トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 宮川優一
 

宮川優一

 
アバター
研究者氏名宮川優一
eメールymiyagawanvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署臨床獣医学部門治療学分野I

論文

 
Miyagawa Y, Machida N, Toda N, Tominaga Y, Takemura N
The Journal of veterinary medical science   78(7) 1099-1106   2016年8月   [査読有り]
Sugahara G, Naito I, Miyagawa Y, Komiyama T, Takemura N, Kobayashi R, Mineshige T, Kamiie J, Shirota K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   77(9) 1175-1178   2015年9月   [査読有り]
Mikawa S, Miyagawa Y, Toda N, Tominaga Y, Takemura N
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   77(1) 7-13   2015年1月   [査読有り]
Miyagawa Y, Tominaga Y, Toda N, Takemura N
Veterinary journal (London, England : 1997)   197(2) 445-450   2013年8月   [査読有り]
Tominaga Y, Miyagawa Y, Toda N, Takemura N
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(8) 971-975   2011年8月   [査読有り]

Misc

 
腎臓サイクリング(ステージ5) 腎臓と深くかかわる高血圧の理解と管理
宮川 優一
MVM   26(6) 51-58   2017年9月
シクロスポリンで治療した免疫複合体沈着性糸球体腎症のイヌの5例
宮川 寛済, 赤羽根 僚太, 酒谷 篤, 宮川 優一, 竹村 直行
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回 473-473   2017年8月
イヌおよびネコにおける蛋白摂取量の推定式の確立および評価
中村 文香, 長川 雅佳, 赤羽根 僚太, 酒谷 篤, 宮川 優一, 竹村 直行
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回 471-471   2017年8月
【どうする!?疾患のコントロール】 いつも同じ治療でよい? 犬・猫の慢性腎臓病のコントロール
宮川 優一
CLINIC NOTE   13(7) 6-23   2017年7月
腎臓サイクリング(ステージ4) 予後にかかわるリン・カルシウム代謝異常と食事療法の意義
宮川 優一
MVM   26(5) 51-57   2017年7月

書籍等出版物

 
Chew Dennis J., DiBartola Stephen P., Schenck Patricia A., 宮川 優一, 竹村 直行
ファームプレス   2015年   ISBN:9784863820593

講演・口頭発表等

 
慢性腎臓病の食事療法
宮川優一
第38回(B教程)ペット栄養管理士養成講習会   2018年6月23日   
猫の慢性腎臓病  診断
宮川優一
第14回日本獣医内科学アカデミー大会   2018年2月17日   
慢性腎臓病のステージとその時のケアの仕方
宮川優一
日本臨床獣医学フォーラム年次大会2017   2017年9月16日   
血尿をした猫に必要な検査とその原因
宮川優一
日本臨床獣医学フォーラム年次大会2017   2017年9月16日   
こちらCKD研究室 2017 3. 蛋白尿‐CKDで最も重要なこと‐
宮川優一
日本臨床獣医学フォーラム年次大会2017   2017年9月16日   

担当経験のある科目

 
  • 獣医泌尿器・生殖器病学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本獣医腎泌尿器学会 , 日本獣医循環器学会 , 日本獣医学会