トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 山本 昌美
 

山本 昌美

 
アバター
研究者氏名山本 昌美
 
ヤマモト マサミ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科
職名講師
学位博士(獣医学)(北海道大学)

研究分野

 
  • 腫瘍学 / 腫瘍診断学 / 
  • 基礎医学 / 実験病理学 / 腫瘍学
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 病理学

受賞

 
1997年1月
第13回 日本毒性病理学会 年会長賞
 
1995年1月
第11回 日本毒性病理学会 年会長賞
 

論文

 
Yoshimura H, Matsuda Y, Yamamoto M, Michishita M, Takahashi K, Sasaki N, Ishikawa N, Aida J, Takubo K, Arai T, Ishiwata T
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   98(6) 814-824   2018年6月   [査読有り]
Yamamoto M, Nomura S, Hosoi A, Nagaoka K, Iino T, Yasuda T, Saito T, Matsushita H, Uchida E, Seto Y, Goldenring JR, Kakimi K, Tatematsu M, Tsukamoto T
Cancer science   109(5) 1480-1492   2018年5月   [査読有り]
Expression and role of long non-coding RNA H19 in carcinogenesis.
Yoshimura H, Matsuda Y, Yamamoto M, Kamiya S, Ishiwata T
Frontiers in bioscience (Landmark edition)   23 614-625   2018年1月   [査読有り]
Kamiya S, Yoshimura H, Okada K, Yoshida A, Fukuda Y, Yamamoto M, Soeta S, Takahashi K
Histology and histopathology   32(5) 499-502   2017年5月   [査読有り]
Yoshimura H, Yamamoto M, Moriya M, Endo T, Sugiura N, Kato T, Matsuda Y, Ishiwata T, Kajigaya H, Kamiya S
Journal of zoo and wildlife medicine : official publication of the American Association of Zoo Veterinarians   48(1) 265-268   2017年3月   [査読有り]
Momota Y, Yasuda J, Arai N, Yamamoto M, Yoshimura H, Ikezawa M, Suzuki S, Takahashi K, Sako T
JFMS open reports   3(1) 2055116917691175   2017年1月   [査読有り]
Momota Y, Yamamoto M, Yoshimatsu H, Satoshi N, Shigihara K, Yasuda A, Hayakawa N, Ikezawa M, Tani K, Mori A, Sako T
Veterinary dermatology   27(1) 61-62   2016年2月   [査読有り]
Yoshimura H, Matsuda Y, Yamamoto M, Endo T, Kajigaya H, Tokiwa T, Ishiwata T, Kamiya S
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   82(6) 264-265   2015年   [査読有り]
Molecular Mechanism of Gastric Carcinogenesis in Helicobacter pylori-Infected Rodent Models
Toyoda T, Yamamoto M, Takasu S, Ogawa K, Tatematsu M, Tsukamoto T
Diseases   2(2) 168-186   2014年6月   [査読有り]
Toyoda T, Tsukamoto T, Yamamoto M, Ban H, Saito N, Takasu S, Shi L, Saito A, Ito S, Yamamura Y, Nishikawa A, Ogawa K, Tanaka T, Tatematsu M
BMC gastroenterology   13 122   2013年7月   [査読有り]

Misc

 
Functional Malignant Sertoli Cell Tumor with Massive Metastasis in the Retroperitoneum in a Dog
Yamamoto M, Yoshimura H, Kimura S, Ichinose K, Kamiya S
日本獣医生命科学大学研究報告   (65) 34   2016年12月   [査読有り]
山本昌美, 百田豊
Vet Nurs   20(1) 33   2015年6月
生物モニタリングの新手法 鉛汚染を把握するための新たな指標とその有用性の検証
奥富 幸, 高野 貴士, 山本 昌美, 竹本 麻里子, 梶ヶ谷 博, 湯本 典夫, 植田 富貴子, 望月 眞理子
日本獣医生命科学大学研究報告   (60) 240-240   2011年12月
ヘリコバクター・ピロリ菌と胃癌 実験病理からわかること
山本 昌美
日本獣医生命科学大学研究報告   (57) 84-89   2008年12月
竹内 基, 降旗 千恵, 山本 昌美, 立松 正衞, 三木 一正, 榊 佳之
生物物理化学 = Journal of Electrophoresis   44(補冊1) 41-41   2000年5月

