トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 小柳 円
 

小柳 円

 
アバター
研究者氏名小柳 円
 
コヤナギ マドカ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/00543399.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科
職名准教授

研究キーワード

 
HIV-1 , CTL , ストレス

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 准教授
 
2016年4月
 - 
2020年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 助教
 
2009年2月
 - 
2014年3月
熊本大学 エイズ学研究センター 特任助教
 
2006年3月
 - 
2009年1月
St.Jude Children’s Research Hospital Department of Immunology 研究員
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
東京女子医科大学大学院 医学研究科微生物学免疫学分野 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
北里大学大学院 医科学研究科生体機能医科学群 
 

論文

 
Madoka Koyanagi, Julie A. Kerns, Linda Chung, Yan Zhang, Scott Brown, Tudor Moldoveanu, Harmit S. Malik, Mark Bix
BMC EVOLUTIONARY BIOLOGY   10 223   2010年7月   [査読有り]
Background: Interleukin-4 (IL4) is a secreted immunoregulatory cytokine critically involved in host protection from parasitic helminths [1]. Reasoning that helminths may have evolved mechanisms to antagonize IL4 to maximize their dispersal, we exp...
Yutaka Arimura, Taichi Ezaki, Madoka Koyanagi, Takehiko Uchiyama, Shigeo Koyasu, Junji Yagi
JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY   87(3) 493-500   2010年3月   [査読有り]
PI3K plays crucial roles in the immune system. Mice deficient for p85 alpha, a major regulatory subunit of class IA PI3K, show various defects and alterations in B cells, mast cells, macrophages, and DCs, and peripheral T cells are reportedly norm...
Nitya Jain, Hai Nguyen, Randall H. Friedline, Nidhi Malhotra, Michael Brehm, Madoka Koyanagi, Mark Bix, Jonathan A. Cooper, Cynthia A. Chambers, Joonsoo Kang
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   183(7) 4192-4196   2009年10月   [査読有り]
FOXP3-expressing regulatory T (Treg) cells are vital for maintaining peripheral T cell tolerance and homeostasis. The mechanisms by which FOXP3 target genes orchestrate context-dependent Treg cell function are largely unknown. In this study we sho...
Mariko Okamoto, Melanie Van Stry, Linda Chung, Madoka Koyanagi, Xizhang Sun, Yoshie Suzuki, Osamu Ohara, Hiroshi Kitamura, Atsushi Hijikata, Masato Kubo, Mark Bix
NATURE IMMUNOLOGY   10(8) 872-U98   2009年8月   [査読有り]
T helper type 2 (T(H)2) bias, which is the propensity of naive CD4(+) T cells to differentiate into interleukin 4 (IL-4)-secreting T(H)2 cells, is a genetic trait that affects susceptibility to infectious, autoimmune and allergic diseases. T(H)2 b...
Madoka Koyanagi, Kenji Fukada, Takehiko Uchlyama, Junji Yagi, Yutaka Arimura
CELLULAR IMMUNOLOGY   248(2) 77-85   2007年8月   [査読有り]
The long-term exposure of mice to superantigen SEA using a mini-osmotic pump (SEA pump) induced a long-lasting expansion of V beta 3(+)CD4(+) T cells with T helper (Th) 2 cell-type properties. Removal of the SEA pump 10 days after pump implantatio...

MISC

 
村越勇人, 小柳円, 赤星智寛, 近田貴敬, 久世望, 潟永博之, 潟永博之, 岡慎一, 岡慎一, 滝口雅文
日本エイズ学会誌   20(4) 483   2018年11月
石川あゆ子, 小柳円, 有村裕
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st ROMBUNNO.3P‐0508 (WEB ONLY)   2018年
島田実季, 小柳円, 有村裕, 石渡賢治
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st ROMBUNNO.2P‐0550 (WEB ONLY)   2018年
後藤夢実, 小柳円, 有村裕
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.1P‐1070 (WEB ONLY)   2017年
岡美寿季, 小柳円, 有村裕
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.1P‐1074 (WEB ONLY)   2017年

所属学協会

 
日本免疫学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
科学研究助成事業 日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
科学研究費助成事業 日本学術振興会: 科学研究費 若手研究B
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月