トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 水谷 尚
 

水谷 尚

 
アバター
研究者氏名水谷 尚
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学科

研究キーワード

 
超音波画像診断 , リポ蛋白質 , 脂肪肝 , ケトーシス , 脂質代謝

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

学歴

 
1994年4月
 - 
1998年3月
日本獣医畜産大学 獣医学研究科(大学院博士課程) 
 
1988年4月
 - 
1994年3月
岩手大学 農学部 
 

論文

 
T. Sako, A. Mori, P. Lee, T. Sato, H. Mizutani, T. Takahashi, Y. Kiyosawa, H. Tazaki, T. Arai
Veterinary Research Communications   33 473-479   2009年1月
Measurements of serum fructosamine, glycated hemoglobin, and glycated albumin (GA) complement serum glucose concentration for better management of diabetes mellitus (DM). Especially, the serum fructosamine test has long been used for diagnosing an...
Akihiro Mori, Peter Lee, Hisashi Mizutani, Tomoya Takahashi, Daigo Azakami, Mina Mizukoshi, Hiroko Fukuta, Noriko Sakusabe, Arihito Sakusabe, Yoshio Kiyosawa, Toshiro Arai, Toshinori Sako
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   21(1) 112-6   2009年1月   [査読有り]
Measurements of glycated proteins such as serum fructosamine, glycated hemoglobin, and glycated albumin (GA) are increasingly used to complement serum glucose concentration for better management of diabetes mellitus. For example, the degree of gly...
長田 雅宏, 水谷 尚, 倉内 宗一, Masahiro OSADA, MIZUTANI Hisashi, KURAUCHI Munekazu
東京農業大学農学集報   53(3) 189-193   2008年12月
静岡県富士宮市西富士開拓地域の3戸の酪農家は、舎飼い酪農を基本として1頭当り10〜20aの小面積放牧区による5時間程度に制限した放牧方法を取り入れている。本来、放牧管理は運動負荷により周産期の疾病を予防して発情発見率や受胎率が向上すると言われているが、この地域の牛群検定成績を分析した結果、放牧管理を取り入れた酪農は、舎飼い酪農と比較して平均産次数、平均除籍産次数は延長したが、初回授精日数や分娩間隔の延長、JMR(平均遅延日数)や受胎に要した授精回数の増加といった繁殖成績の低下が認められた。...
豊田 洋治, 左向 敏紀, 水谷 尚, 杉山 美恵子, 早川 典之, 長谷川 弘哉, 廣瀬 昶
The journal of veterinary medical science   70(10) 1091-1093   2008年10月
キシリトールをケトーシス牛および健康牛に静脈内ボーラス投与した場合、一過性の強いインスリン分泌は健康牛では認められたが、ケトーシス牛では認められなかった。一方、120分までのインスリン曲線下面積(AUC)はケトーシス牛と健康牛で有意な差を認めなかった。以上の所見から、ケトーシス牛におけるキシリトールのボーラス投与は、一過性の強いインスリン分泌ではなく、緩やかな持続的分泌を惹起することが示された。
A. Mori, T. Sako, P. Lee, T. Motoike, K. Iwase, Y. Kanaya, H. Fukuta, H. Mizutani, T. Arai
Veterinary Research Communications   32 563-573   2008年9月
Intermediate insulin injections are commonly used for glycemic control in insulin dependent diabetic dogs acting as a replacement for natural insulin. Neutral Protamin Hagedorn (NPH) insulin and insulin glargine are two types of injectable insulin...

MISC

 
水谷 尚
臨床獣医   37(13) 48-52   2019年12月
小山 朔, 安川 美弥, 井上 拓馬, 佐藤 玲奈, 松村 知周, 吉村 格, 田島 剛, 水谷 尚, 味戸 忠春, 三浦 亮太朗
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 440-440   2019年8月
安川 美弥, 小山 朔, 井上 拓馬, 佐藤 玲奈, 松村 知周, 吉村 格, 水谷 尚, 味戸 忠春, 三浦 亮太朗
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 441-441   2019年8月

講演・口頭発表等

 
水谷尚, 後藤洋, 長島宏太, 中澤咲紀, 三浦亮太朗, 吉村格, 山田裕
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2018年8月21日   
水谷尚
第38回動物臨床医学会産業動物医学フォーラム   2017年11月19日   
佐藤洋大朗, 荒井延明, 安田英巳, 水谷尚, 溝口康
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   
寺田博美, 三浦亮太朗, 上原メイ, 井上拓馬, 安川美弥, 椚友香, 水谷尚, 吉村格, 山田裕
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   
高橋知也, 高橋知也, 森昭博, 廣渡祐史, 小田民美, 田高良聡恵, 真仁田大輔, 水谷尚, 三木陽平, 板橋由起子, 左向敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日