トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 小柳 円
 

小柳 円

 
アバター
研究者氏名小柳 円
 
コヤナギ マドカ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/00543399.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科
職名准教授

研究キーワード

 
HIV-1 , CTL , ストレス

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 准教授
 
2016年4月
 - 
2020年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 助教
 
2009年2月
 - 
2014年3月
熊本大学 エイズ学研究センター 特任助教
 
2006年3月
 - 
2009年1月
St.Jude Children’s Research Hospital Department of Immunology 研究員
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
東京女子医科大学大学院 医学研究科微生物学免疫学分野 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
北里大学大学院 医科学研究科生体機能医科学群 
 

論文

 
Takayuki Chikata, Hayato Murakoshi, Madoka Koyanagi, Kazutaka Honda, Hiroyuki Gatanaga, Shinichi Oka, Masafumi Takiguchi
JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   216(11) 1415-1424   2017年12月   [査読有り]
HLA-B*52:01-C*12:02, which is found in approximately 20% of all Japanese persons, is well known to be associated with ulcerative colitis and Takayasu arteritis. This haplotype is also known to be protective in individuals infected with human immun...
Hayato Murakoshi, Madoka Koyanagi, Takayuki Chikata, Mohammad Arif Rahman, Nozomi Kuse, Keiko Sakai, Hiroyuki Gatanaga, Shinichi Oka, Masafumi Takiguchi
JOURNAL OF VIROLOGY   91(4)    2017年2月   [査読有り]
HLA-B*52:01-C*12:02, which is the most abundant haplotype in Japan, has a protective effect on disease progression in HIV-1-infected Japanese individuals, whereas HLA-B*57 and -B*27 protective alleles are very rare in Japan. A previous study on HL...
Lin Z, Kuroki K, Kuse N, Sun X, Akahoshi T, Qi Y, Chikata T, Naruto T, Koyanagi M, Murakoshi H, Gatanaga H, Oka S, Carrington M, Maenaka K, Takiguchi M
Cell reports   17(9) 2210-2220   2016年11月   [査読有り]
Murakoshi Hayato, Akahoshi Tomohiro, Koyanagi Madoka, Chikata Takayuki, James Katherine L, Tamura Yoshiko, Kuse Nozomi, Sun Xiaoming, Gatanaga Hiroyuki, Rowland-Jones Sarah L, Oka Shinichi, Takiguchi Masafumi
AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES   32 168   2016年10月   [査読有り]
Madoka Koyanagi, So Kawakabe, Yutaka Arimura
CYTOTECHNOLOGY   68(4) 1489-1498   2016年8月   [査読有り]
Cell proliferation assays are basic and essential techniques for assessing cellular function. Various colorimetric assays, such as MTT-, WST-1-, and resazurin-based assays, are available; however, studies directly comparing the suitability of each...

MISC

 
村越勇人, 小柳円, 赤星智寛, 近田貴敬, 久世望, 潟永博之, 潟永博之, 岡慎一, 岡慎一, 滝口雅文
日本エイズ学会誌   20(4) 483   2018年11月
石川あゆ子, 小柳円, 有村裕
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st ROMBUNNO.3P‐0508 (WEB ONLY)   2018年
島田実季, 小柳円, 有村裕, 石渡賢治
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st ROMBUNNO.2P‐0550 (WEB ONLY)   2018年
後藤夢実, 小柳円, 有村裕
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.1P‐1070 (WEB ONLY)   2017年
岡美寿季, 小柳円, 有村裕
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.1P‐1074 (WEB ONLY)   2017年

所属学協会

 
日本免疫学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
科学研究助成事業 日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
科学研究費助成事業 日本学術振興会: 科学研究費 若手研究B
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月