トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 太田能之
 

太田能之

 
アバター
研究者氏名太田能之
 
オオタヨシユキ
所属日本獣医生命科学大学
職名教授
学位博士(農学)(新潟大学)

研究キーワード

 
栄養生化学 , 動物栄養学

研究分野

 
  • 動物生命科学 / 動物生産科学 / 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本家禽学会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
日本ペット栄養学会  評議委員
 
2012年4月
 - 
現在
日本農学会  運営委員
 
2010年4月
 - 
現在
日本家禽学会  編集委員
 

受賞

 
2014年9月
日本家禽学会 日本家禽学会賞 ニワトリ胚および初生ヒナの栄養改善による生産能の向上に関する研究
 

論文

 
Bungo T, Shiraishi J, Yanagita K, Ohta Y, Fujita M
General and comparative endocrinology   163(1-2) 47-51   2009年9月   [査読有り]
Furuta H, Yoshimi Y, Ohta Y, Yoshida T
Cytotechnology   60(1-3) 165-168   2009年7月   [査読有り]
Tanaka M, Miyazaki T, Yamamoto I, Nakai N, Ohta Y, Tsushima N, Wakita M, Shimada K
General and comparative endocrinology   134(2) 198-202   2003年11月   [査読有り]

Misc

 
Fujiro Sakurai, Mari Hamamatsu, Keiichi Hiramoto, Yoshiyuki Ohta, Teru Ishibashi, Teru Ishibashi
Experimental Animals   47 119-122   1998年4月
In a series of experiment to elucidate the rule of amino acid requirements in the fowls from small to large ones, the fractional synthesis rates (FSR) of protein were determined to collect basal data on protein and amino acid metabolism in budgeri...
太田 能之, 石橋 晃
日本家禽学会誌   34(6) 414-418   1997年11月
太田 能之, 石橋 晃
日本家禽学会誌   34(6) 414-418   1997年
The alleviatory effect of essential amino acids on growth depression and elevation of plasma methionine (Met) concentration caused by dietary excess Met was studied. Eight-day-old female broiler chicks were divided into 10 groups of 4 chicks with ...
太田 能之, 石橋 晃
日本家禽学会誌   34(4) 282-291   1997年
ブロイラーにおいて排泄タウリン量およびタウリン排泄量:含硫アミノ酸(SAA)摂取量比(TS比)を栄養状態の指標とするため,飼料中含硫アミノ酸水準,体重および飼料摂取量のタウリン排泄量に及ぼす影響を,8日齢のヒナを用いて調べた。<br>試験1においてはヒナを単飼ケージにおいて3日間市販飼料を与え,SAA水準0.52,0.82もしくは1.12%飼料に切替えて6日間飼育したとき,タウリン排泄量はSAA不足および至適区では0.5μmol/日で一定であったが,SAA過剰区では飼料切替後2.8μmol...
太田 能之, 石橋 晃
日本家禽学会誌   32(2) 81-89   1995年
メチオニン欠乏および過剰によるブロイラーの生産能の低下とそれに対するグリシンの緩和効果の理由を明らかにするため,2つの実験を行った。実験1では,トウモロコシ-大豆粕飼料に段階的にメチオニンを添加してブロイラーの最大生産能の至適なメチオニン水準を求あた。実験2では不足および過剰メチオニン飼料給与時の生産能低下に対するグリシンの緩和効果について調べた。<br>最大成長はメチオニン水準は0.46%,最大成長の70%は0.26および1.56%で得られた。そこで試験2では0.26%, 0.46%と1...

担当経験のある科目

 
  • 家畜飼養学 (農業者大学校)
  • 動物生化学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 基礎生化学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本アミノ酸学会 , 日本畜産学会 , 日本家禽学会

競争的資金等の研究課題

 
栄養処理による食肉の高品質化:メタボローム及び遺伝子発現による代謝調節の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 藤村 忍
ニワトリの初期栄養操作による育雛成績向上に関する研究
文部科学省: 科学研究費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 太田能之