トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 藤澤 正彦
 

藤澤 正彦

 
アバター
研究者氏名藤澤 正彦
 
 
J-Global ID201601003660830645

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 動物生命科学 / 

論文

 
 
Maruyama M   Fujisawa M   Yokosuka M   Saito TR   Hayama SI   Akimoto T   Hakamata Y   
Experimental animals   65(4) 447-454   2016年11月   [査読有り]
 
Yasuaki Tsuchida   Yasuaki Tsuchida   Fumihiko Hatao   Masahiko Fujisawa   Takahisa Murata   Michio Kaminishi   Yasuyuki Seto   Masatoshi Hori   Hiroshi Ozaki   
Gut   60(5) 638-647   2011年5月   
Background: The main symptom of postoperative ileus (POI) is an intestinal motility disorder in which monocytes/macrophages and neutrophils play crucial roles. Prokinetic 5-hydroxytryptamine 4 receptor (5-HT4R) agonists and dopamine receptor antag...
 
Masahiko Fujisawa   Takahisa Murata   Masatoshi Hori   Hiroshi Ozaki   
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   45(2) 179-186   2010年2月   
The cholinergic anti-inflammatory pathway is a novel physiological mechanism found at various locations in the body where the nicotinic regulation of inflammatory cells through the autonomic nervous system is involved. In this study, we tested the...
 
Takashi Ohama   Masatoshi Hori   Masahiko Fujisawa   Masaharu Kiyosue   Masaki Hashimoto   Yuka Ikenoue   Yoshio Jinno   Hiroto Miwa   Takayuki Matsumoto   Takahisa Murata   Hiroshi Ozaki   
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   43(11) 858-865   2008年11月   
Chronic intestinal inflammation is frequently accompanied by motility disorders. We previously reported that proinflammatory cytokines, such as tumor necrosis factor alpha and interleukin (IL)-1 beta downregulate CPI-17, an endogenous inhibitor of...
 
Z. Zhao   H. Satsu   M. Fujisawa   M. Hori   Y. Ishimoto   M. Totsuka   A. Nambu   S. Kakuta   H. Ozaki   M. Shimizu   
AMINO ACIDS   35(1) 217-224   2008年6月   
The effects of dietary taurine on the experimental colitis induced by dextran sulfate sodium (DSS) in mice were evaluated. C57BL/6 female mice were given 3% DSS in drinking water for 5 d to induce acute colitis. Taurine at 2% was added to the drin...

MISC

 
 
荒井 香南   藤澤 正彦   袴田 陽二   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158回 443-443   2015年8月   
 
藤澤 正彦   荒井 香南   袴田 陽二   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158回 444-444   2015年8月   
 
荒井 香南   藤澤 正彦   袴田 陽二   
Veterinary Nursing   20(1) 49-49   2015年6月   
 
長田雅宏   松原孝子   藤澤正彦   青木博史   左向敏紀   神谷新司   吉村格   望月眞理子   
関東畜産学会報   65(2) 45-50   2015年3月   
 
大坂優衣   寺谷工   丸山基世   藤澤正彦   袴田陽二   
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (63) 133   2014年12月   

書籍等出版物

 
 
藤澤正彦(担当:分担執筆, 範囲:動物薬理学 第2章 動物薬理学の基礎 4.生体内での薬の動態(吸収、分布、代謝、排泄)第6章 消化器に作用する薬)
エデュワードプレス      2020年1月   

講演・口頭発表等

 
 
新生子ラットの対するグルタミン酸ナトリウム毒性の系統間評価
石黒うらら   袴田陽二   藤澤正彦   
第26回肝細胞研究会   2019年5月23日   
 
潰瘍性大腸炎患者が服用している青黛の肺高血圧症に対する安全性評価
上村静香   片岡雅晴   平出貴裕   寺谷俊昭   藤澤正彦   袴田陽二   
日本実験動物学会総会講演要旨集   2018年4月27日   
 
茶含有成分:カテキン,L‐テアニンの消化管潰瘍に対する治癒効果の比較・検討
藤澤正彦   橘侑里   華園沙弥香   袴田陽二   
日本実験動物学会総会講演要旨集   2018年4月27日   
 
茶葉含有成分L‐テアニンの十二指腸潰瘍治癒効果の検討
藤澤正彦   橘侑里   袴田陽二   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   
 
スナネズミ自家骨髄由来間葉系幹細胞を用いた虚血性脳障害研究モデルの開発
大坂優衣   藤澤正彦   寺谷工   丸山基世   袴田陽二   
再生医療   2015年2月1日   

所属学協会

 
 
   
 
日本再生医療学会
 
   
 
日本潰瘍学会
 
   
 
日本実験動物学会
 
   
 
日本獣医学会