トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 宮川 優一
 

宮川 優一

 
アバター
研究者氏名宮川 優一
 
 
所属日本獣医生命科学大学
部署臨床獣医学部門治療学分野I
職名
J-Global ID201601004381127191

研究キーワード

 

研究分野

 

    経歴

     

    学歴

     

    委員歴

     

    受賞

     

    論文

     
     
    Akabane R   Shimano S   Sakatani A   Ogawa M   Nagakawa M   Miyakawa H   Miyagawa Y   Takemura N   
    The Journal of veterinary medical science      2019年9月   [査読有り]
     
    Yuichi Miyagawa   Noboru Machida   Noriko Toda   Yoshinori Tominaga   Naoyuki Takemura   
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   78(7) 1099-1106   2016年7月   [査読有り]
    Pimobendan (PIMO) can cause adverse effects, such as mitral valve degeneration, in dogs; however, it is unclear whether these effects occur in cats. Therefore, we aimed to determine whether PIMO or benazepril produces adverse cardiac effects in he...
     
    Go Sugahara   Ichiro Naito   Yuichi Miyagawa   Takaaki Komiyama   Naoyuki Takemura   Ryosuke Kobayashi   Takayuki Mineshige   Junichi Kamiie   Kinji Shirota   
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   77(9) 1175-1178   2015年9月   [査読有り]
    The renal biopsy tissue from a 9-month-old, male Pyrenean Mountain dog with renal disorder and severe proteinuria was examined. Ultrastructural examination revealed multilaminar splitting and fragmentation of the glomerular basement membrane (GBM)...
     
    Shoma Mikawa   Yuichi Miyagawa   Noriko Toda   Yoshinori Tominaga   Naoyuki Takemura   
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   77(1) 7-13   2015年1月   [査読有り]
    Pulmonary hypertension (PH) often occurs due to a left heart disease, such as myxomatous mitral valve disease (MMVD), in dogs and is diagnosed using Doppler echocardiography and estimated pulmonary arterial pressure. Diagnosis of PH in dogs requir...
     
    Y. Miyagawa   Y. Tominaga   N. Toda   N. Takemura   
    VETERINARY JOURNAL   197(2) 445-450   2013年8月   [査読有り]
    Plasma N-terminal pro B-type natriuretic peptide (NT-proBNP) concentrations increase in dogs with azotemia. However, the correlation between glomerular filtration rate (GFR) and NT-proBNP concentrations in dogs has not been evaluated. The objectiv...

    MISC

     
     
    宮川 優一   
    Veterinary board : 臨床の選択肢を広げるケーススタディ・マガジン   1(4) 40-44   2019年8月   
     
     
     
    宮川優一   
    Clinic Note   15(7) 20‐31-25   2019年7月   
     
    宮川優一   
    MVM   28(5) 89‐93-93   2019年7月   

    書籍等出版物

     
     
    Chew Dennis J, DiBartola Stephen P, Schenck Patricia A, 宮川 優一, 竹村 直行
    ファームプレス      2015年   (ISBN:9784863820593)   

    講演・口頭発表等

     
     
    慢性腎臓病の食事療法
    宮川優一   
    第38回(B教程)ペット栄養管理士養成講習会   2018年6月23日   
     
    猫の慢性腎臓病 診断
    宮川優一   
    第14回日本獣医内科学アカデミー大会   2018年2月17日   
     
    慢性腎臓病のステージとその時のケアの仕方
    宮川優一   
    日本臨床獣医学フォーラム年次大会2017   2017年9月16日   
     
    血尿をした猫に必要な検査とその原因
    宮川優一   
    日本臨床獣医学フォーラム年次大会2017   2017年9月16日   
     
    こちらCKD研究室 2017 3. 蛋白尿‐CKDで最も重要なこと‐
    宮川優一   
    日本臨床獣医学フォーラム年次大会2017   2017年9月16日   

    担当経験のある科目(授業)

     
     
       
     
    獣医泌尿器・生殖器病学 (日本獣医生命科学大学)

    所属学協会

     
     
       
     
    日本獣医腎泌尿器学会
     
       
     
    日本獣医循環器学会
     
       
     
    日本獣医学会

    Works(作品等)

     

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     

    産業財産権

     
     
    清末 正晴   宮川 優一   

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他