トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 吉田充
 

吉田充

 
アバター
研究者氏名吉田充
 
ヨシダ ミツル
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/60353992.ja.html
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 食品科学科
職名教授
学位農学博士(東京大学)

研究キーワード

 
アクリルアミド , NMR , 生理活性物質 , 生物有機化学 , 分析化学 , MRI

研究分野

 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 食品科学科 食品安全学教室 教授
 
2009年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品分析研究領域 研究領域長
 
2006年4月
 - 
2009年3月
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品分析研究領域 状態分析ユニット ユニット長
 
2001年4月
 - 
2006年3月
独立行政法人 食品総合研究所 分析科学部 状態分析研究室 室長
 
1999年10月
 - 
2001年3月
農林水産省 食品総合研究所 分析評価部 状態分析研究室 室長
 
1998年4月
 - 
1999年9月
農林水産省 食品総合研究所 食品工学部 流通工学研究室 主任研究官
 
1991年4月
 - 
1998年3月
農林水産省 農業環境技術研究所 資材動態部 農薬動態科 殺菌剤動態研究室 主任研究官
 
1993年7月
 - 
1995年7月
国際半乾燥熱帯作物研究所 豆類昆虫学研究室 博士研究員
 
1983年12月
 - 
1991年3月
農林水産省 農業環境技術研究所 資材動態部農薬動態科殺菌剤動態研究室 研究員
 
1988年9月
 - 
1989年9月
カリフォルニア大学サンフランシスコ校 薬学系大学院 薬剤化学研究科 長期在外研究員
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1981年3月
東京大学大学院 農学系研究科 農芸化学専攻
 
 
 - 
1979年3月
東京大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2018年7月
 - 
現在
内閣府食品安全委員会  委員
 
2015年10月
 - 
2017年9月
内閣府食品安全委員会  アクリルアミドワーキンググループ委員
 
2014年4月
 - 
2018年6月
内閣府食品安全委員会  汚染物質等専門調査会委員
 
2013年10月
 - 
2018年6月
内閣府食品安全委員会  農薬専門調査会委員
 
2011年10月
 - 
現在
International Journal of Food Science編集委員
 

受賞

 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 紫雲賞(アクティブティーチャー賞)
 
2011年9月
日本食品科学工学会 Food Science and Technology Research 論文賞 Water diffusion in buckwheat noodles and wheat noodles during boiling and holding as determined from MRI and rectangular cylinder diffusion model
 
1991年3月
日本農薬学会 奨励賞 NMRを利用した殺菌剤の作用機構の解明
 

論文

 
小島 登貴子, 堀金 明美, 吉田 充
埼玉県産業技術総合センター研究報告   1 128-132   2002年
T. I. Kojima, A. K. Horigane, M. Yoshida, T. Nagata, A. Nagasawa
Journal of Food Science   66 1361-1365   2001年12月
A correlation between moisture content (M, g water/g dry matter) and transverse relaxation time (T2) of water protons in standard wheat gel samples was established by NMR. Changes in moisture distribution in Japanese noodles were estimated from T2...
Kazuhiko Nakahara, Mayumi Onishi-Kameyama, Hiroshi Ono, Mitsuru Yoshida, Gassinee Trakoontivakorn
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   65 2358-2360   2001年10月
A methanolic extract of Oroxylum indicum strongly inhibited the mutagenicity of Trp-P-1 in an Ames test. The major antimutagenic constituent was identified as baicalein with an IC50 value of 2.78 ± 0.15 μM. The potent antimutagenicity of the extra...
G. Trakoontivakorn, K. Nakahara, H. Shinmoto, H. Shinmoto, M. Takenaka, M. Onishi-Kameyama, H. Ono, M. Yoshida, T. Nagata, T. Nagata, T. Tsushida
Journal of Agricultural and Food Chemistry   49 3046-3050   2001年9月
Six compounds were isolated from fresh rhizomes of fingerroot (Boesenbergia pandurata Schult.) as strong antimutagens toward 3-amino-1,4-dimethyl-5H-pyrido[4,3-b]indole (Trp-P-1) in Salmonella typhimurium TA98. These compounds were 2′,4′,6′-trihyd...
Mitsuru Yoshida, Hiroshi Ono, Yoshiko Mori, Yoshihiro Chuda, Koichi Onishi
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   65 1444-1446   2001年6月
Bisphenol A was oxidized to monoquinone and bisquinone derivatives by Fremy's salt, a radical oxidant, though salcomine and alkali did not catalyze the oxidation by molecular oxygen. Bisphenol A, bisphenol B, and 3,4′-(1-methylethylidene)bisphenol...
A. K. Horigane, W. M H G Engelaar, S. Maruyama, M. Yoshida, A. Okubo, T. Nagata
Journal of Cereal Science   33 105-114   2001年2月
The moisture distribution in developing rice caryopses was visualised with nuclear magnetic resonance (MR) microimaging. Rice plants (Oryza sativa L. cv. Koshihikari) were grown outdoors in pots, and spikelets were sampled at various times after a...
Makiko Takenaka, Tadahiro Nagata, Tadahiro Nagata, Mitsuru Yoshida
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   64 2689-2691   2000年12月
The stability and bioavailability of the major antioxidants in garland (Chrysanthemum coronarium L.), chlorogenic acid, 3,5-dicaffeoylquinic acid and 4-succinyl-3,5-dicaffeoylquinic acid, were investigated together with caffeic acid. These compoun...

