トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 山本 昌美
 

山本 昌美

 
アバター
研究者氏名山本 昌美
 
ヤマモト マサミ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科 応用部門 病態病理学研究分野
職名准教授
学位博士(獣医学)(北海道大学)

研究キーワード

 
Animal model , Carcinogenesis

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学 / 
  • ライフサイエンス / 実験病理学 / 腫瘍学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 病理学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 病理学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 病理学

委員歴

 
2015年12月
 - 
現在
ライチョウ会議  メンバー
 

受賞

 
1997年1月
第13回 日本毒性病理学会 年会長賞
 
1995年1月
第11回 日本毒性病理学会 年会長賞
 

論文

 
Tokiwa T, Yoshimura H, Hiruma S, Akahori Y, Suzuki A, Ito K, Yamamoto M, Ike K
International journal for parasitology. Parasites and wildlife   9 244-247   2019年8月   [査読有り]
Yoshimura H, Otsuka A, Michishita M, Yamamoto M, Ashizawa M, Zushi M, Moriya M, Azakami D, Ochiai K, Matsuda Y, Ishiwata T, Kamiya S, Takahashi K
Veterinary pathology   56(3) 389-398   2019年5月   [査読有り]
Yoshimura H, Matsuda Y, Yamamoto M, Michishita M, Takahashi K, Sasaki N, Ishikawa N, Aida J, Takubo K, Arai T, Ishiwata T
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   98(6) 814-824   2018年6月   [査読有り]
Yamamoto M, Nomura S, Hosoi A, Nagaoka K, Iino T, Yasuda T, Saito T, Matsushita H, Uchida E, Seto Y, Goldenring JR, Kakimi K, Tatematsu M, Tsukamoto T
Cancer science   109(5) 1480-1492   2018年5月   [査読有り]
Yoshimura H, Matsuda Y, Yamamoto M, Kamiya S, Ishiwata T
Frontiers in bioscience (Landmark edition)   23 614-625   2018年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
山本昌美 (担当:共著, 範囲:退行性病変、腫瘍)
インターズー   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
野村幸世, 山本昌美, 細井晃弘, 長岡浩二, 飯野環, 松下博和, 瀬戸泰之, 垣見和宏, 立松正衞, 塚本徹哉
第76回日本癌学会学術総会   2017年9月28日   
遠藤友彦, 藤原史織, 吉村久志, 山本昌美, 伊藤優冴, 山本俊昭, 梶ヶ谷博
第23回野生動物医学会大会   2017年9月3日   
野村 幸世, 山本 昌美, 細井 晃弘, 長岡 浩二, 飯野 環, 松下 博和, 瀬戸 泰之, 垣見 和宏, 立松 政衛, 塚本 徹哉
日本癌学会総会記事   2017年9月   
野村幸世, 山本昌美, 松下博和, 山下裕玄, 愛甲丞, 瀬戸泰之, 垣見和宏, 立松正衛, ジェイムズ ゴールデンリング, 塚本徹哉
第72回日本消化器外科学会総会   2017年7月20日   
鈴木諒平, 吉村久志, 山本昌美, 加藤卓也, 名切幸枝, 石井奈穂美, 落合和彦, 近江俊徳, 羽山伸一, 中西せつ子, 今野文治, 川本芳
第33回日本霊長類学会大会   2017年7月16日   

所属学協会

 
日本毒性病理学会 , 日本比較病理学研究会 , 日本動物看護学会 , 日本獣医学会 , The Japanese Society of Toxicologic Pathology

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会:科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月