書籍等出版物

 
動物看護学教育標準カリキュラム準拠 専門基礎分野 動物病理学
山本昌美 (担当:共著, 範囲:退行性病変、腫瘍)
インターズー   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
N-methyl-N-nitrosourea投与マウス腺胃におけるH.pylori感染と高食塩食による遺伝子発現誘導(Alteration of gene expression profiles with H. pylori infection and high salt diet in MNU treated mouse gastric mucosa)
齋藤 典子, 豊田 武士, 山本 昌美, 高須 伸二, 時 亮, 齋藤 亜弓, 立松 正衞, 塚本 徹哉
日本癌学会総会記事   2009年8月   
Helicobacter感染マウス胃癌における骨髄由来細胞の関与(Roles of bone marrow derived cells in Helicobacter pylori associated mouse gastric carcinogenesis)
高須 伸二, 豊田 武士, 時 亮, 平田 暁大, 山本 昌美, 田口 修, 立松 正衞, 塚本 徹哉
日本癌学会総会記事   2009年8月   
Helicobactor Pylori感染によるN-methyl-N-nitrosourea誘発マウス腺胃発癌の促進効果(Helicobacter pylori infection induced multiple gastric tumors in N-methyl-N-nitrosourea treated mice)
山本 昌美, 塚本 徹哉, 湯本 典夫, 立松 正衞
日本癌学会総会記事   2008年9月   
Helicobacter pylori感染によるN-methyl-N-nitrosourea誘発マウス腺胃発癌の促進効果
山本 昌美, 塚本 徹哉, 坂 久代, 高須 伸二, 豊田 武士, 立松 正衞
日本毒性病理学会講演要旨集   2008年2月   
中期イニシエーション活性検索法を用いた4-oxo-2-hexenalの発がん性の検討
高須 伸二, 塚本 徹哉, 平田 暁大, 豊田 武士, 河井 一明, 酒井 洋樹, 山本 昌美, 柳井 徳磨, 柵木 利昭, 葛西 宏, 立松 正衞
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2007年3月   
中期イニシエーション活性検索法を用いた4-oxo-2-hexenalの発がん性の検討
高須 伸二, 塚本 徹哉, 平田 暁大, 豊田 武士, 河井 一明, 酒井 洋樹, 山本 昌美, 柳井 徳磨, 柵木 利昭, 葛西 宏, 立松 正衞
日本毒性病理学会講演要旨集   2007年1月   
食塩食投与によるHelicobacter pylori感染スナネズミ腺胃粘膜と各種炎症関連因子
山本 昌美, 塚本 徹哉, 豊田 武士, 高須 伸二, 平野 直樹, 立松 正衞
日本毒性病理学会講演要旨集   2007年1月   
p53ノックアウトマウスの2-amino-3-methylimidazo[4,5-f]quinoline(IQ)に対する感受性 臓器による感受性の違いとp53遺伝子変異について
平田 暁大, 塚本 徹哉, 山本 昌美, 高須 伸二, 酒井 洋樹, 柳井 徳磨, 柵木 利昭, 立松 正衞
日本毒性病理学会講演要旨集   2007年1月   
2-amino-3-methylimidazo[4,5-f]quinoline(IQ)に対するp53ノックアウトマウスの発がん感受性
平田 暁大, 塚本 徹哉, 山本 昌美, 高須 伸二, 酒井 洋樹, 立松 正衞
日本癌学会総会記事   2006年9月   
中期イニシエーション活性検索法を用いた4-oxo-2-hexenalの発がんリスクの検討
高須 伸二, 塚本 徹哉, 平田 暁大, 河井 一明, 酒井 洋樹, 豊田 武士, 山本 昌美, 葛西 宏, 立松 正衞
日本癌学会総会記事   2006年9月   

所属学協会

 
日本獣医学会 , 日本癌学会 , 日本毒性病理学会 , 日本比較病理学研究会 , 日本動物看護学会

競争的資金等の研究課題

 
実験病理