トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 太田 能之
 

太田 能之

 
アバター
研究者氏名太田 能之
 
 オオタヨシユキ
学位博士(農学)(新潟大学)
J-Global ID201601019663256960

研究キーワード

 
栄養生化学 ,動物栄養学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 

経歴

 

学歴

 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本家禽学会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
日本ペット栄養学会  評議委員
 
2012年4月
 - 
現在
日本農学会  運営委員
 
2010年4月
 - 
現在
日本家禽学会  編集委員
 

受賞

 
2014年9月
日本家禽学会, 日本家禽学会賞,ニワトリ胚および初生ヒナの栄養改善による生産能の向上に関する研究
太田能之 
 

論文

 
 
太田能之   
Journal of Poultry Science   54(2) 167-172   2017年4月   
Two experiments were conducted to evaluate the usefulness of urinary creatinine levels as a criterion for the estimation of protein and amino acid requirements in poultry. Here we studied the effects of dietary precursor levels of creatinine, meth...
 
Takashi Bungo   Jun-ichi Shiraishi   Kouichi Yanagita   Yoshiyuki Ohta   Masanori Fujita   
GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY   163(1-2) 47-51   2009年8月   [査読有り]
Nociceptin/orphanin FQ (N/OFQ) was identified in 1995 as the endogenous ligand for the orphan Gi/G coupled opioid receptor-like 1 receptor (NOPI). Exogenous N/OFQ increases food intake in mammals, but its effect and mode of action in chicks are no...
 
Hiroki Furuta   Yuko Yoshimi   Yoshiyuki Ohta   Tatsuyuki Yoshida   
CYTOTECHNOLOGY   60(1-3) 165-168   2009年7月   [査読有り]
Germline chimeric chickens were produced by the transfer of primordial germ cells (PGCs) or blastoderm cells. The hatchability of eggs produced by transfer of exogenous PGCs is usually low. The purpose of the present study was investigated to expr...
 
M Tanaka   T Miyazaki   Yamamoto, I   N Nakai   Y Ohta   N Tsushima   M Wakita   K Shimada   
GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY   134(2) 198-202   2003年11月   [査読有り]
Synthetic growth hormone secretagogues stimulate growth hormone secretion by binding to a specific receptor, growth hormone secretagogue receptor (GHS-R). In this study, we investigated the cDNA and the genomic structure of chicken GHS-R. Chicken ...

MISC

 
 
太田 能之   石橋 晃   
日本家禽学会誌   34(6) 414-418   1997年11月   
 
太田 能之   石橋 晃   
日本家禽学会誌   34(6) 414-418   1997年   
The alleviatory effect of essential amino acids on growth depression and elevation of plasma methionine (Met) concentration caused by dietary excess Met was studied. Eight-day-old female broiler chicks were divided into 10 groups of 4 chicks with ...
 
太田 能之   石橋 晃   
日本家禽学会誌   34(4) 282-291   1997年   
ブロイラーにおいて排泄タウリン量およびタウリン排泄量:含硫アミノ酸(SAA)摂取量比(TS比)を栄養状態の指標とするため,飼料中含硫アミノ酸水準,体重および飼料摂取量のタウリン排泄量に及ぼす影響を,8日齢のヒナを用いて調べた。<br>試験1においてはヒナを単飼ケージにおいて3日間市販飼料を与え,SAA水準0.52,0.82もしくは1.12%飼料に切替えて6日間飼育したとき,タウリン排泄量はSAA不足および至適区では0.5μmol/日で一定であったが,SAA過剰区では飼料切替後2...
 
太田 能之   石橋 晃   
日本家禽学会誌   32(2) 81-89   1995年   
メチオニン欠乏および過剰によるブロイラーの生産能の低下とそれに対するグリシンの緩和効果の理由を明らかにするため,2つの実験を行った。実験1では,トウモロコシ-大豆粕飼料に段階的にメチオニンを添加してブロイラーの最大生産能の至適なメチオニン水準を求あた。実験2では不足および過剰メチオニン飼料給与時の生産能低下に対するグリシンの緩和効果について調べた。<br>最大成長はメチオニン水準は0.46%,最大成長の70%は0.26および1.56%で得られた。そこで試験2では0.26%, 0...
 
太田 能之   石橋 晃   
日本家禽学会誌   31(6) 369-380   1994年   
8から18日齢のブロイラーヒナの最大成長に必要なメチオニン(Met)および総含硫アミノ酸(TSAA)水準推定に際しての,Metとシスチン(Cys)の相互関係について調べるため4つの実験を行った。アーバーエーカー種のブロイラー雌ヒナに,代謝エネルギーは3,200kcal/kgで,TSAAを除く必須アミノ酸のバランスはNRCのパターンに整えた粗蛋白質を17%含む,トウモロコシおよび大豆粕主体の飼料を自由摂取させた。まず,試験1ではMet 0.25%, Cys 0.22%の飼料にL=Metを5段...

書籍等出版物

 

講演・口頭発表等

 

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
家畜飼養学 (農業者大学校)
 
   
 
動物生化学実習 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
基礎生化学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本アミノ酸学会
 
   
 
日本畜産学会
 
   
 
日本家禽学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月

産業財産権

 
 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他