Misc

 
食品添加物、親はどこまで気にするべき? 食品安全学の教授が回答!
吉田充
マイナビニュース ライフスタイル 妊娠・子育て      2016年10月   [依頼有り]
冷凍食品や加工食品を子どものお弁当に使うのはNG? - 研究者に聞いてみた
吉田充
マイナビニュース ライフスタイル 妊娠・子育て      2016年10月   [依頼有り]
食品の高温加熱加工・調理で生じる有害物質アクリルアミド-その実態と対策-
吉田充
FFIジャーナル   221(1) 17-23   2016年2月   [査読有り][依頼有り]
吉田充
日本食生活学会誌,   26(2) 55-58   2015年9月   [依頼有り]
Mitsuru Yoshida
Journal of the Science of Food and Agriculture   94(10) 1938-1940   2014年8月   [査読有り][依頼有り]
Japanese food self-sufficiency was only 39% on the basis of kcal in 2012, so Japan relies heavily on imported food. Hence the necessity of having international rules on the regulation of food contaminants is important especially for countries like...
高温加熱加工・調理食品に生じる発がん物質アクリルアミドへの対応
吉田充
日本獣医生命科学大学研究報告   62 8-16   2013年12月   [査読有り][依頼有り]
食の安全についての考え方
吉田充
食品と容器   54(11) 696-702   2013年11月   [依頼有り]
越智 幸三, 保坂 毅, 亀山 真由美, 村松 秀行, 村上 果菜, 鶴海 泰久, 小谷 真也, 吉田 充, 藤江 昭彦
農林水産技術研究ジャーナル   33(3) 22-25   2010年3月
Mitsuru Yoshida
Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi   59(9) 478-483   2012年9月   [査読有り][依頼有り]
Water is a principle factor determining the texture and quality of food. Water distribution in spaghetti during cooking and standing, and in rice grains during water soaking, were investigated using MRI. Formation of a moisture gradient was observ...
吉田 充
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   49(10) 732-737   2010年10月
吉田 充, 堀金 明美
日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan   103(1) 10-16   2008年1月
日本においては, 炊飯前に米を水に浸けることが習慣となっている。これにより米粒の中に水が浸透し, 加熱されたときに米粒の中心までデンプンが充分に糊化して米がふっくら炊きあがる。弥生時代の昔から米を栽培し, 米食に親しんできた日本人のやり方である。日本酒の醸造においても, 麹菌を生育させる米は, 蒸す前に水に浸す。浸漬時の米粒内への水の浸透とその結果である粒内水分分布は, 炊飯後, 加工後の米やその加工品の品質を決定する重要な要因である。そこで, 水の分布を画像化できる磁気共鳴画像法 (ma...
吉田 充
高分子   58(9)    2009年9月
小野 裕嗣, 吉田 充
食糧   (46) 131-138   2008年3月
Mitsuru Yoshida, Hiroshi Ono, Yoshihiro Chuda, Hiroshi Yada, Mayumi Ohnishi-Kameyama, Hidetaka Kobayashi, Akiko Ohara-Takada, Chie Matsuura-Endo, Motoyuki Mori, Nobuyuki Hayashi, Yuichi Yamaguchi
Advances in Experimental Medicine and Biology   561 405-413   2005年12月
Acrylamide concentrations in processed foods sold in Japanese markets were analyzed by LC-MS/MS and GC-MS methods. Most potato chips, and whole potato-based fried snacks showed acrylamide concentration higher than 1000 μg/kg. The concentrations in...
吉田 充, 堀金 明美
農業技術   57(4) 165-169   2002年4月

