トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 新井 敏郎
 

新井 敏郎

 
アバター
研究者氏名新井 敏郎
 
アライ トシロウ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 基礎獣医学部門
職名教授
学位獣医学修士(日本獣医生命科学大学), 獣医学博士(日本獣医生命科学大学)
科研費研究者番号70184257

プロフィール

新井敏郎は、現在、日本獣医生命科学大学獣医学部教授で獣医生化学を担当している。1981年に日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)獣医学科を卒業(獣医師免許取得)、1986年に獣医学博士号を取得している。その後、日本獣医生命科学大学獣医学部助手となり、ミシガン大学医学部博士研究員として研修後帰国(1990年)、同大で基礎獣医学部門長、獣医学科長、獣医学部長など務めてきた。動物種間の比較エネルギー代謝や代謝病発症メカニズムなどについて臨床生化学、臨床病理学に関連した160以上の学術論文をこれまで発表している。また、政府系機関や民間団体から研究や教育に関する多くの助成金も受領している。現在、日本獣医臨床病理学会会長、日本獣医学会評議員、日本実験動物学会評議員を始め多くの学術団体の役員を務めている。獣医臨床生化学、臨床病理学分野の研究発展に対する永年の貢献が認められ2014年度ハイナーゾマー賞(Heiner Sommer Prize)を国際獣医臨床病理学会から授与されている。

研究キーワード

 
遺伝子診断 , 予防獣医学 , メタボリックシンドローム

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 臨床獣医学 / 
  • 境界医学 / 病態検査学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科 研究科長
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本医科大学 評議員
 
2006年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 教授
 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 学部長
 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本医科大学 評議員
 
1996年4月
 - 
2006年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教授
 
1990年4月
 - 
1996年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 講師
 
1986年4月
 - 
1990年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助手
 
1989年11月
 - 
1990年10月
ミシガン大学 博士研究員 医学部 Post doctoral Research Fellow
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1986年3月
日本獣医畜産大学 大学院博士課程 
 
1981年4月
 - 
1983年3月
日本獣医畜産大学 大学院修士課程 
 
1977年4月
 - 
1981年3月
日本獣医畜産大学 獣医学部 獣医学科
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
International Society for Animal Clinical Pathology  President
 
2018年6月
 - 
現在
東京都獣医師会  理事
 
2017年7月
 - 
現在
日本獣医師会  獣医学術部会学術・教育・研究委員会委員
 
2017年4月
 - 
現在
先制動物医療研究会  会長
 
2016年4月
 - 
2018年7月
International Society for Animal Clinical Pathology  Vice president
 
