トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 田村 恭一
 

田村 恭一

 
アバター
研究者氏名田村 恭一
 
タムラ キヨウイチ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/00722282.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名講師
J-Global ID201601011516016294

研究キーワード

 
免疫逃避 ,がん免疫 ,獣医臨床病理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 獣医臨床病理学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 獣医臨床病理学

経歴

 
2014年4月
   
 
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教 
 

論文

 
 
Masato Kobayashi   Shiori Kuroki   Yu Tanaka   Yukari Moriya   Yukari Kozutumi   Yuji Uehara   Kenichiro Ono   Kyoichi Tamura   Tsukimi Washizu   Makoto Bonkobara   
European journal of haematology   95(6) 524-31   2015年12月   [査読有り]
Although imatinib has therapeutic activity for certain subsets of patients with mastocytosis, it is not always curative. Here, molecular mechanisms that confer imatinib resistance to neoplastic mast cells were investigated using an imatinib-sensit...
 
Miyabe M   Gin A   Onozawa E   Daimon M   Yamada H   Oda H   Mori A   Momota Y   Azakami D   Yamamoto I   Mochizuki M   Sako T   Tamura K   Ishioka K   
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   77(10) 1201-1206   2015年11月   [査読有り]
 
Jake Turrentine   Jin-Sung Chung   Kaveh Nezafati   Kyoichi Tamura   Amy Harker-Murray   James Huth   Rohit R Sharma   David B Harker   Kiyoshi Ariizumi   Ponciano D Cruz Jr   
The Journal of investigative dermatology   134(11) 2839-2842   2014年11月   [査読有り]
 
Jin-Sung Chung   Kyoichi Tamura   Ponciano D Cruz Jr   Kiyoshi Ariizumi   
The Journal of investigative dermatology   134(11) 2784-2794   2014年11月   [査読有り]
A major barrier to successful cancer immunotherapy is the tumor's ability to induce T-cell tolerance by exploiting host regulatory mechanisms. Having discovered the DC-HIL receptor, which inhibits T-cell responses by binding to syndecan-4 on effec...
 
Jin-Sung Chung   Kyoichi Tamura   Hideo Akiyoshi   Ponciano D Cruz Jr   Kiyoshi Ariizumi   
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   192(6) 2576-84   2014年3月   [査読有り]
Having discovered that the dendritic cell (DC)-associated heparan sulfate proteoglycan-dependent integrin ligand (DC-HIL) receptor on APCs inhibits T cell activation by binding to syndecan-4 (SD-4) on T cells, we hypothesized that the DC-HIL/SD-4 ...

MISC

 
 
小林正典   渡部志歩   田村恭一   盆子原誠   堀達也   河上栄一   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 411   2018年8月   
 
小林正典   地主真実子   地主真実子   田村恭一   盆子原誠   堀達也   河上栄一   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 440   2017年8月   
 
田村 恭一   
Veterinary circulation : 小動物循環器科専門誌   5(3) 43-47   2016年8月
 
田村 恭一   新井 宏禎   上野 恵美   斉藤 千絵   八木原 紘子   礒谷 真弓   小野 憲一郎   鷲巣 月美   盆子原 誠   
The journal of veterinary medical science   69(9) 925-930   2007年9月   
イヌの異なる3種類の株化腫瘍細胞を用いて樹状細胞(DC)を介した免疫誘導の差を検討した.扁平上皮癌株化細胞SCC2/88,組織球性肉腫株化細胞CHS-5およびB細胞性白血病株化細胞GL-1より可溶化物を作成し,keyhole limpet hemocyanin (KLH)存在下でそれぞれDCにパルスした.これらのDC (SCC-KLH-DC,CHS-KLH-DCおよびGL-KLH-DC)を用いてイヌのワクチネーションを行った.それぞれの腫瘍株細胞に対する免疫反応は遅延型過敏(DTH)皮膚試...
 
M. Isotani   H. Yagihara   K. Tamura   M. Bonkobara   K. Ono   T. Washizu   
JOURNAL OF VETERINARY INTERNAL MEDICINE   21(3) 620-620   2007年5月   

講演・口頭発表等

 
 
田村恭一   
第17回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2021年2月19日   
 
田村恭一   
第16回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2020年2月21日   
 
田村恭一   
第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2019年2月17日   [招待有り]
 
田村恭一   
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   [招待有り]
 
田村恭一   
第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2018年2月18日   [招待有り]

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
犬の個別化がん特異的免疫療法の実用化に向けた研究開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
塚田 晃三 藤田 道郎 山本 一郎 田村 恭一 宮前 二朗 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
担がん犬における骨髄由来抑制細胞を標的とした新規治療候補薬の探索
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
田村恭一 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
肥満細胞腫におけるチロシンキナーゼ阻害剤耐性化機構の解明と克服戦略の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
盆子原 誠 道下 正貴 佐々木 崇 呰上 大吾 田村 恭一 有泉 清志 安田 暁子 鴫原 果映 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
新規共抑制分子DC-HILを標的とした犬悪性黒色腫に対する新たな免疫療法の確立
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
田村 恭一 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
自然発生癌宿主における樹状細胞ワクチン低反応性メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
田村恭一 
研究期間: 2008年 - 2010年