書籍等出版物

 
植物細胞壁実験法
吉田充,知久和寛 (担当:共著, 範囲:NMR分析)
弘前大学出版会   2016年2月   
食品危害要因 その実態と検出法
後藤哲久,佐藤吉朗,吉田充 (担当:監修)
テクノシステム   2014年7月   

講演・口頭発表等

 
軽元素安定同位体比を利用したかぼちゃ及びかぼちゃ調理品の産地判別法
新野拓巳,田端彩菜,知久和寛,中下留美子,鈴木彌生子,吉田充
表示・起源分析技術研究懇談会第 20 回講演会   2019年1月25日   
軽元素安定同位体比を利用したチーズの産地判別法
大槻友哉,澤田真未,三浦孝之,知久和寛,中下留美子,鈴木彌生子,吉田充
表示・起源分析技術研究懇談会第 20 回講演会   2019年1月25日   
精米と炊飯における米の放射性セシウムの動態
富田樹,市川水音,吉田充,知久和寛,八戸真弓,濱松潮香,岡留博司
第1回ニチジュウシンポジウム2018~本学の特色ある研究の取り組み~   2018年12月7日   
精米と炊飯における米の放射性セシウムの動態
市川水音,富田樹,知久和寛,八戸真弓,濱松潮香,岡留博司,吉田充
The 5th Symposium for Women Researchers   2018年11月4日   
軽元素安定同位体比分析によるカボチャの産地判別
吉田充,田端彩菜,知久和寛,鈴木彌生子
日本食品科学工学会第65回大会   2018年8月24日   
食用キノコ中に含まれるシアン化合物の分析
赤石幸,塚原双葉,蓮見誠,吉田充,知久和寛
The 4th Symposium for Women Researchers   2017年11月5日   
コージビオースとソホロースの中性化加温条件下におけるエピメリ化
知久和寛、細沼亜里沙、小野裕嗣、北岡本光、吉田充
日本応用糖質科学会平成29年度大会   2017年9月6日   
米の産地判別への軽元素同位体比の利用
細沼亜里沙、番美咲希、桑原志帆、澤田真未、田端彩菜、知久和寛、吉田充、鈴木彌生子
日本応用糖質科学会平成29年度大会   2017年9月6日   
加熱による食品中でのアクリルアミド生成 [招待有り]
吉田充
フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー   2017年9月1日   
官能評価用語体系を利用した種々のスパゲティの品質プロファイリング
前田竜郎、入江健太朗、風見由香利、吉田充、早川文代
日本食品科学工学会第64回大会   2017年8月30日   
MRI測定による早茹でスパゲティの水分分布と物性の解析
入江健太朗、江口由、仲西由美子、河原俊雄、平内亨、堀金明美、吉田充
日本食品科学工学会第64回大会   2017年8月30日   
乾燥ロングパスタの官能評価用語体系の作成
早川文代、入江健太朗、風見由香利、吉田充、前田竜郎
日本食品科学工学会第64回大会   2017年8月30日   
産地判別をめざしたアジア各国産の精白米の軽元素安定同位体比の分析
細沼亜里沙、番美咲希、桑原志帆、澤田真未、田端彩菜、知久和寛、吉田充、鈴木彌生子
The 3rd Symposium for Women Researchers (第8回SSH女子交流会)   2016年11月6日   
洗米、炊飯による米の軽元素安定同位体比の変動の解析
澤田真未、細沼亜里沙、田端彩菜、番美咲希、桑原志帆、知久和寛、吉田 充、鈴木彌生子
The 3rd Symposium for Women Researchers (第8回SSH女子交流会)   2016年11月6日   
二糖類の中性・加温条件下でのピーリング反応による分解機構の解析
和田 真海、厚地 春伽、細沼 亜里沙、小野 裕嗣、吉田 充、知久 和寛
The 3rd Symposium for Women Researchers (第8回SSH女子交流会)   2016年11月6日   
じゃがいも・玉ねぎの下炒めによるアクリルアミドの発生調査
勇毬乃、吉田充
日本農芸化学会関東支部2016年度大会   2016年10月15日   
高温加熱加工・調理で小麦製品等に生じるリスク-発がん物質アクリルアミド [招待有り]
吉田充
日本食生活学会第50回記念大会   2015年5月30日   
食品の高温加熱加工・調理で生じる発がん物質アクリルアミド -その実態と対策- [招待有り]
吉田充
日本食品化学学会第21回学術大会   2015年5月22日   
野菜炒め、ポテトチップス・・・野菜を高温調理で発がんリスク?“アクリルアミド”の危険って?
吉田充
テレビ朝日,羽鳥慎一モーニングショー   2016年2月23日   
Mitigation of acrylamide in potato chips in Japan [招待有り]
