トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 小林 史幸
 

小林 史幸

 
アバター
研究者氏名小林 史幸
 
コバヤシ フミユキ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/50460001.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部食品科学科食品工学教室
職名准教授
学位博士(生物生産学)(広島県立大学)
ORCID ID0000-0001-6256-5486

研究キーワード

 
加圧二酸化炭素 , 殺菌 , 食品 , マイクロ・ナノバブル , 酒類 , 酵素 , 二酸化炭素 , 殺菌機構 , 細菌 , マイクロバブル , 酵素失活

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部食品科学科 講師
 
2010年4月
 - 
2015年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部食品科学科 助教
 
2007年4月
 - 
2010年3月
明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員
 

学歴

 
 
 - 
2007年3月
広島県立大学大学院 生物生産システム研究科 
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
現在
日本マイクロ・ナノバブル学会  評議員
 

論文

 
Fumiyuki Kobayashi, Hiromi Ikeura, Sashiko Odake, Yasuyoshi Hayata
INNOVATIVE FOOD SCIENCE & EMERGING TECHNOLOGIES   18 108-114   2013年4月   [査読有り]
Enzymes and Lactobacillus fnictivorans in unpasteurized sake were inactivated by a two-stage method with low-pressure carbon dioxide microbubbles (two-stage MB-CO2), and the quality of the treated sake was evaluated by the measurement of volatile ...
H. Ikeura, F. Kobayashi, M. Tamaki
JOURNAL OF FOOD SCIENCE   78(2) T350-T355   2013年2月   [査読有り]
In this study, the effects of ozone microbubbles (OMCB) treatment at various water temperatures on the removal of residual fenitrothion (FT) pesticides and on the physical properties of lettuce and cherry tomatoes was examined. The residual FT per...
小林史幸
食品機械装置   50 72-79   2013年   [招待有り]
Fumiyuki Kobayashi, Hiromi Ikeura, Sashiko Odake, Yasuyoshi Hayata
JOURNAL OF FOOD ENGINEERING   114(2) 215-220   2013年1月   [査読有り]
Inactivation kinetics of polyphenol oxidase (PPO) by a two-stage method which was additionally pressurized at ambient temperature after carbon dioxide microbubbles (MB-CO2) was mixed with a solution at low temperature and pressure (two-stage MB-CO...
F. Kobayashi, H. Ikeura, S. Odake, S. Tanimoto, Y. Hayata
LWT-FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY   48(2) 330-333   2012年10月   [査読有り]
The inactivation of Lactobacillus fructivorans suspended in various buffer solutions by low-pressure CO2 microbubbles (MB-CO2) was investigated. The number of surviving L fructivorans cells suspended in 0.1 mol/L acetic acid/0.1 mol/L sodium aceta...

MISC

 
小林史幸
三島海雲記念財団年次報告書   2017 40   2017年11月
小林史幸
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (63) 146-147   2014年12月
小林 史幸
日本獣医生命科学大学研究報告   (62) 64-67   2013年12月
小林 史幸, 小竹 佐知子, 早田 保義
ファインケミカル   40(9) 54-62   2011年9月

書籍等出版物

 
小林史幸
Elsevier Inc., UK   2019年   ISBN:9780128157015
In “Alcoholic Beverages, Volume 7: The Science of Beverages”, edited by Alexandru Mihai Grumezescu and Alina Maria Holban
小林史幸
Nova Science Publishers Inc., NY   2016年   ISBN:9781634857048
n “Beer: Production, Consumption and Health Effects”, edited by William H. Salazar
小林史幸 (担当:共著, 範囲:第5節第2項食品の殺菌・消毒応用 第6節第1項マイクロバブルが味・香りに及ぼす影響とその評価)
株式会社情報機構   2015年3月   
小林史幸 (担当:共著, 範囲:第2編第3章第3節二酸化炭素マイクロバブルによるビール酵母の活動抑制)
株式会社エヌ・ティー・エス   2014年8月   
小林史幸 (担当:共著, 範囲:第3講マイクロバブル化した加圧二酸化炭素を用いた非加熱殺菌技術)
株式会社エヌ・ティー・エス   2013年11月   ISBN:9784864690836

講演・口頭発表等

 
F. Kobayashi, S. Odake
13th International Congress of Engineering and Food   2019年9月   
小林史幸, 中島理沙, 奈良井朝子, 小竹佐知子
日本食品工学会講演要旨集   2019年8月   
野村和代, 鷲尾英明, 小林史幸, 小竹佐知子
日本味と匂学会   2018年10月   
F. Kobayashi, S. Odake, T. Miura, R. Akuzawa
IDF world Dairy Summit 2018   2018年10月   
小林史幸, 金平直, 小竹佐知子
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2018年7月25日   

所属学協会

 
日本マイクロ・ナノバブル学会 , 日本食品工学会 , 日本農芸化学会 , 日本食品科学工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本獣医生命科学大学: 特色ある研究
研究期間: 2018年8月 - 2019年2月
公益財団法人日本科学協会: 2018年度海外発表促進助成
研究期間: 2018年10月 - 2018年10月
公益財団法人 三島海雲記念財団: 平成28年度学術研究奨励金【自然科学部門】
研究期間: 2016年8月 - 2017年7月
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年