トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 佐藤 薫
 

佐藤 薫

 
アバター
研究者氏名佐藤 薫
 
サトウ カオル
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部
職名准教授
学位博士(農学)(東北大学)

研究キーワード

 
畜産食品 , タンパク質化学 , チーズ , ホエイタンパク質 , カゼイン , 乳タンパク質 ,

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 畜産食品学
  • ライフサイエンス / 食品科学 / タンパク質化学

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 食品科学科 准教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
北海道文教大学 人間科学部 健康栄養学科 教授
 
1985年4月
 - 
2013年3月
雪印メグミルク株式会社
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1985年3月
東北大学大学院 農学研究科 
 
1979年4月
 - 
1983年3月
東北大学 農学部 
 

論文

 
K Sato, H Imai, M Nakamura, T Nishiya, M Kawanari, Nakajima, I
MILCHWISSENSCHAFT-MILK SCIENCE INTERNATIONAL   51(7) 380-382   1996年
Hydrolysis of whey protein isolate (WPI) solution prior to heat treatment induced preferential aggregation of beta-lactoglobulin, accompanied by oxidation of sulfhydryl to disulfide groups or sulfhydryl-disulfide exchange reactions. The degree of ...
河内公恵, 佐藤薫, 中村道子, 西谷紹明, 井門和夫, 中島一郎
酪農科学・食品の研究   44(1) A.27-A.31   1995年2月
K SATO, M NAKAMURA, T NISHIYA, M KAWANARI, NAKAJIMA, I
MILCHWISSENSCHAFT-MILK SCIENCE INTERNATIONAL   50(7) 389-392   1995年
After heating 10 % (w/w) of whey protein isolate (WPI) solution to 90 degrees C for 10 min, the partially heat-denatured WPI solution was subjected to proteolytic digestion with trypsin, papain, pronase, pepsin and protease at neutral pHs. The res...
佐藤 薫, 中村 道子, 小泉 詔一, 河内 公恵, 西谷 紹明, 中島 一郎
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   42(1) 7-13   1995年
塩化ナトリウム添加によって得られる加熱処理WPI溶液のゲルについて,その形成過程における疎水性度およびSH量の変化について検討した.<BR>10%WPI溶液を70℃以上で加熱した場合,高分子化したホエータンパク質の可溶性凝集体が得られる.この過程においてホエータンパク質の疎水性度は上昇し,SH量は低下することがわかった.また,電気泳動分析から可溶性凝集体はSS結合を介していることがわかった.すなわち,加熱処理によりホエータンパク質問で疎水性相互作用およびSH/SS交換反応が生じ...
中村 道子, 佐藤 薫, 小泉 詔一, 河内 公恵, 西谷 紹明, 中島 一郎
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   42(1) 1-6   1995年
WPI溶液を予め加熱処理し,室温で塩化ナトリウムを添加することによりゲル化する現象について検討し,以下のことが明らかとなった.<BR>(1) 80℃ 30分加熱処理した10% (w/w) WPI溶液に塩化ナトリウムを0.3-1.2% (w/w)添加すると,20℃において溶液は粘度の上昇をともないながら徐々にゲル化した.塩化ナトリウムの濃度が高くなるにしたがい粘度上昇は速く進み,ゲル化時間は短くなる傾向を示した.さらに,WPI溶液の加熱処理温度,塩化ナトリウムの濃度が高くなるにし...

MISC

 
中村 道子, 佐藤 薫
月刊フ-ドケミカル   12(7) 89-94   1996年7月

書籍等出版物

 
佐藤 薫 (担当:共著, 範囲:乳タンパク質の性質と分析法)
アイ・ケイコーポレーション   2018年10月   
佐藤 薫 (担当:共編者(共編著者), 範囲:動物性食品)
株式会社化学同人   2017年5月   
佐藤 薫 (担当:共編者(共編著者), 範囲:食品の一次機能、食品表示)
株式会社化学同人   2017年4月   
佐藤 薫 (担当:共著, 範囲:高齢者向け食品素材 乳タンパク質)
シーエムシー出版   2012年7月   

講演・口頭発表等

 
谷本守正, 島 弘幸, 佐藤薫
IDF World Dairy Summit 2019   2019年9月   
小田中南弓, 遠藤吏保, 佐藤薫, 三浦孝之, 中島肇
日本食品科学工学会第66回大会   2019年8月31日   
三浦孝之, 佐藤 薫
日本食品科学工学会第66回大会   2019年8月31日   
中嶌香織, 野村朋子, 中山智香子, 池谷綾美, 三浦孝之, 佐藤薫
日本食品科学工学会第66回大会   2019年8月31日   
松田詩歩, 上田彩美, 佐藤薫, 谷本守正
酪農科学シンポジウム   2019年8月23日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 食品保存・加工学 (帝京科学大学)
  • 食品加工学 (北海道文教大学)
  • 食品学(各論) (北海道文教大学)
  • 畜産食品化学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 畜産食品製造学実習 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本畜産学会 , 日本酪農乳業史研究会 , 日本酪農科学会 , 日本農芸化学会 , 日本食品科学工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
農林水産省技術会議事務局: 革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月