Mitsuru Yoshida
Pacifichem 2005   2015年12月16日   
河西卓也, 遠藤友彦, 尾関良幸, 知久和寛, 奈良井(金山)朝子, 鈴木啓太郎, 細田孝久, 梶ケ谷博, 吉田充
野生生物と社会学会大会プログラム・講演要旨集   2015年11月21日   
遠藤友彦, 知久和寛, 吉田充, 梶ケ谷博
野生生物と社会学会大会プログラム・講演要旨集   2015年11月22日   
新規マクロライドmakinolide Bの単離と構造の決定
小谷真也,肥田木道生,吉田充,小川直人
第65回日本生物工学会大会   2013年9月19日   
ゲルマニウム半導体検出器を用いた食品の放射能測定値に及ぼす試料中の隙間の影響
西塚菜穂子,村上恵理,八戸真弓,濱松潮香,吉田充
日本食品科学工学会第62回大会   2015年8月29日   
おいしさに影響する食品中の水分の分布をMRIで観る [招待有り]
吉田充
平成26年度武蔵野市寄付講座   2014年5月9日   
健康と幸せと食の安全を考える [招待有り]
吉田充
遊学講座   2013年12月13日   
食の安全と信頼を支える新技術 [招待有り]
吉田充
第29回日本獣医生命科学大学学術交流会   2013年11月9日   
日本における食品の安全と信頼について [招待有り]
吉田充
IFTジャパンセクション第2回講演会   2013年5月17日   
岩澤 紀生, 堀金 明美, 小野 裕嗣, 関山 恭代, 梅本 貴之, 吉田 充, 近藤 始彦
日本作物學會紀事   2013年3月   
Subbarao Guntur V, 中原 和彦, 石川 隆之, Hurtado Maria Del Pilar, 石谷 学, Madhusudhana Rao Idupulapati, 小野 裕嗣, 大西-亀山 眞由美, 吉田 充, 伊藤 治
日本土壌肥料学会講演要旨集   2010年9月7日   
Guntur Subbarao, 中原 和彦, 石川 隆之, 吉橋 忠, 伊藤 治, 小野 裕嗣, 亀山 眞由美, 吉田 充, 河野 尚由
日本土壌肥料学会講演要旨集   2008年9月9日   
常見 和彦, 田口 富美子, 竹内 香純, 石井 忠, 吉田 充, 小野 裕嗣, 亀山 眞由美, 一瀬 勇規
日本植物病理學會報   2008年8月25日   
小谷 真也, 亀山 眞由美, 吉田 充, 越智 幸三
天然有機化合物討論会講演要旨集   2007年8月24日   
Iron acquisition is a vital process for bacteria to survive, since indispensable proteins such as chytochromes require iron to function properly. In aqueous solution, iron exists as two charged ionic form Fe(II) or three charged one Fe(III). These...
ユーヨンウェーシ スラウット, 堀金 明美, 吉田 充, 山口 正己, 瀬古澤 由彦, 菅谷 純子, 弦間 洋
園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表   2006年9月23日   
ユーヨンウェーシ スラウット, 堀金 明美, 吉田 充, 山口 正己, 菅谷 純子, 弦間 洋
園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表   2005年3月20日   
高田 明子, 遠藤 千絵, 小野 裕嗣, 忠田 吉弘, 箭田 浩士, 森 元幸, 吉田 充
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報   2003年12月   
杉江 元, 野口 浩, 川崎 建次郎, 吉田 充, 守屋 成一, 高木 一夫, 福田 寛, 藤家 梓, 山中 正博, 大平 嘉男, 津田 勝男, 堤 隆文, 福本 毅彦, 山下 美与志, 鈴木 宏始
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   1996年3月15日   
畔上 耕児, 吉田 充, 杉江 元
日本植物病理學會報   1992年1月25日   

競争的資金等の研究課題

 
食品由来のアクリルアミド摂取量の推定に関する研究  課題2:家庭調理における炒めじゃがいもおよびたまねぎのアクリルアミド濃度の調査
内閣府食品安全委員会: 食品健康影響評価技術研究
研究期間: 2015年7月 - 2016年3月    代表者: 吉田充