli in model water and coliform bacteria in water prior to treatment at a municipal water Altering plant were studied ...

Misc

 
小林史幸
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (63) 146-147   2014年12月
小林 史幸
日本獣医生命科学大学研究報告   (62) 64-67   2013年12月
小林 史幸, 小竹 佐知子, 早田 保義
ファインケミカル   40(9) 54-62   2011年9月
宇野良子, 小林史幸, 篠原和子, 小竹佐知子
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   31st(0) ROMBUNNO.2P2‐OS‐18a‐2-2P2OS18a2   2017年
<p>本研究は、米菓の食感認知を、オノマトペに着目した認知言語学的分析により解明する。特に、実際に米菓を食べる場合と想い浮かべるだけの場合(記憶)とで食感表現がずれる可能性とその原因を探る。実験では、実際に米菓を食べるときより、食べる経験を思い浮かべるときの方が同じ米菓がより硬く表現される観察を得た。ここから、食体験と食文化の記憶における拮抗を言葉から解明する手法を提案する。</p>
早田保義, 小林史幸
浦上財団研究報告書   16 150-159   2009年3月
小林史幸
三島海雲記念財団年次報告書   2017 40   2017年11月
マイクロバブル化した加圧二酸化炭素による食品の非加熱殺菌・酵素失活について
小林史幸
食品機械装置   50 72-79   2013年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Chapter 7, Application of a two-stage system with pressurized carbon dioxide microbubbles for inactivating enzymes and microorganisms in unpasteurized sake and unfiltered beer
小林史幸
Elsevier Inc., UK   2019年   ISBN:978-0-12-815701-5
In “Alcoholic Beverages, Volume 7: The Science of Beverages”, edited by Alexandru Mihai Grumezescu and Alina Maria Holban
Chapter 6, Inactivation of beer yeast by microbubbled carbon dioxide at low pressure and quality evaluation of the treated beer
小林史幸
Nova Science Publishers Inc., NY   2016年   ISBN:978-1-63485-704-8
n “Beer: Production, Consumption and Health Effects”, edited by William H. Salazar
マイクロバブル(ファインバブル・ウルトラファインバブル)のメカニズム・特性制御と実際応用のポイント
小林史幸 (担当:共著, 範囲:第5節第2項食品の殺菌・消毒応用 第6節第1項マイクロバブルが味・香りに及ぼす影響とその評価)
株式会社情報機構   2015年3月   
微細気泡の最新技術Vol.2
小林史幸 (担当:共著, 範囲:第2編第3章第3節二酸化炭素マイクロバブルによるビール酵母の活動抑制)
株式会社エヌ・ティー・エス   2014年8月   
食品分野における非加熱殺菌技術
小林史幸 (担当:共著, 範囲:第3講マイクロバブル化した加圧二酸化炭素を用いた非加熱殺菌技術)
株式会社エヌ・ティー・エス   2013年11月   ISBN:978-4-86469-083-6

講演・口頭発表等

 
小林史幸, 金平直, 小竹佐知子
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2018年7月25日   
北山釆奈, 小林史幸, 小竹佐知子
日本官能評価学会誌   2017年4月15日   
安永元樹, 市野澤亮介, 高垣仁志, 小林史幸, 小竹佐知子
日本食品科学工学会大会講演集   2016年8月25日   
北山采奈, 小林史幸, 小竹佐知子
日本官能評価学会誌   2016年4月15日   
里田あかね, 小林史幸, 小竹佐知子
日本官能評価学会誌   2016年4月15日   

所属学協会

 
日本マイクロ・ナノバブル学会 , 日本食品工学会 , 日本農芸化学会 , 日本食品科学工学会

競争的資金等の研究課題

 
低加圧二酸化炭素マイクロバブルで生じる微生物細胞膜の損傷メカニズムの解析
公益財団法人 三島海雲記念財団: 平成28年度学術研究奨励金【自然科学部門】
研究期間: 2016年8月 - 2017年7月    代表者: 小林史幸
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 小林 史幸
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 小林 史幸
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 小林 史幸