トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 太田能之
 

太田能之

 
アバター
研究者氏名太田能之
 
オオタヨシユキ
所属日本獣医生命科学大学
職名教授
学位博士(農学)(新潟大学)

研究キーワード

 
栄養生化学 , 動物栄養学

研究分野

 
  • 動物生命科学 / 動物生産科学 / 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本家禽学会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
日本ペット栄養学会  評議委員
 
2012年4月
 - 
現在
日本農学会  運営委員
 
2010年4月
 - 
現在
日本家禽学会  編集委員
 

受賞

 
2014年9月
日本家禽学会 日本家禽学会賞 ニワトリ胚および初生ヒナの栄養改善による生産能の向上に関する研究
 

論文

 
Bungo T, Shiraishi J, Yanagita K, Ohta Y, Fujita M
General and comparative endocrinology   163(1-2) 47-51   2009年9月   [査読有り]
Furuta H, Yoshimi Y, Ohta Y, Yoshida T
Cytotechnology   60(1-3) 165-168   2009年7月   [査読有り]
Tanaka M, Miyazaki T, Yamamoto I, Nakai N, Ohta Y, Tsushima N, Wakita M, Shimada K
General and comparative endocrinology   134(2) 198-202   2003年11月   [査読有り]

Misc

 
山本 朱美, 小出 和之, 太田 能之, 渡邊 令子, 藤村 忍, 門脇 基二, 石橋 晃
日本家禽学会誌   37(5) 289-296   2000年
血漿遊離アミノ酸濃度は様々な要因の影響を受けるため,アミノ酸要求量を推定する有用な指標として用いるためには,血漿遊離アミノ酸濃度に影響する要因を明らかにする必要がある。本試験では,産卵鶏の主たる8組織の遊離アミノ酸および蛋白態のアミノ酸濃度を調べた。40週齢の産卵鶏にCP 16.6%, ME 2.90kcal ME/kgの試験飼料を給与した。当日産卵し,次日も産卵が期待される10羽に,放卵5時間後にネンブタールを投与した。羽毛除去後,血漿,肝臓,小腸,卵管,深胸筋,そして前脛骨筋と皮膚およ...
T. Ishibashi, Y. Ohta
Asian-Australasian Journal of Animal Sciences   12 1298-1309   1999年12月
The nutritional value of protein varies between feedstuffs. It is possible to feed animals using crystalline amino acids as a sole nitrogen source, but in practice only some limiting amino acids are added to the diet. In order to use feedstuffs ef...
Y. Ohta, N. Tsushima, K. Koide, M. T. Kidd, T. Ishibashi
Poultry Science   78 1493-1498   1999年11月
Two experiments were conducted to evaluate the effect of amino acid (AA) injections in ovo in Cobb broiler breeder eggs on hatchability and subsequent chick BW. In Experiment 1, moisture, crude fat (CF), and CP were analyzed over time during incub...
太田 能之
日本家禽学会誌   36(2) 75-82   1999年
Fujiro Sakurai, Fujiro Sakurai, Mari Hamamatsu, Rina Takahashi, Nobumichi Tsushima, Yoshiyuki Ohta, Teru Ishibashi
Experimental Animals   47 189-194   1998年7月
To determine the amount of endogenous amino acids in budgerigars (sekiseiinko, Melopsittacus undulatus), as the first step of evaluating amino acid requirements, three experiments were conducted. In Experiments 1 and 2, transit time of the feeds t...

担当経験のある科目

 
  • 家畜飼養学 (農業者大学校)
  • 動物生化学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 基礎生化学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本アミノ酸学会 , 日本畜産学会 , 日本家禽学会

競争的資金等の研究課題

 
ニワトリの初期栄養操作による育雛成績向上に関する研究
文部科学省: 科学研究費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 太田能之