2014年6月
 - 
2018年7月
日本獣医臨床病理学会  会長
 
2010年10月
 - 
2017年6月
比較統合医学会  理事
 
2015年9月
 - 
2016年9月
特定非営利活動法人獣医系大学間獣医学教育支援機構  幹事
 
2015年2月
 - 
2015年9月
一般社団法人私立獣医科大学協会  理事
 
2014年5月
 - 
2015年3月
公益財団法人高等教育評価機構  大学機関別認証評価大学評価員
 

受賞

 
2014年6月
International Society for Animal Clinical Pathology ハイナーゾマー賞
 

論文

 
Maeda M, Kawasumi K, Sato S, Arai T
Veterinary Research Communications   1-9   2019年9月   [査読有り]
Diagnostic criteria for obesity disease in cats
Okada Y, Ueno H, Mizorogi T, Ohara K, Kawasumi K, Arai T
Frontiers in Veterinary Science   6 284   2019年8月   [査読有り]
Molecular identification, characterization, and structure analysis of house musk shrw (Suncus murinus) leptin
Saga S, Sasaki N, Arai T
Journal of Advances Veterinary and Animal Research   6(1) 1-8   2019年3月
Effects of astaxanthin supplementation in healthy and obese dogs
Murai T, Kawasumi K, Tominaga K, Okada Y, Kobayashi M, Arai T
Veterinary Medicine Research and Reports   10 29-35   2019年1月
Changes in plasma metabolites concentrations in obese dogs supplemented with anti-oxidant compound
KawasumiK, Murai T, Mizorogi, T, Okada Y, Yamamoto I, Suruga K, Kadokura K, Arai T
Frontiers in Nutrition   5 74   2018年8月   [査読有り]
Habara M, Mori N, Okada Y, Kawasumi K, Nakaoo N, Tanaka M, Arai T, Yamamoto I
General and Comparative Endocrinology   261 31-39   2018年3月   [査読有り]
Physiological changes following acute weight gain and loss in cats
Okada Y, Kawasumi K, Kobayashi M, Yamamoto I, Arai T
Research & Reviews: Journal of Veterinary Science   3(2) 1-7   2017年12月   [査読有り]
Okada Y, Kobayashi M, Sawamura M, Arai T
Frontiers in Veterinary Science   4 1-9   2017年1月   [査読有り]
Sugisawa R, Hiramoto E, Matsuoka S, Iwai S, Takai R, Yamazaki T, Mori N, Okada Y, Takeda N, Yamamura K, Arai T, Arai S, Miyazaki T
Scientific Reports   6 35251   2016年10月   [査読有り]
Kiku Y, Nagasawa Y, Tanabe F, Sugawara K, Watanabe A, Hata E, Ozawa T, Nakajima K, Arai T, Hayashi T
Journal of Veterinary Medical Science   78(9) 1505-1510   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
肥満犬における血清代謝産物濃度およびコレステロール/トリグリセライド・リポプロテインプロファイルの変動
柏戸奈苗、川角浩、岡田ゆう紀、澤村昌樹、佐々木靖弘、岩崎永治、森伸子、山本一郎、新井敏郎
予防動物医学   6(1) 11-17   2014年5月   [査読有り]
Biochemistry for onset mechanism of metabolic disorders in dogs and cats
Mori N, Arai T
The Japanese Journal of Preventive Veterinary Medicine   6(1) 1-9   2014年5月   [査読有り]
人口急減社会における私立大学の獣医学教育
新井 敏郎
日本獣医師会雑誌   68 144-147   2014年
肥満発生メカニズムとその対策
新井 敏郎
コンパニオンアニマルプラクティス   305 8-13   2014年
2型糖尿病モデルIRS-2ノックアウトマウスにおける遺伝的背景129+TER/SvおよびC57BL/6JJcl系統の比較
橋本晴夫、新井敏郎、川井健司、窪田直人、植木浩二郎、日置恭司、斉藤宗雄、大西保行、上山義人、門脇孝、伊藤守
実験動物技術   49 3-12   2014年   [査読有り]
Effects of antioxidant supplement inducing superoxide dismutase for and aged dog
Kawasumi K, Ide O, Muranaka S, Sasaki Y, Tsuchida N, Kashiwado N, Okada Y, Iwazaki E, Sawamura M, Mori N, Yamamoto I, Arai T
The Japanese Journal of Preventive Veterinary Medicine   5(2) 89-93   2013年10月   [査読有り]
体尺測定に基づくネコの新しい肥満指数に関する研究
岩崎永治、森昭博、木村信煕、川角浩、新井敏郎、栗原博之
予防動物医学   5(2) 81-88   2013年10月   [査読有り]
加齢犬と若齢犬の酸化ストレスマーカー及び血液生化学性状の比較
柏戸奈苗、川角浩、岡田ゆう紀、澤村昌樹、佐々木靖弘、岩崎永治、森伸子、山本一郎、新井敏郎
予防動物医学   5(2) 73-79   2013年10月   [査読有り]
競走馬と乗用馬のエネルギー代謝の比較
岡田ゆう紀、李格賓、森伸子、新井敏郎
予防動物医学   5(2) 63-71   2013年10月   [査読有り]
猫の肥満発生メカニズムとsの予防
森伸子、岡田ゆう紀、鈴木友子、山本一郎、和田大樹、新井敏郎
予防動物医学   5(2) 53-61   2013年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
臨床のための小動物栄養学
新井 敏郎 (担当:監修)
ファームプレス   2017年4月   
改訂 獣医生化学
新井 敏郎 (担当:共著, 範囲:反すう動物の生化学的特性)
朝倉書店   2016年4月   
TYPE 1 DIABETES Complications, Pathogenesis, and Alternative Treatments
Chih-Pin Liu (eds) (担当:共著)
INTECH   2011年12月   
犬と猫の早期疾病診断学
予防動物医学研究会編 (担当:共著)
チクサン出版社   2011年7月   
獣医生化学実験
新井 敏郎 (担当:共著, 範囲:酵素活性の測定法、血球及び血球膜の分離)
チクサン出版   2009年2月   

担当経験のある科目

 
  • 獣医生化学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本獣医臨床病理学会 , 日本獣医学会 , 日本実験動物学会 , アメリカ合衆国糖尿病学会(The American Diabetes Association) , 日本生化学会 , 日本癌学会 , 日本糖尿病学会

Works

 
新しい糖尿病モデル動物における糖尿病発症機構に関する研究
1989年
肉用牛のエネルギー代謝
2004年
私立大学学術研究高度化推進事業・ハイテクリサーチセンター整備事業
2004年 - 2009年
私立大学学術研究高度化推進事業・学術フロンティア推進事業
2005年 - 2009年
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業・動物疾病制御研究拠点形成プロジェクト
2008年 - 2012年

競争的資金等の研究課題

 
動物疾病制御拠点形成プロジェクト
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月    代表者: 新井 敏郎
インスリンシグナリング遺伝子を用いた犬猫の肥満・糖尿病の早期診断法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤B
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 新井 敏郎
ゲノム・プロテオーム解析による予防獣医学の展開
文部科学省: 私立大学学術研究高度化推進事業
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月    代表者: 新井敏郎
犬猫の疾病の新しい遺伝子診断法の確立
官民交流共同研究
研究期間: 2007年 - 2010年
ゲノムモニタリングによる肉用牛の生産病予防システムの開発
文部科学省: 私立大学学術研究高度化推進事業ハイテクリサーチ整備事業
研究期間: 2004年4月 - 2009年3月    代表者: 新井 敏郎

特許

 
マンノース・グルコース同時測定方法
2007-212235