トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 原 康
 

原 康

 
アバター
研究者氏名原 康
 
ハラ ヤスシ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位獣医学修士(日本獣医生命科学大学), 獣医学博士(日本獣医生命科学大学)
その他の所属獣医外科学研究室
J-Global ID200901007028918014

研究キーワード

 
下垂体腫瘍 ,脳神経外科学 ,整形外科学 ,臨床獣医学 ,Neurosurgery ,Orthopedics ,Clinical Veterinary Medicine

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学 / 
  • ライフサイエンス / 整形外科学 / 
  • ライフサイエンス / 脳神経外科学 / 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医外科学研究室 教授 
 
2002年
 - 
2011年
日本獣医生命科学大学 獣医外科学研究室 准教授 
 
1997年
 - 
2002年
日本獣医畜産大学 獣医外科学研究室 講師 
 
1997年
 - 
2002年
Assistant Professor, Nippon Veterinary and Animal   
 
1990年
 - 
1997年
日本獣医畜産大学 獣医外科学研究室 助手 
 

学歴

 
 
 - 
1990年
日本獣医生命科学大学 獣医学研究科 獣医学
 
 
 - 
1990年
日本獣医生命科学大学  
 
 
 - 
1987年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学
 
 
 - 
1987年
日本獣医生命科学大学  
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
獣医麻酔外科学会  副会長
 
1998年
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
1993年
   
 
獣医神経病研究会  幹事
 
1992年
   
 
獣医画像診断学会  会員
 

受賞

 
2001年
社団法人東京都獣医師会会長賞
 
2000年
社団法人東京都獣医師会地区学会賞
 
1999年
社団法人東京都獣医師会会長賞
 

論文

 
 
Fumitaka Takahashi   Shigenori Kouno   Shinya Yamaguchi   Yasushi HARA   
Journal of Veterinary Medical Science   81(2) 229-2362019年2月   [査読有り]
 
Nobuo Kanno   Noriyuki Hayakawa   Shuji Suzuki   Yasuji Harada   Takuya Yogo   Yasushi HARA   
Acta Veterinaria Scandinavica   2019年   [査読有り]
 
Hirokazu Ishino   Susumu Takekoshi   Takahiro Teshima   Kazuyuki Uchida   Iwao Saknoju   Yasushi HARA   
Veterinary Pathology   2019年   [査読有り]
 
Shuntaro Munakata   Yukari Nagahiro   Daichi Katori   Norihiro Muroi   Hiroyuki Akagi   Nobuo Kanno   Yasuji Harada   Shinya Yamaguchi   Kei Hayashi   Yasushi Hara   
Veterinary and Comparative Orthopaedics and Traumatology   31(3) 159-1692018年5月   [査読有り]
Objective To evaluate the effectiveness of frozen cortical bone allografts (FCBA) in the treatment of severe radial and ulnar atrophic nonunion fractures. Animals Toy breed dogs with nonunion of radial and ulnar fractures (n = 15). Methods Severe ...
 
Nobuo Kanno   Yoshiyuki Ochi   Tom Ichinohe   Takaharu Hakozaki   Shuji Suzuki   Yasuji Harada   Takuya Yogo   Yasushi HARA   
Veterinary Comparative Orthopedics and Traumatology   2018年4月   [査読有り]

MISC

 
 
Y Hara   M Tagawa   H Masuda   T Sako   H Koyama   H Orima   S Nakamura   K Takahashi   N Sanno   A Teramoto   
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   65(7) 801-8042003年7月   
Four dogs diagnosed as pituitary-dependent hyperadrenocorticism were treated with transsphenoidal hypophysectomy and postoperative hormone supplementation therapy. On histological examination of the resected tissues, the tumors were ACTH-producing...
 
Y Hara   M Tagawa   H Masuda   T Sako   H Koyama   H Orima   S Nakamura   K Takahashi   N Sanno   A Teramoto   
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   65(7) 801-8042003年7月   
Four dogs diagnosed as pituitary-dependent hyperadrenocorticism were treated with transsphenoidal hypophysectomy and postoperative hormone supplementation therapy. On histological examination of the resected tissues, the tumors were ACTH-producing...
 
T Sano   R Nishimura   M Mochizuki   Y Hara   M Tagawa   N Sasaki   
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   65(5) 641-6432003年5月   
Propofol was used as an induction agent of general anesthesia in 77 dogs and 64 cats, all client owned, for a variety of surgeries/treatments or diagnostic procedures. The mean intravenous doses of propofol required to achieve endotracheal intubat...
 
原 康   小笠原 聖悟   左向 敏紀   小山 秀一   高橋 公正   織間 博光   増田 弘行   多川 政弘   寺本 明   
獣医麻酔外科雑誌   34(2) 29-362003年   
 
Y Hara   T Nakamura   H Fukuda   Y Harada   Y Nezu   M Tagawa   
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   65(1) 103-1072003年1月   
Experimental osteotomy model of canine tibia was prepared to investigate the changes in biomechanical characteristics during the healing process. After 16 weeks, although radiographs revealed that fracture healing proceeded, the recovery rates of ...

書籍等出版物

 
 
箱崎貴治, 原 康(担当:分担執筆, 範囲:ウォブラー症候群の治療)
インターズー      2018年9月      
 
赤木浩之, 原 康(担当:分担執筆, 範囲:癒合不全と変形癒合の治療法)
インターズー      2017年9月      
 
原 康(担当:分担執筆, 範囲:小動物の脳神経外科:④脳室腹腔短絡術(後編))
緑書房      2017年8月      
 
原 康(担当:分担執筆, 範囲:小動物の脳神経外科の進歩:④脳室腹腔短絡術(前編))
緑書房      2017年7月      
 
原 康(担当:分担執筆, 範囲:小動物の脳神経外科の進歩:③クッシング病(後編))
緑書房      2017年3月      

講演・口頭発表等

 
 
獣医療での脊椎固定
原 康   
獣医脳神経脊椎外科研究会   2017年12月17日   
 
「頚椎の外科」 突然の頸部痛・四肢麻痺に対する外科的手技
原 康   
ひがし東京夜間救急動物医療センター開設10周年記念セミナー   2017年7月2日   
 
変性性腰仙椎狭窄症の外科治療:固定手術
原 康   
第94回日本獣医麻酔外科学会   2017年6月18日   
 
神経病としての犬の下垂体腫瘍 -クッシング症状だけじゃないもう一つの側面ー
原 康   
第37回動物臨床医学会   2016年11月20日   
 
骨折治療自由自在 -大腿骨骨折に対する術式選択ー
原 康   
第18回日本臨床獣医学フォーラム   2016年9月24日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
獣医外科学総論 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医軟部外科学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医運動器病学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
下垂体研究会
 
   
 
獣医神経病学会
 
   
 
獣医画像診断学会
 
   
 
日本小動物獣医学会
 
   
 
獣医麻酔外科学会