トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 山本 昌美
 

山本 昌美

 
アバター
研究者氏名山本 昌美
 
ヤマモト マサミ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科 応用部門 病態病理学研究分野
職名准教授
学位博士(獣医学)(北海道大学)

研究キーワード

 
Animal model , Carcinogenesis

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学 / 
  • ライフサイエンス / 実験病理学 / 腫瘍学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 病理学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 病理学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 病理学

委員歴

 
2015年12月
 - 
現在
ライチョウ会議  メンバー
 

受賞

 
1997年1月
第13回 日本毒性病理学会 年会長賞
 
1995年1月
第11回 日本毒性病理学会 年会長賞
 

論文

 
HY Maeng, DK Choi, M Takeuchi, M Yamamoto, M Tominaga, T Tsukamoto, M Tatematsu, T Ito, Y Sakaki, C Furihata
JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH   93(9) 960-967   2002年9月   [査読有り]
The present study was designed to define molecular alterations in the initiation stage of rat stomach carcinogenesis. Groups of male Lewis rats, 6 weeks old, were given drinking water with or without N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine (MNNG; 100...
M Takeuchi, M Yamamoto, M Tatematsu, K Miki, Y Sakaki, C Furihata
JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH   93(8) 925-934   2002年8月   [査読有り]
Dendritic cell appearance and differentiation during early and late stages of rat stomach carcinogenesis were studied in the pyloric mucosa. Young male rats were given drinking water with or without N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine (MNNG; 100 ...
M Yamamoto, C Furihata, T Ogiu, T Tsukamoto, K Inada, K Hirano, M Tatematsu
CANCER LETTERS   179(2) 121-132   2002年5月   [査読有り]
Strain differences in susceptibility regarding stomach carcinogenesis due to N-methyl-N-nitrosourea were examined in males of six strains of mice: BALB/cA (BALB), C57BL/6N (C57BL6), CBA/JN (CBA), C3H/HeN (C3H), DBA/2N (DBA/2), and CD-1 (ICR). The ...
H Sakai, T Tsukamoto, M Yamamoto, A Hirata, A Inagami, N Shirai, T Iidaka, T Yanai, T Masegi, M Tatematsu
CANCER LETTERS   176(1) 1-5   2002年2月   [査読有り]
Summation of initiation activities of different carcinogens in the liver after partial hepatectomy (PH) was investigated with reference to induction of glutathione S-transeferase placental form (GST-P) positive foci. Firstly, effects of repeated a...
Norimitsu Shirai, Norimitsu Shirai, Tetsuya Tsukamoto, Masami Yamamoto, Takeshi Iidaka, Takeshi Iidaka, Hiroki Sakai, Hiroki Sakai, Tokuma Yanai, Toshiaki Masegi, Lawrence A. Donehower, Masae Tatematsu
Journal of Toxicologic Pathology   15 209-214   2002年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
山本昌美 (担当:共著, 範囲:退行性病変、腫瘍)
インターズー   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
赤堀由起恵, 鈴木彩水, 晝間さよこ, 伊藤圭子, 吉村久志, 山本昌美, 池和憲, 常盤俊大
第88回日本寄生虫学会大会   2019年3月15日   
野村 幸世, 山本 昌美, 保田 智彦, 松下 博和, 内田 英二, 瀬戸 泰之, 垣見 和宏, 立松 正衛, 塚本 徹哉
日本消化器外科学会総会   2018年7月   
野村 幸世, 山本 昌美, 細井 晃弘, 長岡 孝治, 飯野 環, 松下 博和, 瀬戸 泰之, 垣見 和宏, 立松 正衛, 塚本 徹哉
日本消化器病学会雑誌   2018年4月   
守屋麻衣子, 吉田彩花, 中島裕希, 吉村久志, 山本昌美, 道下正貴, 中川貴之, 松田陽子, 石渡俊行, 高橋公正, 神谷新司
第6回日本比較病理学研究会   2018年3月3日   
百田豊, 森田達志, 久保喜昭, 吉村久志, 山本昌美
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2017年11月17日   

所属学協会

 
日本毒性病理学会 , 日本比較病理学研究会 , 日本動物看護学会 , 日本獣医学会 , The Japanese Society of Toxicologic Pathology

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会:科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月