トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 田村恭一
 

田村恭一

 
アバター
研究者氏名田村恭一
 
タムラ キヨウイチ
eメールktamuranvlu.ac.jp
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/00722282.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名助教

研究キーワード

 
免疫逃避 , がん免疫 , 獣医臨床病理学

研究分野

 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 獣医臨床病理学

経歴

 
2014年4月
   
 
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教
 

論文

 
Yagihara H, Kinjo E, Kobayashi Y, Tsuji A, Nishimura Y, Shinozaki N, Tamura K, Isotani M, Nakagaki K, Takahashi K, Ono K, Washizu T, Bonkobara M
Veterinary journal (London, England : 1997)   180(3) 348-355   2009年6月   [査読有り]
Yagihara H, Uematsu Y, Koike A, Tamura K, Isotani M, Yamaguchi T, Ono K, Washizu T, Bonkobara M
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   21(2) 197-202   2009年3月   [査読有り]
Tamura K, Yamada M, Isotani M, Arai H, Yagihara H, Ono K, Washizu T, Bonkobara M
Veterinary journal (London, England : 1997)   175(1) 126-129   2008年1月   [査読有り]
Bonkobara M, Saito T, Yamashita M, Tamura K, Yagihara H, Isotani M, Sato T, Washizu T
Veterinary journal (London, England : 1997)   174(3) 659-662   2007年11月   [査読有り]
Tamura K, Arai H, Ueno E, Saito C, Yagihara H, Isotani M, Ono K, Washizu T, Bonkobara M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   69(9) 925-930   2007年9月   [査読有り]

Misc

 
田村 恭一, 新井 宏禎, 上野 恵美, 斉藤 千絵, 八木原 紘子, 礒谷 真弓, 小野 憲一郎, 鷲巣 月美, 盆子原 誠
The journal of veterinary medical science   69(9) 925-930   2007年9月
イヌの異なる3種類の株化腫瘍細胞を用いて樹状細胞(DC)を介した免疫誘導の差を検討した.扁平上皮癌株化細胞SCC2/88,組織球性肉腫株化細胞CHS-5およびB細胞性白血病株化細胞GL-1より可溶化物を作成し,keyhole limpet hemocyanin (KLH)存在下でそれぞれDCにパルスした.これらのDC (SCC-KLH-DC,CHS-KLH-DCおよびGL-KLH-DC)を用いてイヌのワクチネーションを行った.それぞれの腫瘍株細胞に対する免疫反応は遅延型過敏(DTH)皮膚試...
礒谷 真弓, 勝間 健介, 田村 恭一, 山田 美里, 八木原 紘子, 呰上 大吾, 小野 憲一郎, 鷲巣 月美, 盆子原 誠
The journal of veterinary medical science   68(8) 809-814   2006年8月
樹状細胞は強力な抗原提示能を有する事から,免疫療法においてきわめて重要な細胞と考えられる.我々はネコ組み換えgranulocyte-macrophage colony-stimulating factor(GM-CSF)およびイヌ組み換えinterleukin-4(IL-4)を用いて,イヌ骨髄樹状細胞の効率的な誘導法を確立しその性状を解析した.骨髄細胞をGM-CSFおよびIL-4の存在下で培養する事により,樹状形態を呈しMHC class IIおよびCD11cを表出する樹状細胞が,骨髄約0...

講演・口頭発表等

 
DC-HILを標的とした新規免疫チェックポイント阻害療法の可能性 [招待有り]
田村恭一
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
骨髄検査の方法と解釈 [招待有り]
田村恭一
第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2018年2月18日   
獣医領域におけるがん免疫抑制機構に関する最新知見 [招待有り]
田村恭一
第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2018年2月18日   
犬の骨髄由来抑制細胞と悪性腫瘍との関連 [招待有り]
田村恭一
第13回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2017年2月18日   
犬の骨髄由来抑制細胞と悪性腫瘍との関連 [招待有り]
田村恭一
日本獣医臨床病理学会2016年大会   2016年5月29日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 田村 恭一