トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 田村 恭一
 

田村 恭一

 
アバター
研究者氏名田村 恭一
 
タムラ キヨウイチ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/00722282.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名助教

研究キーワード

 
免疫逃避 , がん免疫 , 獣医臨床病理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 獣医臨床病理学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 獣医臨床病理学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 獣医臨床病理学

経歴

 
2014年4月
   
 
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教
 

論文

 
Hiroko Yagihara, Emiko Kinjo, Yohei Kobayashi, Ayaka Tsuji, Yudai Nishimura, Nao Shinozaki, Kyoichi Tamura, Mayu Isotani, Kazuhide Nakagaki, Kimimasa Takahashi, Kenichiro Ono, Tsukimi Washizu, Makoto Bonkobara
VETERINARY JOURNAL   180(3) 348-355   2009年6月   [査読有り]
Keratinocyte differentiation-associated protein, Kdap, is a recently identified small secretory protein that may act as a Soluble regulator for the cornification and/or desquamation of keratinocytes. To clarify the role of Kdap in the terminal dif...
Yagihara H, Uematsu Y, Koike A, Tamura K, Isotani M, Yamaguchi T, Ono K, Washizu T, Bonkobara M
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   21(2) 197-202   2009年3月   [査読有り]
M. Isotani, N. Ishida, M. Tominaga, K. Tamura, H. Yagihara, S. Ochi, R. Kato, T. Kobayashi, M. Fujita, Y. Fujino, A. Setoguchi, K. Ono, T. Washizu, M. Bonkobara
JOURNAL OF VETERINARY INTERNAL MEDICINE   22(4) 985-988   2008年7月   [査読有り]
Background: Imatimb mesylate is a small molecule targeted at dysregulated protein-tyrosine kinase. Mutation of c-kit exon 11, which induces constitutive phosphorylation of KIT, is one of the mechanisms for the development or progression of mast ce...
Kyoichi Tamura, Misato Yamada, Mayu Isotani, Hiroyoshi Arai, Hiroko Yagihara, Kenichiro Ono, Tsukimi Washizu, Makoto Bonkobara
VETERINARY JOURNAL   175(1) 126-129   2008年1月   [査読有り]
To establish the basis for the use of dendritic cells (DC) in the treatment of canine melanoma, dogs were vaccinated using autologous DC pulsed with canine melanoma CMM2 cell lysate in the presence of keyhole limpet haemocyanin (KLH) in vitro (CMM...
Makoto Bonkobara, Taro Saito, Masahiro Yamashita, Kyoichi Tamura, Hiroko Yagihara, Mayu Isotani, Takashi Sato, Tsukimi Washizu
VETERINARY JOURNAL   174(3) 659-662   2007年11月   [査読有り]
A case of canine non-T, non-B lymphoid leukaemia was determined to be of natural killer (NK) cell lineage by detecting specific expression of canine CD56 mRNA by reverse transcriptase polymerase chain reaction analysis. Although NK cells are usual...

MISC

 
田村 恭一, 新井 宏禎, 上野 恵美, 斉藤 千絵, 八木原 紘子, 礒谷 真弓, 小野 憲一郎, 鷲巣 月美, 盆子原 誠
The journal of veterinary medical science   69(9) 925-930   2007年9月
イヌの異なる3種類の株化腫瘍細胞を用いて樹状細胞(DC)を介した免疫誘導の差を検討した.扁平上皮癌株化細胞SCC2/88,組織球性肉腫株化細胞CHS-5およびB細胞性白血病株化細胞GL-1より可溶化物を作成し,keyhole limpet hemocyanin (KLH)存在下でそれぞれDCにパルスした.これらのDC (SCC-KLH-DC,CHS-KLH-DCおよびGL-KLH-DC)を用いてイヌのワクチネーションを行った.それぞれの腫瘍株細胞に対する免疫反応は遅延型過敏(DTH)皮膚試...
礒谷 真弓, 勝間 健介, 田村 恭一, 山田 美里, 八木原 紘子, 呰上 大吾, 小野 憲一郎, 鷲巣 月美, 盆子原 誠
The journal of veterinary medical science   68(8) 809-814   2006年8月
樹状細胞は強力な抗原提示能を有する事から,免疫療法においてきわめて重要な細胞と考えられる.我々はネコ組み換えgranulocyte-macrophage colony-stimulating factor(GM-CSF)およびイヌ組み換えinterleukin-4(IL-4)を用いて,イヌ骨髄樹状細胞の効率的な誘導法を確立しその性状を解析した.骨髄細胞をGM-CSFおよびIL-4の存在下で培養する事により,樹状形態を呈しMHC class IIおよびCD11cを表出する樹状細胞が,骨髄約0...

講演・口頭発表等

 
田村恭一
2019年2月17日   
田村恭一
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
田村恭一
第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2018年2月18日   
田村恭一
第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2018年2月18日   
田村恭一
第13回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2017年2月18日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2008年 - 2010年